FC2ブログ

山上下

2008年12月15日
『蜉蝣峠』バイトの休憩時間に無事ゲット!
14時ぐらいから電話かけて10分ぐらいで繋がった。

ヨカッタ、取れて。

つつがなく、3回ぐらいみよう。

筒井康隆の続き、短編3本ぐらい読んだ。

今日は食ったで人を!!
わーお。

筒井康隆、この人、すっごい性格悪そ~
性格悪いっていうか、絶対ひねくれてる。
こんな話書いて、で、捻くれ者じゃなかったら変だ。
でも凄いお茶目かも♪可愛い。
嫌いじゃないのかも。

筒井さんを成り行きで読む前に『トリツカレ男』って本を読んだんだけど、
これは優しくて、すらっと読めて面白かった。

本を読むのは、私としては珍しい。
でも読むたび面白いなぁと思うので、日常的に読めたらいいな、
・・・と、読むたび思う。
で、結局飽きてるから、日常的に本を読む人になれない。

『カラマーゾフの兄弟』は図書館で予約したけど、回ってくるの来年じゃ?
『忘れ雪』は読む気ゼロ。組子の頑張りに期待してます。
『太鼓たたいて笛ふいて』が面白かったから、林芙美子が気になるなぁ。
実際どんな人生歩んでるのか。
清水邦夫の戯曲制覇にも挑戦してみたい。
ジュリエットがどうとか~って戯曲読まなきゃ。

雪組カラマーゾフ、評判良さそうで何よりです。
買い足しといて良かった。
ハマコさんが楽しみだなぁーエロ親父らしいので。

ソロモン流はとにかくミキさんが素敵だった。
幸せそうな姿がなんだか私まで幸せにする。
宝塚を想ってくれてありがとう。
私もファンとして宝塚を大切に想う。
Comment
清水邦夫戯曲は読んでいると、秋山菜津子さんにあてたい役がたくさんでてきます(特に80年代以降、私だけかもしれませんが…)

私は本読むの好きですね。
演劇観られない分戯曲で補完している部分はありますが。
The Beeもタンゴも戯曲しか知らないです。

『カラマーゾフ』某所の稽古風景でタカラヅカの娘役らしからぬ台詞を言うとなみちゃんを見てすごく観たくなりましたが、残念ながら卒論(っていうか実は修論)前で時間がありません。

三十人のジュリエットは戯曲読んでも舞台の想像がつきにくいです。
結末的にはタカハナをキャスティングしたくなりました。
★ゆいさん★
私は逆に、本読めないから(笑)、舞台での清水邦夫戯曲しか知らないんですが、
やっぱりあの女性像には秋山さんをあてたくなるんですねぇ。
戯曲は特に読めないんですが、挑戦してみたいなぁ、やっぱり。

『THE BEE』は結構戯曲のままですよ。戯曲だけでも同じぐらい痛い。
舞台だと、演劇ならではの表現って部分も確かにあったけど、
でも痛い事にはかわりないように思いました。

カラマーゾフはね、水さんが胸潰してないのが気になりましたよ。
そこかよ!って言われるの承知で、こんなコメ返し。(笑)
曲良さそうだし、評判も良いですよね!
ACTの初日見に行ってきます!
単に「ぎん」という名前の登場人物が多いということもありますが。
なんていうんでしょうか、
強いところはすごく強いんだけど、脆いところは本当に脆い。現実にしっかり足をつけて生きているように見えるけど、すぐに別の世界に行ってしまいそうな危うさがある
そんな感じが秋山さんのイメージとリンクします。

稽古場の水さん確かに気になりましたね。珍しい。
ACT初日楽しんできてください。私もなつさんの感想楽しみにしています。
★ゆいさん★
「ぎん」多いんだw

>強いところはすごく強いんだけど、脆いところは本当に脆い。現実にしっかり足をつけて生きているように見えるけど、すぐに別の世界に行ってしまいそうな危うさがある

あ~そこです、秋山さんの好きなところは。
『タンゴ・冬の終わりに』のぎんも、
『わが魂は輝く水なり』でも、強いのに、気高いのに、脆かった。

カラマーゾフは今のところ3回ぐらい見る予定です!
『忘れ雪』の方が、見る数が多いというのがなんとも。
原作の時点で、結構な破壊作らしいのでw

管理者のみに表示