FC2ブログ

11/28 表裏源内蛙合戦

2008年11月29日
omoteura

2008年11月28日『表裏源内蛙合戦』@Bunkamuraシアターコクーン

作:井上ひさし
演出:蜷川幸雄
音楽:朝比奈尚行
出演:上川隆也/勝村政信/高岡早紀/豊原功補/篠原ともえ/高橋努
    大石継太/立石凉子/六平直政/他


役者さんの印象だと思うんだけど、
柔らかい芝居だなぁ、と。
柔軟性があるというか、
うーん芝居、っていうか、勝村さんが?

客席に落ちたまんじゅうを、語りを入れながら拾う姿とか、
アドリブとも演出ともつかないような、間の取り方とか、
蜷川さんは、勝村政信って役者を信頼しているよなぁ。すっごく。

その中で勝村さんは柔らかい。
何が起きても、勝村さんだったら、なんとか乗り越えて、
芝居を繋げてくれそう。安心感がある。

同じく上川さんも流石だった。

特に二幕。
二幕の方が、断然面白い。
二人の芝居だけでも、まぁ見る価値あり。

だけどさぁー

長いって!!

で、これ言っちゃおしまいかもしれないけど、
蜷川幸雄×井上ひさしって、私、好みじゃないんだなーたぶんw
これ4作品目かな?
『天保十二年のシェイクスピア』、『薮原検校』、『道元の冒険』、で『表裏源内蛙合戦』?
井上ひさしはこまつ座で見たほうが好きかもしれないし(大竹しのぶのヤツ見たい)、
蜷川さんでツボにハマるのは、よくよく考えると大抵、清水邦夫作品。
次がシェイクスピアの喜劇。

天保~は役者陣の豪華さ、華と、お祭騒ぎ的感覚で乗り切ってしまった感があるけど、
あれも思い返せばまどろっこしい芝居だったし、
薮原、道元は、一応見てみた。って感じに留まってしまって、
迫ってくるものを感じなかった。

そりゃ私の見方が悪い部分もあるのかもしれない。

だけど、良い芝居って、そういう個人の集中力とか無視して、
切り込んで来るものじゃないのかな?
見ずにはいられなくなるものでしょ。

この二人のタッグからは、特にそういうモノを感じない。

あと、蜷川さんに笑いのセンスを感じない。(笑)

笑いだと、ケラさんが好き・・・なんじゃないかな、私は。
あと新感線のベタさとかも結構。ベタはベタなりに好き。
野田さんのスピード感ある笑いとかもイケるか。

蜷川さんの笑いは面白くないよw
面白く見える時があるとしたら、それほぼ役者の力だわ。
今回なら、勝村さん。
『白夜の女騎士』の勝村さんも、アレ、すんばらしかったよなぁ。
あ、笑いの面だけじゃなく、全てにおいて。

二幕で源内と田沼が静かに語り合う場面が好きだった。
「人材の無駄遣い」みたいな話をしている時が。
この辺で、心情が見えてくるかな?って思っても、さらっと次に流れてしまうし、
そういう面もなんだかなぁーなのだ。

音楽は印象に残らない。
なんかもうちょっとアップテンポになったり、バラードっぽくなったり、曲調に変化を!
音楽があるだけマシだけど、音楽がプラスαの魅力にならない音楽劇じゃ~さ。
で、別に歌唱力になんて期待していないんだから、
もっと生々しい力を!勢いを!そこに生の人間がいるんだからさ!

結局、何が言いたいのか?っていうか、
別に向こう側から言いたいことなんてないのかもしれないけど、
でも、自分なりにこう受け取った、こう考えた。
っていう実感を持って、劇場を後にしたい訳じゃないですか。
演劇好きな人ってそういうのが好きなんじゃないの?
自己満足したがり屋でしょ?みんな。
もちろん私もそーですよ。
でもそれができない。

テーマなんてない。
ただ平賀源内って人を主軸に、下品なことから何から何まではちゃめちゃやりたかった。
でも良いんだけどね。
だったらもっと、テンポ良くはちゃめちゃして欲しいし。
で、劇場から出る時は「いやーはちゃめちゃだったねぇw」って。

とにかく上川隆也と勝村政信がとても良い役者だってことは、改めて実感した。
豊原さんとか、大石さん、六平さん、立石さん、高岡さんもみんな良いよ。
篠原ちゃんが、どの子だったのか、いまいち良くわからないまま終わったんだけどさ。
役の位置で考えてあれかな?って思ったけど、顔で判断できなかった。
源内が絵描いてた子が、篠原だよね?

長い長い、とにかく長い。
立ち見は疲れた!!
でも立ち見だったから寝ないで見れたかも!!
Comment
やっぱり
長かったでそ。。
疲れたでそ。。。

花魁の中心にいたのも篠原だよ~
観てきたのね。
しかも”立ち見”!!!
考えらんない。
若いってすばらしい。

感想が、これまたほぼ一緒で、
というか、
わたしが書きたかったことをなっちゃんが代弁してくれたようで、うれしいっす。


来年の清水戯曲に期待しましょう。。。
ってか、3月のムサシ、どうなってんだ??

★ぴらさん★
>長かったでそ。。

はい。

>疲れたでそ。。。

はい。(笑)

花魁の中心・・・は、六平さんと・・・?のですかね。
まぁ立ってるのも平気と言えば平気なんですが、
展開が似たり寄ったりなんで、そういう意味では疲れましたぁ。
井上ひさしは、こまつ座で。
大竹しのぶ、見に行きたいです。

★なっつんさん★
あれ、ちょうどコメントレスしてる時に、コメントがw

立ち見、案外平気みたいです、私。
値段と、どこの席になるかわからない不安とか、見易さとか、
色んなこと考えると、コクーンの立ち見って最高なんですよー。
柵の端っこ取れたら更に完璧!
今回、端っこの大好きな場所だったので、
ものすっごい楽な格好(ものすっごい態度悪い感じでw)で見て、やり過ごしましたw
それでも疲れたけどっ。

ムサシは、仮チラシだけチラっと見たぐらいで、
情報何にもないですよね~1回見れればいいんだけどなぁ。

で、来年の清水戯曲は『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』ですよね。
『キタっ!!』って内心思っております、もう当然w!
鳳蘭と真琴つばさ・・・ってチラッとネットで見ましたが、まずは出演者が楽しみ♪

「この戯曲、読んだ事ないのに、名前知ってる。」と思ったら、
久世さんが宝塚退団するちょっと前に出したエッセイ、
その中に蜷川さんとの対談があって、そこで二人が喋ってたんですよ。
蜷川さんがざっと話したあらすじだけでも、清水さんっぽくって面白そうで。
崩壊から再生。みたいな感じ。
蜷川さんも「僕はすごく好きな芝居なんです。」って言っておりましたw

長くなりました。(笑)

管理者のみに表示