FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手御礼

2009年06月07日
最終的?・・・には、なんと、

194拍手!!!!!!

緒月遠麻にCLAP YOUR HANDS!!

こんなブログをいつも読んでくださってる方、
たまたま通りすがった方、
色んな方が拍手してくださったんだと思いますが、
すっごいじゃん、緒月さん。

涼風真世さんを越した。

10歳の誕生日にオヤジがくれた辞書には、
はひふへほのふぅ~のページ、不可能という文字はない。

ですね。(BY PUCK)
緒月さんのダニエル。
特に幼少期ダニエルが見たいと「涼風真世」って書いてみていきなり思った。
『PUCK』はとてもイイ。
緒月遠麻の子役も良い。

雪組公演中、緒月氏に拍手以外にも、
たくさん拍手、拍手コメント、いただきました。
本当に、本当にありがとうございます。
雪組にどっぷり過ぎて、返信もなにもしておりませんでしたが、
1ヶ月遅れようが、2ヶ月遅れようが、
拍手してくださった本人がコメントの内容忘れてしまおうが、
返信はさせていただきたいと思っております。
感謝!
誰も待ってないかもしれないけど、いっつも返信遅くて申し訳ないです。

でも読んでくださってる方がいる、
しかも、このブログ読む事を少しでも楽しんでくれてるらしい。
そういう気持ちを伝えてくださると、コメント読んでウキウキします!

どうやら私は、文章を書くの嫌いではないようですが、
「好きなのかもしれない」と思えるのは、反応してくださる方がいるから。
「嬉しい!」と思える瞬間があるから、「好き」なんだなぁ。
やっぱり、褒められると嬉しい。(笑)

拍手のお礼からは離れていきますが、今回の雪組公演、
緒月氏にはいっぱい楽しませてもらったなぁー・・・
としみじみ思います。

ショーでは、奉行、武田軍、小僧、青天。
芝居は、黒いマスクで顔を隠し、
黒いマントをひるがえして~!いやぁ~!実に惚れ惚れするような姿・・・
だったのはプロローグだけで、あとは愛しきガルシア軍曹。
フィナーレで、ラ・パッション。

よくよく考えるとワタシが一番テンション上がってたのが、ラ・パッションだったかと。
それかゾロゾロの、DVDで言う2分46秒の振り。
あの腰が・・・くぅ!たまらん。

ラ・パッションは初日開けて1週間ぐらいしてからかな?
シケを垂らすようになって、
もう、シケ好きとしては、それはそれは喜ばしく。

『ソロモンの指輪』の時みたく、感情のアップダウンはなく、
それが平坦すぎて、面白くないように思えた時もあったけれど、
基本、贔屓が充実感を持って舞台に立ってるんじゃないか?
と見てて思えたこと。それだけで充分幸せで。

ビバゾロ!ラストで笑ってるガルシア・・・緒月氏見れるだけで、
1回見に来た甲斐があったな、って思えるほどだったよ。

ファンだなぁ。(笑)
次の公演は、どういう楽しませ方してくれるんだろう。
パーマかけちゃいます?
ラテンと言えばパーマなイメージ。(本人談)
似合わなくはないと思うんだけどなぁ。
水嶋ヒロの髪短い版みたいな髪型とかにならないかな。

ならないか。

うわー、水嶋ヒロ、やっぱり凄い格好良いなぁ・・・(画像見てみた)
堤ファンの私が見ても格好良いと思うんだから、この人相当だ。

拍手、本当にありがとうございました!
そしてそして、読んでくださってる方々、これからもよろしくお願いします。

もりやまくん

2009年06月07日
20090607062430
友達と新宿でランチして、森山開次見て、昼からワインとチーズ飲んで食べて、
「あら大人だわ。」と調子乗ってご機嫌なままバイトに行き、
閉店後、新宿に戻ってボーリング4ゲーム。

どうやら朝になったもよう。

家に帰りまして、寝ようと思います。

今日は良い天気だぁ~!

森山開次。
彼の事は全く詳しく知らない上にダンス公演も見たことないのに、
ずーーーーーっと気になる人。
生け花からエネルギーを感じとって、生命を踊っていたよ。
ほとばしる人だなぁ・・・やっぱり公演を見に行かねば。

ZORRO DVD

2009年06月06日
曲部分だけ大まかに見聞きしました。

『天国への階段』はどうにかなります、どうにでもなります。
実際どうにかできました。
掛け声とかないし、余計にどうにかしやすい。

問題は芝居のかおり、あゆっち、さらさの歌だ・・・
曲ダメなせいで、贔屓の幕開き第一声もカットだよ。ショックだよ。
あの曲で踊る兵隊さん達も良かったってのに。
ラ・パッションもどうにもできない・・・

にしても、この間、楽を迎えた公演をDVDで見るのは変な感じだー
いつもそうなる訳だけど、でも変なの。

かなめ氏いなくても全部見る!!

2009年06月05日
改めて・・・

私は凰稀かなめが大好きだ!!

AQUAコンで愛するかなめ姫に会えないのは本当に寂しい。
この機会を逃したら5人が揃う事は、もうないかもしれないと思うと本当に寂しい。

凰稀さん、星組に組替えして、緊張しつつ、
でもきっと姫らしく一歩づつ着実に稽古頑張ってて、
コンサートの振りも一人で先に覚えてたっていうし・・・
忙しかっただろうし、きつかったと思う。
でもかなめ氏自身が一番コンサート、楽しみにしてたんじゃないかな。
そこが一番辛い。

骨折、休演の知らせを受けて涙が出そうになるのは、
かなめ氏が見れないからじゃなくて、かなめ氏の気持ちを考えちゃうからだ。
あくまで想像だけど、そこまでズレた想像はしていないと思う。

組が変わったってなんだって、
凰稀さんは私にとって大切な、大きな存在だってことを実感。

私にとって「も」、なのかな。
贔屓とファンってのは、割とリンクするもののような気がして。
骨折休演経験者、私はその時、ファンやれてなかったけど、
心配することすらできなかったけど、
上手く・・・いや、上手くなくていいや、
大好きなぐっちゃんの気持ち和らげてあげてください。

頼むよ、ホント。

何もできないけど…

2009年06月04日
骨だけ変わってあげたい。

頑張れ。
まだまだこれからだから。

6/1 オグリ!

2009年06月02日
部屋が汚い!
掃除する気力もたいしてない!
AQUA5コンまでにはなんとか。

言霊の力のおかげか(日程出た途端に手帳に全日程書き込んだ)、
ゆみこさんの誕生日も祝え、前楽も行き、楽も行き・・・
(3公演しかないっての)

贔屓にゃしばらく会わない代わりに、凰稀さん見てくるのだ。

『オグリ!』はなんだかとてもえりたんに合った作品だったと思う。

オサさんにどんだけGO!GO!で、
「上から目線で帰ってきたよね(へらぁ)」
とかなんとかいわれてた壮さんを思い出した。

なんだか偉いのだ。壮一帆さんは。

でも偉くても仕方ないかな、と思わせるだけの才能と、
偉そうにされても許せちゃう、尽くしたくなっちゃう人徳も同時に持ち合わせてる。

Sだよなぁ・・・壮一帆さん。

こうなりました、だから次はこうなります。

わかりやすく進むべき道程が決められていて、
その道程を一歩一歩痛快に進んで行く。
進む先は決まってる。わかってる。でも一緒に楽しみながら進める面白さ。

笑いの部分もしつこくなく。

歌舞伎とかで上演されてるんだよね?なるほどな、って感じ。
歌舞伎で私が見たら「???」だと思うけど、それでもちょっと見てみたいかも。
あらすじがわかってると歌舞伎でも、3割増しぐらいで楽しめると思う。

楽日だったので、客席のファンも盛り上がり。

見に行って欲しいなぁーと言われて、雪楽の翌日、
花楽っていう少々強行手段だったけど、楽しかった~オグリ!

おめでとう!

2009年06月02日
野田さんが、パパに!
おめでとう!
女の子かぁ~お母さんに似ますように。

野田さんに出会ってなかったら、演劇好きになってなかったかも。
そうするとオヅキにも出会ってなかったかも。
『オグリ!』千秋楽見てきました。
野田秀樹は私にとって原点の人です。

ゆみテルキタ!

2009年06月01日
テールーキター!!

スカイ・ステージ・トーク Dream Time#10
「彩吹真央・凰稀かなめ・緒月遠麻」(60分)

各組の人気男役がMCを務め、ゲストの魅力を探るトーク番組。
第10回のゲストは雪組・彩吹真央。MCは凰稀かなめと緒月遠麻。

組替えする前に撮ったらしい。
ってのは聞いてたけど、本当に情報が発表されるまでは、ドキドキで。

やっぱり大好きな二人なんでね。
今回の東宝だけでも、ファンとしてもちょっとは独り立ちできたかなって気持ちだったけど、
でもテルキタトーク、しかもゆみこさん!
ってのは、楽しみ過ぎる。

7月の大きな楽しみだ~

ありがとうスカステさん。
ゆみこさんまで、テルキタでMC務めさせてくれて!

5/30、31 風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ

2009年06月01日
zorro
2009年5月30、31日『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ』@東京宝塚劇場

30日11:00
31日11:00 15:30

作・演出・出演→こちら

3月21日→1回目 11:00~
3月21日→2回目 15:00~
3月22日→3回目 11:00~
3月22日→4回目 15:00~
3月26日→5回目、6回目 11:00、15:00~
4月13日→7回目
5月1日→8回目
5月3日→9回目
5月5日→10回目
5月6日→11回目
5月10日→12回目
5月12日→13回目、14回目
5月13日→15回目
5月14日→16回目
5月17日→17回目
5月19日→18回目
5月21日→19回目
5月24日→20回目
5月26日→21回目
5月28日→22回目
5月29日→23回目


ほわほわしてて、暖かくて、ホント今の雪組が好き、私は。

30日の11時、31日の楽日はダブルで観劇してきました。
もうなんか、楽はアドリブとか色々あったし笑えた。
その報告は他で探していただけたら。
キタさんの10円禿げ2個の文字は、「楽」「日」だったとか。

このままのペースがあと半月続いたら、
なんか既に人として危ういのに、本気で人として危険な状態になりそうだったので、
楽日が来て、ほっとしたような・・・
でもめちゃくちゃ寂しいよー!!
楽しかったんだ、本当に今回の公演も。

どうやら手帳を見返すと、今月銀座・日比谷界隈に行かなかったのは、
トラムに芝居見に行った4日と11日だけ。
観劇しなくても、バイトでその辺に居て、定期万歳状態。

30日は友会優先公演で、なんとなく見てたら、
水さんのサイン色紙が当たり、浮かれた。
「もう幕間で今日は帰っても良いや♪芝居見なくてもいいや♪」
ぐらいの浮かれっぷり。

水さんのサイン、欲しかったんだ~
本当に当たって嬉しかった。

友会の日は、ほぼ初の下手席で、
色々見えるものが違って、楽前日にも関わらず、
24回目?の観劇にも関わらず、めちゃくちゃ新鮮。
ラ・パッションで真波さんと、緒月さんが一緒にオペラグラスに納まって感動。
雪86期男役、マジ凄いあれは。
頑張ります、これからも。

ギャップがおかしいもん、二人とも。
変だ、絶対に変。(笑)

31日の11時は、知り合いと前の方で見て、
ショーのフィナーレ、みんなが銀橋渡る時に、視線と笑顔貰って、
知り合い共々、また浮かれ。
『これがMY楽になるかな?』って観劇だったし、余計に嬉しかった。

・・・明日『オグリ!』見に行くんで、また追記しよ。
眠くなってきたw

追記↓

公式には何をどうつっこんだら良いのか途方に暮れる、
次回公演のPR映像とやらがUPされてるよー。
終わっちゃったんだなぁ、ZORRO。

白羽ゆりは正直言って、特別好きな娘役さんではなかった。
嫌いだったわけではなかったけれど、セリアの演技には悩まされたし(笑)、
とにかく綺麗な娘役さんだとは思ってはいたけど、
でも雪ファンとして思い入れみたいなものは、
となみちゃんに対してあまり感じていなかったように思う。

組ファンとしては、トップコンビを心から愛でたかったけれど、
それも私の中では中途半端なままだった。

水夏希と白羽ゆりっていうトップコンビを完全燃焼するまで思えたかっていうと、
やっぱりそれは千秋楽を迎えても中途半端だった気がするけど、
でも白羽ゆりって娘役は、自分で思っていたよりも、ずっと大きな存在で、
そしてどうやら自分で思っていたよりも、
ずっと、となみちゃんの事も好きだったみたい、私。

ZORROのソロの「ディエゴ、私の憧れの人はディエゴ♪」の歌とか、
輪っかのドレスの似合いっぷりとか、幸せそうな笑顔とか・・・
となみちゃんを見て、

『この人が、間違いなく雪組の姫だ。』

って何度も思った。
思うたびに、今までとなみちゃんに対して感じていた微妙な感情が消えてくようだった。

水さんとのデュエット。
水さんに引っ張られるでもなく、
一人のトップ娘役として、相手役の水さんと同じ立場で、
でも水さんに想いを寄せながら踊ってた、あのデュエットダンス。

「トップコンビ」ってものを見た気がして。

水さんは、あぁやって二人で踊れる日が来るの待ってたんじゃないかなぁ?
となみちゃんが一歩引くわけでもなく、遠慮するわけでもなく・・・
ただ一緒に舞台に立つ。
水さんが目指してた(んじゃないかと私が思ってる)トップコンビの姿が、
あの最後のデュエットで見れた気がした。
水さんも、となみさんも、二人とも格好良くて、泣けた。

そこまでのチギひろみ、キムさん、ゆみこさんのそれぞれの思いもすっごく感じて、
あの流れは本当に、ダメだったなぁ、もう。(涙)
キムさんの気持ちとか考えちゃうよ、想像しちゃうもん。

さよならショーは「私だけに」で撃沈。
思い返してみれば、
エリザの時、私は白羽ゆりの「私だけに」を聞いて号泣したんだった。
シシィの生きる決意みたいなものを強く、強く感じて、
ぶっちゃけシュヴァルツェンベルク見に行ったのに、
白羽ゆりに泣かされて帰ってきたのを覚えてる。

さよならショーでは、
涙声になりそうな所を、キッと堪えて、エリザベートとして歌いきった。
シシィとして歌いきりたいっていう思いも感じたし、
宝塚への想いが溢れて涙しそうになってるのも感じた。
気持ちが全部歌声から伝わってくるみたいだった。

私が泣いてたからってのもあるだろうけど、
でも、白羽ゆりが光ってたんだろうなぁ・・・
オペラグラスで見たとなみさんが、ぱーって白く光って見えた。

「私だけに」で泣いた後に、「君を愛してる」は反則だよなぁ~(笑)

不倫な若作りクレアントに再び会えて、私は幸せだったよ。
しかも、ゆめみ姉さんと不倫かぁ。
年上にいったんですね、クレアントさん。

あとさよならショーは、なほみちゃんと踊ってた時の宮廷服がっっっっ。
かなめ姫の代わりに、緒月氏が入るのか?成績でいったら真波さん?

・・・どうやら、緒月らしい。

と話を聞いたのは楽の数日前で。
だったら、宮廷服必須!あの場面は!!
と、さよならショー見たい気持ちが増した。

・・・・・・。
なんだ、結構似合うじゃん。
やりゃ、できんじゃん。(←相当嬉しかったらしい)

「役が回ってくれば、二枚目もできます。」
と信じて疑わないファンなので、
今の時点でキャラにない宮廷服が似合った(もとい変じゃなかった)ことは、
すっごい嬉しかった。
優しげ紳士。
左前髪を多めに垂らし、後ろもディエゴみたいなロール付けてたよね?
物珍しくて、ずーっと見ちゃった。

贔屓目抜きで、ショーは大憎が全部持ってくし。
ナガさんからの喝!が3発入りました。
3発叩かれ、お粗末様でした。と言わんばかりに正座から一礼。

頭は禿げてるし。
やっと禿げたよ、楽にして。
しかも禿げたところに「楽」「日」。
フェアリーに何させんねん。(笑)

爆笑でした。
まさか楽日禿げの上、3発叩かれるとはっ。

出てくるの遅かったんですよ、大憎さん。
3発叩かれる為に、音合わせやら、タイミングを合わせる為に、
遅くなってたんだとしたら、尚面白すぎる。
お疲れ様でした~。でもそれだけの価値あったと思う。
お客さんの笑いっぷりは、半端じゃなかった。

この半端じゃない笑いの上をいったのが、関西人判明メンドーサ大佐。
ぴょん、ぴょーーーんとマッハで再び登場のピンクディエゴ。

「(かつら)かぶせちゃおっ☆」
「そうそうこのピンクのリボンが~・・・ってなんでやねん!!(かつらペシっ)」

再度カツラを被ったはいいけど、前髪てろりんとしちゃうし、
となみちゃん半身になってウケてるし・・・
大爆笑。

なんだか、私が映像で見て、
憧れ続ける90年代の宝塚の香りと同じ香りを感じた。

今回の新公の特別出演にしてもそうだし、
こういう楽のお遊びにしてもそうだし・・・
笑いに走れる舞台上の信頼関係、ファンとの信頼関係。
両方がしっかりと、でも暖かく、良い意味で緩く存在してるから、
遊べるんだと思う。

さんざん笑ったあと、
こういう雰囲気で遊べる今の雪組が好きだってじわじわ感じて、また幸せ。
良い組だわ雪組。
組ファンやれて、嬉しいよね。

谷やんが、白燕尾の群舞の時に、
FCに向って、バッチリウィンクしたのとかも見たなぁ。
あれは泣くよー、谷やんファンだったら。

同期の退団ってのは、辛かった。
同じ年月を贔屓さんと共に歩んできた人たち。
「いつかこんな日が来るのかな?」
ってのを、もっと身近に考えてしまうし、
同期ってことでファンとしても愛着があるし、寂しい。

やっぱり酒場で始めにガルシアに絡みに行ったのは、なほみちゃんだった。
いつもはかぐやちゃんとかだったような?
抱き合うまでは良い。
同期との最後の絡みを存分に・・・微笑ましい。

で、ニコニコで抱き合ったと思ったら、抱き上げた。
軽々と。

さすが熊並みに大きい、力任せなメキシコ人だわ。
ホントにひょいっと、なほみちゃんを持ち上げましたよ、ガルシアってか緒月遠麻。
微笑ましいを通り越して、笑えた。
そーゆーとこも見てて面白いから好き。

本当に終わったんだなぁ。
楽、雨が降らないで本当に良かった。
奇跡的な晴れ(曇り?)!

私の携帯は千葉の天気予報が見れるようになっていて・・・
心配してその携帯から天気予報を見たら、千葉は100%雨。
絶望的だわ・・・
と思ったら、東京は雨降ってない!信じられない!

・・・水さん、気を使って千葉で猛威を振るいましたね。

千葉県民としては困る。
ヅカファンとしてはありがたかったけど、千葉県民としては困る。

時間が押してたのか、夏希さん節は挨拶でそこまで聞けなかったけれど、
でもでも、本当に良い楽になって良かった!
これからも雪組応援するぞー!!
« Prev | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。