スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました

2011年02月28日
ぷはぁーーーー!!!!
(潜水から浮かび上がってきた感じ)

どうも。
「お元気ですか?」
と、コメントいただきましたので、
元気です!

ぼちぼちこのブログも更新するのをやめようかな、と、
更新しなかった間に考えておりました。
一番の理由は「なんとなく」でしょうか。
なんとなく、もういいんじゃないかな?と思い始めたから、更新をやめてみて、
更新しなくても、「書かない」ってことにストレスがあったわけでもなく、
いたって普通だったので、うん、じゃあ、ぼちぼち?と。

演劇が好きで好きでたまらなくて始めてみたブログなのにも関わらず、
その演劇の世界で出会った緒月遠麻という、
いちタカラジェンヌ、いち役者にこれでもかと入れあげ、
まぁここ何年かは、演劇好きの緒月ファンブログと化しておりました。

ブログを読んでくださって、
「緒月さんのこと今まで以上に注目するようになった」
「緒月さんが好きになった」
そんな声が聞けたこと、本当に嬉しかったです。

今まで以上に、宝塚のことを冷静に捉えはじめてる現在があって、
それを思うと、ここで出せる緒月さんに対する想いは、
出し切れるだけ、出し切ったような気になりました。
ティボルト決まった時の記事が、緒月さんに対する今の私の全てかもしれない。
本当に本当にたくさんの幸せを今も与え続けてくれている、大切な人です。
ここからも、本当にありがとう、と。

別にしんみりしているわけでもないんですけどね。
ブログやってたおかげで、たっくさんの人に出会えて、
それは本当に、ものすごいことだと思ってます。
出会いがあったことに、心から感謝してます。

ブログやってて一番良かったことだと思う。

自分でも読み返したいし、完全に消去する気はなく、
このままの状態で残しておく。でも更新はしない。
ってのが、今の気持ちですかね。

ということなのですが、こんな時の締め方が全くもってよくわからないですね。
どうすればいいんですか?
嫌なんですよ、アホかと思うんですよ、照れくさいんですよ、ほら例えば、
「長い間更新しなくてすみません。」
とかって始まるブログあるじゃないですか。
私なんかそういうの読んじゃうと、
「いや、誰も待ってないかもしれないしね。」
と冷たいツッコミ入れたくなるんで。

“読んでくださる方に向けて”

という気持ちももちろんあったけれど、
たかが個人の、
しかも宝塚なんていう狭い世界のことをひたすらに書いているブログなんで、

“自分勝手なことを書いて、それを楽しんでくれる奇特な方々に恵まれた場”

ですよ。
「奇特」=「非常に珍しく、不思議な」方々に向けても、
本当にありがとうございました。

自分勝手が第一だったから、
誰かの為に更新しなければ、なんてことも思わなかったわけで。
なので、最後も自分勝手に終わらせるのです。
あぁ、やっぱり締まらない。

これからも、緒月さんを、宝塚を、そして演劇を、
変わらずに思い続けていこうと思ってます。
ブログに書くことはなくなっても、思いだけはますます強く、凛々しく。
スポンサーサイト
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。