FC2ブログ

一段落

2008年12月11日
雪組楽から約3週間。
雪組公演中は、雪組だけでいっぱいいっぱいで、卒論書く気にならなかった。
『ソロモンの指輪』の毒が回って心奪われ続けてましたので、
千秋楽が卒論書き始めるスタートの合図。

昨日完成形を持って行って、今日またちょっと目を通していただいて、

先生からOKいただきましたー。
やったね。

あとは滞りなく修正して、製本所持って行って・・・提出まで気を緩めず。
明日、製本所行こう、うん。

提出1ヶ月前の時点で文字数的にはゼロ。
友達にも『本気でヤバイよ、それ。』って本気で心配されもしたけど、
頭ん中はゼロではない自信が正直、自分の中にはあったの、です、ね、少しは。

なので、ケロっと素知らぬふりして宝塚に走りました。
大切だったんだ。
私にとってあの時間は。

「最初より、最後の方がオモシロイじゃん。乗ってきた感じがする。」

と先生。

あーそうかも、最後の方が書いてて楽しかった。
戯曲読んで、凄い!凄い!ってキャーキャー部屋で騒いだ後、
その凄さに感動して、テンション上がって、泣きながら要点まとめて・・・
って書くと、私、ものすごい変な人じゃ。

大概、常に変か。

ま、そんなこんなで卒論は終わりそう。って話ですよ。

よーしあとは、観たいもの観るだけだー12月!
ラカージュと、愛と青春の宝塚は手配した。
他、やるべきこともきっとあるんだけど、
気持ちが今、紆余曲折経てとても真っすぐなので、
そういう気持ちに真っすぐ従ってみるのも良いかな、って。

若いということは、見えているその半分の箪笥が、
見えていない壁の向こう半分で何に繋がっていくか、
いかようにも想像できる力である。

と野田秀樹は申しておりました。
Comment
>若いということは、見えているその半分の箪笥が、
見えていない壁の向こう半分で何に繋がっていくか、
いかようにも想像できる力である。

なんて素敵な、そして真実な言葉でしょう。
ああ、私もウン十年前に、その言葉に出会いたかったな。

どのようにも染まっていける可能性をいっぱい秘めてる。
なつさんもその一人。良いですねぇ。

卒論の(ほぼ)完成、おめでとうございます。

なつさんだからこその人生を切り開いて行ってください。
私は、ひたすらファン街道まっしぐらだったのに、ぼ~っと結婚へと向かいました。もしかして、考えようによっては、ユニークだったのかな?(笑)
★kaoriyaさん★
>なんて素敵な、そして真実な言葉でしょう。

でしょう?(笑)

改めて野田さんのこの言葉読んで、
「あー私の原点ってここかも」って思いました。
野田秀樹が居たからこそ、今、オヅキトーマなんですよw
えっと、つまり、演劇好きになったのは野田さんのおかげってことです。(笑)

>私は、ひたすらファン街道まっしぐらだったのに、ぼ~っと結婚へと向かいました。もしかして、考えようによっては、ユニークだったのかな?(笑)

そうかもしれませんねぇーw
Kaoriyaさんとは、1回しかお会いしてませんが、
でも、なんとなく、その時の印象で、
幸せなんじゃないかなぁ~、充実してるんじゃないかなぁ~って思ったんですよ。
なんか凄くバランスが良さそう!
家族がいて、かなめちゃんがいて・・・

あれ?なんの話をしようと思ったんだろう。(笑)
とにかくそんな印象を受けたという話ですw

管理者のみに表示