スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あくまでも想像力。

2009年03月05日
また、想像力を発揮してしまった。
今に始まったことじゃありませんが、それでも痛々しいので、せめて隠そ。
脳内、スカイステージトークDream Time。
キムテルキタ。
ホントに私の頭ん中夢見ちゃってるよw
緒月氏が「キムさんいっつも笑ってますよね。」って言いそうだな、
って所から想像スタート。

緒月「キムさんっていっつも笑ってますよね。」
凰稀「うん、うん。凄いと思うー」
音月「悩みとかなさそうって良く言われるんだよねーあはは(笑)」
凰稀「でも、案外そうでもないんだよ。(笑)」
音月「そうなのよー?(笑)
   でもね、やっぱり笑顔でいることとか、大切だと思うし、
   自分が笑顔でいられれば、周りの人にもそういう気持ちって伝わるかな、
   って思うから、自分の中で、笑顔でいるっていうのは大切にしようと思ってる。
   ってなんか、すごい真面目になっちゃったけどw!」
緒月「はぁー。(感心)私、感情があんまり表情に表れないんですよね。(真面目)」
音月「(笑)!!!」
緒月「それも舞台立つ上でどうだろう?とか思うんですけど、」
音月「(笑)確かに。いやいや(笑)!でもオヅキはさー伝わるよ??」
緒月「伝わってます??」
音月「うん。(笑)こないだもさ~・・・」
凰稀「あー(あれね、あったあった)(笑)」
緒月「え?なに??」
音月「忘れ雪の時・・・」
緒月「あー!!!!」
音月「あの、オヅキが私のことを殴ったり蹴ったり、
   それはもう・・・なシーンがあったんですけど、
   一回、本当に当たっちゃったことがあったんだよね?」
緒月「すみません(笑)」
音月「その時のオヅキの焦った顔!!(笑)」
凰稀・緒月「(笑)」
音月「あれはもう、すっごい伝わってきた!!(笑)」

・・・かつて矢沢あいが、どうやってストーリーを作るのか?
っていう問いに、
「キャラが勝手に喋って進めていく。」
と答えていたのを聞いたことがあるような気がするけど、
この3人、私の中でキャラ立ちしてるから、勝手に喋るわー
『天使なんかじゃない』はかならず1年に1度は読み返す。

才能があったら、早いうちにほったゆみさんとか、大場つぐみさんみたいに、
小畑さんに原作提供してるわ。
って、別に全く漫画か志望とかじゃないけど。
でも『ヒカルの碁』とか好きー
碁のこと全くわからないけどー

冨樫は何してるんですかね。

ジャンプもりぼんも、面白かった。
Comment
わかる
想像しやすいんだよね
多分こう言うだろうというのが
容易に想像出来ちゃうんだよ

キャラ確立だよね
No title
★しおんさん★
絶対、キャラ確立してますよね。
特に雪組中心に見るようになったので、余計にキャラ感じられますよw

あ、お礼状ってもう届きましたー?
まだかなー

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。