FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/10 忘れ雪

2009年01月12日
クロスはぬいぐるみ

2008年1月10日『忘れ雪』@宝塚バウホール 11:00

作・演出・出演者→こちら


贔屓出演の雪組公演でございました。
私は恐ろしくて読めなかった原作。
伝え聞く、読んだファンの感想だけでそれはもう恐ろしくて、
読めなかったんですよ。

読んでから見た人の話を聞く限り、
「読まない方が良かったんじゃない?」
って感じみたい。

(相当・・・なモノを覚悟していたので、その想像の「・・・」に比べれば)
あ、案外まともだった。
っていうのが、第一印象かな。

終盤は、お客さんがすすり泣きしている様子も伺えたけれど、
まぁ正直、私にはあれで泣く理由が、サッパリわからない。
『あぁ、こういうので泣く人もいるんだなぁ』
と否定するわけでもなく、かといって肯定するわけでもなく、
凄いなんか俯瞰な立場。
感覚の範囲外。

ツッコミ所、満載なのは原作からのようなので、
あえてツッコむとしたら、
なぜ、そんな話を原作に持ってきたのか!?
って所でしょう。
なぜ元から崩壊したものを?しかも崩壊したまま舞台にする?

演出としては、まぁ、スクリーンと、
あと動くセットを上手く使って場面を表現してた辺りは評価できると思う。
雪の精なんかも賑やかし要員としては、あれ、ありだと思うし。
あぁいうのがないと、下の子たちの場面がなくなっちゃうから。
あとは、そうだ、チェロの生演奏か。
『おくりびと』じゃないの?『おくりびと』じゃ・・・
いや、良かったけど、『おくりびと』また見たいなぁ。


キムさんの桜木一希。
すっごく優しいけど、その優しさで人を傷つける。
なんか漫画かなんかで、
「○○は優しいけど、その優しさでちょっとづつ人を傷つけてるんだよ。」
的な台詞を読んだ覚えがあるんだけど、なんの誰だっけ?
とにかくその台詞と、一希の姿がかぶる。

静香@愛原実花、があんなになっちゃうのだって、
元を辿れば、きっぱりと拒絶できなかった、一希のせいだと私は思ったし、
むしろ静香は被害者だと。

ツッコミ所をなるっべく、なるっべく考えないようにして、
で、見るのであれば、まぁ、ねぇ~・・・
雪組子みんな好きだし、見れるかなぁ・・・
数は見たくないけど、一回は見れるかなぁ・・・
みたいな、作品かなぁ、私にとっては。

でも青年館来ちゃうし、1回じゃ収まらないよ。
片手でも収まらないんじゃ。イヤダな、全く。

贔屓さんの一幕の出番の少なさというか、
少ない所の騒ぎではない様子はがっかりを通り越して笑えます。

出た!・・引っ込んだ!!え?

で、一幕終了。
上手から出て、ちょっとせしるの腕を掴んで、で上手奥からさよなら。
その間、1分。
笹川のビジュアルはツボなのに、
ビジュアルを堪能できる場面がない。
私はどうすれば良いんですか。
主よっ!!
このぉ~試練をかなーらず、乗り越えよぉ~主よ、
この身にあたーえたーまーえー力をぉぉ~・・・ちぇッ。


南を演じるまゆだとか、刑事役のにわちゃんだとかは、
賑やかし隊の雪の精だとか、鼓笛隊に入っているのに、
緒月さんはデカイから入れてもらえないし。
扱いがナガさん並。
ナガさんも一幕プロローグしか出ていないくて、二幕でちょっと喋るだけ。
あぁ、もう、寂しいよ、ナガさん。

もう躊躇なく、暴行シーンでニヤニヤしてもいいですかね!?
メガネっ!!
ってキャーキャーなってもいいですかね!?

笹川宗光の殴る蹴るはリアルで格好良いですよ。
最初はメガネ光らせて、椅子に座って、そ知らぬ顔で、
部下に指示を下しているだけ。
そこから、自分も手を出す。

まず指示を出す時の首クイってやるのが良い。
部下達があんなことそんなことしてる時は、またそ知らぬ顔でバドワイザーを飲む。
バドワイザーですよ!?
私自身お酒もそんな飲まないし、
炭酸ダメだからビールなんて持っての外なんだけど、
なんかイメージとして、良いじゃん、バドワイザー。
あの赤と白の缶だったら、間違いなくビールを口にしてるんだなってわかるし。
痛めつけてる時に酒。

いいぞ、笹川。

口を潤してから、自らGO。
鉄パイプ受け取って、キムさんホントすみません!!状態。
鉄パイプを手放してから、
『おい、羽交い絞めにしとけ』的指示を出し、
拳を握り締める、その右手
ここ、背中を見るのと一緒に、注目してやってください。
こういう手、指先の動きが好きで、ファンやってるんですよ、私。

『あぁもうあれだけやられたら、生きていられない』状態まで、
ボッコボコに・・・キムさんホントすみません!!
緒月氏はここ背中しか見えないんだけど、背中の雰囲気から、
「あ、笑いながらあんなことそんなことしてんだな。」
ってのは、もうビシバシ伝わってきますね。
横向いた時とか、わっるい笑みを浮かべてるのが見えますよ。
見てやってください。見せ場ここだけですから。

鳴海君登場で、このインテリ悪からガラっとキャラが変わってしまうのが、
いかがなものだろう?って思うんだけどねぇ。
いきなり、真面目キャラに見えちゃう。冷酷さが消えちゃうの。
残忍さはここで消しても良いと思うけど、「まさあきさんっ」ってひらがなな感じ。
ちょっとほっこり喋りすぎなんじゃないかと。

あんなことそんなことだけがメインの二幕。
出演時間が、10分あるかないか、ですね。
ないと思うんだけど。
一回、マジでストップウォッチで計ってみたいわ。

テルの鳴海は、チャラチャラしてるけど実は優しさも持ち合わせてるっていう、
キャラ的にとても美味しいイケメン!
無駄にサックス吹いての登場とか、ここもまた謎なんだけど、
でもでも格好良いから全てを許す。
しかも父親、時期総理大臣候補ってなんだ。

そりゃバーにいた、しほ姉さんも、途中からやってきたみどりちゃんも、
彼の地位と、ルックスを見れば浮き足立つわw
この二人に途中から恋人なのか、それともナンパなのか、
ニワちゃんとかが絡みに行くんだけど、
しほさん、ニワちゃん眼中になしでね、
「ちょっ、あの人見たいんだから、どいてよ。邪魔しないで。」
な小芝居をしていて、笑える。
ニワちゃんがんばっ!!

キムテルでの同級生ソング。
ここはテルの自分勝手さも可愛いし、それに振り回されるキムも可愛い。
振りも可愛い。釣られてやればいい~とか。
私でもツボるんだから、ファンならもっとなんじゃ?
「高校も大学も同じクラス♪」
キムテル、雪組が誇る美形二人が並ぶ。

『忘れ雪』は内容はともかく、この二人が出てるってだけでも、
目で楽しめるんじゃ?(笑)

美形で気になったのが、彩凪翔君かな。
ふわっとしたパーマをかけてて、割と金髪に近い髪色。
クロスの育て方場面で、オスの犬のほうを操ってるのが、彩凪かと。
雪組内でいうなら、キング系の顔してるんじゃないかなぁ。
ってか、雪92期は、イケメン揃いなんだ。
他にも抜擢して欲しい子そろってるじゃん。

他下級生だと、帆風君にキムの桜木、高校生時代の役が。
優しげ~ほわんとしてるのに、しっかりしてて落ち着いてる~
これからどう化けるのかねー、帆風は。
無難にこなしてるような印象を受けた。
みみちゃんと同期。

舞羽美海ちゃん、すっごい頑張ってた!
あまりに自然にヒロインで、見ていて最初は凄いとは思わなかったんだけど、
よくよく考えてみれば、凄いこと。良くやった。

美雪は婚約者がいるのに、一希をデートに誘ったり、
その婚約者を裏切るような形で、勝手にパリに留学しちゃったり、
言動はイタイ子なんだけど、
それをあまり感じさせない無邪気さ、天真爛漫さがあった。
そこ褒めてあげたい。
キムとの並びも私は好き。
小学生から大学生まで演じて、ちゃんと大学生の時は大人っぽく見えたし。
マリポサのブランカ見て、「どーなんだろう?この子。」と疑問に思ったけど、
今の時点でこれだけできれば、いいんじゃないかな。
あとは、娘役らしい華が、もっともっと備わってくれば・・・
ってそれが難しいんだろうけどさぁー

あーたんの芸達者っぷりに触れ、あーたんの退団がまた惜しい。
美雪の叔父とか、めっちゃ良い味出してるんだけど。
やっぱり、未来の未沙のえるじゃ?
コメディとかも、もっと真ん中に絡む役で見てみたかった。

せんじゅの須崎がえらいこっちゃなんですけど、
が、がんばれ・・・せんじゅ。

せし子はなんだか、私、壮一帆に見えてきて、顔が。
あともしかしたら、芸風も。
せしるの桜木清一郎がだけが、ってわけじゃないんだけど、
この舞台の時代、2000年代って聞いたんだけど、
80年代って言ったほうが、しっくりくるような。
私が生まれたぐらいの時代の話・・・っていうか、服装じゃない?
出てくる人みんな。
宝塚だなぁ・・・(笑)

せし子の桜木弟。
半端もんの世界で生きている弟。
革ジャンにサラっとした生地の、紫とか、赤のシャツを着て、ジーパンですよ。
デニムっていうか、ジーパン。
ピアスを2、3個づつ耳に付け、髪は逆立てて、金髪。
どこの時代の不良ですか。
今、そんな格好して歩いてたら、ある意味注目されますがな。

テル鳴海の格好も、どうにかならなかったもんか。
一希はダサめ設定だから良いとして、派手設定の鳴海があれってのはねぇ。

やっぱり2000年代の話じゃないよ、もっと昔。
携帯も中途半端にしか使えてないし、
せめて携帯出始めぐらいの時代設定で見たほうが、しっくりくるって。

みなこちゃんの静香は、期待通り。
愛しすぎて、愛しいあまりに、わるーいことしちゃうんだよね。
でもその心が歪んでいく様子とか、この子が演じると良くわかる。
クセのある役の方が似合ってしまいそうな娘役さんだけど、
でもそれも得がたい個性だし、そういう子も絶対必要だし、
私はみなこちゃんのそういう所が、かなり好きなので、応援してる。
作品のレベルをきちんと上げてくれる子なので。

がおりと沙月ちゃんの蛇の踊りは、さすが。
がおちゃんに見せ場があってよかった!

町の通行人役、みたいなのがあるんだけど、
その中で綺麗に歩いていく人が居るな、と思ったら、まゆちゃんだったよ。
ダンサーなんだなぁ、やっぱり。
南で、どう演技するかに注目だったんだけど、
演技を判断できるほど、南さんに台詞がなく・・・
ただ名刺を差し出す時の微笑とか、美雪をエスコートする様子とか、
ちゃんとした人でした。

踊ってると本当にイケメンなのに、鼓笛隊の時のあの笑顔はなんなのか。
口でかいからなのか。髪隠れちゃってるからなのか。
別の意味で可愛い。
真波氏は、髪型で己のイケメン度をUPさせてると思うんだ。
とりあえず、真波そら、ギャップの不思議。

キングの中里は、唯一のお気楽キャラで存在が嬉しい。
実はこの子もメガネか。
鼻歌は毎回変えている。
AQUA5歌ったらどう?キング。絶対ウケるから。
ジャニーズとか、色々変えて歌ってました。

ま、こんな感じでとりあえず、1回目の感想としておきますか。
2回目は、キムさんの面白さについて、触れたいのだ。
この人が一番狂って見えちゃってね。
そうやって見ると、結構しっくりきちゃったのだ。
Comment
なーるほどね~。

桜木とか深雪が異常なんだと原作読んで思ってました。本当に良い人じゃない、何かをどこかに置いてきちゃってるからすれ違うんだと。

スカステニュースの映像では、鳴海さん、ちっともカッコよくなかったです。ここ来る前に、ブログに書きましたが、しょんぼりしてます。
細かいレポ
緒月さん中心に頑張って見ますわ
千寿は・・・だったのか
今一歩なんだよ 好きなんだけど
★kaoriyaさん★
>本当に良い人じゃない、何かをどこかに置いてきちゃってるからすれ違うんだと。

あぁ、まさに2回目がそんな感じでした。
特にキムさんが。
変にピュアって意識で見ない方が、ストンと落ち着くかもしれません。

かなめ氏、格好良くなかったかなぁ~
正統なファンではないから、ツボが違うんですかね?
あ、でもモミアゲの形、特に左の形だけは、疑問でした。
真四角なんですもん。
真四角はないですよ。
真四角は両津勘吉ですよ。
そこ、緒月さん指摘してあげて!って見ながらずっと思ってて・・・w

★しおんさん★
ホント頑張らないと、今回辛いですよーw
フェルッティの比ではないです!
ただ私はフェルッティより、笹川の方が好みな気がしましたが、
とにかく出番が!!

千寿君・・・笹川の手下で台詞があるんですけどねー
そこが手に汗握る感じで。
まぁ、見てのお楽しみってことで。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。