FC2ブログ

簡単にZORROの錦絵

2009年03月26日
まともに見たらヤバイと思って、脳内消去してたからブログにも書かなかったけど、

何あの、ゾロの乗馬シーン。
私が知ってるかぎり涼風オスカルでさえ有り得なかったのに、
今、ありえるわけないじゃん。
涼風オスカルって92年とかでは?17年前?
とうこさん達の初舞台じゃなかったっけ?

誰か注意してよ、もう。指摘しようよ。

「いや、あれナシ。」

言おうよ。
作品の質が上がらない・・・欠けてるところが可愛い。
みたいに愛でる事もある宝塚ではありますが、基本的にゾロださい。

古き良き。

じゃない。古臭いだけ。全く。

でもそのバランスなんですよね。
生徒は今を生きてるからやっぱり今っぽさもある。
その逆を行く作品たち。
だからこその宝塚。だからこそ悲しいかな、愛おしいかな。
ハマってしまった弱みです。
自分の弱みが憎い。


エルゾロ~♪って歌も格好良くないのぉ。
なんで、プロローグあんなに格好良いのに、本編あんなんなんだろうね。

生徒だけじゃなく、演出家も今を生きてくれ。
今を生きる演出家は、生きているからこそ宝塚に留まれなくなっているのか。
オギー・・・。

ただ作品に対して何を思おうが、ガルシア軍曹が可愛いので、
出番がいっぱいあるので、スポットも当たるので、良い作品です。

ファンなんで、んなもんだよ。悪いか。悪くないもん!

ゾロ追い掛けて上から下へ、下から上へ走り抜ける緒月さんに、
スポット当たってるのとか、笑えますよ。そこでそう当ててもらえるんだ。っていう。

ガルシアは、水さんファンには特に可愛がってもらえるキャラだと思う。
しっぽ振りまくりなんだもん。
私は水さんも好きなんで、水さんにしっぽ振りまくる緒月さんはツボ。

しっぽ振るって言うと、キムさんもね。
ベルナルドも好きなのに、ガルシアに気を取られて、全く感想書いてないのね、私。

キムさんは、存在が大きく、またスターになった!!
忘れ雪がキムさんを大きくしたと思っていいのかな。
変わったような気がする、キムさん。
言葉を発せない役だけど、感情は確かに伝わってくるし、
なんていうか、目が詰まったよなぁ。素敵、音月桂。大好き。

緒月氏は大きめの品の良い・・・だけど雑種。みたいな。
音月さんは、コリーとか、シェットランドとかあんな血統書つきな感じ。

どっちも犬。
犬っぽい。

あ、品川着いちゃった。続く。
スポンサーサイト



蜉蝣峠について

2009年03月26日
いきなり『蜉蝣峠』の話しね。
あれ、話はあんまり~って書いたのは、
闇太郎とお泪の結び付きが弱いと思ったから。

記憶を無くした、ふるちんの闇ちゃん。
だけど、ろまん街の人々の話を聞くうちに、
自分の記憶らしきものを取り戻して行くわけで。
(でもそれが、本当の自分の記憶ではなかったのが悲劇)
記憶を取り戻す過程で、お泪を本当に愛すようになり、
お泪もまた闇太郎を愛すように。

ココ!!ここだよ!!

ふるちんがどんなにセクシーで、高岡さんが可愛らしく色っぽくても、
想い合うようになる過程にひかれないので、
大通り魔が、キュウタロウ(ふるちん)で、
愛した人が敵だった・・・でも愛しさも捨てられない・・・
その複雑かつ芝居的に魅力となる部分が最大限生きてこない。
そこがもったいない。

死にたくない!

って子供みたいに連呼する古田さんと、それを受け止めてしまう高岡さんの演技は良い。
ただ背景が弱い。

だけどね、生足全開、迫力満点の立ち回りに気持ち良く騙されることもできるから、
結果的に見てよかったな。楽しかったな。って思える。

私はクドカンも、騙してくれるいのうえさんも好きだから、結局、新感線が好き。
あんなに痛快で格好良い立ち回り見せてくれる劇団ってないもん。

また後日編集するか。な?
もーすぐ宝塚だでよ。
 | HOME |