FC2ブログ

思い出した。

2009年09月22日
『コースト・オブ・ユートピア』これ、ヅカファン的に気になり過ぎる、
挨拶のやり取りがあって。

「アビヤント。」
って言った後に、
「ダズビターニャ。(なんか適当)」

って言ったんですよ。

一人でひゃーー!!!!

ってなった。
え、ただそれだけの話です。
スポンサーサイト



9/21 ジェーン・エア

2009年09月22日
2009年9月21日『ジェーン・エア』@日生劇場

演出:ジョン・ケアード
出演: 松たか子/橋本さとし/幸田浩子/寿ひずる/旺なつき/伊東弘美
    山崎直子/小西遼生/福井貴一/壤晴彦


最近、ミュージカルが当たるっ!
『天翔ける風に』
『THE MUSICAL AIDA』
で、『ジェーン・エア』。

基本的にレベルが高い。上質。
まぁ、AIDAはどうかと思う部分あるけど、
天翔けと、ジェーンエアは、上質。

松たか子と橋本さとしってのが、良いなぁ。
橋本さんの性格ひねくれてて、でも頭が良くて・・・
のキャラクターの中に、ふと垣間見れる弱さが愛おしくてたまらない。
いつも何かに怯えているから、虚勢を張ったりしていた訳で。

そこに本能的に気付いて、
包み込んでくれる、本当に強い松さんの存在がまた愛おしい。
松たか子だから出せる、這い上がって来たものの強さというか、
この人も芯のぶれない役者さん。
歌声も伸びやかで、テレビに舞台に、本当にオールラウンダー!
全くもって良い女優さんでございます。

色んな愛の形があって、
その色んな形を、舞台を通して感じさせてくれた。

お互い好きなのに、
すれ違って「あぁぁー!!」と思わせる、
じれったさとかも、お決まりな感じで良いわ。

人を憎んだ分だけ自分に憎しみが返ってくる。
人を傷つけた分だけ自分に傷が返ってくる。
だけど、信じれば必ず救われる時がくる。
自分が人を許せた時に、自分も許される時がくる。

あー深いなぁ。
単純だけど。

舞台美術がとっても綺麗だった。
ただ、客席を舞台上に置いたのは、あれ特に意味はないよね?
だだっ広くなる空間を、お客さんで埋めた?
とかちょっと思ってしまった。
別にそこまでお客さんの存在が、
通常客席側から見て気になるってわけでもないんだけど、
でも、あぁやって特殊な客席を作るなら、なんかこう、
もうちょっと演出としても意味があればな、とか思っちゃう。

今週は、5連続観劇。
だけど範囲は狭い。
日生、クリエ、東京宝塚劇場です。
隣、隣、隣、と。
いいんだろうか。
いいんです。

 | HOME |