スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早稲田松竹で『紙の月』と『空中庭園』

2015年03月31日
「バレない嘘は嘘じゃないのよ」

あのあと食べたショートケーキの苺は、きっと甘さがなくって、苺の食感と共に口の中にじゅっと果汁とその酸味だけが広がっていくような、なにか味が足りない、そんな苺だったんじゃないかって思った。
見ながら一緒に同じ苺を同じ気持ちで食べた気分。


小泉今日子をスクリーンで見てみたくて、映画館で声を聴いてみたくて、高田馬場の早稲田松竹で『紙の月』と『空中庭園』の二本立てを。
宮沢りえと小泉今日子主演映画を同時に見られるなんて、とても至福!

考えてみればシネコン以外で映画をこうして見るのは初?
初スクリーンで小泉今日子?

色々新鮮でした。

徐々に上げて行きたかったので、宮沢りえ→小泉今日子の流れで鑑賞。
『紙の月』は初見。
『空中庭園』はDVDで見てたので再見。


巻き戻しができないからか『空中庭園』の展開がDVDより早いように感じられた。
印象に残っていたシーンが次から次へと出てくる。
コンビニで振り返った時の顔、フォークでムカつく女を滅多刺し、求められてもローンの話でかわしておやすみなさい、性の話も包み隠さず話す家族の食卓、雨の中の叫び……

とにかくここぞというところで、必ず良い顔をしている、小泉さん。
これだけの顔をしていてくれ、という監督の想いが強ければ強いほど、『わかりました』と、無言でその想いを受け止めて、仕事で返す。
それが、映画の中の、女優としての小泉今日子。


“女優”という言葉を出してはみたけれど、小泉今日子を女優と言い切ってしまう事には、なんだか抵抗がある。
“女優”って言葉がしっくりとこない。
結局何をしているときも、小泉さんがやっていることって変わらない気がするから。
歌うことを求められたら曲を作った相手側の意図と自分の感性を混ぜて歌うし、写真を撮られる時も、芝居をするときも同じで監督と役と自分との間の着地点を見誤らない。
だから、ただ歌手でもないし、女優でもないし、そんな中で言えるのは小泉今日子は小泉今日子であるということと、唯一当てはまるとしたら“アイドル”というその言葉だけかも。
単一カテゴリーですよね「小泉今日子」という。



この人を見れば見るほどそう感じられるのが面白くって、また顔が違う!とワクワクして、細胞の新陳代謝の連続を目の当たりにしているようで、今や虜。
吸って吐いて、食べて飲んで出して、人は常に変化してる。実は。
そこのところが「実は」ではなく自然なのが小泉さん。
素敵だよね。

初めてスクリーンで見て余計に映画向き…なのかな?と感じた。
テレビよりも撮る人の個性があったほうが良いし、細かい表情、カメラを向けられた際の瞬発力の高さが大きな魅力だと改めて感じたので、そういうのはやっぱり舞台での演技よりも、映画での演技でより生きる。
身体が使える人ではないのでね。
同じ顔してたって、舞台では表情だけでは伝わりきらなかったりするから。

「死ねば?」もいいけど、それ以上に「おかえり」って言われたいです。
二度目の誕生日を迎えた絵里子が次に食べるショートケーキの苺の味は、とっても甘いといいな。



『紙の月』は、出演者はみんないいけど、脚本かな、いや、演出もかな、あと一歩足りないと感じた。
りえさんと、池松くんのベッドシーンのBGMってあれかな?軽さに違和感。
もうワンテンポ早い興奮と破滅が欲しかったし、ラストシーンがいまいち納得いかぬ。
あそこまで堕ちた先で中途半端な救いはいらない。

ただ好みの問題もありますが、宮沢りえと小林聡美の対峙は絶品だったー。
「一緒に来る?」
と声を掛けた、りえさんの一瞬の表情と、それを受けた聡美さんの表情。それだけで通じ合う。
二人が同じ世界にずっと居たことがわかった。
そして、風が吹く。

撮る人によると思う。
『紙の月』の宮沢りえは流れるように堕ちていく感情の芝居を。
『空中庭園』の小泉今日子は闇の部分を時折叩きつけるような、結構狂暴な芝居を見せてくれたと思う。


あぁ、楽しかった。
好きな役者さんの演技を見てるのって、私にとって何よりの幸せ。
スポンサーサイト

永遠にアイコン。

2015年03月26日
なぜこんなにもアイコンなのか山口智子は。
フジテレビ水曜22時4月8日スタートの『心がポキッとね』が楽しみです。

だって、山口智子だよ!山口智子だよ!山口智子だよ!山口智子!!!!(連呼)

って騒ぐ私は今28歳で、96年ロングバケーション放送時は8歳とかなので、ロンバケ世代じゃないんだけど、リアルタイムで月9、ロンバケを見ていた、心は完全にロンバケ世代なのです。

この実年齢と好きなものが一回り程ずれているのは今も変わらず、周りと同じにしようとも思わないし、不思議に思うのも飽きたし、もう心の赴くまま放っています。
勝手にしろ、自分。
だって好きなものが好きなんだもん。


『最後から二番目の恋』スタッフで、阿部サダヲ、水原希子、藤木直人とともに山口智子。
岡田惠和と宮本理江子と山口智子。

ふざけてんのかよ。

と意味もなく逆ギレしちゃう感じです。
全員が死ぬまで最恋見てたいってのが本音なのですが、それが叶わないなら同じスタッフで別のドラマ。
も、実際悪くはない。

テレビドラマが大好きで、楽しくて楽しくて、毎週待ち遠しくて仕方がなかった、ドキドキとかワクワクとかキュンとかそういう気持ちの象徴がロンバケの葉山南であり山口智子なんだと思う。


旦那唐沢寿明、その後後露出激減というのも「山口智子」がロンバケの時のままアイコン化していくのを加速させた。

永遠に好感度しかない山口智子が岡田脚本で連ドラかぁー。
イタい女になるんだろうけど、今現在としっかる繋がるイタさでお願い致します。


小泉今日子は「今」を掴む感覚が抜群に鋭い人だから、小泉さんの力で、千明のイタさもドラマの虚構、夢とのバランスの取れたイタさになるけれど、山口さんだとその辺がちょっと心配。
岡田さんの書き方によるのかな、と。


楽しみにしすぎてつまらなかった時ダメージ大きいのも嫌なので、セーブかけつつ、でも期待しております。

こじれてない大人なんて、きっと、いないよね。
そんな事、思うようになった私も少しは大人になったってことなんですかね。
はぁー、やれやれだわ(笑)。

3/1 いやおうなしに

2015年03月02日
あまりにも理想通りの初見。
生きててよかった2回目~7回目。
そして夢が限りなく現実になった千秋楽をしっかりと見届けて「あ、これで終わったわ」という感覚が、寄せては返す波のように激しく。

バックシームが入ったストッキングの幕が閉まり、全キャストが揃ってトークをし始めただけでも、作品に対する名残惜しさを共有できて、嬉しいのと寂しいのと半々みたいな気持ちが心地よかったのだけれど、
“お前歌上手くないのに次の出演作も音楽劇ってなんだよ(笑)。ファンからの歌って~!リクエストが一番多そうなキョン吉くんを無視して北関東歌わせる、古田新太の山中崇イジリ”
も含めて、あれ?もしかしてこれ、とっても豪華な時間稼ぎ?

と思っていたら、古田さんがもうお前ら立っちゃえよ!まだまだいけんだろ!?と素敵に煽ってくれ、幕、もう一度開脚。

両足の間に立っていたのは面影のaCKyさんやsinner-yangさんら、がっつりバンドメンバー。

スクランブル交差点からセンター街を抜け、スペイン坂を登りきり、散々人ゴミ歩いて辿り着く、渋谷の中心にあるPARCO part1の、その9Fにある収容人数458の劇場。
PARCO劇場から見下ろして見える、豆つぶのような、たくさんたくさんの人々は、ここでこんな出来事が起こっていたことを、きっと一生知ることはない。
その限られた場にいた頭おかしめな人びとと、神奈川、埼玉、大阪、名古屋、仙台、東京…各地でこのクソみたいな舞台を楽しんだ、クソみたいな人たちにもきっと向けられた、終わりのバカ騒ぎ。

山手線の左の方で、山手線の上の方の歌を大音量で。
本物の生「今夜、巣鴨で」。
そして「俺のせいで甲子園に行けなかった」。

千秋楽はaCKyさんがカーテンコールで出てきて、1曲ぐらい、みんなで歌ってくれたらいいのに。

とは思っていたけれど、言ってしまったら叶わなくなりそうだから、そんな希望は口にせずにいた。
それが、あそこまでバンド組まれて、ガチ演奏で本家巣鴨を聞くことができて、甲子園は途中からキャスト登場で、ただの大盛り上がりのライブだし、小泉さん、毛皮はだけて、両肩全開にしてはしゃいでるし、夢か。
夢か、これは。

あの場の出来事が妄想だとしても、本当に現実の3割増でしか妄想できないのだとしたら、私たちの現実もそこまで捨てたものではないのかもしれない。
『いやおうなしに』が終わってしまうのが心から寂しいと思うのと同時に、潔く、格好良く終わって欲しいと願う自分も確かにいた。
永遠に続くもの、変化のないものを想うよりも、終わるもの、移り行くものを想う方が私の性には合う。

大好きだったよー、『いやおうなしに』。

最初のうちは、途中退出上等のえげつない舞台を作ったその変態的な愛情とエネルギッシュさ、キャッチーな面影の楽曲と俯瞰した歌詞の痛烈さや、福原台詞の切なさやらに惹かれていたけれど、回を重ねるごとに作りの緻密さに惹かれていった。
細かいところにまで目が行き届いた隙のない演出の元に下ネタがあり、日々感情が動いていたのだろう新鮮な芝居の結果、狂った女は綺麗になる・・・
エンタメ要素と内容のキツさのバランス感覚は神懸かり的に良く、派手で馬鹿な舞台の盛り上がりの裏にあったのは、渋い職人芸。
回を追うごとに派手な光から渋い光に目が行くようになり、その光にこそ愛おしさを感じた。
だからこの舞台が大好きでした。



このタイミングで小泉今日子、小泉今日子言い出した自分はラッキーだったかもしれません。
もう本当にそれこそ物心付いたときからキョンキョン好きです!
なんて人は世の中ざらにいるに決まっていて、私はそんな長いファンにはタイムマシンでも発明されないかぎりなれないのですが、ただ近頃ファンになるのだとしたら、タイミング的にはやっぱりバッチリだったと。
初歌声、初ライブ『いやおうなしに』って言ってよくないですか?
だってそれ面白いから(笑)。
(シダでジーナ見てるか)(でもファンではなかったしなぁ)

とにかく何やっても「かわいい」「かわいい」言いまくってれば、それで済むような存在なのですが、「かわいい」って言い過ぎてて、そうなってくると、いよいよもってして「かわいい」ってそもそも何?なんだっけ?どうして「かわいい」と思うんだっけ?という疑問が湧いてくる。

まぁ、じゃあ、とりあえずネットから言葉の意味↓
「可愛い」
1 小さいもの、弱いものなどに心引かれる気持ちをいだくさま。
2 物が小さくできていて、愛らしく見えるさま。
3 無邪気で、憎めない。すれてなく、子供っぽい。
4 かわいそうだ。ふびんである。

主に2?
え、顔をはじめとする全体的な作りが小さいから愛らしくて、それがかわいいってこと?(笑)
まったくもってそれ、否定しないけど、事実だけれど、そういうんじゃなくて、それだけじゃなくて、そうですねー・・・

こちら側の隙を寸分の狂いもなく突かれてる感じが致します。

ここでこの表情してくるとは思ってなかった。
とか、
この声でこの歌、歌っちゃう?
とか、
50回公演続けても、一向にラップだけは上手くならなかった。
とか、
そもそも、出るって言っちゃったんだ、『いやおうなしに』(笑)。
とか
ものすごい場数踏んでるはずなのに、巣鴨で指先震えてる。
とか、、、

おうおうおうおうっ、やるならやってみなっ、て芳奈みたいに上半身ガードして構えてたら、ふっと視界から消えてスネに軽く蹴り入れてくるみたいな、その瞬間の「痛っ!」というのが「かわいっ!」てヤツかもしれない。
スネとか痛いじゃないですか、軽くぶつけてもアザ残るでしょ、いつぶつけたのか、蹴られたのかわからないようなアザがどんどん増えるでしょ。
気付いたら、アザだらけ、悟り悟られ、ハマってる。
右だと思わせて左というような正反対のギャップではなくて、右だと思ったら斜め右だった程度の、ほんの少しのギャップを操るのが上手いのだと思う。
常にちょっとだけ意外。
だから大衆と離れすぎず、でも自然に自分だけの道を歩いている。

そうなってくると、この方の「かわいい」は人の心や世の中の「隙を突くこと」。
マツコ・デラックスの言葉を借りつつ、付け足すと、ニッチ産業のビジネスアイドル、ってことになるのかもね。
隙間を見極めて、それをメインストリームまで押し上げる、そのセンスが生きた、大きいことから小さなことまで全てのことを「キョンキョン、かわいい。」のその一言に込める。

大切なことだからもう一度言う。
キョンキョンはかわいい。



『いやおうなしに』に関わった全てのみなさま、お疲れ様でした!
そして本当にありがとうございました。
やっとこさ10年芝居を見てきた中で、5本の指に入る大切な、大好きな作品に出会えたことに感謝、感謝の連続パンチを贈ります。
くらえっ。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。