*火のようにさみしい姉がいて*

2014年09月29日
これなぁー。
なんでこうなったんだろうなぁー。

『火のようにさみしい姉がいて』
清水邦夫ですよ。
蜷川幸雄ですよ。
私の大好物ですよ。
観ない選択肢がない組み合わせですよ。
同じ痛みを持つ蒼い氷と紅い炎の競演みたいな感じなの。
清水さんは蒼。
蜷川さんは紅。

大好物なのに、立ち見で見てて、
立ち見で見てるのに意識失いかけた。



シスカンパニーのお芝居、最近おかしくないか?
『あ、この感じ、ロンサムウエストのときと同じ』
そう思った。

ちょうどミュージアムでだまし絵展してたけど、
そんな絵ねーよ、たぶん、だけど、
正面から見たら天使、斜めから見たらドクロが浮かぶ、そんな絵、、、つまり戯曲があるのに、
多くの人が正面から見た天使だけで満足して帰っていく。
絵の中の毒に気が付かない。


段田さんがりえさんの首をはじめて締めたときに、少しぞくっとしたい、私は。
そこから段田さんが見ている幻影を感じて、彼の不安定な心に興味を持ちたい。
また、そんな夫を見つめる元女優である女の気持ちが知りたい。
女の方がもしかしたら、もっとおかしいかもしれない。


しかしながら、それをみんな裏のない「笑い」で包んでしまう客席の空気感にどんどん気持ちが引いていった。
なんだかよくわからない笑い声を拒絶するわけでもなく、認めるわけでもなく、
芝居が進行していくのもハッキリしない理由のひとつ。


観たい世界はそこにあるのに、ぼやけたガラスが間にあって、よく見えなくなっちゃった。


新橋耐子、立石凉子、山崎一、中山祐一朗〜なんていうキャストを抑えて置きながら、宝の持ち腐れ。
いや、みなさま腐っちゃいないけど、足し算し過ぎな気がするので、引いてシンプルな形にしてほしい。
(おばちゃんたちはゴールドだけのほうが収まりが良かったんじゃないか?)

これは今度のケラさんの『三人姉妹』のキャストを見ても、ものすごく感じたこと。
あれだけのキャストを揃えてしまったことによってか、よらずか、
赤堀雅秋、近藤公園の名前に一番のトキメキを感じさせるって、何かが違うから。…。ね、うん(笑)。
だから、三人姉妹も不安。



今回はキャスト抑えてから、戯曲を選んだ感じ?
とにかくチグハグとした印象を受けた。


大竹しのぶ、宮沢りえ、段田安則は私が脳内で思い描いた芝居と、ほぼ同じような芝居をしていたよ。
この3人は名実ともに日本最高峰の舞台役者さんだと私は思っているけれど、
3人が居ることが掛け算にはならなくて、足し算で終わってしまった感じがする。


大竹しのぶ+宮沢りえ


なんて重いんすよ(笑)。
重いでしょう?!?!
この間にいる段田さんなんか、疲れ切っちゃうよ!きっと。



予想外だったのは、最期、りえさんが首を締められて、もがき苦しんでいるときに、
履いていた靴がコトンと客席側に落ちていったこと。
これは蜷川さんが搬入口を開きまくるのと同じような意味があるように見えた。
宮沢りえが落とした靴が、パリンと薄ぼんやりとしたガラスの壁を突き破ってこっちに来てくれた。


宮沢りえが落とした靴だからこそです。


だからね、最終的にはあんなに美しい死体を見られただけでもいいのかな?
なんてそんな気持ちになりました。
ただし、いつものラストの音楽には「またかー…」とハッキリとしないツッコミ入れましたとさ。

鎌倉のススメ

2014年09月28日
20140929133627744.jpg
先日、水夏希氏のファンのお二人と鎌倉へ。

私『最後から二番目の恋』にハマる

水さん、鎌倉文学館で薔薇と雨の季節にトークショー開催(雨天中止)

夏希さんファンと私
「じゃあその日一緒に鎌倉行こう!?」
約束

当日雨。中止。さすが。

20140929133610634.jpg
こんな流れが以前あったので「カマクラ」への思いは膨らんでおりました。
とか言いつつ、ドラマ放送中に我慢できずに別の友だち誘って、ロケ地巡り先にしちゃってたんですけどね。

一度行ってみて、また行くならまたロケ地はガッツリ回りたいけど、
でもロケ地関係なくとも、また遊びに行きたいなーという思いは持ちました。
海風気持ちいいんだ。

20140929133601a25.jpg

夏は海水浴の季節だし、まず何より日差し強くて焼けるし、暑い中歩くなんて考えられず、時は流れ、秋。
今のこの季節に。
曇りに近い晴れだったけれど、でも気候は良く、歩きまくって、食べて、飲んで、楽しい一日でございました!

2014092913362077e.jpg



で、場所は鎌倉でも小田急の中でも、ヅカファンが集まれば話題は当然宝塚にも。
届いた白封筒。
どうにもこうにも泣けちゃった白封筒でした。
やっぱり言ってしまえば、うちの方は凰稀さんと添い遂げ退団みたいな形に見えてしまうのは否めないわけで、

それは見てきた背中のせいなのかな?(チカユミ)

と笑い話。
水さんとゆみこさんは添い遂げではないけれど、
水さんはちゃんと相手役さんの事も思っていたけれど、
それでも退団後とかに一緒に舞台を見に行くときは、
となみさんでもなく、みなこちゃんでもなく、ゆみこさんと一緒。
そんな1、2の姿を間近で見てきたテルキタだから、と。
ま、笑い話だからね、半分ネタです、、、半分だから、もう半分本気ですけど。


強過ぎる執着も愛情もある意味では薄れてしまっているからか、
添い遂げと言われようが、それを揶揄されようが、気にはならなくて、
本人が決めたことなら、それで別にね、いいんじゃねーの?みたいな。

十分すぎるほどの役に恵まれ、恵まれるたびにその役に応え、また新しい役と真摯に向き合ってきた役者ですもの。
それしか出来なかったけど、その「しか」の徹底が宝塚という世界の中でどれほど貴重だったか、素敵なことだったか。
だから大好きなんだ。
いつ辞めてしまうのか?という不安を超えて、想像以上のモノをいつも見せてくれた、カッコいい人。



辞めたら鎌倉にも行ってみて。
楽しさと癒しがある気がするよ。

涙なしの理由

2014年09月27日
この3年半で変わったこと、実はあったなぁ〜。

友だちや知り合いが増えました。
(友だち=同年代、知り合い=かなり年上。)
(でも一緒に芝居見たりご飯食べたりして楽しい)

いま、実生活で仲良くさせてもらってる人たちとの出会いのきっかけは、
よくよく考えればこのブログでした。
結局、当ブログにヘビー来訪し、
私の一直線なのに捻くれた想いのあーだこーだを面白がってくれていた方々は、
案外わたしの生活圏内の近くにもいっぱい居て、ビバ、インターネット。
たくさん友だち増えました。
やったぜ。




歌舞伎方面強いのに、いきなりヅカファンとしてトップスピードで走り出した友だちや、
ドリカムファンで、普通の演劇ファンだったのにいきなり「ちーかい」とか言い出して知らん間に蓮水ゆうやに堕ちてた子。
緒月さんのファンの方との新しい、かつ恥ずかしい、けれど良い出会いもありました。
水さんのファンのお姉さまともいまだに良くワインボトルで飲んでケラケラしてるし、鎌倉とか遊びに行こうとしてるし。


いま、よくよく考えないと気が付かなかったけど、

ほんと、たのしーじゃねーか。



もっと広げてしまえば演劇を想う人との出会いがたくさんあったのだと思います。
演劇が日常化してる人たち。
演劇無しでは生きてくのが難しくなっちゃう人たち。
それだけで、通じるものがあるのかな?



いい芝居と友人。
あとは美味いご飯。


これさえあればいい。
と思う。
割とマジで。




あとあとあと、あれれれ!
早速というか、なんの前ぶれもなく、いや退団発表は前ぶれなのかしら?
でもこんなに間を開けて更新したにも関わらず、
拍手コメントなどいただいてしまい、胸が熱くなりました。
感謝です。ってかマジ嬉しいっす。

なんかねぇ、私、緒月さんが宝塚辞めるって言っても、今、あんまり悲しくないんですよ、実は。
(どこでガクッとくるかわからないけどね)
これ、たぶんね、男役、タカラジェンヌである緒月遠麻が一番好きなんじゃなくて、
この方の根っこ、人間として、、、言ってみれば本名のこの方が一番好きだからなのかな、と。
いや、芝居してるとこがまた超好きなんだけどね!でもよ。

根っこから幹にかけての緒月さんがこれからも変わらずスクスク、のびのびしてくれてたら、それだけでもういいじゃない。
男役とかは枝葉に過ぎないのかな、と。
いや、見事な枝葉なのよ、これもまたね。もはや美だから、美。



元気に生きててくれれば、それでいいよ、もう。
だから、まずはタカラジェンヌとして美しく咲いて、
悲しいぐらい綺麗に散ってくださいませ。

見届けます。

ロスの予感

2014年09月25日
やめんのかーーーい!!!!


こんにちは。
長い間更新しなくてすみません。
緒月遠麻退団発表の報に突き動かされるように、久しぶりにブログを更新してみようと思い立ちました。

3年半ぶりでしょうか。
私もこのブログを頻繁に更新していたときから3歳半、歳を重ねたわけですが、自分は大人になったのか?
と疑問を感じることだけが年々増えているような気がいたします。

この3年半の間の大きな変化といったら、、、

小泉今日子に惚れた。

ということでしょうか。(と言ってもここ半年で急にかな)
緒月遠麻から小泉今日子。
一体どんな振り幅。
結婚しました!とか言いたいわ、本当。

きっかけはもちろん『最後から二番目の恋』。
あの初回海外ロケしちゃうようなおバカなフジテレビ臭が、
小泉今日子の男っぷりが、中井貴一の包容力が、
日常の何気ない切なさと優しさが、私の中を流れるドラマ好きの血を騒がせました。
このドラマが、吉野千明が、長倉和平が好きで好きで仕方がない!

と、思いが増す毎に、これは緒月ロスの前フリなのではないか?
そんな気がどこかでしていた気がします。
緒月さんとの時間が終わりに近付いているから、また新しく夢中になるものが出てくる。
私の日々はいつもそんな感じなのです。

最恋ロス
あまロス

そしてついに、

緒月ロス



アンドレも見ました。
ディナーショーにも行きました。
この3年半ずっとずっと緒月さんのことは見てました。
色々思いは変化していたけれど、無に近い涙を流すことの方が多かった気がするけど、緒月さんが舞台に立つ姿を観ること。
それは私の変わることのない生活の一部でした。


緒月さん。
宝塚辞めるんだね。



そして、さっきパンツを買いました。
女はどうやら自分の中の女と戦う為にその年代年代で、パンツをプロテクターにしているらしい。(おおまかにキョンキョン談)
新しい大人っぽいパンツで気合入れて2月まで戦いましょう。
そして仲良くなりましょう。
アイドル「キョンキョン」のイメージをいとも簡単に覆す、
素敵文章力を持つ根暗なイイ女小泉今日子原作のドラマ『戦う女』も楽しみです。

あ…補足です。
今日、自宅郵便受けにいつもの時間に届いたらしいのは、どうやら小泉姉さんのエッセイ『小泉今日子の半径100m』。
おい白封筒。
今日来るのか、おい、白封筒。
 | HOME |