FC2ブログ

男役は膝やな

2009年08月14日
星組さん、初日おめでとう!!

もー贔屓組以外の初日についてこうして触れるのも、凰稀さんのせいですよ。
ユーリ先輩も格好良いらしい。
ヨン・ホゲも相当格好良いらしい。
ユーリ先輩がカッコイイって聞いて、安心したのかもなぁ、私。
凰稀かなめが進めば、また違う道だけど、同じ時間の分だけ緒月遠麻も進むのかぁ。
いや、未だにテルキタ大好きだわー

初日はダメだったので、私は明日凰稀さんの勇姿を。
きっと見て、一人で泣いてるんじゃないかと。
泣くよねぇ?泣きそうだよ、ホント。

昨日、バイト先から東宝のてっぺんの尖がってる部分を見て、
あーもう、かなめ氏は東宝にいるんだな!
って思ったら、嬉しかったよ。
星組見だしたら、早くムラ行きたい!!
って言わなくなるかもw

うーん、待ちに待った東京初日。
ちえねね、東京トップお披露目おめでとう!!
「男役は膝やな」
(某月組生が『百年への道』の時、
 袖でOGさんを一緒に見ていた際に、ちえさんから受けたありがたいお言葉。)
言葉通り、膝からも魅せる男役・柚希礼音、頑張ってくださいませ。

発表、発表。

2009年08月14日
うえ・・・あ、あい、あっ、相棒!?!?

↑植爺キタって書こうと思ったけど、相棒の衝撃が勝った。

右京さん!?薫ちゃん!?
鈴木砂羽!?
スズキサワって良い名前だよねっていっつも思う。
あ、薫ちゃんは出ないよ、落ち着け。
薫ちゃん居なかったら、砂羽さんもいないか。

宝塚で相棒やるって、宝塚って何を考えているんだろう。
いつもわからないけど、今回もまたわからない。
紅茶とかを高級なカップで飲むのかな。
鑑識の六角さんは、マメかな♪
・・・って、マメぇぇぇっ!!(わかってて言う)

でもなんかもう、驚きとかから一周して帰って来て、もはや、
オモシロそー!!楽しみー!!(笑)
ミッチーやったね!

そして、わが雪組ですか。
ついにきましたか、植田紳爾先生が。
ふーん。
でも、演出・鈴木圭でしょ?(信じて疑わない)
鈴木先生がどんな演出家さんだか、演出作品を見ていないのでサッパリだけど、
とうこさんのベルばらベルナール編が面白かったのは、
この鈴木先生のおかげなんじゃないか。という話はもう本当に良く耳にした。
だから、演出、実は鈴木圭でしょ?(信じて疑わない)

あ、鈴木先生って、
『青い鳥を捜して』の趣味悪い部分を払拭した新公演出してくれた人か。
信頼できそう。(演出助手に入る前提)

まぁ別にどんな作品が来ても、贔屓が出てれば平気です。
で、別に贔屓の出番が5分弱でも平気です。
『忘れ雪』で私も強くなりました。
あと、ショーがついてれば平気です。
『Amourそれは・・・』も楽しく見てた人だから平気!

みんなファンは鍛えられてるってんだ!まかせろ。
駄作だろうが、佳作だろうが、結局、見る数大差ないだろうから、まかせろ。
偉いな、ファンって。(涙)
でも、バカだなぁw

ショーは稲葉先生なんだけど、稲葉先生はオギーでしょ?
よくわかんないけど、オギーだと言う話をこれもまた良く聞く。
解説読んだ限り、センスを感じるので、
過度ではない期待をして待つのみ。

きりやんのお披露目演目だったり、
まさおやら、まぁ君の主演バウだったり、
イベントだったり、色々発表があり過ぎて、
バイトで働き始める前に、ヘラヘラしてしまったよ。

で、月組のトップ娘役は誰?!

私を置いてさぁ

2009年08月13日
もうみんなムラ行き過ぎだよっ。
私を置いて!!

大学の友達もお盆休みだから~とか言ってムラ行って、
しかもムラからロシアンブルーなポストカード送ってくるし!

「キタロウ君はお楽しみに(はぁと)」とか何!?

どこまで私の期待値を上げさせるんだ、この人達は。

期待値上がりまくってて東京、チケット取れるか不安になってきてるんですけど、
盛り上がって、もはや不安になってるのは私だけですかね。
ってか、結局どんな公演でも組ファンってのは盛り上がってますよね。

あと1週間ちょいの我慢。
ってかチケット手配してない分どうしよう。
貸し切り公演めんどくさいよ、この野郎。

東京20回目標。
今回は上手くダブルしていきたいな、と。

人任せ。

2009年08月12日
有り得ないほどダラッダラした、祖母宅での生活、本日終了~

日常生活に戻ります。
バイトでもちゃんと毎日働きます。

服とか靴とか買ってもらっちゃった。
ありがとぅ。

ドすっぴんで近所の百貨店に出掛け、
ドすっぴんのくせして、カネボウのブースでルナソルの新色アイシャドーを凝視し、

「お試しになられます?」

の言葉につられ、結局BAのお姉様に化粧全部してもらったのは私です。
すみません。(笑)

やってもらってなんですが、ピンク系はやっぱりないなぁ。
パープル・ブルー系かな、買うとしたら。
目の回りはギュッ!と締めないと。
水夏希の雪組ファンとして。(なのか?!)

祝☆月トップ

2009年08月10日
きりやん、おめでとう。
なんか嬉しくて涙出た。

順当バンザイ!!

こりゃ、月・星でノバボサだな、ノバボサ!!祭じゃ!!

2回目

2009年08月08日
『リボルバー』諦めたー!ハーフプライス売り切れてたんだもん。(涙)

当日券並ぶって手も考えられたけど、今日はばぁちゃんちの花火大会ゆえ、
早めにそっちに向かうことにする。
で、録ってもらっておいたナウオン見るよ。(おーい帰ってこーい)

にしても、今の自分の思考回路・・・(笑)
5500円で確実に良い芝居が見れるってのをケチってまで、
雪組が、二枚目の緒月遠麻が見たいか。
『5500円・・・A席で1回。うーん、イタイ・・・』
確かに存在する思考回路。お前がイタイ。

でもそうか、実際そう思うんだから、ま、いいんじゃない?
そんな時期があっても。

と、まだある程度、冷静に突っ走る自分を半笑いで客観視する部分はあり。
この客観的半笑いがなくなったら私じゃないので、
これからも半笑いしつつ、半分個の自分を見守り続けようかと。

ってことで、ゆりちゃん、誕生日おめでとー!!(2回目)

HAPPY BIRTHDAY

2009年08月08日
アマルフィさえまだ見に行っていない緩いファンですみません。

でも緩く、ゆるく、長く、たぶんずっとファンです。ずっと憧れ。

HAPPY BIRTHDAY 天海祐希!!

拍手レス

2009年08月07日
ちょこっと、またゲストブックの宣伝もしておこうー
読むだけで、なんだか私はすっごく楽しい。
ありがとうございます。

↓GUEST BOOK↓
http://accomplice86.bbs.fc2.com/

初めましてな方、
ROM専だけどちょっと顔出してみてもいいかなぁ~なんて、
気まぐれ起きた方、
めんどーじゃなければ、是非。
私自身が面倒くさがる人だから、なんも言えねぇ。

ではではでは、拍手レスです。

★dasyさん★tyamさん★hanihaniさん★エリザについて、名無しさん★
★コナンさん★風の噂の名無しさん★なっつんさん★kaoriyaさん★
Read more "拍手レス"

8/6 兄おとうと

2009年08月07日
2009年8月5日『兄おとうと』@紀伊國屋サザンシアター

作:井上ひさし
演出:鵜山仁
出演:辻萬長/剣幸/宮本裕子/大鷹明良/高橋礼恵/小嶋尚樹
演奏:朴勝哲(p)


ふと思ったけれど、芝居見に行く時って、
確実に見に行きたいと思わせる、
ボーダーラインみたいなモノがあるよね。
『兄おとうと』はこまつ座、井上ひさしと剣幸でボーダーライン突破。

こまつ座は別に毎回見たいと思うわけじゃないけど、
好きな役者さんが出ていたりとかがあれば、
全然ふらっと見に行きたいと思える。
『きらめく星座』も見てるし、私、そこそこ良いお客さんかも、実は。

にしても、あの客層~。
本当におじさま、おばさま、おじいさん、おばあさんばかりだよ。
良い芝居なのになぁ、良い芝居だけど地味だからなぁ。
普通に面白いのに、若い人本当にいないわー。

私はウタコさんの芝居が大好きなんだけど、
「いや、やっぱり合うなーウタコさんとこまつ座、地味だし!」
と、なんの他意もなく、ただただ普通に思ってしまった。(笑)
そう、地味なの。
でもなんとか、私ぐらいの客層に向って、
こまつ座の芝居をアピールする術はないものか。
私が考えても仕方がないけど、でも見に行くたび毎回考えてちゃう。

で、話は終わり方がかなりブラックで驚いた。
ほんわか終わらせずに、切り込んで終わらせた。
暗さを見せた。
なるほど。そーきたか。

ベタだけど、いや、王道と言うべきか。
冒頭の、早く質問に答えて欲しいのに、説明が長すぎる・・・な三段落ち。
この王道をきちんと使える劇作家は少ないんじゃないだろうか。
王道をキチっと見せてもくれるから、
こまつ座安心。こまつ座の井上ひさし安心。
ってなるんだ。

ほろっとさせたり笑わせたりな人情劇的な部分と、社会的な部分。
この両方が、やっぱりキチっと芝居の中に存在していること。
これもやっぱり安心感に繋がる。

と言っても、いつも私は、社会的な部分のメッセージ、
これはホント知識がないもので、途中から上の空になっちゃうんだけど。
でも、まぁ、ちゃんと芝居の流れとして聞いてはいるよ。
それで許してっ!

本当に芸達者な役者さんばかりだったなぁ。
歌えるし、で、あの芝居の安定感。
つい最近、これぞ学芸会!な素人芝居を見たばかりだったので、
「そうそうそう、これが芝居ってものでしょ!」
って、余計にその安定感に喜びを覚えた。

兄と弟の話でもあり、
姉と妹の話でもある『兄おとうと』。
女としては、やっぱり、
たくましく、優しく、時には計算高く夫を支える二人の妻に共感というか、
なんだろ気持ちが妻よりになるというか。

ウタコさんは、本当に本当に良い女優さんです。
この人が、天海祐希を育ててくれたのだ。
歌声も深みがあって、伸びやかで、優しくて・・・
私、『ル・ポァゾン』の赤いシャツだったかな?の男役群舞がだいっっすきで。
『川霧の橋』の幸次郎も素敵だしさー。
あ、チギ太、今年のおとめにやりたい役に「川霧の橋 幸次郎」を挙げてるんですよ。
可愛い子だわーw

月組に居たウタコさんは実際に見れなかったけど、
今こうして女優として活躍している姿を見ると、
実際には見ていないけど、でもすっごい好きだった月組を思うことができる。
それが嬉しくて、涙が出そうになるよ。
90年代月組のOGを見ると、誰でもそうかも、えーっと、ゆりちゃん以外は?(笑)

芝居らしい、芝居が見たいなー
と思った時は、こまつ座見とけば、結構満足。
久しぶりにウタコさんの演技にも触れられて、
そこでも満足。

Read more "8/6 兄おとうと"

るんるんですがな。

2009年08月06日
うっわ!

ケラさん×松雪泰子

だ!!
瑛太もだって、楽しみだー。

東京月光魔曲(仮題)

『リボルバー』が見たい。
無理矢理見に行こうか、ただいま考え中。
行っちゃえ、行っちゃえ。

拍手レス

2009年08月05日
やっぱり、ねんりん家のバームクーヘン、美味しかったー
今度は、外側カリっとしてるヤツも食べてみよ。

やっぱり、たまってしまった拍手レスです。

いつもいっぱい、ありがとうございます!!

★しおんさん★sachiさん★takeママさん★くまぞうさん★

どーぞ!
Read more "拍手レス"

Thank you!!

2009年08月04日
緒月ファン的に美味しい座席位置を教えて欲しいと頼んだら、
みなさん本当に教えてくださる。
ウレシー
ありがとうございます。

相変わらず、

オヅキが格好良い!ここに注目して!越乃さんカッコイイ!何列ぐらいに来るから!
何列の上手通路!私もリュウ様好きです。パレードは上手!

な、コメントが続いております。感謝です。
やっぱ、月は越乃リュウですよね。
私の好み的には間違いないです。

で、デイリーの公演フォトとかをじーーっと見てるんですが、

何、この大澄れい押し。(笑)

パッと一覧を見て、
あ、スーツだ!やっと緒月氏のユーリだ!
と思ったら、

コレも、コレもザッキーでしょ。
ザッキーですよね?
ポンポンイラストの褒美か。

緒月氏は、デイリーだとコレだけなのかな。
asahiにはコレコレか。
『Passion愛の旅』っぽい、赤い衣装好きだなぁー。
スチールもスパンコール着いてるんだよ、襟にスパンコールがっ!

今日は友達と、元花組で、実はスカフェ、
で、調べてみたら集合日付け退団だった澪乃せいらちゃんを見てきた。
白かったわ。可愛かったわ。
「騙されんなw?」って友達には言われたけれども、
ヅカファン目線的には、ホントもったいない!!
って感じだ、実際舞台に立つ姿を見てみると。
リカさんからお花が入っていて、『愛と青春の宝塚』。
これからの活躍を祈る☆

そしてそして、
大空祐飛・野々すみ花、新生宙組お披露目、
本当に本当におめでとう!!

お願いします!

2009年08月03日
ブログを利用するのは姑息な気もしますが、
もはや、そんなの関係ない状態です。
前の記事の拍手数もうなぎ登りですよ。

緒月遠麻が、どんだけカッケーのか、と。

ムラ方面の方、はたまた遠征済みの方にお願いです。
詳細な座席情報をください。
ホントお願いします~!!

そもそも誰が客席降りするの?緒月氏は客席降りあり?
緒月ファン的に美味しいのは上手、下手どっち?
中詰め、パレードの銀橋位置は?(パレードは上手だったかな)

東宝来たら、出来る限りブログを通じてギブしていきますので、テイクを!ご協力を!
ってか、教えて!?(笑)

全く自分でも浮かれているのが良くわかる。
でもホントいただくメール、コメント、どれもが格好良いと絶賛。
私を浮かれさせたいとしか思えない。

ある方には、
「東宝で50回ぐらい見て!」
と言われ、
「わかりました。ムラで見て覚悟決めてきます。」
と調子乗った返事をしたものの、数えたら東宝公演全47回だし。

無理。
さすがに50は無理。

ってことで浮かれております。

それしか耳に入ってこない

2009年08月03日
オヅキが二枚目。
オヅキがカッコイイ。
男を上げた。
オヅキは出番少ない。
シリアス。

そんな評判しか聞きません。
泣いてもいいですか!?(嬉し泣き)

オヅキファン歴は悔しいながら短い。
ヅカファン歴も短い。3年。
1年間、各組をまんべんなく愛でて、
それで『私はこの人だ。』と心決めたのが緒月さんだ。

自分にとって一番格好良い男役。
それが緒月遠麻だと思った。

ファンになってから主に回ってくるのが三枚目の役でも、
それでも一番だと思い続けてましたよ、えぇ。

評判を聞く限り、ファンの間だけでなく、
宝塚自体初見の人が見ても「格好良い」と認識されるような役をもらい、
十分にその役としての役割を果たしているんじゃないかと思われる。

なんか評判だけで嬉しくて涙出そう。

早くユーリ・メドベージェフ氏にお目にかかりたいですね。
この人を贔屓にして良かった。ってまた力強く実感したい。

越リュウ茶

2009年08月02日
リュウ様、素敵!!

越乃さんのお茶会にふらーっと参加して参りました。
越乃さんの何が凄いって、もう、

絵がスゴイ。

「ハプスブルク家紋章 双頭の鷲@千手観音Ver.」を披露。
人々を爆笑の後、呼吸困難に陥らせる、迷宮入りの画力。
絵見せる前に、言い訳しまくるのも可愛い。
そんなところも含めて越乃リュウ、素敵。

もう組長になり1年も過ぎ・・・
組の代表として、例えば音響さんだったり、道具さんだったり、
スタッフさんに舞台上での要望を伝えたりもしている。(その逆も。)
役者、スタッフ、お客様、その全てが揃って初めて舞台が完成する訳だから、
その間のやり取りをスムーズにして、
少しでも良い舞台にしていきたいと思ってる。

本人の口から、本当に真面目に、
そういう思いが聞けて、そんな部分にも惚れ直す。
組長・越乃リュウがいる限り、もっと月組を応援してもいいのでは?
ぐらい思うわ。

組長としての自分ももちろん居るけど、
でもファンの方々は自分が組長だからって理由で、
こうしてお茶会に来て下さるんじゃない。
男役・越乃リュウとしても魅力的でいたい。
というようなことも言っていて、また惚れる。

いやいやいや、フィナーレ群舞、越乃リュウだけ見てたら終わってたから!

リュウ様に直接「格好良かった」って言える機会なんて、そうそうない!
と思い、そのまんま、
「フィナーレの群舞、越乃さん見てたら終わってました。格好良かったです!」
って言って、扇子貰って帰ってきたよ。
ドキドキだわ!楽しかった!

7/30 オペラ・ド・マランドロ

2009年08月01日
2009年7月30日『オペラ・ド・マランドロ』@東京芸術劇場

脚本:鈴木勝秀
演出:荻田浩一
出演:別所哲也/マルシア/石川梨華/東山義久(DIAMOND☆DOGS)田中ロウマ
   DIAMOND☆DOGS(森新吾・小寺利光・原知宏・中塚皓平・咲山類・TAKA)
   野島直人/小此木麻里/岡本茜/荒木里佳/JuNGLE
   小林勝也/杜けあき/石井一孝


気がつけば2日連続でミュージカル。
でも、こっちは見ていて恥ずかしくないのはなんでだろう。
同じようにいきなり歌って、踊って・・・
が成立している世界なのに、しっくりくるといえば、そう。

アンサンブルのテンションというか、
雰囲気も関係してるんだろうな。

見ていて、

あ~私の中の荻田浩一テイストってのは、
それなりに確立されてるんだ!

ってのを実感。

だからこそ存在する相反するもの。
権力者と雇われる者たち。
遊びと本気。
正義と悪。
その土地の不安定さと相まって、
全てがシーソーのように揺れる。

その間に立つ、おかまちゃん。(中性)
男でも女でもないから、彼?彼女?だけ、
何にも、誰にでも捕らわれてない感じ。
その代わり、相反するものと深く、深く関わることもない、っていうか。

オギーだなぁ。
もっともっと、自分自身が鋭い時に見ていたら、
もっと色々感じ取れて、それはもう、また更に面白かったと思う。

本筋が行われている時に、
そこに関わる人を、すっと舞台奥を上から下へ歩かせたり、
「今行われている行為のその裏に、この人がいるんだよ。」
って匂わせる演出。憎いなーと思う。
やり過ぎるとしつこくなると思うんだけど、そんなこともなく気にならず。

あ、イケコ先生が見に来てた。
やっぱり気になるのかな、荻田浩一がさ。

オギー、このままもっともっと有名になってくれないかな。
日本のミュージカルを、ショーを代表する演出家になってくれないかな。
オギーはこれからそうなっていくべき人だと、私は思っております。

宝塚に居た期間はその為に必要な期間だったと思う時もきっとくる。
冒頭は簡単なショーシーンから始まるんだけど、
『タランテラ』の中詰めみたいな、白いスーツで、中、原色系のシャツでさ~
色合いといい見せ方といい、宝塚に通じるものがあって、格好良かったんだよなぁ
ラストもサンバで締めて、ちょっとフィナーレチックに。

この盛り上げ、騒がし技術は外でも充分使える!!
これは良さ、だ!!

劇中劇という形で物語が進むのに、
そこからリアルが垣間見れてしまうという二重構造な展開も、
これまた荻田チックで良い。

別所さんは軽い色男。
石井さんと並ぶと、見栄えがして、二人ともとってもカッコイイ。
石川リカは、石川リカでした。一人アイドル。
マルシアと並ぶと食われるんじゃないかと(色んな意味で)、ドキドキ。
舞台で見るマルシアはエネルギッシュな良い女優さんだー。

小林さんとカリンチョさんの夫婦が、重い部分背負いながらも、
一貫してコミカルでステキ。
もう見るたびに、良い女優だ!!と一回は言いたくなる杜けあき様っ。
彼女に贔屓が声褒められただけでも、嬉しく思う。
もうカリンチョさん、すげー素敵!すげー素敵!すげー変な頭!

存在が可愛いのに、締める所はきちんと締めてくれるし、
もってくとこは、もってくし、でも引き際も知っているし・・・はぁ~
現役男役だった時の映像をチラっと見ても、全く惹かれない人であったのに、
女優の杜けあきさんには惹かれます。

踊ってても、歌ってても、必ずカリンチョさんを目で追う。
安寿ミラを見る時と同じような状態に陥ってるぞ。
カーテンコールとか、仕草が可愛いから、また見ちゃうんだよ。
安心して「好き」っていえる女優さんがOGで、ヅカファンとしても幸せ。

誰が誰だかわからないものの、DIAMOND☆DOGSの面々が、
芝居に、歌に、ダンス!と場面を盛り上げてくれ、
見た目にも楽しめるミュージカルに。

舞台美術良いよ!
二村周作氏じゃなかったけ?また。
チラシどっかいっちゃったから、わからないけど。
汚すのが上手い人なんじゃないかな、っていっつも思う。
リアルな汚れ方。
全体のバランスも、格好良いし。

お誘いいただいて、見に行くことができた、『オペラ・ド・マランドロ』。
芸達者な役者さんたちと、その役者さんを動かす荻田浩一の演出。
楽しめましたよん。

オギー、応援してる。
アレルギー反応の出ない、
最高にカッコイイ、でも痛くて、哀しくて、でもだからこそ楽しい、
ミュージカルと、ショーを、
これから、もっともっと増やしてやってください。

7/29 ダンス・オブ・ヴァンパイア

2009年08月01日
2009年7月29日『ダンス・オブ・ヴァンパイア』@帝国劇場

脚本・歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽・追補:ジム・スタインマン
演出:山田和也
出演:山口祐一郎/大塚ちひろ・知念里奈(Wキャスト)/泉見洋平・浦井健治(Wキャスト)
    安崎求/阿知波悟美/シルビア・グラブ/吉野圭吾/駒田一/石川禅/他


東宝ミュージカルアレルギーみたいなのが、もっと出るかな?
と思いつつ、観劇に望んだものの、
作品自体は別に思っていた程でもなく、まぁまぁ平気。
ラストとかどうなってしまったのか、途中から歌詞あんまり聞いてなかった私には、
さっぱり意味不明だったりもしたけれど、
でもダンスナンバーは盛り上がるし、どの曲も聞いてて楽しいし、普通に面白い。

東宝ミュージカルじゃなくて、
その東宝ミュージカルを象徴する役者さんに、
アレルギー反応出るのかもね。

・・・めっちゃ出ました!
特にあの歌ってる時の手がダメです!!(笑)
ゾワゾワ~ってする。
四季見た時みたいっ!

歌声だけ目をつぶって聞いていたら、ステキかも。
って思えなくもないんだけど、視覚情報がことごとくアウト!
いや別に顔も苦手って訳じゃない。
背も高くて、見栄えもするし、ホント見た目じゃなく・・・
直感的におそらく演技と手がダメ。

アレルギーが面白いように出てしまったので、
声に集中しようと目をつぶったら、つぶってる最中に、開次が出て来てしまい、
登場を見逃してしまったじゃないか。(自業自得ちゃ自業自得)

森山開次を見に行ったんだってば。

私が実際に見る森山君は、なぜか、
なんだか本業から遠く離れているような。
初めて見たのが3人ミュージカルの『LUV』。
次が草月流のイベント。
で、帝劇。
ほらね。

新国でやったダンス公演、見に行きたかったけど、
予定合わなくて行けなかったし・・・
次こそは彼の本当の踊りを体感しなければっ。

私はアンチ東宝なのかなぁー・・・
どうしても、山口祐一郎に森山開次をぶつける、
このキャスティングを好意的には捉えられない。
そこはかとない無神経さを感じる。
まぁ、ただ単に好みじゃないってのもあるだろうけど、でもなんかなぁ~。
「意表をつく」とかそういう感じでもないんだよなぁ~。

森山開次の身体の美しさに、ただただ惚れ惚れする。
鳥肌立つほど、綺麗だ。
登りつめている人の、ストイックな綺麗さ。
腕から肩にかけての筋肉とか、もう、ダメでしょ。

踊ることにスッと入っていってしまった時の、あの空気感。
こっち側の人間じゃなくなってしまったような。
ある意味開次氏のが、よっぽどヴァンパイア。

いつまで経っても顔と名前が一致しないけど、石川禅さんは、
高い技術とユーモラスさを同時に、それこと高いレベルで発揮できる人なんだなー
早口の歌とか半端ないな、あれ。
芝居の間とかもコミカルで可愛いし。

その石川さんにつく、
浦井君もやっぱり顔と名前がイマイチ一致しないままの人だったけれど、
やっと認識?
可も不可もなく恋に落ちていく普通の、でもイケメンな、青年だな。
知念里奈はこんなに歌えたんだー。

あとは、そうだ、吉野さんの尻!?!?
かわいかったーあの役。
上手いし、綺麗だし、変だし。
吉野さんは、東宝以外でも見てみたいな。
新納さんとちょっとイメージ被る。
色んな意味でキレイな男子。

思っていた何倍も楽しめたけど、
でもやっぱり、ここは私にとってはアウェーだな、と。
また赴くアウェーではあるけど、ここがホームになることは、
現時点ではまずない、と言い切れちゃう。

宝塚は好きになる前の段階の時に、ゾワゾワしなかったけど、
東宝ミュージカルは、ゾワゾワするんだもん。
なんか、日本人には結局合わないものを、
無理矢理テンション上げてやってるような感じがするっていうか、
あぁ、恥ずかしいのか、それが。
うん、恥ずかしい気持ちになるのが、嫌なのかも。

まぁ、ホント、私個人の感覚ですから。

南海まりちゃんが、可愛かったよ、と。
あんだけ可愛いんだから、もうちょっと知名度上がるまで、
宝塚に居れば良かったのにな、と。

以上、感想オワリ。

冷やしちゅう・・・ゲストブック始めました→http://accomplice86.bbs.fc2.com/
気が向いたら書き込みよろしくお願いします。

醍醐味ってことで許して

2009年08月01日
アホみたいに宝塚見ないで、
その分のお金を自分に投資した方がいいんじゃないかと、
欲しいものを見つけるたびに思ったりもするけど・・・

やーめた!
まだその時期じゃないわ!(笑)

ロシアンブラボーが楽しげなので、見る気格段にUP。

緒月氏また美味しい、でもコメディーではない、カッコイイ役らしい。
ショーはノリノリ?

ご贔屓に賭けられる今を大切に。
形には残らない喜びや、幸せに賭ける。
演劇の醍醐味。
この言葉にかこつけましょ。

さ、何回見ようかなw
気合い入ったよ。
« Prev | HOME |