FC2ブログ

宝塚荻田浩一作品最後の観客になれるんだ

2008年11月16日
セルフィムとケルヴィム。

二人で一つなのに、一緒にはなることができない天使。
天使をイコールでタカラジェンヌと繋げると嫌だ。
今はまだ嫌。

でも冷静に考えると、この二人、
もうジャングルの終わりぐらいまで来てるんだろうな。
私はそれまでの黒燕尾の二人を生で知らない。だから今、切ない。
緑の同じ衣装を着て踊る二人から、
それぞれの個性で、それぞれ離れて生きる二人に。

セルフィムとケルヴィムに。

もう同じ格好をして、二人で一つになっている必要がなくなる。
別れは必ず訪れる。
どんなに悲しくても、どんなに切なくても。
でもその分、強くなって、輝きが増す二人だって信じてる。

これからの二人を、一人に肩入れして追うことを決めた。
私は白くはなれない人を追う。
あの人が歩く道を、少し近く、でも少し離れて、私も歩く。
歩いていきたい。
白くなれない所すら(所が?)好きなんだから、どーしようもない。

だけど最期はみんな白くなる。
その時、片割れだったセルフィムと一瞬ではあるけれど、
微笑みを交わせる瞬間があるから・・・
本当にそういう瞬間がいつか訪れてくれたら。
願ってやまない。

あぁ本当に嫌なショーだ。
最後の最後まで。
大好き。
Comment

管理者のみに表示