FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/10 WICKED

2009年04月11日
2009年4月10日『WICKED』@電通四季劇場 海

作・演出・出演→こちら


何が一番ダメだったか?って、
距離感だと思った。

人と人が話すときの距離感。
私にとって、あれは気持ちの悪い、
自分のテリトリーを乱される距離感だった。

普通はね、まぁ、あくまで私の感覚ではあるけれど、

人○○○人

この○、3個分ぐらい距離を置いて、
お互い会話するのが普通だとするじゃないですか、
でも、今日見た舞台では、

人○人

この距離感だった。

私、ダメなんです。
自分の距離保てないと。
満員電車の中で、ぎゅうぎゅう詰めになるのは仕方がないから平気。
でも、割と空いてる電車の中で、人が密集してるのは許せない。
気持ちが悪い。
移動出来るスペースがあるのに、移動しない人とか、よくわからない。

その自分のスペースを乱される感じを常に芝居を見ていて感じた。
だから余計に居心地が悪かったんだと思う。

グリンダ役の女優さんは、薬師丸ひろ子に似てた。
薬師丸さんに、はしのえみと、ほしのあきを足して割って、
歌えるようにした感じ。
演技が演出だろうけどぶりぶりで、慣れるまでやっぱりそこも気持ちが悪かった。
慣れてきたら、あのタカビーキャラも可愛く見える瞬間あり。

エルファバは緑一色なので、いまいち顔判別できず。
歌上手いけど、動きのクセ?なのかな、苦手だったなぁ。
それとも、動きも演出なのかなぁ?

ネッサローズは年齢不詳。
若いんだか、若くないんだか、見た目でわからなくなる。
エルファバの妹だから、若いんだろうけど、学生!ってほど若くは見えなくて、
なんていうか、自然な色気みたいなのがある女優さんかな?って感じなので、
その色気のせいで、余計に若さから遠ざかる。
でも、ボックとのやり取りは、THE昼ドラチックであそこまでやってくれると、良い。

なんだろうなぁー
ディズニーランドのショーの、ちょっと凄いの。
って印象だったかな。
舞台美術とか、転換の工夫とか、照明とか、さすが!
とは思ったけど、別に感動とかはせず。

一番好きだったのは、
魔女の帽子でダンスパーティーに来たエルファバとグリンダが踊る場面。

あそこがキッカケで、グリンダが魅力的に見え始めたけど、
でもでも、最後までタカビーキャラ貫くのは謎。
結局あの子、金に物言わせて歩く人のイメージの方が強くて、なんか残念。

これ以上書いても、良いことはあまり書けなさそうかな。
なんか、きっちりしたストレートプレイ見たいわ。
あうるすぽっとにでも行こうかな。
Comment
うわ~
まぢで行ったんですねぇ!
なつさんと四季って絶対合わないと思ってたからびっくりですよ!
せめてキャッツに・・・あ、今はキャッツもしょぼくなったし。。

で、あうるすぽっとは行かなかったんでしょーか。。
ちょっと目が覚めたかも。
★ぴらさん★
祖母が一緒だから見に行けた、ってのはありますねぇ。
ライオンキングでダメだと思ったんですけど、
もう一回、評判良さそうなの見てみたら、見方も変わるかも・・・?

とちょっと期待もしたんですが、
内臓がむずむずしてどうしようもありませんでした。
ライオンキングより酷い!!(笑)

あうるは行きませんでした~・・・
7000円は痛い!っていうのが、まずあったんですけど、
ちょっとぴらさんの
「で、あうるすぽっとは行かなかったんでしょーか。。」
ってコメント読んで、最近の宝塚主体の観劇姿勢、
改めようかなって真面目に思いましたよ。

夜の来訪者、ピランデッロも見てないし、このままじゃダメだ。
まぁ、無理せず見たいものを見る!ってのが一番ですけどね。
それでも!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。