スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアンブルー/RIO DE BRAVO!!

2009年07月31日
初日おめでとうっ!!!!

良くわかんないけど、初日だから私も頑張ろー。
雪組子も、手探り初日ポンポン隊も頑張れ。

真面目にレポお待ちしております。(笑)
贔屓が贔屓のポジションなりに活躍しておりますように。

あとあと、新トップコンビお披露目もおめでとう!
水夏希のスパルタ教育を受け、愛原実花が成長する姿を見ること。
楽しみにしてるよー!今日はその第一歩!
スポンサーサイト

朝のニュースは!

2009年07月30日
どうしよう、どうしよう。
我が家もついに、

朝のニュースはスカステニュース♪

の時代到来かもしんない。
月々2500円で、スカステ見れる。
高いか安いかは価値観次第。
自分の部屋を地デジ対応にして、
ケーブルテレビのチューナーも置いちゃったりなんかしちゃったら、
部屋のオタク度、格段にUPして楽しいだろうなぁー。
部屋でWOWOWとスカステ見れたら演劇好きヅカオタとしては最高だよ。

最高の環境を目指しましょうか。

全然関係ないけど、贔屓さんは、
年相応の女の人なんだなぁーってのを昨日しみじみ実感。
あ、年相応なのは見た目だけだと思ってますが。
で、若い時から笑うと特に目尻にシワが出来やすい人なんじゃないかと思ってますが。
(あのシワ可愛いよねぇ、笑った時の←緒月ファンに投げかけ)

宝塚で夢を見てはいるけれど、ご贔屓が綺麗な女性であることには、
なんら夢は壊されず、むしろすっごい嬉しいぐらいなんで、嬉しい。(ヨカッタね)
男役として好きなのと、人として好きなの・・・もといほっとけないのが、
贔屓に関しては上手く両立してるからですかね。

明日は初日!
全体レポ・キタロウレポ、そしてポンポンレポ!!
是非!お待ちしておりまする。
楽しみすぎるよね、ホント。
ニヤニヤしちゃうもん。(笑)

寝る前の思い付き

2009年07月30日
自分で書いたエリザの感想を読み返し、
やっぱり、キムさんのルキーニ見たいよなぁ~なんて考えながら、
眠りにつこうとしてたんですが、
ふとキムさんもだけど、イシちゃんのルキーニも見たいよな、と。

イシちゃんのルキーニ・・・

そうだ、そうだよ、それこそ特出すれば良かったのでは?
あさこトート、きりフランツ、イシちゃんルキーニでエリザ再演。

なんていうか最強。(笑)

んでは、おやすみなさい。

フツーに歩いてたら・・・

2009年07月29日
月のマックスパパとすれ違った!!(笑)

うわーテンション上がったわ~
上がるだろーパパは。(笑)

パパみたいになりたいもんねぇ、ホントw

続きは家でゆっくり書く

2009年07月29日
面白過ぎて最高でもあり、最低だったので、ある意味興奮した。

一番苦手とする部類の身体の持ち主と、
一番惹かれるタイプの身体の持ち主がコラボ。
(どっちが山口さんで、どっちが開次君かは察して。)

このセンスなさすぎるコラボが、最高で最低!!
スベり続けるギャグが逆に面白くなってくる、みたいな、
それよりももっと芸術度は高いと思うけど、でもそんな感じ。(笑)
似合わなすぎて面白くなってきたし、興奮もした。

ただだだ森山開次に見惚れる。

あ、南海まりちゃんがいたよー!
可愛いかったよー!
ヴァンパイアのキバがまた・・・可愛い。
癒された。
認識できたと思ったら辞めちゃった。
なんとなく、私は南海まりちゃんを見ると麻乃佳代を思い出すのです。
カワイイ。(何度も言いたいらしい)

踊る吸血鬼

2009年07月29日
森山開次!
涙が出るほど格好良かったー!!
開次にかなり感動してたのに、最後の幕にどん引き。

あーカッコイイよ、開次。
見に行ってとりあえず良かったと思えるよ、開次。

えりか、しーーーっよ!!

2009年07月29日
茶会ネタはやっぱり需要あるなと、GUEST BOOK設置して実感。
(みなさま、書き込みどーもです。)

緒月茶が面白いのは、
緒月遠麻(と司会)が面白いから。
私もなるべく贔屓氏の好感度をUPさせるべく(笑)、
面白おかしく、その場の雰囲気が上手く伝わるよう書いているつもりではありますが、
本人たち面白くないと、書く側も面白くしようがないから。

キタさんに少しでも興味があるのなら、
ヅカファン人生の中で一度は参加してみて欲しいですわ、緒月茶。
「お茶会行きたいです!」って手紙書いて、書いて。
手紙を出すところからがお茶会ですから。
家に帰るまでが遠足です、的なアレです。

読んでくださる方が居るんだってことを実感すると、
ZORRO東宝のお茶会レポも書きたくなってきますが、
5月5日の話だよ。遠い昔だよ。

ZORRO初日空けて一週間は、ホント、私、死んでて!
初日の時点で、楽前の3日間辺りのような出し切った感。
ぷしゅーって頭から煙出てた。
その死んでる間にお茶会があったので、レポどころの騒ぎではございませんでした。
死んでたけど、雪組見れるの楽しくて、嬉しくて、
気力だけで、日々元気に過ごしてた感じ。

4月4日からバイトうわー入ってて、間とうこさん見て泣いて、
気付いたら、13日、ZORRO凰稀雪組さよならのムラ千秋楽を見てました。(日帰り)
翌日なぜか渋谷PARCOで彩乃先輩の芝居を観劇。
その後11連勤、連勤明け運命の4月26日。
安蘭けいの入りを見に朝早くから、日比谷へ。
出も見たかったから、一日中日比谷に入り浸る。寒かった。
とうこさん、全然出てこないんだもん。

翌27日には、またなぜか伊豆へ。
伊豆で足くじいて帰って来て(意味のない負傷)、
伊豆からそのまま下北行ってナイロン見た。
29日から雪組が始動し始めて・・・で、1日に初日ですよ。
あぁ、5月は無駄に良く頑張った。
別に頑張らなくて良い所で、無理矢理頑張ってたから辛くなるんだよ。
でもそこが楽しいんだよ。テンションあがるっ!

ってことで、こどもの日に行われたZORROの東宝緒月遠麻お茶会レポ。
書ける準備が整ったら、こっそりUPしたいなと思ってます。
いつになるかわからないけど。

書こうかな、と思って下書きだけしたモノがあったので、
手も加えず、そのまんま、それだけ載せときます。
「えりかしーーっよ!!」は結構ツボだった、私。
Read more "えりか、しーーーっよ!!"

ともかいちゅーせん

2009年07月27日
雪東宝友会抽選・・・
まぁまぁまぁまぁ、って感じかな。
2公演だけ申し込んで両方当選。
6列目センターブロックで確実に1回は見れるぞ、と。

はったらくぞ~!

現時点では10回観劇決定。
もうすぐ初日だ!早い!
ラストスパート、頑張れ雪組子!

雪新公。

2009年07月26日
雪組新公見たーい!

緒月遠麻→梓晴輝

来ましたよ。
前回は、緒月→真那春人。
これもまた、個人的にはツボ配役だったけれど、今回もだなぁ。
あずりん、大好きだわ。

・ゆーちゃんさんのところに、凛きらが入った。そう、それだよ!
・美穂さん→さらさ(歌声)
・ハマコ→がおりは、なんかちょっと惹かれるわ。
・チギ太のところに、彩凪が来たよー!翔君は美形なんだよー!
・程よい抜擢?久城あす君。(コマの役)えっと、ZORROはインディアン@凛きらだったよね?
・役が多いから、研1さんにも回ってるのか。早く覚えたいなぁ。
・忘れてた。キング&あゆっち主演おめでとー!!

ってな感じで、非常に新公も興味津々です。
月新公見た時は誰が誰だかサッパリでしたが、
やっぱり担当組、わかる子ばかりなので、愛着は増しますな。

GUEST BOOK宣伝は、まだもう少し続けるぞ、と。
↓↓↓家のマーククリックで飛びます↓↓↓
ゲスブって言ったらなんか家のマークかなって思って。
URLは→http://accomplice86.bbs.fc2.com/
思った以上に、ホントみなさん書きこんでくださって、嬉しい!
ありがとうございまーす。

7/23 エリザベート 新人公演

2009年07月25日
2009年7月23日『エリザベート 新人公演』@東京宝塚劇場

本当に、本当に僭越ながら見させていただきました。

まず第一に思ったのが、

みりおトート×かちゃシシィ

ならバランスが取れるなってこと。
場数踏んでいるだけあって、ってか場数だけでなく、
もちろんきっと本人の努力もあってだろうけど、
みりおのトートは、安心して見ていられた。
真ん中に立つ為の美しさや、輝きを、持ち合わせている。

でも、そんなみりおが、もし本公演でトートをやったとして、
それできりやんのフランツよりも、真ん中オーラを出せるか?
っていうと、まだまだ無理だなって思う。
確実に、霧矢大夢よりも弱くなる。

もの凄く「バランス」って言葉が浮かんだ。
どんな舞台もそうだけど、
でも、エリザベートは特にそのバランスが作品をガラっと変えてしまうのかも。

役と役。
役と役者。
役者と役者。
作品と役者。
作品とカンパニー。

全てのバランス。

仮に人のバランスがそれなりに保てたとしても、
個々の力が弱いと、今度は作品の大きさとか深さ、強さに負けちゃって、
人⇔作品
のバランスが取れなくなる。

エリザベート、むずかしー!!!!

今回の新公、まぁ、人バランスはそこまで悪くはなかったと思う。

しずくちゃんのイメージは、私の中で、「私だけに」の逆を行く。

嫌よ 大人しいお妃なんて (なりたそう 大人しいお妃さまに)
なれない 可愛い人形なんて (いや 現時点で可愛い人形みたいだよ)
あなたのものじゃないの この私は (寄り添ってほわほわしてた方が幸せそう)

で、この()のイメージを跳ね返そうと頑張っているのだけは感じたけれど、
でも、なんか別に、自分の意思で生きる!!
みたいな、シシィとしてのエネルギーは全く感じず。

だから、みりおのトートがしずくシシィに惚れる意味がわからない。

ここがかちゃのシシィだったら、対みりおでバランス取れるはず。
まだまだ作品には負けるけど。
例えばあさこさんのトートを10とすると、かちゃは6ぐらいな気がしていて。
で、やっぱりあさこさんのトートと比べると、みりおも6ぐらいかな、と。

シシィが作品の中でしっかり立たないと、
トートがシシィを愛し、追い続ける理由が伝わらなくなるんだなぁ。

みりおのトートは、せり上がってきたその登場を見て、
心がザワザワした。
「あぁ、これからもっとスターになる子だ」
っていう、当たり前のことを、当たり前に実感させてくれた容姿と輝き。
明日海りおが昇っていく階段の一つを見た気がして、ゾクっとした。
これからがまた楽しみで。

みりおが歌えない子だなんて認識は全くなし。
それなりに、ではあっても歌える人認識。
でも、通して真ん中で歌い続けるには、
みりおの実力を持ってしても、全然足りないんだなぁー。
不安定な部分も感じた。
調子的には闇広辺りから、歌い易そうになっている気がして、
「あ、喉暖まったのかな?」って。

フランツの紫門ゆりや君。
シシィとの結婚を決めた時のフランツの年齢設定とか知らないけど、
知らない上でのイメージ。
17歳なフランツ。って感じ。
若いっ。爽やか!良くも悪くも弱々しい!

歌も芝居も特に穴もなく、見た目も格好良い(線細いけど)。
むしろ歌は、歌い慣れれば、良い感じなのでは?
でも、たまに腰が引けてて、このフランツっ。
シシィを抱きしめる時とか、控えめっていうか、まんま腰引けてるというかw
素材は良いんだ。男役頑張れっ!

月組、なんとなくお気に入りというか、良く気にしてる、宇月颯君。
彼、ルキーニ。
これ言うと、まさきに悪いかな。
でも、見た目的にも、全体の雰囲気的にも、
まさきのルキーニと大差ないように思われ。

これも難しいところだよー
現時点でまさきのルキーニと大差ないまとまり感があるのが、
良いことなのかどうなのか。
粗があっても、無駄に勢いとか、空回ってる感があった方が
(まなはるを思い出すな!ここで!笑)、
後々面白い、良い役者になるんじゃないのか・・・

普通にルキーニとしてまとまっちゃってる事が、
逆に物足りなかったというかさ。
新公なんだから、こうぱーっと!

いやでも、これだけ出来る宇月君が頼もしくもあるんですよ。
彼は、なんか良いんじゃないかと思ってるから。

月組下級生、本当にわからない子ばかりでしたが、
印象に残ったのがやっぱり、みっしょん。
美翔かずき。
スッと立ち方からもう男役で、そんな人が新公の中に居てくれると、
「あぁ学芸会じゃない。宝塚だココは。」と安心する。
美翔かずき、安心させてくれた人。
綺麗に立ち姿、男役だった。
だから余計に、なぜにグリュンネ伯爵か、と。

ウチでいうナガさんの役ですよ?
組長の役よ?
せめて革命一派に入れるとかなんとか、なぜ!?

ナガさんは腰らしい?
腰大丈夫かしら。ナガさん。

あぁ、ナガさんの話じゃないんだよ、美翔かずき君の話だから。
ホントなんでだろう。
応援してるから、ホント影ながらになるけど、応援してるから腐らず頑張れ。

あともう一人は翔我つばき君。
「黒天使の中に居るから、見てねー」
と知り合いに言われ、言われたからには見ます!探しますよ!と、
照明暗い中、必死でオペラ使って翔我君を探す。

あぁ、いたいた~と発見し、
まぁ一応、色んな黒天使場面でも一度はチェック入れて見てました。

そしたらなんか一瞬の横顔とかがなぜかツボに入って。
・・・あのね、暗いし、遠いから、明るい舞台で見たら、全然違うかもしれないんだけど、
眉と目が近い所が、贔屓氏に似てるんだ。
眉と目が近ければ、緒月なんですか?私の目、脳みそ。
わかんないけど。(笑)
あと笑った顔が思いの他、可愛くなるところも似てる!?
今度月組見る時、翔我くん、さがそ。明るい舞台でさがそw

で、最後に、この新公も含めて、
これが私にとって4回目のエリザベート観劇だったことを書いておく。

水雪×2
瀬奈月×1
明日海新公×1

4回目。
自分の4回っていう観劇数と、
今、ブログ等で見聞きするエリザベートって作品に対するそれぞれの見方、想い。
今までたくさん読んできた。
自分の観劇数と、その外からの情報とが、
これまたバランス取れていなくて、素直なお客さんでいるのも難しい感じがした。

知識はあるけど、その知識に観劇数も追いついていなくて、
頭でっかちになってる?
素直に『エリザベート』を見ることが難しい。

こんなにバランスがものを言う作品なのに、
宝塚っていうある意味アンバランスな世界で愛され続ける作品。
役に人をあてていくんじゃなくて、人に役をあてていくような世界じゃん、宝塚。
極端な話、どんなに実力があって人気がある研1生が居たとしても、
絶対に本公演で、その研1がトートやシシィを演じることはないんだよ。

上手くは言えないけど、
でもやっぱり宝塚の魅力っていうのも、
このアンバランスさの中にあるような気がするよね。

貴重な新公見れて、良かったです。
宝塚から、良い舞台人がたくさん生まれますように。

7/23 SPELLING BEE

2009年07月24日
2009年7月23『SPELLING BEE』@天王州 銀河劇場

出演:藤井隆、新妻聖子、梶原善、高田聖子、坂元健児、風花舞
   安寿ミラ、今井清隆、村井国夫


あ、このメンバーだったら、安心。見たいな。
と思った、ミュージカル。
宝塚をアホの如く見まくっていて、
『あー!!このままじゃバランス悪っっ!!ダメだわ。』
ってなり、3、4本、見たい芝居のチケットを買った時があって、
そのウチの一本だったかな。

私は凄い好きな、楽しいミュージカルでした!

でも、先に・・・
最近公演始まってからチケットが半額ぐらいになったりってこと良くある。
それを私もありがたーく利用することあるけど、
でも、その舞台を楽しみにして先に普通の価格でチケット買ったお客さんは、
気持ち的に、微妙だよ。
私、もれなく、微妙な気持ちだよ。

2000円づつ値段を下げたら客席は埋まるんじゃないか?

私このミュージカル好きだし、面白いと思ったし、
色んな人に楽しんでもらいたい作品だと思った。
あと、客席がワイワイガヤガヤしていたほうが、
何倍も面白くなるミュージカルだよ、これ。

3階席、すっからかんでさみしーからっ!
なんでそんな埋まらない値段設定にして、んで、後から値下げしてんの?
採算取れないのかな。
取れないなら仕方がないのかもだけど、
8000円で10人より、6000円で25人でしょ。
ほぼ倍じゃん。

感覚だけど、Aが6000円でこのメンバーなら、埋まると思うな。
ホント、ただの感覚だけど、でも最近感覚狂った値段設定多い気がしてならない。
もったいないわ、せっかく良い舞台なのに。

ということで、最近良く感じるチケット代についての不満を語りましたが、
作品は、面白いよーコレ!

まずは良くまぁ、このキャストを揃えたな、と。(感心)
高田聖子が演じる7歳児ってのは、アリでしょう。
藤井隆も子役アリ。善さんもアリ。
みんなアリな人達ばかり。
あ、村井さんとか、ヤンさんは違いますけどね。

アメリカのスペルをソラでいう大会。
日本でそんな大会があるのかはわからないけど、
難しい漢字をひたすら書く大会みたいな、日本風に言うと。

チラシの雰囲気通り、基本パッと見えてくるものは、
ポップさや、軽い笑い、明るい音楽だったりするんだけど、
それぞれ大会に出場している子供たちが抱えている悩みだったりは、
かなりリアル。

パパとパパの子とか、
母親がインドにスピリチュアルな旅に出てしまい帰ってこない子。
学校に通っていなくて浮世離れした子。
色んな事が出来すぎて、生意気な子・・・

大会出場の為集まった子供達は、結構な変わり者ばかりで。

その子供達がスペリング大会を通じて、自分の問題に対しての突破口を掴む!
みたいな、そんなミュージカルだった。
面白いけど、内容リアルかも。
聖子さんの役が抱えてた部分とか、かなり深いんじゃ?
でも「子役」ってフィルターが上手く作用して、重くなりすぎてはいない。
そこが良いなぁ。

毎回、お客さんがゲスト大会出場者として4人、舞台に上がるみたい。
舞台に上がれたら、良い思い出になるだろうなぁ~!
そのゲスト出場者に対して、ヤンさんが言う一言コメントが、いいともの関根努。

「今、一番興味のあるスポーツはモンゴル相撲です。」

とか、こうツボをかすめていく、コメント。
安寿ミラが言うからまた良いわ、って部分あるよね。
あのシレっとしたヤンさんの雰囲気が、かなり好きみたい、私。

ヤンさんと言えば、最後、カーテンコールで、
そのゲストさんの名前を読み上げて、ありがとうございました~と、
お礼を言う役をしていたけれど、
舞台の上で一般のお客さんの名前を読み上げる安寿ミラ。
という、たったそれだけの構図で、94年の夢まつら宝塚を思い出した。

「ちばの~(千葉の)」

って、訛ったヤツ。

あーやっぱ、安寿ミラ、大好き。(笑)

激しい踊りはないけれど、簡単な踊りでも、なぜか安寿ミラを目で追い、
ふとした一瞬の格好良いポーズに、トキメイてみたりなんかして、
勝手に楽しむ。
いや、もう完璧女優さんなんだけど、安寿ミラは、安寿ミラなんですよ。
カッコイイのヤンさん。

かざっぱなは生意気な嫌な子だった~
可愛いところが、また嫌味になるような、完璧娘で。
でもその完璧娘が、「私、完璧じゃなくっていいわ!!」と、
爽快に吹っ切れってった様は、見ていてこっちまで気分がパッとした。

完全に自分と同じではなくても、
ちょっとづつ、それぞれの悩みとかわかる部分があるような気がして、
ちょっとづつ、感情移入して観ていたようなところもある。

で、最後にはみんなが壁を一つ突破して、終わってくれるので、
そこでもまた明るい気持ちになれるかな。

上手い役者さん達が、カンパニーとしてきっと良い距離感を持って、
で、子役やりきってます。
それだけでも楽しーです。

チケット割引出てるっぽので(笑)、是非。

まだまだよろしくどーぞ

2009年07月24日
本日は『スペリング・ビー』と月組新人公演のはしごをしてまいりました。
貴重な公演見させていただいたからには感想、気合入れて、書こうと思いますが、
えっと、その前に、あれですね、GUEST BOOK。

キャー!
もう、みなさんありがとうっっ!

作ってみて、誰も書き込みしてくれなかったら、寂しいよな。
と、内心思ってましたが、ぞくぞくと書いてくださって・・・(涙)
みんな、えぇ人や。

読むのたのしーんで、しばらく、ゲストブック宣伝しておきます。
↓↓↓家のマーククリックで飛びます↓↓↓
ゲスブって言ったらなんか家のマークかなって思って。
URLは→http://accomplice86.bbs.fc2.com/

まだまだよろしくどーぞ。

あ、そだ、そだ。
GINGER(ジンジャー)買いました!?
我らが水夏希様が、そりゃもうナチュラルに格好良く、美しく。

私の贔屓さんも稽古場写真に映り込んだりしてくれないかな?
と淡い期待を抱いておりましたが、未来さん止まりでした。
まぁ、プロローグは下手なのかな、と。
とりあえず、ハマコ止まり。
さすがですわ、未来さんは。

1ページ目の駆けてるチカさん。
的な写真が、真面目な水夏希っぽくて、
んでまた、はにかんだ微妙な笑顔が、また水夏希っぽくて・・・
いいなと思うけど、隣の写真のが好きです。

化粧ポーチの中拝見!
みたいなページ好きだなぁ。
なんか好きなんだよなぁ。

燦さんっっ!!

2009年07月23日
マーメー!!!!

嘘だ、嘘だと言え。
君は未来の未沙のえる。

ウチのあーたんといい、衣咲といいなぜ。

彼等のような子達をつなぎ止めておけなかったら、
マジ先ないんじゃないかって、不安になるよ。

陽月華の願いはヅカファンみんなの願いなんだよ。
みんなかどうかは、わかんないけど、少なくとも私の願いではあるよ。
宝塚が永遠でありますようにって。

この間のユミテルキタトーク、あーたんの名前が3回ぐらい出てきたなぁ。
なんの説明もなし、自然にあーたんの名前を出したなぁ、あの人たちは。

GUEST BOOK設置。

2009年07月23日
善・・・なのかなんなのか良くわかんないけど、
善は急げ!!ということで、
寝る前に早速、ゲストブック的な掲示板を設けてみました。
(いてもたってもいられなくなっただけ)
GUEST BOOKっていうか、これはただの掲示板だよ。
簡単な自己紹介スペースと捉えていただければ~

<GUEST BOOK設置!!>
↓↓↓家のマーククリックで飛びます↓↓↓
ゲスブって言ったらなんか家のマークかなって思って。
URLは→http://accomplice86.bbs.fc2.com/

一応、質問の雛形的なモノも作りましたので、
コピペして、利用していただければ、これ幸い。

①HN(お名前)お願いします。

②一番好きな人は?(これが一番知りたい!エピソード交えてでもどうぞ。)

③他に好きな人は?何人でも、お好きなだけどうぞ。

④あ、ちなみにご年齢は?(ごまかし、スルー可)

⑤なぜ当ブログ辿り着いたか、そして、いつ頃から読んでくださってるか。

⑥目当ての記事とかってあります?

⑦ブログやファンサイトやっていたりは?差し支えなければ、URLなど教えてください。

⑧好きな食べ物(ネタが尽きたらしい)

⑨趣味・特技(ネタが尽きたらしい2)

⑩オススメレストラン(知りたいだけ)(お手頃だと嬉しい)

⑪オススメスイーツ(知りたいだけ2)

⑫演劇・ヅカファン歴は?

⑬そろそろ飽きてきますよね。最後に一言。何かありましたらお願いします。
こんな感じですかね・・・
気ままに楽しく答えていただけたら、ホント嬉しいです。
ちなみに、一番乗りは自分で取りました。
改めて、私も簡単に自己紹介ですわw

自分、結構常連だと思う。という方も、
初めましてな方も、
ロム専だったりする方も、
気が向きましたら、よろしくお願いしまーす。

あ、でも良くコメントくださる方々は是非に。
なんかあっちゃこっちゃ、色んな話をコメント⇔レスをしているような気がするので、
実は案外、原点、誰のファンなのかとか、
わからなくなっているところ、なきにしもあらず・・・ですので、是非。

さて、寝るか。
明日は銀河→東宝のはしご!
楽しみだー

近々。

2009年07月22日
GUEST BOOK的なモノを設置しようかなぁーと思っております。

だってね、
正直なところですよ、正直なところ、
いただいたコメントを読んでいて、

誰がヅカファンで、誰がそうでないのか。
宝塚も、野田秀樹も両方いけるのか。
野田系オンリーなのか。
ヅカファンだとして、一番のご贔屓さんは誰なのか。

正直なところ、たまに混乱しております

いつ頃から、読んでくださってるのかな?
とか、色々、色々。

なので、改めて、自己紹介していただけたら、
めちゃくちゃ嬉しいなぁ、と。

初コメントの時などに、たいていのみなさまは、
簡単な自己紹介を書いてくださっているのはもちろんなのですが、
いかんせん、前過ぎて、どこにそのコメントがあるのやら・・・
もう探し出すのも、一苦労な方もいらっしゃり。(おい、探せ)

設置しましたら、「私のことわかってるでしょ?」って方も、
初めましてな方も、
是非是非、ご協力お願い申し上げます。

なんか、これ色んな人に聞いたら面白そう!
って質問とかあるかなぁー

アイディア募集。(他力本願)

Dream Time

2009年07月18日
はいっ!
スカイステージトークDream Timeのツボ!
いきますよぉー!

彩吹真央×凰稀かなめ×緒月遠麻

ゆっるいっ。まったりっ。

雪組を表す言葉だよな。特にまったり。
まったりしてるけど、トップ水先輩だから部活ノリで熱いときゃ、熱いっすよ、雪組。
ラテンなんで、ポンポン振りますよ。

まず第一のツボはあれでしょ。
づっくんの失敗談。を・・・
本気で呆れながら聞く、凰稀さん。

いや、私、その日の公演、ムラで見てるよね。
30分に感じたらしい(だから30分もないっての、どんだけだよ)
笑い声を発した、一人だわ、私も。ごめんね。
本人焦りMAXだったっぽいのは、本当に背中からも感じたけれど、
ファンとして、レアなオモシロ失敗が見れてラッキーだったと今も思っております。

必死に、サーベルが入らなかった訳を説明する緒月氏。

「そ、それはねっ、その入れる穴に、自分の服をかぶせてて~」

「なんで~・・・?(苦笑)(彩吹さんも鼻で笑う)」

「そ、そこに、ずっと入れようとしてたから(必死)」

「取ればいいじゃん、とって~・・・(苦笑)」

「そこがねぇ、気付かなかったんだよね。(超必死)」

「気付けば・・・見、見れば(ホント意味がわからないこの人)」

「あぁもう、助けてよっっ!!って後ろの人に(必死に困る)」

「(呆れから一周して冷静。優しい。)見なかったの?こうやって。」

「見ないのがポリシーだったから。私の。(カッコつける)(←ここでか)」

「あぁ~ね。(そこは納得)」

私は、凰稀さん目線で緒月遠麻の事が好きなのかも。
と、今書いてみて、ちょっと思う。
「ホント意味がわからないこの人」って思うとき、結構あって、
でもそういう部分全く憎めないし、憎めないどころか、可愛いと思うこと、大いにあり。

一番の例が、きのこが好き。

って所ですかね。
ホント意味わからないですよ。
呆れるまではいかないけど、でも本当に若干呆れに似た感情も抱き、
だからこそ、余計にほっとけない、みたいな。
変に気を惹く人なのかも、私にとって、緒月遠麻って人は。
久世・天海・堤に対しては「ほっとけない」的な感情、全く抱いてないし。

ツボ2。

ユミコさんがライカデジカメで撮ったテルキタ2ショットを、
『見せてくださーい』と寄ってく時の、その寄り方。
これ、絶対ヅカファンのツボだと思うんだけど、どうよ。どうですか。

稽古場の長椅子姿。

と同じ系統のツボ。
自然に、膝にヒジな所が男役10年。

ちょっと飛ばしてツボ3。

ゆみこさんが聞いてくれた、組替えにあたってのテルキタ話。
ここでもやっぱり、凰稀さんがツボだな~

「大人になったねぇぇ~(涙)」

って褒められて、

「(えへん♪ちょっと大人になったのぉ~)」

ってニコニコな凰稀さんがツボ。

あれ、私、凰稀かなめファン?(笑)

いやいや、あのですね、
ここも一周して戻ってくる感がありますわ。
あの一見ガード堅そうな凰稀さんが、キタさんの隣に居ると、ほわーんとする。
AQUA5の中に居てもほわーんとしてたと思うんだけど、
凰稀さんが出す、そのほわーんっていう、安心しきってますオーラが、
緒月ファンの立場から見て、嬉しいの。

思う存分、ほわほわしたまえ。

と。

私も仲が良い友達と喧嘩ってしたことないなぁ、そういえば。
喧嘩ってするもんなんですかね?
ゆみこさんは、なんとなく下級生時代とかケンカしてそうw
うわーー!!ってなって、爆発。みたいな。
それこそエリオット。

「あ、ここで、一歩踏み込んだら地雷踏むな。」

って思ったら、自分も友達もお互いに地雷を避けるよう距離感を取ろうとするから・・・
一瞬イラっとしたとしても、でも地雷踏むより、距離を取った方が良いと思えるから、
ケンカにはならないよね。
そういう意味では本当に今まで、ケンカというケンカはしたことがない。

あとはもう、1時間通して、彩吹真央のコロンコロンな部分がツボです。
ホラー映画にビックリする、ゆみこ氏。
あぁいう所がコロンコロン。
あの360度の意味は、つむじ隠しですよね。つむじをね、あぁやってね、隠す、と。

次からはチギコマで行くのが、宝塚的には正しい気がするんですが、
ここはなんとか、キタチギ、キタコマで踏ん張っていただけないですかね。
そのうち譲らなきゃいけない日はリアルに来るだろうから、
もうちょっと美味しい思いさせて欲しい。

リアルに願う。

あ、ちなみに、キタまゆがきたら、スカパー入ります。

多々、多々。

2009年07月18日
インナー、も少し首深くても良かったんじゃん?
Vじゃないけど、Vが浅い、再びw
素材不思議。

スカーフとベルト、柄合わせてて、そーいうとこ可愛い。
ヒョウ柄。
結構、緒月氏のポートの服装とか好きで。
おこがましいけれど、服の趣味は、合わなくはないよーな。
「ん、あれ、好き。」
と思う格好をしている事が、多々、多々。

ってことで、レビュ本買ってきましたー。

レビュ本を買いたいが為に、いつもより早めに家を出たのに、
日比谷線が風船進入の為、止まる。

むむむ。

仕方なし、築地から散歩。
築地からなら歩けるわ~♪と適当な出口から出たら、
全然、場所わっかんないでやんのね。
一瞬焦ったけれど、すぐわかる道に出れたので、
築地からレッツ、キャトルレーヴ。

最近、キレーなお姉さんで、ホントにもう。ね。
私がファンになった時期比でも、キレーになってる気がする。
垢抜けているってヤツか。

レビュ本見て、大空さんが、本当にトップになったんだなぁってのを実感。
なぜか私も感慨深い。
おめでとう~ゆーひさん!
宙組、楽しみだなぁ。
Read more "多々、多々。"

拍手レス

2009年07月17日
早くレビュ本見たいな~!
化粧も何も、服さえパジャマのままなのに、
レビュ本欲しさに家をすぐにでも飛び出しそうな勢いです。

っていうのは、嘘です。
パジャマで日比谷ってのもねぇ。

拍手レスです。
そろそろ、追いつきますよ、マジで。
コメント、ホントいつも、ありがとございます。

★takeママさん★あつこさん★蘭さん★sachiさん★しおんさん★
★hanihaniさん★くまぞうさん★リョーコさん★
Read more "拍手レス"

増える、楽しみ。

2009年07月17日
なんか、ぐっちゃんが遠くに行ってしまったような気がしてですね、
最近、さみしーわ。

っていう、スカイステージトークの感想。
Read more "増える、楽しみ。"

公式に

2009年07月16日
ポンポン、キターーー!!!!

ダメだ。
楽しみ過ぎる。
が、
一人じゃ恥ずかし過ぎる。

確実に一人じゃない日の観劇がワクワク。

拍手レス

2009年07月16日
なんか、最近、

すっごい陽月華が好きなんですけど。

消えた分を拾い起こせ!
拍手レスです。

3割ぐらいは私が緒月ファンだからってのもあるけど、
7割は普通に陽月華が好きなんだなぁ、コレ。
センス、自己プロデュース能力、キャラと顔が好き。
え、辞めちゃったじゃん、つい最近、陽月さん、宝塚を。

おそかったーーーー。

拍手レスです。
メールフォームからメッセージとかもいただいてるのに、
返せてなくてすみません!
遅れますが、返信いたしますので~!

★assamさん★くまぞうさん★Gさん★hanihaniさん★蘭々さん★
★kaoriyaさん★まなみさん★
Read more "拍手レス"

拍手レス

2009年07月15日
拍手レスです。

一個前の拍手レスでスイカバーの話を書いたら、反応が。(笑)
さっぱりしたい時はガリガリ君ですかね。
さっぱりの中にもチョコレートの楽しみを見出したい時はスイカバー。

バイト先に韓国の女の人が居て、
アイスの話してたら、
「えーっとあれ!ゴリゴリ君!ん?ゴリゴリw!?」言ってたわ。
硬そー

拍手レスです。
ありがとうございます。

あ、一つ質問の回答を・・・これは隠さずに。

>zorroオープニングの男役大階段ダンスでは、
 オヅキ氏はどの振りまでいたんですか?ターバンメンバーの中にいたんですか?

えっと、どの振りまでいたか・・・は、ターバン姿で一人出てくる水さんを、
マントの人々が隠す所まで、ですかね。
ここで一度はけて、で、またターバン姿で出てきます。

なので、水さんのターバンソロダンス中に着替えてたんだと思われます。
で、ターバン姿での群舞になる時は、水→彩吹・音月と増えていき、
その次、上手から出てくるのがオヅキ氏です。

こんな説明でわかるでしょうか。
すみません~なんだか、拙い説明で。

★アルハンブラさん★名無しの蜷川情報さん★くまぞうさん★Leeさん★Rさん★

どうぞ♪↓
Read more "拍手レス"

拍手レス

2009年07月13日
コメント内容も忘れてしまっていると思いますが(申し訳ない!)
拍手レスです!

いやでも、ホント、みなさまからいただくコメントを読むのは楽しいっ。
ありがとうございます。

★蘭々さん★risuさん★ゆきんこさん★reikonさん★
★tyamさん★assamさん★匿名希望Kさん★

どうぞ♪
Read more "拍手レス"

7/11 ヴェニスの商人

2009年07月12日
2009年7月11日『ヴェニスの商人』@東京芸術劇場

どっちにしろ、
不自由であることには変わりはなかった!!(笑)


わかってたけどさw

『夏の夜の夢』をイヤホンガイドありで見て、
神経すり減らした割には、
ただ淡々とした日本語が流れてくるだけの(当然)ガイドなので、
全く物語りに入り込めず、ガッカリして、

「じゃ、もうあらすじだけ入れて、ヴェニスの商人はイヤホンガイドなしで~」

と、思って、なしで見たら、今度は英語のわからなさにガッカリw
逆のが良かったかもな、なんとなく。
夏の夜の夢、なし。
ヴェニス、あり。のが。

ヴェニスの商人のが小難しい説明台詞多そう。

バサーニオとか、アントーニオ、ポーシャ、シャイロック。

聞き取れた英語・・・つーか、なまえ?

本当に、本当になんとなくはわかる部分もあったけど。
そういえば徳馬さん(アントーニオ)と、藤原君(バサーニオ)が、
「ん?君達そういう仲?」な感じでイチャイチャしてたな、とか、
3つの箱を選ぶときは、お笑いキャラが出てきたな、とか、
実際に見た『ヴェニスの商人』を思い出して、
名前しかわからない英語を補って。

牢屋、監獄?みたいなところで繰り広げられていて。
その辺りの解釈だとか、英語が日本語と同じぐらい自由に理解できたら、
もっと意味が飲み込めたんだろうか?

でもそもそも、日本語で見ても、
かったる戯曲だなと思うことが多々あるので、
英語が自由になっても、そのかったるさには変わりはないのか?

えいご、わっかんないので、わっかんない。

こういうことがあると、
少しでも聞き取れたら、話せたらと思わずにはいられない。
蜂の時もそうだし、ダイバーももちろんだし・・・

全編英語の芝居を見るんだったら、字幕のが圧倒的に見易いということは判明。
ホント、イヤホンガイドってダメだな、私。

ポーシャ役の黒人の小柄な俳優さんが、
まんま男でヒールの高い靴を履いているだけなのに、
どことなく色気ある女性で、そんな風に見えることだけでも、
演劇としての楽しさは見出せると思う。

鉄筋を叩いて音を出したり、楽器を使ったり、
あと歌声が凄く綺麗だったなぁ~
夏の夜の夢の時も、すっごく綺麗なハーモニーだった。
BGMすら、自分らの身体を利用。

わからない不自由さをたくさん感じた二本ではあったけれど、
とりあえずここから野田秀樹が芸術監督を務める、
東京芸術劇場がスタートした、ってことでいいのかな?

高校生を無料招待していたりと、
変えていきたい!っていう気持ちも感じた。
客席は、そういう若い人も含めて満席。

maku

遊眠社の『ゼンダ城の虜』と『野田版国姓爺合戦』で使われた幕が、
こんな形で展示、展示。
劇場を彩る。
あの右手の数字のヤツは、ゼンダのエレベーター?
『ゼンダ城の虜』かぁ~
忘れちゃってるけど、でもいっぱいDVD見たなぁー

「おもと」がどーのこーの?って言葉遊びなかったっけ?
あともの凄い仕掛けに凝った言葉遊びと。

いやいやいや、遊眠社のDVDBOX、ハマったと思った瞬間に、
買っておいて良かったよなぁ。

7/12 エリザベート

2009年07月12日
2009年7月12日『エリザベート』@東京宝塚劇場

かちゃの「私だけに」が見れなくて、聴けなかった。
かちゃが悪いわけじゃ全くない。

私の中の白羽ゆりの記憶が思っていた以上に鮮明で、
そして、まだまだ上書きなんかせず、
大切に残しておきたい記憶だったみたいだ。

まだそこまで雪ファンでもなかった時、お披露目エリザ見て、
不意に号泣した「私だけに」。
そして、幸運にも生で見て、聴くことができた、
さよならショーの「私だけに」。

お披露目エリザで泣いたのは、2階A席最前の上手側だったとか、
さよならショーはあの辺で見て、やっぱり泣いたとか・・・
見た位置からの視点なんかも蘇ってきちゃって、どうしてもダメだった。

かちゃのシシィが歌う「私だけに」を聴いたとしても、
私の中の記憶がなくなっちゃう訳じゃないけど、
でも、まだ、ダメ!!
とにかくそんな想いが湧いてきて、自分の中の白羽ゆりを大切にしたいがために、
かちゃシシィの見せ場、正視できず。

ただただ、となみシシィが私の中に、たくさん残っていたことを感じて、
そのことに涙してしまいましたよ。
特にさよならショーの、東宝の「私だけに」をいっぱい思い出した。

発光してたもん、となみさん。
白くパーって光ってて、涙を堪えて歌い切ったその強さも、
何もかも全てがエリザベートで、白羽ゆりだった。
かちゃを見て、「こんなもんじゃない!」と思ってしまったのは、確か。

今、となみさんのブログ読んでて、日々幸せにほんわか、
でも一歩一歩新しい道を進もうとしてる、
となみさんの様子を知ることができるのも、なんか嬉しい。
私にとっても雪組の大切なトップ娘役さん。

5月末に退団したとなみさんの思い出だけでこんなんなってるのに、
丸々1週間前に同じ場所で、宙組子を見送ったことが信じられなかったなぁ。
とにかく色んな事が早過ぎるとまた思う。
あさこさんも、ついに退団を発表。
『ラストプレイ』って題名は、生殺しだよ・・・
また時代が変わっていく。

で、なんで初日開けてこんなすぐ、エリザ見に行ったかって、
前日バイト先の飲み会があって、都内でオールしたからで。
自然と始発近くの電車に乗ることになるんだったら、
家帰る前に、東宝行って、激戦だろうと思われる当日券に並んでしまえ、と。
寝るのは、エリザ見てからでいいだろう、と。

退団発表恐るべし。
でしたね。

月組でなんとなく気になるのは、
越乃さん、一色さん、みりお、華央くん、宇月くん、海桐くん・・・
辺りでしょうか。
あと、わかる範囲で、音姫すなお氏がめちゃ可愛いなぁーと思うのと、
美鳳あや氏が男前なんじゃないかなぁーと思うのと・・・
85期娘役はえぇですなぁ。

フィナーレ群舞は越乃さん見てたら終わってたし、
パレードではなぜか、一色さんを見てるし・・・
私が視線を注ぐ先、なんか正直、地味じゃね!?

でもがちゃの眼鏡姿は、どことなくツボで・・・
そういえばツボ・・・までいかなくとも、同じ系統の顔のつくりの、
麻月れんか君も、なんとなく目に入ってきた。
似てない?がちゃと。

みりおは言わずもがな。
スター街道まっしぐらな子は、やっぱり注目してしまう。
相変わらず肌が綺麗だ。(何を見てる)

華央くん、あちょうは、類稀なるオッサン役者だよなぁ。
私はオッサン好きだという自覚はあるけれど、
その更に上をゆく、オッサン度。
あのモミアゲ、気合いだね。

宇月くんは、きっと良い路線スターになるだろうな、と思い続けている子。
思い続けるっても、月組見る回数は極端に少ないしアレだけど、
華やかさがある子だと。

海桐くんは、とにかく壮一帆に色々似てそうだな、って部分で気になる。
顔だけとかじゃなく、芸風とかも似てそうなのが面白い。
前髪だけ強いパーマかけた?
くりくりしてて、良くも悪くも個性的だったw

あ~あと、みっしょん!
美翔かずき!
みっしょんぐらいのポジションってのが、
私が一番落ちやすいポジションだと思われるw
この子も、役が当たれば、もっとくる。

私は霧矢さんの芸に惚れ込んでいたはずなんだけど、
別に贔屓ができたからとか、関係なく、
その熱がひいてしまったのを、いつの頃からか感じる。
安定し過ぎていて、これから伸びていくだろう、
そういう期待感が持てなくなった?

安定=完成

とも言えるのかも?
伸びしろの魅力、みたいなものをきりやんから感じていない?

ホントにホントに、イチ軽い宝塚ファンの意見として・・・
ディープな月ファンに言わせたら、全然違う意見が返ってきそうだけど、
あさこさんにも同じことが言えるかもしれない。

あさこさんの男役も、隙がなくて、完成、完璧に近くて、
それが私にとっては面白味がない、みたいな感じ方になるような所も・・・
うーん、無きにしも非ず?

トップと二番手の、このビシッと構えた感じ、
揺るがない雰囲気が、私にとっては少し窮屈かもしれないなと思った。

にしても、今の月組で、
わざわざかちゃを宙から迎えてまで、
『エリザベート』を上演する意味があったのか。
誰もが疑問に思うはず。
実際見てみたら、私も例外なく疑問に感じた。

しかも今日、かなみちゃんが見に来ていたらしく、
嫁不在の事実を、違和感を、切なさを、目の当たりにする。
かなみちゃんと同時だったらな。
彩乃先輩が居たらな。

あいあいのゾフィー、あの人がきりやんフランツを産んだなんて嘘だ!!

若いじゃん、綺麗じゃん、いくつ?いくつ?
きりやんフランツのがオッサンじゃん!格好良いオッサンじゃん!フランツっ!
実は、ゾフィー、シシィ以上のミルク風呂に入り続けてるでしょ。
器械体操3時間じゃなく、5時間でしょ。

マギーがカフェの場面に出てきたことにもビックリ。
いや、もっと贔屓のシュヴァルツェンベルクが見たかったという思いと、
マギーが86期だからってのもあって、
自然とあの緑の軍服を目で追いますよね。
しみじみ目で追ってしまいましたよね。
同じ衣装かな、とかw

マギーさんは、ただでさえ、濃いぃ人なのに、
なんで、カフェでアルバイトしてんの!!
オペラに入り込んできたとき、本当に「え?(笑)」ってなったんだからね!!
意味あるのか、あのアルバイトは。

ゾフィーの終盤の老けメイクも、もう少しやりようなかったのか。
不自然さMAXを感じてしまったのは、私だけ?

年齢的な無理もそうだし、
ルドルフ役替わりも、まさおルキーニにしても、
色んなところで、歪みを感じずにはいられなかった。

ルキーニもキムさんのルキーニがまた見たいよー。
まさおのルキーニ、表情はイッちゃっててまさおらしくて悪くないと思うけど、
あの物語を紡ぐ?には、何か色々足りない。
あ、ちょっと『桜姫』見た時の七之助に対する感想に似てるw?
でも、楽しそうにオレオレで演じてるのが、またまさおらしい。

こんな歪みを感じるエリザを見るぐらいだったら、
私、パリ空とファンシーダンスのがよっぽど見たい。

なんで今の月組でエリザなの?劇団。

東京で2000人の客席を連日ほぼ満席にしている劇団なんて、他にないよ。
宝塚は案外まだまだ凄いと思う。
コクーンだって後ろ何列か空いちゃうことのある時に、
宝塚、立ち見まで発売、なんてこと、実はある。

瀬奈じゅん退団発表の衝撃を持ってすれば、
きっとオリジナルの駄作上演しても、客席埋まったんじゃ?
オリジナルの、マジシャンの憂鬱ぐらいの話だったら、
確実に埋まっただろうね。

なのに、エリザ。

まだ2年前?の水夏希のトートの記憶だって、
となみちゃんのシシィの記憶だって、鮮やかに残っているのに、
またエリザ、またミーマイ。

なぜ?

あの時代雪ファンやれてなかった、現雪ファンの戯言して、
今の雪組で(正確に言うと、となみちゃんが居た時代の雪組で)、
エリザもう一回見たかったな、なんて思ったりもした。
もうどれだけ、シュヴァルツェンベルクを見るか。(笑)

下級生を見るのだって、当時の何倍も楽しめるに決まってるし、
ってか、黒天使!
なぜ、黒天使に注目できなかったのか・・・悔やまれますよ、今も。
真波そら~・・・(涙)

そのかの黒天使、格好良かったです。
紫門ゆりや君もイケメンですよね。
どこにいるのか、良くわからなかったけど。

チケットあるよー!って声掛けてもらうこととかがもしあったら、
また見に行くかもしれないけど、
『あぁーねぇ~。』って、今日一度見ただけで満足してしまったような、ね、
ところがね、あったよね。

勇気つーか度胸が

2009年07月11日
昔のバイト時代の友人が、芸劇にプロペラ見に行って、
終演後、野田さんにサイン貰った!と嬉々としてmixiに書いていた。

・・・知らないっていいなぁ。

彼女のうん十倍、いや、うん百倍は野田秀樹を思い続けてる自信がある。
伝えたい思いはいっぱいあるはずだけど、
いざ本人を前にして普通に話せる訳ないし、離れてていいの~!!

でもサイン、ちょっとした会話、羨ましいな、とは思う。
でも勇気ないよ、んな。

ま!嫉妬だけど!ただの。(笑)

なんかいるよなぁー。
別に全く嫌な子じゃないんだけど、どうも言動とかにイラっとしてしまう子って。
ある意味、自分に似過ぎてるからかなぁ~と、そんな風にも感じるけどw

いいです。
ウチには、演ぶで当たった野田さんのサインがあるのだ。
なんだかんだ言って、あのサインずーーっと大切。
卒論書いてる時もちょっと助けられた。

あ、ダイバー取りました。取れました。

7/10 桜姫

2009年07月11日
2009年7月10日『桜姫』@シアターコクーン

もう最近は、高っいからパンフレットも買わなくなってしまったので、
昔買った、2005年の『桜姫』のパンフレットを引っ張り出して、
ザッと目を通してみた。

色々と変わってる~?

清玄と権助は二役で同じ役者さんが演じる事がほとんどなのに、
今回は役を分けていたり・・・
色んな変更に読み解く鍵がある気もするんだけど、
結局、そこには辿り着かず。
辿り着きたい!と思うほどの衝動も得られず。

にしても、あらすじ読んだだけでも、すっごい話だ。
ありとあらゆる因果が絡み合って、ごっちゃごちゃだ。
そもそも清玄が稚児と心中しよう・・・ってところから、
もうちょっと今の感覚で見ても、「あー清玄さん・・・」みたいな、
かなり衝撃的だし、
もう一つの大きいポイント、桜姫と権助にしても、
「あーお姫様なのに・・・」みたいな、ねぇ。

自分を犯した男の身体が忘れられなくて、
それで腕に入れ墨彫るお姫様ですよ?
で、しかもその焦がれる男が自分の最大の仇で、
桜姫自身は、清玄と心中しようとした稚児・白菊丸の生まれ変わり、と。

えらいこっちゃ。(笑)

そのえらいこっちゃをいっぱい楽しむのが、この芝居の面白さなんだと思う。
物語を動かすのは、結局桜姫の持つエネルギーにあるはず。

七之助は足りてない気がした。
綺麗ではあるけど、肝心な部分までどうしても響いてこない。
友達、
「七之助はね、頭の軽い、でもものすっごい綺麗なお姫様役とかが。
 一番似合うと思う。」
と言っていて、なんか納得。

この『桜姫』、七之助の為の演目なんじゃないかと思えた。
大きな役をやってみろ、と。
体当たりでぶつかって何かを得てみろ、と。
その七之助の挑戦を周りで皆が固めている。
そんな芝居かな、と。

なんだか、現代版にしても歌舞伎版にしても、
めちゃくちゃ戯曲読み込んだ人の、レアな解釈。
「あーあ~・・・読もうと思えば確かにそうともとれるかぁ・・・」
っていう、正統から少しズレたような解釈の元、立ち上がった芝居。
って感じがして。
読み込まれ過ぎてて、逆に普通にはわからなくなってるような。

あくまでもそういう感じがする、ってだけなんだけど。

一緒になってその深い所まで探っていけたら、
すっごく面白いと思うけど、
そこまで一緒に潜るエネルギーは、今、自分の中にはなく。
ちょっと上っ面だけなぞって、見ちゃったようなところもあるかな。

それなりに面白かった、で終わった感じ。

7/9 夏の夜の夢

2009年07月10日
2009年7月9日『夏の夜の夢』@東京芸術劇場

作:ウィリアム・シェイクスピア
演出:エドワード・ホール
出演:プロペラ


うーん、と、『夏の夜の夢』を見たのは、これで3回目ぐらいかなぁ?
新国立の麻実れいが出てたヤツと、
子供のためのシェイクスピアカンパニーのと、
・・・あ、『PUCK』!?

PUCKが一番おっもしろい。

久々、PUCK見たくなってきたなぁ~見よ~
(DVD探す)

野田秀樹芸術監督就任記念プログラムであります、
プロペラの『夏の夜の夢』を観劇。
さぁ、いよいよここから野田さんの挑戦・・・つーか、戦い?が始まるねー。

PUCKが一番面白いって言ったのは、
それ、私が日本語しかわからないからってのも大いにある。
演劇は身体いっぱい使って、楽しめるものなのに、
片耳だけでもイヤホンガイドで封をされちゃうのは、私、キツイ。

日本語と聞こえてくる英語と、
二重だから頭までそっちで支配されちゃうような。
『ヴェニスの商人』も見るけれど、イヤホンガイドなしはキツイかなぁ。
登場人物の名前と、ストーリーだけ頭に入れとけば、
どうにかなるような気がしないでもない。
『ヴェニスの商人』はあれだ、藤原君と市村さんので1回かな?銀河。

感覚にまで封をされた感じだ。
やっぱり歌舞伎で使ってみても思うけど、
イヤホンガイドって嫌い。
なんか、家の中でも靴下はいてるみたいな感じ。(笑)

もっと素直に、気持ちと身体で見たら、
もっと素直に、楽しめたと思う。

男性だけの劇団で、役者さんもなんだか動けそうな人ばかりで、
きっとそういう姿を見ているだけでも、楽しめたよ、きっと。
ハーミアとライサンダーと、ヘレネと、ディミートリアスが出て来て、
三色スミレであーだこーだ・・・って話だもんね、軽く見れば。

それでいいや。
『ヴェニスの商人』もそんな感じで見ようw

いやでも、改めてイケコの『PUCK』への潤色は素晴らしかったんだな、
なんて思う。

演劇らしい、演劇。
身体や音、照明で、場面が変わって、性別も超えて、
想像力を掻き立ててくれる。

「中劇場は悪い空間ではない」
とかなんとか、野田さん、言ってた気がする。
それは確かに。

でも、あの公共ホールっぽい、なんとも言えないもさっとした劇場の雰囲気。
これは絶対に変えていかないと!
私が、全く東京芸術劇場に馴染みがないせいもあると思うけど、
それでも、なんていうんですかねぇー
「あぁ、貸し劇場だなぁ」みたいな、自分がない感じ?
コクーンにしても、紀伊國屋にしても、世田パブにしても、
いいな、と思う劇場は、その劇場毎に顔と色を持っている。
それが芸劇には、まだない。
当然。

劇場の雰囲気は、そこに人が集まること、
そこで上演する作品の色で、すぐに変わって行くと思う。
私の拍手一つが、劇場を変えていく一つの音になれば・・・
そんな願いを込めて、カーテンコールの拍手を送った。

今のあのもさっとした雰囲気も忘れないでいたい。
知っていれば、「変わった!」っていう実感も持てるから。
確実に変わると信じてるので、その変化を目の当たりにできるのが、楽しみ。

終演後、ロビーには野田秀樹の姿が。
気軽に話しかけたら、気軽に応えてくれそうだけど、
私は、あまりに彼を尊敬した時期があり過ぎるので、ちょっと無理だよw

野田秀樹と緒月遠麻。
人生の中で、どちらかにしか出会えないとしたら、
私、迷った末、野田さん選ぶもん。
そのくらい好きだもん。







・・・って、迷うのかよ。



野田さん達がいくら奔走しても、
私たち観客がついていかなければ、劇場も、街も、文化も変わらない。
野田さんが、ついて行きたいと思わせる道を歩み続けてくれれば、
私はついて行きますよ。
彼の存在を知った一人としての義務、そんな気持ちがちょっとある、実は。(笑)

演劇愛しながら、人愛しながら、
頑張ってね、野田さん。
これからもついて行きます。
Read more "7/9 夏の夜の夢"

ソロモンの指輪in六本木

2009年07月10日
『ソロモンの指輪』映画館Ver.を見てきました。
東京国際映画祭の六本木の上演の時、1度見て、盛大に酔ったし、
酔ったのにDVDは嬉々として買っちゃってるし、
今回の上演はスルーかなぁ~と思ってたんですが、
やっぱり見に行ってきました!

結果、見ておいて良かった!
なんか酔わなかったし!

ただもう改めて好きなショーだな、と。

でも、精神的に余裕がない時にこのショー見ると、本当に食われるような気がして。
怖いんですよ『ソロモンの指輪』。
だから結構、意識的に避けるようなところもあったりする。
映像としては「見たいな。」と思っても、
気持ちの部分で避ける、みたいな。

プラス方向にカチッとハマると半端なく盛り上がるけど、
逆もまた然り・・・なショーだよね、『ソロモンの指輪』って。
もの凄い、見てる時の精神状態に左右されると思う、色んな部分が。

今日は割りと元気で、しっかりしてたので、
変に落ちたりはせずw

ある意味、憎しみは愛。のような、
一つの感情があるから、正反対のもう一つの感情が生まれる。
生と死、だったり・・・
高く昇った分だけ、底が深くなる。
振り幅あり過ぎる極端な気持ちに迫ってくるんだと思う、オギーって。

ただ幸せには居られない。

辛さがあるから幸せも存在する。
辛さなんて本当はいらないんだけど、
でも私らもどこかで、その辛さを受け入れて、
そこからまた幸せを掴もうとするでしょ。
本能的にわかってる。

その辺をグルグルするショーですねぇ、ソロモンの指輪は。
そのグルグルの感じが、テンションに左右されてしまう、と。

久々のキタさん。
相変わらず自分ファンを実感。
覚えてるから、画面の中でも立ち位置追うわ、フツーに。

ラスト、祝祭で一端はけるテルに、
にこーっと笑いかけるんですよ、づっくんは。
毎回、毎回、そうだったのね。
テルも笑い返してくれてて・・・

ショー自体も好きだと思ったけれど、
改めて、テルキタ好きも実感しました。
本当に、本当に、良いコンビだった!
良いコンビっぷりを、また見れる日を夢見ちゃダメかなー
それこそ辛いかー?

頼む中の人

2009年07月09日
我慢してたんですけど、コメントいただいちゃったからさ・・・(笑)

スカイステージトークDream Time
早く見たいよぉぉぉぉーーーー!!!!
まなはるにキムさんの役が付いたよーーー!!!!

良かったね、みっくん。
凄いよ、みっくん。
・・・まなはるのが話題先かw

テルキタ、久々のニコイチっぷりが早く見たいです。
もう相当見たいです。

そして我らが真那春人くん、来ましたね。

この子の全力っぷりときたら、もう必見ですよ。
突っ走る姿を愛でるのがたまらなく楽しい、まなはる。
私もだけど、まなはる初心者はまず彼のロケットから入るといいです。

ZORROのインディアンロケットの時は苦しいのか、なんなのか、
脚上げてる最中に、「ガッ!!」と首飾りを掴んで取る姿を見たのが数回。

いいんですよ、それがまた。(笑)

暑苦しいとはまた違う。

「いや!それ違うだろ!?」って感じだったりするのに、
天然の熱量で、結局、越えるべき壁、ぶっこわして進んじゃう・・・みたいな。

見ていてワクワクするのが、みっくん。
で、イケメンだから。
オススメ雪下級生の一人です、真那春人。

あーテルキタ見たい!
で、次回からのMCは一体誰?
コマ?チギ?
お願いだからこの形式での番組終わるまでキタを入れておいてください。
頼むスカステの人!
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。