*ロジェ/ロック・オン!*

2010年06月26日
2010年6月25日『ロジェ/ロック・オン!』初日@宝塚大劇場

水さんが雪組のトップになってからの3年半は、
私が、宝塚ファンになってからの3年半でもあるんだ。
全組毎公演見るようになって、気になれば青年館にも行くようになり、
ムラまで遠征して、花のみち通って宝塚大劇場で観劇して、
バウにも行ったし、全国ツアーも追いかけた。

ナガさんが、挨拶の時に口にしたその「3年半」という一言で蘇ってきた、
私の、たくさんの幸せな思い出。
そこには必ず緒月さんがいたわけだけど、
そして、さらに当たり前に水さんがいたんだ。

そもそも私の宝塚の始まりは水さんがいた頃の月組とも言える。
ウタコさん時代は、先輩いないけど、
初舞台が、ぶろーどうぇいぼーいず、でしょ?
かの有名なグランドホテルと一緒にやってたショー。見たことないけど。
私がハマった月組は久世星佳までだから、マミさんは追っていなくて、
そうすると、そこら辺りから、なぜか水夏希も月組を離れて長い放浪の旅に出る。

その間の宝塚は知らん。
今ファンになっても、今は興味湧いてこないので、
映像で振り返ったりもしていない。

そして、月日は巡って、初めて生で宝塚を見たのが『霧のミラノ』。雪組。
そしてそして、群舞で緒月遠麻カッコイイ!ってなったのが、
水さんのトップお披露目公演の『エリザベート』。水さんは雪組でトップになった。

切っても、切っても、一番の大好きの側に水夏希。

とてつもなく大きな幸せを、
この3年半の、水夏希の雪組から私はもらったんだ。
一番幸せだった時への思いが強すぎて、
今、その時と同じような「好き」を抱いて観劇できない自分に、
きゅーってなりまくって、モヤモヤするときがあったりするんだけど、
それも、そうなっちゃうぐらい、たくさんの幸せをもらったからなんだ。
あの時、あの公演で、あんなに幸せじゃなかったら、今、きゅーってならん。

たった一言「ありがとう」と言える日が来ると思う。
「ありがとう」だけでいい。
大好きだった雪組に、大好きな雪組に、そしてこれからの雪組にも、
「ありがとう」と伝え続けたい。
私はかけがえのない時間をもらった。

水さんが今日、泣いてた。
泣かしてやったぜ。
舞台上の組子も、客席のファンも、
みんな、水夏希が大好きなんだ。
スタンディングオベーションになってから2回目のカーテンコール。
総立ちの客席から送られる拍手の暖かさに、水さんが崩れた。
「こんなはずじゃなかったんだけど・・・」
と、声を震わせて、目元に手をやる。

今日の初日、見に行って良かったな。

芝居はシュミット、1時間15分ぐらい出てこない(総上演時間1時間35分ぐらい)。
あ、一応オープニングは出るけど。あ、あれ、影も本人。
『ん?見覚えある形だ。』ってなる。→プログラム確認済
1週間ぐらい看病し続けた風なデュナン髭だった。
医者だけど白衣は着ていなくて、総じて白っぽいベージュ系の服。ま、デイリー見て。
さよなら公演で、水夏希が憎み、追い続ける男の役をやらせていただけるのは光栄。
よって、オープニングの一人背中。(こういうの嬉しい)
でもやっぱり、この人、基本が優しいなと思う。
悪く言うと芝居の中に狂気がないというか。
んーーー、でもそこが嫌いじゃないからなぁ・・・。宝塚的!

名前だけは5分に1回ぐらい呼ばれる。
でも、1時間15分出てこない。
光栄だから、許そう、そもそも覚悟の上だ、正塚と知った時からの。

シュミット出てない時は、主に真波そらのタンゴを見るが良し。

むしろ、二人同時に出てたりとかしてなくて、
良かったんじゃね?っていう。
ショーだとどうしても、贔屓にいくじゃないですか、目が。
真波さんのタンゴ、そして、バーでの沙月愛奈をめぐる、がおりとの小芝居。
2回目からは本編そっちのけで、こっちでいいんじゃね?

本編はこれまた正塚世界なのだが、
マリポーサの方が、感情の揺れにドラマがあった気がして、まだまだ物足りない。
コマがとってくれる笑いに空気は救われるけれど、
リピート前提だと、それだけじゃ弱い。
やっぱ、タンゴかー。
オヅキさんも、髭つける前に踊ればいい。

髭つける前にといえば、エピローグでは、なぜか髭がないシュミット。
剃った。身だしなみを整えたのか。
そもそも、この人、いくつの設定だろう。
ロジェ復讐を誓う幼少時代を10歳とすると、
あの時のシュミットは、30手前ぐらい?まぁ30歳として、20才差としよう。
「24年間追ってきた」って言ってたから、ロジェただいま34歳。
・・・げ、あの人、54歳。
無理あり。
だから、猫背気味なのかな。
それで、ミミを虜にするなんて、隅におけん。

台詞があるのが、
みず、キム、みなこ、マヤさん、美穂さん、にわさん、ひろみさん、ちぎ、コマ、きゃび、
咲奈、杏奈、キタロウぐらいか。(杏奈!!!!)
そして、あゆっち、せしる、ミミ、真波、涼花辺りが続く・・・みたいな。
他、歩行者、みたいな。
まぁ、正塚と知った時から、これも・・・

ショーは、そうそうこれこれ!三木先生!
一箇所、ファンシーダンス?ファンシーダンス?って場面があった。
なんだか、緒月さんがやたらウィンクをしまくっていて、
オープニングと、そのファンシーダンスで、特にウィンクしてるの。
ビックリする。めずらしっ。
明るくキザる時の音月桂的表情の豊かさが緒月遠麻にあった気がして、
それも珍しかった。
黒燕尾やら、ナポレオンは、真顔で睨み付ける怖い系だったので、
ニコニコ笑いながら、キメの表情してるのが新鮮かつ可愛い。
でも格好良いところ、色っぽいところは、それはそれであり。

初日の日替わり場面は黒タキで水、キム、ひろみ、真波、緒月という、
なんとも嬉しいメンツで踊る、Aバージョン。このメンバーは腹の底から嬉しい。

真波そらの極楽鳥ガン見。
真波以下の学年って言葉にビビった自分がいたのですが、
稽古場で、長椅子に座っているのは確認していたので、そういう意味では安心でした。
もう少し真波さんが、センターでソロとか目立つ場面があるかと思っていたのに、
並びは普通に始めから背の順で、ちと残念。
でも、みんな綺麗な極楽鳥だったよ。
まだ見きれていないところに、男臭い極楽鳥もいるのかもしれない。

あ、杏奈・涼花で、マリリンモンローやってて、
その二人でそのチョイス!
リサのスチール!さすが涼花!

ショーはすぐにでも見たくなるなぁ。

プロローグは客席降りありで、
緒月さんはセンター下手側の先頭から2人目だったかな。
先頭が中通路ぐらいまで来るから、その手前ぐらいで止まる。
プロローグは私、かなり好きだ。
もう少しこのテイスト、この曲を堪能したい。
黒基調で、ラメ気味のソロモンジャングルミドリマンを想像してもらうとわかり易いだろうか。
衣装はあのテイスト。
飾りもっと多いけど。

コマ 緒月 早霧 彩那
 
 (銀橋)水(銀橋)

の並び。いやいやいや。
この時の髪型、成功してると思う!カッコ良い!
シルバーの付け毛とかしてて、それを高めに結んでて・・・説明難しい。
デイリー!頑張って、デイリー!!

とりあえずショーは楽しいよ。
芝居はこれから深くなってくのに期待。
寝る。

今まで見た芝居の中で面白かったのは?

2010年06月24日
4年も前なんだ!?
エドワード・オルビーの『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』を見たのは。
これ、たっっっっまらなく、最高に、素晴らしく面白かった芝居で、
でも、この面白さを4年前の自分がきちんと受け取っていたことは、褒めてあげたい。
・・・成長してるか?今?(笑)

『AT HOME AT THE ZOO』も面白かったけど、
でも同じエドワード・オルビーなら、ケラ演出のヴァージニアウルフの方が、
個人的にはお気に入りだ。

「今まで見た芝居の中で面白かったのは?」

って質問されることがあるんだけど、

『走れメルス~少女の唇からはダイナマイト~』
『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』
『タンゴ・冬の終わりに』

この3本辺りかもなぁ。
『キル』を入れても良い。
『春琴』初演も良い。
でも、この3本かなぁー。

色気と風格

2010年06月24日
あの贔屓なんで、まぁ当然の如く贔屓目なんですけど、
でも、一際(あ、一際って付けた)格好良かったと思ってしまったんですけど、
ご贔屓さんが違う方、どうでしょう。

いまだかつてない、色気と風格。

を、感じたような主に『ロック・オン!』稽古場。
一番、格好良いと思っているから贔屓が贔屓なんだけれど、
ちょっと、なんか、首筋が良いよね。
稽古着全身黒も良いよね。
今まであんな色っぽかったっけ?
全く幼さがない、落ち着いた大人だー。

リアルに長椅子に座る未来優希さんの姿を確認しようとしました。
水さんのソロとかを、
貫禄たっぷりに長椅子から見つめるハマコさんの姿がデフォだったから、
本当に無意識に長椅子に目をやって、
そしたら、ハマコさんがいなくて、そこでまた実感した。
あの存在感が、もうココには存在しない。
東京でも貸切の司会やってくれたら、いいなぁ。

当事者ではなかった雪ファンとしてですが、
でも、稽古場風景を見て、音月桂がトップに決まって良かった。
っていうのも、改めて思った。
星の御曹司が柚希礼音なら、雪は音月桂で間違いない。うん。

実は初日は見に行くのですよ、えぇ。
明日のこの時間は夜行バスに乗っているはず。
あんまり実感ないんだけど、本当にもう初日なのか。

以下、ちょっとした拍手に対する返信を。
思い当たる方が読んだら、わかるかな?程度のものですが。

(拍手コメントは、基本的にはもう返信しない方向でいこうと思っています。
 自分比で追いつかなくなっちゃってたので、申し訳ないとは思いつつ、
 でも、わがままを貫き通そうかと。いただいたコメントは、参考にさせていただいたり、
 嬉しく読んでます。ありがとうございます!
 これかも、呟き程度に使っていただけたら幸いです。)

↓↓↓

しようと思えばできる、というのが本当のところではあるのですが、
でも、直接参加したい旨、是非手紙で伝えてみてください。
東京はまだまだ余裕で間に合いますし!
手紙を出すところから始めるのも、またいいものじゃないかと思います。
入る勇気がないというのも、すっごくお気持ちわかりますが、
そこも一歩踏み出せば、また違う楽しさも待っているのではないかと・・・
個人的には、オススメできる場所ですよ(笑)。
なんというか、本人が醸し出す雰囲気と似通っているというか。
それでも、やっぱり勇気が出ない!という時は、
メールフォームからでも軽くご相談くださいませ。

芝居作れる客席

2010年06月23日
AT HOME AT THE ZOO、さすが豪華な客席で、一列前に、

浅野和之、段田安則、高橋克実、鈴木浩介

が並んで座ってた。

『うわ~豪華!一本このメンバーで芝居作れる!』

って、超ときめいたんだけど、そうだ、実際やるんだった(笑)。

山形旅行

2010年06月23日
s_RIMG0852.jpg

山形行ってきましたよ!

s_RIMG0853.jpg

雑草。

s_RIMG0855.jpg

親戚の家でさくらんぼ、いただいた。

s_RIMG0937.jpg

車内にうん十箱。

s_RIMG0892.jpg

古窯という旅館に泊まり、夕飯。

s_RIMG0896.jpg

s_RIMG0898.jpg

美味しかったっ。
しかしながら、食べ過ぎましたわ。

s_RIMG0919.jpg

旅館には、井上さんが絵を書いたお皿があって、思わず写真。

s_RIMG0923.jpg

トイレのちょっとしたお遊び。
風共ならぬ、音共。
少々笑った。
あと、このトイレの中に、地デジ対応のTVがあったの!
すげー!

変化!変化!!変化!!

2010年06月21日
舞い上がるでもなくただ不思議。
ほわんとした実体を伴わない幸せがある中で、
今までの現実が遠ざかって、夢が近くなる。

選んだ道で戦わなくては。
戦ってる人を見つめることで私は戦うんだ、きっと。

ただただファンで大好きだった人。
大好きだけは残るけど、でもファンではいられなくなる。
楽しく感傷的な気持ちになります。
うん、楽しいと思う、そこに浸ってしまうナルシストだと思うのだ(笑)。

大好きだけは、ずっとずっとそのままで。

稽古場レポート覚書

2010年06月17日
えーっと、稽古場レポートきました!
出演者は、真波・早花のレポーターズコンビと、まやさん、ひろみさん、せし子!

以下覚え書き。

・まゆさん、まゆげ、まろ。

・しかし、素顔ではあまり見ないオールバックが格好良い。新鮮!

・ロジェは男の世界。恋愛とかではない。

・タンゴがあるしね。

・踊ってる人はずっと踊ってる。

・お芝居してる人と、踊ってる人と別れてる。

・プロローグは男役のソフト帽ありダンス。(振付:平澤智)
 きゃび様は「すてき。」と思って見ている。

・凄い所、衝撃的な所から始まる。

・ショーのプロローグはマイケルジャクソン『THIS IS IT』風。

・あ、カメラよると眉毛あるのわかる、真波さん。(依然、遠目にはまろ)

・言葉喋れ、真波さん。
 「みんな・・・(自分だけの思いつき)あぁ!あー(次の場面きゃびいじゃん)」

・「みんな」と「あぁ!」と手振りしかねぇ。

・1個ピアノがあって、そのピアノの歴史をざっとやる場面がある。
 ジャズでまだ馴染めてなくて、余裕がないんです。Byひろみ先生

・きゃびいが素晴らしく一人で踊る?
 薔薇として女役さん出て来て、水さんを中心に踊るストーリー性のある場面。

・孔雀。
 白孔雀ボス:きゃび様

・↑ちょっと中世的な感じ

・↑真波「すごいきれいなダンスですねぇ」

・↑真波「ったのしみぃぃ~♪」(他人事らしい)

・ロケットが男役なんですよ。
 カッコイイロケットで「やぁっ!」とか言わない。
 
・「やぁっ!」って言ったひろみさんがカワイイ。

・ロケットの話題になったところで、画面に映らないながら、
 どうもハクハクしているらしい、真波そらの空気を画面からまた感じる。

・「その頭は・・・?」って振られてる?
 真波さんが頭になるのか!?

・真波さんが一人でそわそわし始め、次に行きたいオーラを出しまくるので、
 「もう聞いてください?」って手をパシってして、真波さんをたしなめるひろみさん。

・次の話題に行きたくて仕方がなかったくせに、
 「次は・・・?(あれなんだっけ?)」目がどこかにいってしまう、某真波。

・水さんと女役さんのフィナーレナンバー(振付:羽山紀代美)

・「そしてそして待ってました!!じゃじゃじゃんじゃん~♪
 (ジャケットの襟持ってニッコニコ)」

・↑「男役の黒燕尾がありまして・・・」
 と補足説明をしてくださる、彩那さん。

・もちろんニッコニコしてたのは真波さん。

・組長さんから、男役の下級生までの大階段黒燕尾あり。

・絶対あるに決まってると思ったんだ(涙)。
 まずそこを希望するでしょう、水先輩は。
 何やりたい?って聞かれたら、
 「・・・黒燕尾!大階段の黒燕尾っ!」っておねぇで希望を言うイメージ。
 「下級生までみんなで!!」って。

・うわ、書いてたら泣けてきた。
 凄い場面になるかもしれないね。
 水夏希の男役に、雪組男役全員がついていく、受け継ぐ、
 そしていつか追い越していくかもしれない・・・
 私たちは見ることのできない、水夏希の背中を見られる組子が羨ましい。

・以下、真波そらの喋りをイメージしてお楽しみください。
 
 私、卒業することに(笑)なりました。あはは(笑)!
 でもなんか、全然実感ないんですけど、でもこういう時は普通なので。
 普通って言うか、はい。
 こんなね、人とのふれあいには、ホントにもう、ホントにありがたいです。ほんとに。
 これからも仲良くしてください。
 
 楽しいですね、毎日。いままでも楽しかったんですけど(うん、うん)、
 すごい、あ、でもこれが、あぁーーってなるんですけどね。はい。
 今までもすごいたのしかったからぁ、たのしかったんですよぉ、悪いんですけど。
 毎日ホントに!おんがくがっこ入学してから、本当楽しかったんでー
 楽しかったから、さみしいんですけど、でもそれは、よくわかんないです。

・それって、どれ!?(笑)

・あぁーーっていうのに『これが退団する時のみんなが言う楽しさかぁ、気持ちかぁ』、
 みたいな言葉が込められていたと思う。

・これだけ宝塚に居たことを楽しいって言ってくれる真波さんがいて、私も楽しい。

・さいごまで、たのしく!!

なんとなくの感覚

2010年06月15日
確実に時が流れたんだなぁ・・・

なんだかそれを実感して、ふと2年前みたいに、たった2年だけど、
ちょうど私が好きになった時みたいに笑う彼女はもういないような気がした。
変化しつつも変わらない好きを抱き続けてきたつもりだけど、
こっちもあっちも、なんとなく大人っぽくなったんだろうことを嬉しくも、切なくも思う。

醸し出す雰囲気というか、持ってる責任感も諦めも、増してる気がした。
その分、磨かれた格好良さやらスター性があるけれど、
あの純粋に舞台が楽しくて笑ってるような、無防備な一面はきっと消える一方だ。
でも私はこの人のその無防備な笑顔に救われてファンになった。

救ってもらったって気持ちがずっと私の根底にある。
大事にしたい感謝。

だからって好きが減るわけじゃないけれど、ただ変わったな、と。
ほっこりする感じとか本質的?には変わってないと思うけど、
簡単に見た目の話をするとめちゃくちゃ綺麗になった!

カウントダウン始まってるかな?
って、なんかリアルに感じたというか、ただのファンの妄想ではあるけれど。

応援している対象が対象だから、
どんな人でも好きになった時点から切なさはついて回るけれど、
ふと自分の中に生まれた、今までよりもリアルな寂しさを、
ま、適当に弄びながら、付き合っていこうかな、と。
覚悟しつつ楽しもう。
そんなこと言っても怖いけどねー。

気配

2010年06月12日
なんていうか、外の空気がもう夏の匂いがして、なんとなく切なくなる。
ある意味、人恋しさみたいなねー。

嫌なものではないけれど、ずっと隣には不安がいて、
焦りもあって、だけど、どーもがむしゃらにもなりきれない。

近い理想は常に5歩ぐらい先にあるんだけど、実際進むのは1歩か2歩。
5歩進む余力を自分自身で感じるからこそ、後ろめたい的な。

まぁでも後ろめたく思うこと自体も面倒臭いっちゃ、面倒臭いし、
どーでもいいっちゃ、どーでもいい(笑)。

あー夏が来るねー!

おめでとう!

2010年06月09日
AQUA5のコンサートから1年経っちゃったよ!

彩吹真央誕生日だよ!

ガチで泣かれたから忘れない(笑)。

ゆみこさんおめでとー!

轟さんが綺麗。

2010年06月07日
「えーーって、あなた一番独特だから。」

水さんに言われてた。

「あなた一番独特だから。」

「あなた一番独特だから(笑)。」

この「(笑)」があるか、ないかの差は大きい。
実際はナイ、「(笑)」。
苦笑いのような半笑いでシレっと言葉を発する水さんの顔が浮かんだ。
ってことで緒月ファンとして反応するのは間違いなくここだろうっていう、
歌劇6月号の「ようこそ!我らのトップスター!!」。
面白おかしく読ませていただきました。

緒月さんはおそらくベルト代わりにポイントで、
腰に黒っぽいストール的な、レース的な何かを華やかに巻いていそうなのだが、
カラーじゃないから、元々全身黒尽くめの上に、紙面も白黒で、
ポイントも華やかさもあったもんじゃない。

ってか、デカイな、背。
しかしまぁ、キタミミの身長さは良い感じだ。

宝塚的原点

2010年06月05日
いやー『プレスティージュ』やってるよ!
何回も見た、プレスティージュ!
久世さんの2作目、ショー。

・・・あ、これも中村Bですか、あぁそうですか。
『グラン・ベル・フォリー』(久世さん退団)も澄夫ちゃんですか、そうですか。
わかりやすい、自分。

ズンコさん中心の場面で後ろにいる若手が、たぶん、
おっちょん、樹里さん、さお太さん、タラちゃん?、ゆーひさん、水さん、タニオカで、
こりゃすげぇ、こりゃすげぇと、
知ってたはずだけど、改めてまた見ると嬉しい驚き。

あぁ、水さんが大階段を3人で降りてきたよ。
歌声はすごく聞き覚えがある水夏希だ。

うわーオギーとヨシマサが、演出助手に入ってることにも驚き!

たまにこうやって昔の月組に触れると、
ものすごい原点を感じる。
やっぱりこの辺の時代の月組があって、今ヅカファンになった自分がいるなぁ。

不意にロックオン稽古場

2010年06月05日
いつもより早起きして7時のニュースを見ていたら、
って、スカステニュースなんだけど、
番組の最後の方で、いきなり『ロック・オン!』の稽古場風景が流れ出した。
スカステニュースというと、

トップさんと組長さんで稽古場情報(軽く期待)

スカイレポーターと何人かで稽古場情報(もう少し期待)

稽古場風景(かなり期待)

がいつもの順番なので、
スカステ見てても何が起きたのかわからず、一瞬固まった。
結構マジで。

「え?雪組だ。超ロックオン連呼してっけど???」

固まるより先に録画ボタン押せば良かったものの、
実際固まったので即押すのは到底無理で、
30秒ぐらい経ってから、
「あ、あ、録画しとこ、録画録画・・・」と赤いボタンを押しました。

狂うなら荻田まで、オギーほどのひねりがないなら、
オーソドックスな、『ミロワール』みたいな、単純なショーが大好きなのです。
『ダンシング・フォー・ユー』とかありだし、
『Passion愛の旅』もありありだし、
『Heat on Beat!』も、もう全然OK。
中村一徳、酒井澄夫、三木章雄のショーは結構大好きだと思う。

で、『ロック・オン!』これ、好きそう、私。

やっときちっと踊る緒月氏が見れそうだ。
イル・カピターノさんは、あれは一人小芝居。

真波さんを中心に、退団者男役が前に出る瞬間がありそうだったり、
とりあえず色々カッコ良さそうなので、
ショー、すごい楽しみになった!!

にしても、本当にあずりんはいなくなってしまうのか。
雪組の美形ポジ(濃い目担当)の礎として活躍していくのが、
これからの梓晴輝なんじゃないのか?
緒月さんを横目に、どれだけ今まであずりん、あずりん言ってきたか。

忘れられないのが全国ツアー市川。
通路側の席に座って見てて、いよいよ来ました、リオブラ客席降り。
『あ、私らのところはきゃび様ストップか!よし、きゃび様!!』
と思ったらきゃび様通り過ぎちゃって、ものすごい梓晴輝席になった。
全国ツアーの解放感もあり、めっちゃアピールしまくったら、そりゃもちろん構ってくれて、
ずっとこっち見てポンポン振ってくれて、去り際にウィンクもしてくれたんだ。
良い思い出だー

やっぱり雪組が一番愛おしい。
隅から隅まで、もうほぼ名前と顔が一致。
それだけでも愛着はぐーんと増す。

脈絡なさすぎですが

2010年06月03日
なんの脈絡もなく、デジカメ内にあった食べ物。

s_RIMG0328.jpg

噂の(笑)ピエールマルコリーニのチョコレートパフェ。

あとはなんか、表参道のトマト専門店で食べたランチのコース。
普通トマト好きとしては、普通に美味しくて、
デザートまでトマト尽くしなのが楽しかったな。
食べ物の写真って、どうすれば綺麗に撮れるんだか。
ちょっと、ルナ・レガード行きたい。

s_RIMG0511_20100603000706.jpg

s_RIMG0513.jpg

s_RIMG0515_20100603000706.jpg

s_RIMG0516_20100603000706.jpg

今日はまなはるの阪急沿線の旅見て、
いやっほい!ってなったり、
ちえねねテルのパリ特番(録画)をニヤニヤしながら見たり、
なかなか有意義な休日であった。
あ、全部スカステ。

ホント、まなはるが可愛くてたまらん。
何気グルメレポーター的素質を発揮していたり、
ハキハキと挨拶をしていたり、しっかり者のイイ奴オーラがなぁ。
2も楽しみ。

きゃんでぃーど

2010年06月02日
『キャンディード』これ、なかなか凄い、素晴らしいミュージカル!
地味かもしれないけど、深い、上手い、とにかく深い。演劇してる。
もう一回見ても良いなぁ。

舞台美術も良い。
答えだよね、最初から提示された答え。
なんだけど、そこに辿り着くまでをフォローしてくれる、導く存在でもあるっていうか。

うん、オススメー。

もう終わったけど先月OFFOFFの『モジョミキボー』も良かったんですよー。

演劇たのしーなー
あー眠い。
もうダメだ。
おやすみなさい。
 | HOME |