FC2ブログ

11/15 ソロモンの指輪/マリポーサの花

2008年11月16日
もしもサンバ きっとルンバ
2008年11月15日『ソロモンの指輪/マリポーサの花』@東京宝塚劇場 15:30

作・演出・出演者→こちら

8月30日→1回目・2回目
8月31日→3回目・4回目
10月10日→5回目
10月12日→6回目
10月14日→7回目
10月16日→8回目
10月19日→9回目
10月20日→10回目
10月21日→11回目
10月24日→12回目
10月25日→13回目
10月26日→14回目
10月28日→15回目
10月30日→16回目
11月1日→17回目
11月3日→18回目
11月4日→19回目
11月7日→20回目
11月8日→21回目
11月10日→22回目
11月11日→23回目
11月13日→24回目
11月14日→25回目


ショーも芝居も面白いように、オペラグラスが動く。
どこをどう見るか、大体決まってる。
それが、もう終わりますねぇ・・・

ショー。
海を見ると、見た目だけで、こんな綺麗なショーに出会えて、本当に幸せだ。
と思えて泣けてくる。
毎回、ここはウルウル。

初めから振り返ってみるか~
まず、始まりの日輪=指輪が幻想的なんだ。
指輪の宝石の部分みたいに、一箇所が明るく照らされて、
その光を反射したかのように、日輪の周りに色が。
あの、一箇所明るくなるの好き。

ガシャーンで、水しぇんガスパールが上手花道のせり上がり登場。
真っ黒な極楽鳥がわさわさ出て来て、
コマとせしるの極楽鳥がガスパールを挟む。
この二人、小さいけど、綺麗な極楽鳥だ。

マヤさんが指輪の紹介をして、そこに鑑定士のハマコがデカイ声でやってくる。
今日もでかかったよ、声。(笑)

今日、テルの髪型が凄かったなぁ~!
前髪までは普通なんだけど、
そこから後ろが、スーパーサイヤ人。
でも似合う凰稀かなめが好き。

緒月さんは、いっつも変わらずオールバックにひと筋前髪を垂らしてただけだけど、
テルの髪型は、どんどん変化していった。
オールバック大好きだけど、全く変化しないってのもねぇw
いや、でも大好きなんだけどさ、あのオールバックに前髪が。
確か緒月さんは、ここで右耳に銀のリングのようなイヤリングをしてて、
あと指輪もしてたよーな。
祝祭の時は確実に左手に指輪してたかな。
結構太めの、これも確かシルバー系の。

テルが左耳に同じイヤリングしててくれたら、
その後のセラフィムとケルヴィムを考えたら、面白いのになー
って毎回思うんだけど、イヤリングしてないよね?
ポタラみたいな事をやってみて欲しかった。
(ポタラがわかる人がいるんだろうか。まぁいると思うけど。フュージョンみたいなもん。)

今日は笑わなかったけど、
昨日は、ちょうど銀橋真ん中辺りで客席を向く振りの時に、
ニヤっと笑ったんだよなー緒月さん。
真面目顔だけじゃなく、笑うのもありじゃん!その先に座りたい!(笑)
と、思っちゃったじゃないか。
あの銀橋渡りは、本当に最高。

正直、すみません、水先輩に拍手が入ってもずーっと真っ暗な銀橋ばっかり見てます。
となみさんのコート脱がして、上手にはけるところまで追わないと、気がすまない。

となみさんのコートを着たテルが登場。
ミストレスと入れ替わりで、姿を現す。
ここはほんの少し、テルを見て、
で、次の出てくるタイミングに合わせて、オペラグラスを少し左にずらすw
短いんだけど、本舞台での黒燕尾も格好良いんだよなー
最近改めて実感したけど、手が好き、手が。
すっごく綺麗に伸びてて、指先までの形がツボ。
長い手足を存分に生かして踊る所が良い。

・・・いつの間にか緒月遠麻を振り返る。
になってますけど、そのままいきますよ。

次の登場はジャングル。

まず頭のとさか具合を見て、あと水しぇん、せり下がりの時の表情と。
とさかはここ数日、もっさり立ち上がってる事が多くて、
髪増えたんじゃない?と思わずにはいられなかったw

先輩がせり下がると、すぐ上手のたいして照明が当たらない場所に移動。
照明当たってないけど、振りも表情もヤバイので、見逃せない。
地獄鳥の咲奈に手を引っ張られて、「触るな。離せよ。」って感じだったり、
下手と向き合って踊る時は、またにやっと笑う。
えー、なんだ格好良いんだよな?この人。
そりゃぶっちゃけ、私の中じゃ一番だからさ。(笑)
そこまできちゃうと、他の人の評価が良くわからなくなっちゃう感じ。

ま、とりあえず、ジャングルはみんな格好良いよ。
ラギちゃんのルンペンとかも、色っぽい表情してるし。
・・・あーラギっ!!

ジャングルが終わると、ラギシナの銀橋渡りがあって、
となみの淑女と、組長の紳士も銀橋を渡り、
キムのソロから、ユミコのソロで、海へ。

キムの歌い終わりのわざとかすれさせた、今にも泣きそうな声がすっごく良い。
「波間に捨てよぉ・・・」の「ぉ」が泣きそうな感じなの。
あの声に胸が締め付けられる。

今日のゆみこさんは、この時の歌、気合入ってた?
力強く、ぐっとした瞬間があって、
「あれ?いつもと違う?」ってなんとなく感じた。

波のきらきらに心奪われ、西風へ。

ここの85期4人に与えられてる振りが、相当泣ける。
らぎひろみ、しなひろみ・・・だったり。
シナちゃんとひろみが互いの頬に触れ合う振りとかあるんですよ~!?

結局、セルフィムとケルヴィムの二人はなんなんだろうなぁ。

ケルヴィムの緒月さんの格好は、
一瞬似合わないんじゃ?って不安に襲われるものの、
いや、あれ普通に似合ってる内に入れても良いと思う。
あの特殊な髪型で、あの衣装で、あれなら全然合格点でしょう。
私は、ケルヴィム普通に見た目も好き。

・・・そりゃ美しさでは、テルに負けるけどw
ってか、そもそも、持ち味違うから勝負にならない。
だけど、この二人、そこが良いわけで。
背丈も同じぐらいで、本当に舞台で映える二人だ。

セルフィムとケルヴィムは結局一緒にはなれなくて、
上下別々にはけていく。結構切なそうな感じで。

キム筆頭の西風を挟んで、そのまま祝祭へ。
オヅキトーマ的に大問題だったのが、祝祭の衣装でしょー。
あのカツラにあの帽子ってどうすれば良かったの?
どうしようもできなかったんでしょ。
2階から見ると、真っ赤な口紅塗られた口しか見えないこと多々ありだったので、
「口おっきいねー」ってのを楽しんでた。

でも祝祭の緒月さん、いっつも楽しそうでしたわ。
にこにこ、にこにこして。

そんなにニコニコするような、場面でもないんじゃない?
って見てる側としては思うんだけど、
でもニコニコしてるからこそ、怖い、綺麗、なのかな。
ってか、やってる人たち、見てる私らほど、考えてないんじゃないか?
って思う時ありますね。
まぁ、でもどちらかというと、良い意味で。
それが当たり前って言ったら、当たり前だと思うし。
舞台の上に居るのと、客席に居るのとでは、感じ方が違うに決まってるから。
客席から見て初めて、完成形になるんだよね?

祝祭のゆみこ・ハマコ・キムの歌い継ぎ。
キムはもう少し目が詰まれば、またグーンと歌が上手くなるんじゃないかと思う。
上手くなるというか、「歌の上手い人」っていう人の中に、
名前が入るような、シンガーにもなれるんじゃないか?って。
今の時点では、まだそこまで行くには、歌が荒い気がする。
だけど、頑張れば、そこまで行ける歌声を持ってる人だとも思う。行って欲しい。

祝祭が終わって、ガスパールが下手でせり下がって、
同時に緞帳も降りる。
ガシャーンで、幕。
私、水夏希のスポットライトが絞られていく時の表情が好きで、
ここのせり下がり、かなり夢中になって見てます、毎回w
きれいだー。

芝居かぁー。
芝居はとにかく、イメージの男が好きね。
あのリーゼント、完璧!ホント完璧!
34歳男性、みたいな色気が好き。ここも手と。(笑)
セリアが近くに来ると、ライトのおこぼれもらえるから、
顔が良く見えて嬉しかったなー。
背を向けてから、振り返る時とかが大好きなんですよ。
本当に、好きだわ~イメージの男。

今日は、ソファーに座るフェルッティが良く見える席で、楽しかった。
クラブのフェルッティ見たいなら、上手寄りだったね。

またナガさんが来てくれて、
フェルッティさん、何か円を描くような振りを。
「丸いの、丸いピザ。ピザとかないの?」
そんな感じ。(笑)
で、ナガさん困る。みたいな。

あと、護衛官にわちゃんが気利かせてくれてたかな。
フェルッティがウエイター呼んでても、来ないから、
にわちゃんが、「誰か!」って感じで、動いた。
で、来てくれたのがナガさんだったんだけど。

リナレスのサボラミが終わって、またクラブの場面に戻る。
この時、「丸いのないの?」の続きを、たぶんあの人たちやってたw

ソファーに座るサルディバルと、フェルッティ。
フェルッティ側にナガさんが近づいてきて、何か謝ってる風。

「申し訳ございません。本日ちょっとピザのご用意は・・・」
「え、ない訳?」
「申し訳ございません。」
「ったく、ピザもないんだってよ。どんな店でパーティしてんだよ、お前。(笑)」
「我慢してくれよ、ピザぐらい。(笑)」
「申し訳ございません。」

まぁ、予想ですがw、今日こんな感じだった。
あそこ声聞こえたら、ホント面白いのにね~

サトちゃんカップルを蹴散らすフェルッティってのもオモシロイ。
今日はカップルの女の子の方が、フェルッティに楯突いたので、
イラっときたのか、2度、3度とガン飛ばしてた。
2度目までは良かったけど、3度目はあれ、しつこかったーw
そんな見なくても。
女の子の方は「何よ!あの男!」って感じで怒ってて、
サトちゃんは、それを「やめとけって。あいつは、やべーよ。」と諭す。

もうこうやって、細かい小芝居をチェックすることもなくなる訳か。
さみしーね。

全く話は変わって、最近、気になってたんだけど、
エスコバル、大統領の側近に、「自分で吸えよ」ってハンカチ渡すと同時に、
銃も側近の胸に戻しちゃうじゃん。
あれ、側近側が吸ったフリしてたら、相当エスコバル危険ですよね?
側近がバカ正直に、ハンカチを口に当てたから良かったものの・・・

この場面繋がりだと、
昨日も思ったんだけど、
ハマコのマイクの音量が下げられてるような気がしてならない。
(若干、フェルッティにも同じ事を感じるんだけどw)
ネロの声や、エスコバルの声は、スピーカーから聞こえてます感がするけど、
サルディバルの声の出所は、舞台上のような気がして。
両脇から声が聞こえるっていうより、舞台の上から声が聞こえる。
それってつまり地声!?(笑)

ハマコさんには負けるけど、フェルッティさんも大概声デカイ。
フェルッティがデカイ声出すたびに、ネロは、
「うっせ」って、身体を引いてるような、しかめっ面になってるような、
そんな気がするんですが・・・気のせいじゃないよなぁw

もう明日で、ネロとも、エスコバルとも、フェルッティともお別れなんだ・・・
シナとラギとも・・・
別れがないものなんて、逆に怖いけど、
この公演、私にとっても色々思い入れの深い特別な公演だったから、
特別、寂しいかもしれない。
スイッチ入っちゃったら、たぶん泣き通し。
今からだって入れば泣いちゃう。

明日、劇場で別れられるので、
しっかり目に焼き付けてきます。
ありがとー雪組!
無事、千秋楽を迎えられますように。
Comment
同感!
はじめまして。
いつもたのしみに拝見させて頂いています。
この公演 大劇場で30回。東京で8回観劇致しました。
東京1週間ぶり木曜日からの観劇でしたが、書かれていらっしゃるように
久々に おぉ!よし!今日は最高!と感じるゆみこさんの歌でした。
何十回と観劇していても そう感じる時はそうざらにあるわけではないですよね。
同じ感覚を持って頂けたことが嬉しく 書き込みさせて頂きました。
また、東京に来てからの 私の個人的小さななつぼは 芝居の中で緒月さんが
電話で娘さんとお話しされている時の 左手!
ご自身の左膝をすっぽり包みながら 無意識に微妙にズボンをぐっと握ったり
離したりされているところ…イライラ感や心の動揺感が楽しく、この場面はいつもこの膝と手にオペラロックオンでした。
シルバーローズ…・君を愛してる等々の緒月さんも 大好きでした。
今後の舞台も 楽しみにしています!
★紅葉さん★
初めまして!嬉しいコメントありがとうございました。
にしても、私もそこそこ見た方だと思っていましたが、
上には上がいるんだなぁ~というのを実感する観劇数!
私もまだまだだ!(笑)

>久々に おぉ!よし!今日は最高!と感じるゆみこさんの歌でした。

私も、同じように感じた方がいた。
ってわかって嬉しかったです。
その時々の思いで、きっと歌い方が違ってたんですよね。
ゆみこさんはそれを表現できるだけの歌い手さんだし!
ショーは見た目もですが、本当に耳も幸せなショーでした。
キムさんの歌の力ってのも、今までより強く感じましたねぇ。

>芝居の中で緒月さんが 電話で娘さんとお話しされている時の 左手!

これはここ最近で気づいて、見るようになったんですよ。
本当に顔ばっかり見てたようです、どうやらw
気づいてからは、楽もやっぱりロックオン。
可愛いってのは、フェルッティとして違うかもしれないけど、でも可愛いかったw

また、是非ぜひ、気軽にコメント残してくださいませ♪
ありがとうございました!

管理者のみに表示