1/28・29 忘れ雪

2009年01月29日
クロスはぬいぐるみ

2008年1月28、29日『忘れ雪』@日本青年館

作・演出・出演者→こちら

1月10日→1回目
1月11日→2回目
1月23日→3回目
1月25日→4回目・5回目
1月26日→6回目


感想文が追いつきませんでした。
26日13時を見て、27日はちょいと歌舞伎を、んで28、29日で楽を含めて3公演観劇。

えーっと、見れば見るほど平気になった!!

東京11公演中、7公演も見ればファンとしてもそこそこ立派なものでしょう。
とか言ってる時点でこれは、感覚が普通ぢゃない。
普通じゃない感覚が普通になっちゃってるのが、怖いねぇ。(直す気なし)

まずは、ご贔屓さん、緒月遠麻について語りますか。

「この人、徹底的な悪役を演じるには、そもそも持ってる演技の温度が暖かすぎるかも。」
って思う時が、ハマって浅い私ですが、でもあって、
そこが良い所だけど、場合によっちゃ弱点かもしれない。
と、思ってたんですけど・・・

宗光は違いました。

暖かさ隠せるじゃん。

思い返せば思い返すほど、私、笹川宗光好きなんですけど。
桜木を一発、二発殴ったあと、
宗光は、握った拳に響く痛みを実感して笑う。
人を殴った痛みを実感して笑うんですよ、あいつ。
スーツにメガネで。

そんな姿を見せられたら、ダメだ。
オペラ構えたまま、ニヤニヤします。させてください。

で、暖かさを隠せたと思ったら、昌明さん=テル登場で、
また、暖かくなっちゃうんですよ、あれ、たぶん本能的に。
そこがまたイイ!!笹川、ってか、緒月!!

あぁ、なんてツボな役だったんだろう。
思い返せば、思い返すほどツボ。
宗光に会えなくなるのは、フェルッティに会えないことよりも、
個人的には寂しいかもしれない。

ゾロではもう少し出番が多くて(控えめな願い)、
同じぐらいテンション上げられる役がついてくれるといいなぁ。
それこそ忘れ雪に願いをかけたいところなんですけど、
忘れ雪が降る前に、絶対配役発表されてるんで、ダメじゃん。

陽月華の退団発表にも触れられないほど、『忘れ雪』な1週間でございました。

ウメちゃんは贔屓氏とも、仲良いし、
そしてそして、私も大好きな、
もしかしたら今の娘役さんの中で一番好きな娘役さんかもしれない人で、
86期がまた一人減ってしまうのも寂しくて仕方がないし、
でも、続く退団発表に感覚が麻痺してるのか、
なんか涙も出ないような自分もいて・・・
とにかく陽月華の美学を最後まで貫いて欲しい。
それをファンは見届ける。
あー贔屓氏、寂しがるだろうなー、強く生きろよー

さて『忘れ雪』。
この公演、いつもの宝塚通り、生徒が盛り上げて盛り上げて、
底上げして、それで見せられる作品として舞台にしてくれてました。
雪組子みんな、本当に頑張った。
誇りに思う。
私なんかでも少し役に立てたかなぁ。(みつる)

凰稀かなめ東京最後が、見ている最中、
頭の中をちらちらとちらついて、それを考えるたびに、
なんだか切なくて、テルを手放したくなくて、寂しかった。

あーたんも本当に居なくなって欲しくなかったよ。

カーテンコールの時、主題歌をみんなで歌う。
あーたんがその時に、溢れる涙とぐっと戦ってた。

アルカトロスの時も、お客さんや他のバーテン、みんながあーたんに優しくて。
お客さんは、みうと、がおちゃん、翔くん、ほかぜ(だっけ?)。
バーテンで良くあーたんと絡んでたのは、あずりん。

「お疲れ様」って感じで肩を叩いてたり、
そこかしこであーたんに対する想いが伝わってくる小芝居をし続けていたのが憎い。
思わずあそこで泣きかけた。

アルカトロスで出てくるボトルに入ったお酒。
あのラベルが気になったなぁ。
たぶん、雪の結晶の模様かなんかが入ってるんだけど、
この作品そのボトルに限らず、小道具結構凝っていた。

桜木動物病院の受付一帯とかね。
ペットフードとか、病院っぽいチラシとか、ポスターとか、
もの凄く本物っぽい。
手術台も凄かったし、犬の人体模型みたいなのがあったり。
犬だから犬体模型?
あとはレントゲン写真だったりね。

キムテルの同級生ソングももう聞けないのか。
二人でハート作る振りとか、めっちゃ可愛かったー。
あぁ、そうだ、テルって言えば、彼、左のモミアゲと右のモミアゲ、形違わない?
左のモミアゲが特に真四角なのが妙で、気になるんだけどなぁ。
あれはあれでいいの?こだわり?
こだわりを持つのはいいけど、変じゃ?

キムテル、
「親友だろぉ、かずきちゃぁぁ~ん(はぁと)」
は、テル顔近いしw、抱きしめるし、千秋楽はえらいこっちゃでした。
大好きなのねー、鳴海は桜木が。
ってことで残念だな、笹川。

そういう趣味なくとも、そうとしか思えんわ。

キタ→テル→キム

じゃん。
つくづく残念だ、笹川。(笑)

毎回音月桂に潜む闇に触れたのが、静香を責めるシーン。
「すまないが、今は一人にしてくれないか?」
確信犯だよね。
例えば、俯いたまま言うとかだったら、まだダメージ少ないのに、
もの凄い静香の目を見て言うからなぁ、桜木さん。
あそこのキムさんとみなこちゃんの演技は、ちょっと宝塚レベルを超えていたかも。
ガッツリストレートプレイな雰囲気すら感じた。

あずりんの、コツン。
(↑待ち合わせに遅れて来た彼女に、「次は遅れてくるなよ☆」な感じでやる仕草の事)
ほっぺをツンだったり、おでこも手を握ってコツンだったり、
指でツンだったり、バージョンがいくつかあって、
毎回見るのが恥ずかしかった楽しみでした。

あーそうだ!
がおりのアルカトロスでの、ノリ。
音楽に乗っているがおちゃん。
本日、手をクロスさせ、ドラムを叩いてる感じで。
あーあーなんかこれも恥ずかしかったよー
でも、そんな香綾しずるが良いと思ったよー
彩凪にも強要してたw

蛇で踊ってたがおりの股関節の良い感じの柔らかさに魅せられ、
アルカトロス等で魅せる、昭和ノリのキザリ。
香綾しずるがますます面白い。

凛きらまで下がる前に、頼むからこの辺の学年を混ぜてよね、本当に頼む!!

みうと君が、何度も何度もりんりんとキスしてたのを目撃してしまった。
あの、りんりんと何度もキスするとか只者じゃない。

終わってみたら、やっぱり寂しくて。
そしてなんだか、やっぱりそこまで悪い公演でもなかったような気もしてきて。
ただこの公演があと3週間続いたら、発狂するので、
舞姫なので(エリスは発狂したってフレーズ、インパクトあるよ)、
まぁ、良い具合に惜しんでお別れできる期間だったのかもしれない。

とりあえず、贔屓の新たな一面を発見できたことが収穫。
音月桂の偉大さも。
キムさんには、今回いつものような明るい余裕はなかったと思う。
主演という責任を常に背負って立っていた。
でもやっぱりその重さを感じさせない、
明るいキムさんも居て、凄い人だな、ってつくづく思った。

そもそも青年館で『忘れ雪』を見た時の第一印象が、

音月桂は青年館を苦としない。

だったんだ。バウと青年館。客席数は3倍弱ぐらい違うんじゃ?
バウのあの密な空間から、広い青年館へ。
だけど、届くエネルギーが減ったようには感じられなくて、
むしろ空間を感じて、それに見合う力を出そうとしている意識の方を強く感じた。
で、それが成立してた。初日から。
だから、音月桂は凄いな、って。

傷ついたすずめを拾う鳴海昌明
(高2、実際はブレザーだけど、脳内だと学ラン←学ランは明智)とか、
赤坂の事務所の机で一人突っ伏し気味でいた宗ちゃん
(アンニュイな感じ希望、髪がちょい乱れてると、なお良い)の元に、
昌明さんがやってきて、一緒に警察に行くまで、

とか想像したりもできたし、
なんだかんだ言って、楽しみどころを見つけて、
この公演も楽しみました!

すぐ集合日で大変だけど、次のゾロの錦絵も楽しみに。
やっと雪組が全員揃う!
水さん達が、『忘れ雪』見に来てくれて、
どれだけ嬉しかったか、どれだけ安心したか、ほっとしたか・・・
カラマと忘れ雪を経た組子達が、
そしてお休みだった組子達がみんなどう成長したのか。
実感できる作品になればいいな、と思ってます。

あーたんと一緒に、これからも雪組を愛していきますよ!

『忘れ雪』組、お疲れ様でした!
1週間ありがと~!
Comment
なつさんお疲れ様でした^^
私も28日の2時公演無事観劇できましたよ
なつさんもその場にいらしたんですよね 
実家に寄ることもなく ただ忘れ雪1公演をみるためだけに飛行機で日帰り往復しました
行って本当によかった・・・あのキムちゃんをみれただけで満足 
素晴らしい!!! 
彼女に出会えてよかったと心底思いました。
桜木一希を演じる音月桂を五感を通して心で感じられた もうそれで十分です。
さあ 次は3月ですね 

そうそう私の現在の居住区ですが 1月下旬に地元に来た愛と青春の宝塚を観劇しました^^
忘れ雪
忘れ雪組、お疲れ様でした!
忘れ雪組ファンの皆様、お疲れ様でした!そして、
なつ様、ほんとにお疲れ様でした!!

私にとっても、駆け抜けた1週間でした。
この公演を観続けて
忘れ雪組の下級生も、美形揃い!という事に気がつきました。
勿論、ご贔屓様もです^^

ふあふわヘァの彩凪翔くんの笑顔とか、あずりんの男役やってます!な心意気とか、りーしゃとか、書ききれない位、もう見所満載でしたよね?

なつ様が彩凪翔くんの期について書かれていましたが、私も同意見です。
86期も良いですが、この期もお薦めですよね。

マリポサの東京公演の時、ブーツインで颯爽と楽屋入りする大澄れいくんを見かけて、お~っ!かっこいいじゃん!と思った事がありました。

かなめちゃんが組替えされた後、Myご贔屓様の面倒を、緒月さんに頼みます。これからも、どうかひとつよろしくお願いしますね!











★薇瑠さん★
「下旬」・・・月の第21日から末日までの間の称。

結構候補ありますよ。(笑)
でもとりあえず、近くはない。ということだけは、わかりました。

28日の14時は見る予定はなかったのに、
最初で最後の86期同期総見が組まれ、
ヤケクソな気持ちと、なんだか『忘れ雪』嫌いじゃないかも?な気持ちの芽生えと、
真波凰稀緒月の3ショット写真につられ、観劇した次第ですw

キムさん・・・もう~ここまで想われて幸せだなぁ。
楽も、やっぱり疲れていたような様子は少しあったけれど、
でもファンの拍手を受けて、ファンの想いを胸にギュッと抱きしめて、
幸せそうに笑って帰っていきましたよ~!
キムさんが主演の公演に贔屓が出れて良かった、って思いました。
ボッコボコにしてましたけどね。(笑)

もう明日が集合日ですよっ。
『忘れ雪』組は本当にお休みなし。
風邪もちょいちょい流行ってるみたいなので、
みんな健康に次の公演も乗り切ってもらいたいです。
雪組万歳!!(笑)
これからも応援するぞっ。

★にゃんここさん★
1週間、お疲れ様でした~
ファンも駆け抜けましたよね。
こっちは大したことしていないのに、妙に疲れました。(笑)

にゃんここさんの、ご贔屓さん。
蛇の時のダンスが、特にイケメン!!
あの振りを緒月さんがやったら、盆踊りみたいになってしまうんじゃないかと、
まぁ、私は正直、失礼極まりない想像をし、
それを格好良くやってのける、まゆちゃんは、
やっぱり自慢のイケメンダンサーだと、改めて実感。
あと、通行人のステップとかが凄い綺麗!さすが!
後ろ向きに歩いていく所とか、好きでした。

あ、私は92期は、ざっきー押しで。(笑)

>かなめちゃんが組替えされた後、Myご贔屓様の面倒を、緒月さんに頼みます。

いやいや、実際はわからないですが、イメージ的に無理でしょー!
だって、ほっとけないNO.1ですよ?(笑)
振り覚えがあまりよろしくないそうなので、
それこそイケメンダンサー様にお願いします。ですよw
とにかく、二人でほわほわ、やってくれればいいな、と思ってます。
なつさん、私も駆け抜けました~。

結局7回観ました。頑張った!
雪組最後の東京青年館だーというだけで。
なつさんともご一緒できたし、とても思い出深い公園、あ、違う、公演となりました。
だって、今まで余りお話できなかったキタさんファンとかオトヅキさんファンとかかなめちゃんファンとかとお話しできたのですもの。

それに、ドライなはずの私もちょいウエットに。

本当は水曜日も観たかった!!!!!
まだ大劇場公演があります。楽しみです!!
★kaoriyaさん★
公園・・・マリア公園?(笑)

私、ムラで見た時、マリア公園が、
「マリア像があるからマリア公園」なんだってこと全く理解してなかったんですよね。
そういう地名とかだと思ってたw

結局7回!
私も結局7回!
これだけ見れば充分ですよね?(笑)

私、いつも舞台見に行く時って一人じゃないですか。
じゃないですか・・・って一人なんですけどw、
雪組見る時だけは違って、劇場行けば誰かしら知ってる人に会えたし、
ちょっとコアな話で盛り上がったりもできるし、
それがホームって感じで、すっごく楽しいんだ。ってことを今回実感しました。

大劇場終わったらホント寂しいんですけど、
でも星組が東宝に来たら、会いに行きます。(笑)
星にも知り合いができて、嬉しい!

・・・ホント、生徒とファンって心境が似るのかもしれないですねw

管理者のみに表示