スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野田版 桜の森の満開の下 初日(とマイコプラズマ肺炎)

2017年09月03日
6月2日のことでした。
友人から歌舞伎美人のURLと共に、「野田さんだよー!」とLINEが入ったのは。

ついに…!
と涙が出そうになったのと同時に、あわあわそわそわして、そうこうしている間に、また、
ついに……!!
という思いが深まり、泣きそうになって、いやそうか、そうなのか、
ついに………!!!
を繰り返した結果、LINEにまず、

「猿弥さんがでるーーー!!!!!!」

と返信をしたのがはじまり。

「そこ!笑」

って言われたよ。
感慨に浸り、頭がショート寸前だったんだよ。
このLINEをもらって、すぐ、初日はなんとしてでも駆けつけなきゃと思い手帳に日程を書き込み、ソワソワすること3ヶ月。

ついに、だけど、案外すぐにやってきた、2017年8月9日。

理由はあると言えばあるのですが、電車では銀座を二駅も通り過ぎるし、『桜の森の満開の下』をこれから歌舞伎座で観るんだと思うと鳥肌立つし、開演前にお茶した友人には「落ち着いて」と何度も言われるし、お前出るのかよ、出ねぇよ、たぶん出ねぇけどずっと鳥肌立ってるし緊張してんだよ、もうわけわかんねぇよ、幟に歌舞伎座初日ってあるよ、観る前から泣くわ、今日観られるなんて泣くわ。野田さん。好き。

みたいな、精神状態。(こわい)
浮き足立ったまま筋書買って客席座ったはいいものの、咳が出そうで、んなこと許せるかと木挽町広場のセブンでヴィックス買ってとにかく口に入れて、鎮まれ…!と喉に強い念を送り、まずは野田さんの舞台初見時の自分の恒例、挨拶文を読む。

あいさつが
七五調だよ
まいったな

勘三郎さんを失ってからの野田さんは大人と子供のバランスが不安定で、がくがくっと精神が子ども帰りしてしまった部分があるに違いなく、こっちが赤面するぐらい勘三郎さんへの愛を隠さずにい漏らしている時があって、この筋書きに載っている挨拶もそうだった。
でも少し踏み出しもしている挨拶文。鬼を背負って満開の桜の森の下に座り続けてしまう、呪われた、美しい創作者の覚悟。
この人が好きだと私はこの文章を読んだだけで思う。胸がいっぱいになる。

野田秀樹に出会えてよかった。


作品が本当によく見えたのは2回目を観た時だと思う。
初日は、目の前の景色を言葉を身体にいっぱいいっぱい入れて、それが全て夢みたいで、掴みたいのに掴みきれない部分がたくさんあった。
ただ『桜の森の満開の下』がそこにあったことがおそろしくも幸せだった。

カーテンコール、終わった、と、たぶん、おそらく、舞台には出ていなかった私は、茫然と拍手を送る。
いまこの時、この舞台に出会えたことへの感謝を込めて、拍手を送る。
やっと出逢えた。待っていた。

あぁ役者さんみんな誰かを探してるな〜
あぁ探すって野田さんしかいないか〜〜

ぼーっとしていたら、左横の花道が明るくなった。

パッと光った歌舞伎座の花道を、野田秀樹が駆けて行った。

もともと泣いていたけれど、あの野田秀樹の軽やかさと駆ける後ろ姿の尊さに、決壊しました。

勘三郎さんが駆けられなかった歌舞伎座の花道を野田秀樹が駆けて行った。

あの姿にあんなに涙が溢れたのはなんだったのか、いま、また少し分かった気がする。

あれは、足跡がついた瞬間だったんだ。

形の残らない舞台芸術や肉体の芸術だけれども、野田さんが初めて新しい歌舞伎座の花道を、お客さんがいる前で走って行ったあの瞬間は、私に確実に足跡を残した。
どうしても泣きが入る、ウェットになる、勘三郎さんへの想いが消えないから、早過ぎた肉体の死まで劇的で、どうしても野田秀樹と中村勘三郎を分けて考えられない。
分けられたら、勘三郎さんが耳男だったら、こんな感慨を抱かなかっただろう。
でも現実、勘三郎さんはおらず、舞台の中心にはその息子二人がいて、その舞台を作演出したのが勘三郎さんの盟友・野田秀樹。

泣きの要素が揃っているのも運命、とボロボロ泣いて、足元に落ちた一枚の桜の花びらを手に取り、野田秀樹がまた好きになってしまって、どうすんだよ、この後に及んで更に好きになるとか、まいった、っていうかもはや絶望じゃん、好きだわ……と打ちのめされて、気が付いたら家にいました。


翌10日は、米倉涼子を愛でるお肉ツアーに出かける予定で、これもまたウキウキしてたんですけど、明け方5時ごろだったか、今まで体験したことのない激しい悪寒に襲われました。
吐くかと思ってトイレに行くも、なんともなく、全身の寒気だけは収まらず。気が付いてはいたけど桜の森初日、2、3週間前から咳は止まらないわ、体調不良だわ、な自覚はあったな、そういえば!

でも私は米倉が食べた肉を友達と食べるの!!!!!
無駄にロマンチックなロケーションでの無駄なお散歩するの!!!!!

と、熱意と情熱と熱い想いで悪寒をマジでおさめ、起きたらそこそこ好調。

あ、、、霊感はないけど、これは桜の森から何か引き連れて帰ってきちゃったんだな…そうか。。。

とマジで思いました。
そのくらい、結構頭おかしい感じで思い入れてたような気もするので(笑)


でもね、違ったの、お肉食べても、無駄にロマンチックなロケーションでの無駄な散歩のお供しても咳出まくって、超うまい焼肉屋さんで、トチ狂って疲労回復ヒアルロン酸サワーとか飲んでも咳出まくって、机に突っ伏しながらも肉食って、小雨の中、渋谷まで歩いてたら、次の日ね、

39度近い熱が出たの!!!!!!
桜の森の満開の下、こええぇぇぇぇぇえーーーーーー!!!!

インフルエンザでもまあ食べようと思えば何か食べられる私が、この私が、何も口にする気が起きず、ひとりで病院に行ける気もせず、部屋の階段降りたら力尽きて階段に座り込み、それでもなんとか病院に行き、これなんなんすかね?夏のインフルエンザ?熱中症?つらいっす、咳しすぎて背中も痛いっす……と先生に訴えたら、レントゲン撮られ、採血され、喉の粘膜ぐぇえっと取られ、無心で検査結果を待つこと数十分。

マイコプラズマ肺炎ですね。

なにそれ、カッコいい。プラズマ。
なんか、よくわかんないけど今までかかったことのない病気だった。
よかった、この辛いの病気か。
辛いけど理由がわかると幾分か楽な気がするよ、うん、早く帰って寝たい、薬おなしゃっす。



朦朧とした意識の中、それでも想ったのは、桜の森の満開の下。
もう私、野田秀樹が作演出をする桜の森の満開の下の初日を観られたから、ここが今の最高到達点だったから、ここさえ、これさえ抑えられたら、ほかはもういいかもしれない。
桜の森が観られたから、あの桜の森が観られたから……

と、結構本気で思えました。
ここまで思える舞台に出会えたのは、観客として本当に本当に幸せなことだと思っています。

ありがとう、野田さん。
同じ時代を生きることができて、私は本当によかったです。



でも、表に出ろいっ!English ver.も観たいな。
米倉さんのCHICAGO千秋楽も、その翌日の歌舞伎座二部も観たいな。。。(体調おして観たわ)(ごめんなさい)(負けられない)

こんな欲ばっかりだよ、俗物なめんなよ。
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。