スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/13 蜉蝣峠

2009年03月14日
punk

2009年3月13日『蜉蝣峠』@赤坂ACTシアター

作:宮藤官九郎
演出:いのうえひでのり
出演:古田新太 堤真一 高岡早紀
    勝地涼 木村了・梶原善・粟根まこと 高田聖子 橋本じゅん 他


初日おめでとー!!

って、蜉蝣峠がね。
雪組もだけど、私が見たのは劇団☆新感線ね。

割と後方席だったけど、声聞けばすぐにわかる。

あれ、つっつんか。(笑)

堤真一の登場は、今までにない格好良さです。(笑)
(笑)がつきますが、気にしないほうが良いです。
本人、吹っ切れて楽しんでるんじゃないかな?って感じするし、
クドカンも、良くあの役を堤さんに振ってくれたな、と。
ファンとしては結構、感謝できる役ですよ。

しゃも。(笑)

いや、まさにあっぱれ。

堤さんは、二役ですね。
私の中では完全に二役認識です。
パンフレットも「天晴/しゃも」ってスラッシュで二役載せるべき。

話は少し散漫な印象も受けたけど、
気軽に楽しめる、新感線、いのうえ歌舞伎。
でも、書いてるの今回、中島さんじゃなくて、クドカンな訳で。
宮藤官九郎からみた「いのうえ歌舞伎」。
自分の色も織り交ぜつつ、でも丁寧に、器用に、新感線テイストで話を書いたという感じ。
それで成立させることができるクドカンは、
“とても器用”っていう才能を持っているんだと思う。

古田さん演じる闇太郎や、高岡さんのお泪とか、
それぞれの背景に、切なさを感じる部分もあるんだけれど、
そこまで胸が締め付けられるような切なさを一緒に感じられるわけではなかった。
その辺が、浅いというか、散漫だと思った理由なのかもしれない。
ストーリーが、感情面が弱いのかな。
笑わせるとこは、さすが。って所もあったよ。

私はクドカンの今っぽいけど、でも気も使ってんだろうなぁ。
っていう言葉選びは嫌いじゃないみたいで、
そういうクドカンっぽさは、終始楽しめた。

堤さんは着流しですよ!衣装!
吉原、誠様に匹敵する格好良さ!
むしろ、今回悪役的なポジションでもあるから、
逆に色気があるかも!
髪の毛長いし。
ふくらはぎ全開だし。(重要)
殺陣も多いし、ビジュアル面楽しめます。
ふくらはぎ全開だし。(超重要)

聖子さんとじゅんさん、この二人はこなれてきたら、
確実にもっともっと面白くなりそう。
粟根氏は、良い意味でずっと変わらなそうなイメージなんだけど。
右近さんは、下手すると落ちていく・・・っていう。(笑)

勝地くんに派手な殺陣がなかったのだけは残念だけど、
色々と好演。
なんだか、色気も出てきた感じで、益々楽しみな若手さんに。
私と同い年だったけかな?

高岡早紀はいろっぽーい。
幼さの中に、ぐっと大人の色気が見える、みたいな、
なんか妙にツボをつかれる色気が。
それに負けない、負けないどころか時折グンと上回るのが、古田新太。

え、古田さんに「俺は、お前が好きだ。」って言われたら、トキメクのか、私。
フツーに、ときめいたかもしんない、今日。
この人、そういう所が凄すぎる。
なんであの見た目なのに、この上ないセクシーさを感じてしまうのか。
不思議に思いつつ、やっぱり惹かれる。
それなりにエロ、極めてバカ・・・だったりするのにせくしー。
それでこそ、古田さんだ~

もう一回、今度は割りと前方席で見ることができるので、
つっつんのふくらはぎをガン見できたらな、と。
やっぱり、着流しでの立ち回りはいいよねー
最高だよねー
普通に格好良くて、見てて口半開きになりましたー

んで、堤真一×新感線でいつか、
「つっつんを完全悪役にした作品が見たい!」
と強く思いました。
朧のライみたいなのを、堤さんで見たい。
今まで、堤さんが斬られて倒れちゃうところって見たことなかったけど、
今回、斬られて倒れるんですわ。
その姿も新鮮だったし、悪役の色気って確実にあるから、それを堤真一で見たい。
『蜉蝣峠』の役も、割と悪でそういう色気も感じられたけど、
もっと悪。もっと色気を。
ドSな悪が見たいですね。

ツナ様には、その際、再登場していただきますか。
堤真一超悪役で、VS秋山菜津子。
はい、言うことなし~!
むしろVSじゃなくて、withでさ、
極悪夫婦とか面白いかもしれない。

歌もあるし、勢いもあるし、感動!とまではいかないかもしれないけど、
充分に楽しめました。
次の観劇を楽しみに♪
Comment
No title
私も初日に行きました~!
いや~つっつんのあの登場には笑いました~。
羽をパタパタさせて段差から落ちるところ可愛過ぎます(笑)
かと思えば、着流しでの殺陣はカッコ良過ぎるし!

今回は「壊」というだけあっていつもと印象の違ういのうえ歌舞伎でしたが、
つっつんと古田さんの殺陣を見ている時、何とも言えない切なさを感じて泣きそうになりました。
千秋楽まであと数回、つっつんのしゃもを楽しませてもらおうと思ってます(笑)

そして秋山さんとの極悪夫婦、大賛成で~す!
No title
★ごまさん★
毎度のことながら(毎度にすんな)お返事遅れまして申し訳ないです。

>羽をパタパタさせて段差から落ちるところ可愛過ぎます(笑)

割と説教系の関西弁話まくってるのに、
あそこだけ可愛すぎますよねw
そうそう、初日、私の斜め何列か前に、
堤氏の事務所の社長さんが座ってて、
動物社会の話にしても、
「俺なーフリーになろうかと思ってんねん。」
な台詞w
実際は笑って聞けるんだと思いますが、
『どんな気持ちで聞いてるのかな?』
と気になってしまいましたよ。

つっつんと、秋山さん、芝居の相性いいですもんねぇ。
共演が続く理由わかります!
やりましょう!極悪夫婦。(笑)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。