9時間の闘い。

2009年04月24日
9時間の上演で客席全体が一体感に包まれたという『グリークス』。
演劇ファンとして9時間ぶっ通しで見たかった、という気持ちがずっとありました。

Bunkamura20周年記念特別企画
コースト・オブ・ユートピア-ユートピアの岸へ
第一部:VOYAGE「船出」
第二部:SHIPWRECK「難破」
第三部:SALVAGE「漂着」

Bunkamura20周年の今秋、シアターコクーンでは日本公演が切望されていた、トム・ストッパードの大作を蜷川幸雄演出で上演いたします。2000年にロンドンで初演、2006年にはニューヨークで上演され、ダイナミックなドラマ性とあふれる知的ユーモア満載の舞台は話題を独占、絶大な支持を得ました。激動の19世紀のロシアを舞台に、若き知識人達が、理想の社会を求めてヨーロッパへ。挫折や絶望を経験しながらも・・・。やがて、培われた熱い思いは彼らから子供たちに受け継がれていく。30年以上に渡って展開する壮大な歴史ロマン。登場人物は70名以上、3部合わせての上演時間が約9時間の超大作です。2000年の『グリークス』で強烈な衝撃と興奮を生み出した蜷川が再び大作に挑みます!

作 トム・ストッパード
翻 訳 広田敦郎

演 出 蜷川幸雄

出 演 近日発表
公演日程 2009年9月12日(土)~10月4日(日)
会場 Bunkamuraシアターコクーン


蜷川さんも年だし(まぁそんな風に思いだして、何年も経ってる訳ですが)、
死ぬ気で演出してくるでしょう。
(まぁいつだって死ぬ気でやられれてるような気もしますが)
(ムサシは私、別の意味で死んだけけど!)

楽しみだなー
見るとしたら間違いなく9時間一本勝負でしょ。
一日を芝居に全て捧げるよ!!
すっごい楽しみ!
久々に蜷川さんで心から楽しみ!!
キャスト誰が出るんだろうね。わくわく。
Comment
1本勝負!!!
えへっ。
わたしも9時間1本勝負にかけてるよーん。
キャストが総勢70人っていうのもすごいよね。
キツキツの楽屋を想像するのがまた面白い(笑)

グリークス、映像で観ても良かったからな~。
期待します!
期待はずれだと困りますっ!!!

No title
★なっつんさん★
期待はずれだと困るし、もうヘトヘトですよね。
ふざけるな!ってぐらいヘトヘトになりそう。(笑)

やっぱりここは9時間一本勝負ですよねぇ。
3回に分けて見るとか、ない。
都合つけたいですよ、なんとしてでも。
9時間上演を体感できる機会が訪れて、嬉しいですよね、ホント。
一度やってみたかった!っていう。
絶対、なっつんさんもそう思ってたはずw

管理者のみに表示
« DREAM | HOME | 圧倒的自信。 »