FC2ブログ

3/22 風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ

2009年03月23日
zorro

2009年3月22日『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ』@宝塚大劇場 15:00

作・演出・出演→こちら


もう別に、見た回ごとの感想とかじゃないけど、どうでもいいですわ。
にしても、拍手数、ぐんぐん上がりますね。ありがとございまーす。
飢えてるのか?みなさん。
・・・飢えてるよね。
だって私も飢えてましたからね。雪組不足。
でも一回摂取しても、すぐ飢えますわー(←既に飢えてきてるらしい)
宝塚は麻薬的。
でも、犯罪に手を染めるより、宝塚のが何倍も健全!!

か?

まぁ、ね。
比較対象、犯罪だからね。

そうそう21日の15時公演。
緒月さん、めっちゃオモシロ可愛かったですよー
本人的には15秒ぐらいの笑いが30分に感じられたらしいけれど・・・
30分も笑われてないから、そこ冷静にw

最初の酒場の場面、ディエゴ、メンドーサ、ロリータと役者が揃ったところで、
ガルシア軍曹は抜いていたサーベルを、シュッと鞘におさめつつ、
兵隊の一人として、列に戻らねばなりません。

さ、列に戻るぞ!!
サーベルもシュ・・・!?☆%”=(&(?>_??
(えぇ!?!?鞘に入らないよぉぉ。って背中がものすっごい焦りだす。笑)
メンドーサが、ディエゴを陥れにかかってるのに、
ガルシア、サーベル鞘に戻せず、背中から最高潮の焦りを滲ませる。
オヅキなんだか、ガルシアなんだか、わかんないぐらいの様子で焦ってて、
その姿が客席の笑いをさらい、メンドーサの、彩吹真央さんの邪魔を。(笑)

サーベルの鞘の穴に服が被っちゃってたんだって。
でも、鞘に戻す時、穴を見ない。っていうのが、基本らしくて、
ガルシア的には見ても良かったのに、そんな余裕もなく、あたふた。
結局それがガルシア軍曹っぽくて、思いっきり笑いを誘ってしまいましたね。

ファン増えるよ。増やしたいのか?頑張れよ。
でも、緒月さんって一番になるタイプじゃないでしょ、たぶん。
あのねー、5人好きなジェンヌを挙げろって言われたら、
名前が相当数入るタイプじゃん?
嫌われない人。

帰り、あれは、お稽古最終日に来ていた星ファンの二人組だったんだろうなー
雪組も1回だけ見てきたのよ~なんて電車の中で話してて、

「もうね、キタロウ君がいなかったら、全然つまんないっ!!」
「でも、キタロウ君が笑わせてくれたのよっ」
「あの子、芝居がね、(いいじゃない?的なニュアンス)」
「星にいたらねー(そうだよねーって勝手に共感。でも雪組の緒月遠麻がスキダ!!)」
「二枚目じゃなくて、三枚目だけどね。」
「ですよねぇw」
「ゆみこさんの歌は凄いわっ。癒される!!」
「あー私もゆみこさん好きなんですー。」

とかなんとか、
星ファンから見た雪組公演の感想をひょんな所で(盗み)聞く事ができました。
完全三枚目認識。
良いじゃないですか、ファンも受けて立ちますよ。
でもお茶会は着流しイケメンだったんですよ。
真波と話したんじゃないか、疑惑。


失敗話繋がりで、水さんのも書いちゃいます?
私は本気で心配したんだからね、水さん!!

自分の会の会総で、ショーでも芝居でも、
キチンとやらかすところが、なんていうか、とても水夏希。
よーし頑張るぞ!って思って、自滅しちゃうタイプっていうか、撃沈。
でもその完璧じゃない姿をふと見てしまうと、キュンときます。

22日15時が阪急交通社の貸切で、水会総見。
水会総見なら、水さんサービスしてくれるだろうな♪
と、不純な動機のもと、やっと落ち着いて水さん中心に、周りも見ることができました。
どこか忘れたけど投げキス1回、ウィンク1回、目線いっぱい、みたいな。
日本物でウィンクできないし、どうするんだろう?
って思って見てたら、襟をきゅっと締めなおすような仕草でキザるんだね!!
「そうするのかぁぁ!!」と思って、トキメキました。

でもまぁ、極めつけは、ショーで傘落としたのと、
芝居のプロローグで派手にコケたのだけど。(笑)

フツーにショーのプロローグで傘落として、
そして、ゾロのバンダナの時、派手にコケられました。

滑った感じ?背中向けて後ろに下がっていく振り?で、右足かな?
踏み出した時、膝からガクっていって、
そのコケた時の表情が、かなり私を心配させたんですよ。
「うわ、やっちゃった!!」って言うよりも、「うっ痛っ・・・」って感じに見えて。
完全ピン撮りで見てましたからね、ビックリしました。
膝やっちゃったかと思って、
本気で涙出そうになるくらい心配したあの瞬間を返して!(笑)
すぐ「大丈夫です!」と言わんばかりに、踊り出したから安心した。

最後の挨拶では、
「初日あけてから、あんな傘落としちゃったのなんて初めてです!!」
って言っておられました。

貸切のお遊びはソーラン節とマヤさんのまりえった・・・じゃなくって、何?あの歌。
おもてなしの美声の場面でちょっと。

ソーランは、ゆみこさんが先に掛け声のところで、
「阪急!!」
ちょっと経って、キムさんが、
「あ、交通社!!」

マヤさんは、カシキリ~~ナ♪とワンフレーズ。
関係ないけど、マラカス持たせたらマヤさんの右に出る人はいないよねぇ。
一回、あそこマヤさんだけ、見続けよう。
マラカス持った未沙のえるを堪能しよう。

今回、水さんも結構笑いを取る。
メンドーサ、オリバレスの目を欺くため、へなちょこレース大好き乙女ディエゴに。
あの喋り声がどうしても、私の中で瀬奈さん。
ミーマイのビルっぽい瀬奈さん。

ひょこひょこ歩き回ってる水しぇんが可愛くて、面白くて、
レース好きってところからそもそも乙女度発揮してて、良いです。
レースを斬ったメンドーサに向って、
「ぬわわゎぁぁ、わたしの大切なレースがぁ~~」
「このぉぉぉ!しんでしまえっっ!!」
とかなんとか、ぴょこぴょこする水しぇんとか、必見ですよ。
ここ、一番水さんが自由に遊べる所だと思う。
やっぱり会総の時は、いつも以上に遊んでた。貸切だからってのもあったのかな?

あとね、あとね、86期好きとして切なくて嬉しくて胸締め付けられたのが、
プリド邸で、テル・リサ・ソラが小芝居してるシーンがあること。
また個別にテル・なほみで話すシーンもあるよ。
リサソラが夫婦なのね。
で、そのご夫婦とオリバレス総督が談笑してるの。
あーもうー。なんだ、なんだ!

下級生チェックも。
牢獄のシーン、捕まってたインディアンチームに、
ベルばら外伝革命の真波そらみたいな格好した、
それこそ真波系のイケメンがいます。
前々から、組本見た時ぐらいから気にはしてるんだけど、
研1、煌羽レオが既に格好良い。顔男役。
牢獄の下手側にいる。ラインダンスは上手寄り。
りーしゃ君の右隣だったかと。

あとザッキーとか見てみたり。
絶対これから化けると思うんだよな、ザッキー。
りんきらは、相変わらずりんきらで、やっぱり台詞があったりする。
まなはるはいつでも全力で頑張ってる。
全力過ぎやしないかと、心配になります真那春人。
れの君が今回あんまり目に入ってこなかったので、いずれチェックしたいのと、
ゆかこちゃんは、やっと出れて良かったな、と。
あずりんも、ここ落ちずに頑張れー。れいれいも同じく。

今回、コマやせし子、キングの扱いがねぇ。
いや、正直、この子たちが上がれば上がるほど、贔屓は・・・
だと思うんですよ、身長とか色んなこと考えるとね。
でも、「宝塚」にいる以上仕方がないことだし、
だからこそ今に執着する気持ちも強くなる。
新公主演してるこの子たちが、上を脅かすぐらいの勢いがないと。とも思う、よ。
この先、新公の出来次第で、この3人にがおりが食い込んでくる・・・
なんてことも考えられる。
いずれにせよ、大切な雪組子!
雪組の将来を担うスターに!

はぁーとりあえず、早くまた見たいなー。
ガルシア君、寝返った後、VIVA!ゾロ!の歌の時、
サーカス魂並みに楽しそうな上に、
センターで目立ってて、もうホント、そういうのだけでも嬉しいんですよ。
ガルシア軍曹愛でる為に、近いうちにまた見に行ってきますので。(え?)
もう、とにかく、

ガルシア軍曹、超可愛いっ!!

用事のついでにね、ムラまでGO。
スポンサーサイト



3/22 風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ

2009年03月23日
zorro

2009年3月22日『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ』@宝塚大劇場 11:00

作・演出・出演→こちら


今回の遠征で、MAXテンション高くショーも芝居も見れたのが、
22日の11時公演。

ショーも芝居も流れがわかって、
自分の中で外せないポイントも掴めて、
贔屓がどこからどう出てくるかも、頭に入って・・・の3回目。

ZORROのオープニングとか、もう気が楽ですよ。
躍起になりますから、仮面で顔隠されて、水さん以外全員同じ衣装ってのは。
「ここで贔屓を見つけなければ、ファン失格!!」
ぐらいの気負いを感じてましたからね、初見は。

で、プロローグ、ハマコ氏と緒月氏、勘違いして見まして。
ネタとしては面白いんだけど、ちょっと落ち込むの。
ハマコさんには悪いけど、スタイルは完全に緒月さんの方がいいのに、
それなのに顔見て一瞬でも勘違いをした、その事実に若干ウケつつ、気落ち。
やっぱ、親子だよ、あの二人。

ZORROオープニング、水さん一人を真ん中に、大階段、
上下3列づつで男役がずらーっと並ぶのかな。(かみしもって読んでね)
緒月さんは、下手側の11人目に降りてくるのが、そーじゃないかと。
真ん中に近いほうから5人(先頭:音月)、次の列5人(先頭:彩那)、
で、一番下手より列の5人(先頭:緒月)の順かと。

ってことで、反対側でも同じように列ごとに降りてくるので本舞台の1列目は、
緒月・彩那・音月・水・彩吹・未来・凰稀
になってたかと。
マント&仮面ありのプロローグから、水さんが銀橋渡ったあとかな?
水さんだけが抜けて、群舞。
バンダナちかさんとなって後ろからこっそり帰ってきて、バンダナでダンスソロ。

プロローグのギター演奏は、シンプルかつ猛烈に格好良くて、
特に私は水さんソロの時の打楽器代わりにギターの腹を叩く音もアリ・・・
みたいな、あの曲が凄い好きだった。
えっと、水夏希の尻に注目せよ。と力説したのは、この場面。

水さんのソロ中に、みんなもバンダナに衣装替え。
水さん、真ん中で踊りつつ、4人ぐらいのグループ×8ぐらいが、
上手から下へ、下から上へ、掛け声かけつつ踊りぬけていく。
かっけー!かっけーよー!!
最高だよー!!

んで、ちょっと衣装が良い人たちが出て来て、バンダナで群舞。

ここ緒月さん上手です。
なんかすっごい良い位置で踊らせていただいてまして。(涙)
本当嬉しかった。
谷先生、谷先生、ありがとう。なむなむ。

トキメキのプロローグが終わると、かおりちゃんのソロから話スタート。
かおりちゃん中心に、あゆっち、さらさちゃんが歌い、
ゆめみ姉さん達が踊り、ヒメは濃い。(相変わらず)
男役みたいな掛け声入れてんの、ヒメでしょ?

ヒメさんが、相変わらずヒメさんだとなんか嬉しくって、笑っちゃいますわ。
同じツボで笑えるのが、牢獄の鍵を閉めて、逃げてくハマコさんの笑い声。
マイク切れてる、生声なのに、あの聞こえ方。
ねっとりと悪役感満載。
ハマコさんも、相変わらずハマコさんだわーと、
愛しさ込めて、笑います。

かおりちゃん達の歌が終わると、カーテンが開くんだけど、
また、緒月さんセンター登場。一瞬だけどセンター。
大劇場のセンター登場って。(涙)
ちょっと派手に登場して、その場では一番偉い人だから、
歩いていって椅子にドーンと座って、酒場の女の子と会話。
しゅう君とがおりが、他の兵隊さんよりガルシアに近くって、側近って感じ。

私が見た時、回は違うんだけど翔君がオモシロ目立ってて。
1回は帽子取れて、一人だけ帽子なしで踊ってたし、
もう1回はキメの時に滑ってこけたんですよ。
酒場の女の子に「大丈夫w?」って感じで、手差し伸べられてた。
彩凪翔、美味しい。
帽子なくなったら、イケメン度UPしてたしw

えーっと、お茶会発言ですが、緒月さん声は平気みたいですよ。
確かに素で喋る時の声がハスキーにはなってるけど、でも、調子は良いって。
ハスキーになってること自体は、本人的に問題ないらしい。
稽古の時は、前回笹川で囁くようにしか喋ってなかったし、
いざ、あれだけ声出してみて「あれっ、大丈夫かな?」って感じだったみたいですが、
今はホント、平気。とのことでした。よかった。

っていうか、この人、前回、笹川宗光だったんですよね。
私の大好きな宗ちゃん。(ビジュアル最高)
メガネにスーツの自称(自称言うな)インテリだったのに。
実際、インテリに見えてたのに。
・・・今回、マジでアホ。
更に小坊主だもんなぁー(笑)
役の幅、マジで広いっすね、緒月さん。
ここまで広い人、劇団になかなかいないよw
賞賛に値する。

フィナーレについても書いておく。
フィナーレは水夏希七変化。
着替えて、着替えて、着替えて、着替えて、踊って踊って。
緒月氏は、青い衣装での軍隊チーム+真波神父とパレードだけかな。

となみを送る、
かなめ&ひろみ先生→キムさん→ゆみこさん→水さんとのダンスがあって、
この辺は、ファンの方々泣ける展開かと。
ここもチギちゃん、完全スライドなのかなぁ・・・
雪組歴長い人に入って欲しいなぁ、とは思っちゃうよね。
チギに他意はなく、でもとなみちゃんを送る場面だからってのを考えると。

ファンだから緒月氏が入ったらそりゃ嬉しいけど、
無難にハマコ大先生とかさ。
コマとかも居るわけじゃないですか。
でもチギちゃんなんだろうな。
ってか、雪組で早霧せいなのあの美貌を見られるのは嬉しいな。
かなめちゃん異動とか、退団者のこととか、贔屓のことを全く考えないと、
贔屓組にチギちゃんいるのは、単純に嬉しい!楽しみ。

感想、4回見たからあと1回ぐらい書こうかな。
脈絡なく書いてますが、15時貸切で張り切りすぎた水夏希さんについても、
書いておきたいのでw

3/21 風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ

2009年03月23日
zorro

2009年3月21日『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ』@宝塚大劇場 15:00

作・演出・出演→こちら


ゾロ♪VIVA、VIVAゾロっ!
ゾロ、ビーバ、びば ゾロ♪

↑油断すると頭の中このフレーズだけが流れ続ける恐怖。
完璧に全てを覚えて帰ってきたわけじゃないので、
覚えやすかったここだけを覚えてて、先に続かないのです。
続いても、ビバビバ言ってるだけだったと思うけど。

んじゃー、『風の錦絵』感想もいってみますか。
ZORROもまだ書き足りないんですけどね。

りーしゃ押しがキてますよ、若干押されてるよ、りーしゃ君。

って、そこから!?(笑)

えぇ、そこからいってみます、あえて。
当ブログではささやかに透真かずき押しをしたいと思ってるので、
嬉しいかな、嬉しいかな。
日本物だからってのもあるのかねー。

だってWトリオに入ってるよ。
Wトリオの他男役、りんきらとまなはるよ?
ソーランにも入ってる。しかも普通にカッコイイ。(下手端かな)
ソーランに入るのは、なかなかだと思うんだけどな。
だって、上がキング、がおり、あずりん、下にりんきら、まなはる、その間にりーしゃ。
同期だと、ちはやが入りそうなところに、りーしゃ君が入っておりますよ、地味に。

『忘れ雪』で一部ファンからの注目度はぐーんと上がったと思う。
髪結んだバーテン・・・
その上、パペット使いで一人だけ黒子衣装みたいなので、
カーテンコールのドセンター取ってたのは、
色んな意味で美味しかったと思うよ、アレ。(笑)
今回も、格好良さはそのまま、良い所に、地味に。
目指せ、ラギポジ!!

ってか、シナラギいないの寂しいよっ!!!!

かつてだったら、ここにシナがいたのに、ラギがいたのに・・・
っていうところに、二人がいないんだね。
ちょっと頬がぽっちゃりした下級生をチラっと見て、
あーたんを思い出したのは内緒です。

白浪五人男に注目が集まるプロローグですが、
私は、どーしても、水5ではなく、上手で小芝居続けてる、
ハマコ大先生、となみちゃん、緒月さんを見てしまう訳で。

岡っ引きとなみ嬢。
嗅覚の鋭いミーハーで、かわいーよーあれ。
水さんの口上とか聞いて、「キャーキャー」騒いで←ホントに騒いでるw、
ぴょんぴょんジャンプして。
ごめんね、となみちゃん、脳みそ軽そうなとなみちゃんのが、好きかも私。
脳みそ軽い役の白羽ゆりは、素直に愛でられる。

カッコイイ!カッコイイ!騒いでうるさいとなみ嬢を、
ちょ、静かにしてなさい!と諌めるハマコさんと、緒月さん。
しかし、あまりにもうるさいから、諦める。
んで、二人もなんか楽しそうだから、一緒に音楽に乗ってみる。
十手でハマコさんを、「揺れなよ」と押す緒月さんが可愛い。
「お、お、そうか?」と次第に揺れだすハマコさんも可愛い。
笑顔に力のある二人です。

にぎやかで、格好良いプロローグから始まって、
次が、みずとなの銀橋渡り。

みずとな銀橋→みえこ先生&ゆみこの風の盆
ハマコ大先生の気合い入りまくりの語りから始まる風林火山
イシちゃん銀橋ソロを挟んで→菊人形(キムとな)→
サイトー君キターなネコ4人娘
腹くくって楽しむしかない緒月氏小僧ラインダンス
テンション上がるソーラン節
さくら-理事と自慢の雪娘たち~水5も出て来て踊ります-→パレード

で終わり。
35分のショーだけど、飽きさせない展開。
賑やか、華やかな場面、しっとりした場面、コミカル極まりない場面、オタク場面、
格好良い場面、生脚堪能場面・・・
と色々な場面が取り揃えられていて、楽しい。

風林火山は石田先生ちゃんと、
テルキタを水先輩の武田軍に入れてくれて、お隣同士、シンメの振付もありで・・・
上杉軍もだし、足軽もだし、みんなここめちゃくちゃ格好良い。
真波氏は自分の髪の使い方を本当に心得てる。
その心得、緒月さんにも教えてやって!
逆立てるだけが、格好良さじゃないよねーまゆちゃん。
真波そらの前髪の使い方、垂らし方が好き。
緒月氏も前髪垂らして欲しい、たまには。
たぶん、前髪垂らすと目にかかって邪魔だからとか、そんな理由だよ。垂らさないの。
絶対そーだね。
でもまぁ、この場面は緒月さんもワイルドな長髪で良し。

場面的にはマリポサの戦闘シーンの日本バージョンみたいな感じかな。
振りも結構激しい。
水しぇんのヒゲ&長髪もばっちり。

対する理事の美しいこと!
あの存在感とか、威厳。
イシちゃんが出てくると場面がギュっとしまって、
水さん以下、組子みんなにも良い刺激になってると思う。

私たちファンだって、綺麗な人、トップより更に上に立って場を引き締めてくれる人、
とにかく格好良い人、を見れるのは、嬉しい。
今回、ショーに轟悠と松本悠里が出てくれて良かった!
特に水さんが、またいつもと違った気の引き締まり方を見せてると思う。

あと上手ばっかり見てて、ちょっと不安だけど、
パレードで、しほ姉さんと水しぇんが絡める場面も作ってくれてたような。
谷みずせもその後ろ辺りにいたかな。
こういう所も結構ありがとう、でした。

パレードの緒月氏ポイントはね、みえこ先生に桜の枝を渡すところとか?
ながさんと、緒月氏だけが手に桜一本と、帯に桜を刺してます。
ながさんは水しぇんに、緒月さんはみえこ先生に桜を手渡す。
その時の表情、実際に見てもらえればわかると思うんですが、
「この子、良い子だわ。」
ってみえこ先生にも思っていただけるだろうな、っていう渡し方してて。
ヒジョーに緒月さんらしくって、
ほっこりする。落ち着く。優しい気持ちになる。褒めすぎた。
贔屓目も入りまくりだとは思うけど、良い人だと思うわ、本当にね。

パレードもプロローグと同じように華やかで。

あ、って、小僧のラインダンスに触れないまま、パレードまで書いちゃったじゃん。
ダメぢゃん、それ、ダメだよ。

え、本人、嫌がってはなさそーで(衝撃は受けたらしいが)、
作りではない笑顔見せてて、楽しそうなんで、いいよ!!
そーいう所が好きだよ!!(笑)

最初からセンターに居るのかと思ったら、
緒月さん上手の一番端で背中にピンスポ当たってます。
やったね、ピンスポ、キタよw
男役10年、記念すべきピンスポが丸坊主な小僧。
さすがだ、緒月遠麻。
ほかの人とは、一味も二味も違う。

緒月さんの隣の子がこれまたちっちゃい子で、
しかも差を際立たせるために、ちょっと気にならない程度に背中曲げてないかな?
緒月さんの背中のデカさ、愛でるしかないたくましさが際立つ展開。

背中見てデカ!っと思って次、振り向くと満面の笑み。

やめてー(笑)
その格好で笑わないでー
って、真面目な顔されても困り果てるけどー

他の小僧が和尚さんに叩かれるの見て、
「ふふふ、馬鹿だなぁ。」と喜んでるんだけど、結果自分も叩かれて・・・
なーむー。

思っていたよりは、危惧していたほど痛々しくはなく、ちょっと安心した。

あの小僧のデカイ人と、
アリの脳みそで身体は熊並みに大きいガルシア軍曹、
フィナーレ、軍隊チームの本舞台一番右は同じ人です。
初心者さんにも覚えて帰ってもらえたら嬉しい。

三枚目のインパクトが大だけど、
きちんとプロローグ、フィナーレでは二枚目もやってるんですよ。
今回凄い良い位置に置いていただいて。(涙)
三枚目以外の姿もよーく見て欲しい。
綺麗なだけじゃない、男らしい色気も放てる男役さんですので。

私たぶん、何度見ても、フィナーレの軍隊チームダンス、
緒月さんしか見れないと思うんだ。
ツボにハマる、あの格好良さ。
振り返りざまの表情がめっちゃ良いの。
武田軍の時も、一回、バッて振り返るような振りがあるんだけど、
ここもやっぱりツボ。
こういうところが男役10年なんじゃないのかな。
おめでとう。
いや、でもこれからも頑張って。

3/21 風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ

2009年03月23日
zorro

2009年3月21日『風の錦絵/ZORRO 仮面のメサイヤ』@宝塚大劇場 11:00

作・演出・出演→こちら


4回分ともなると、どこからどう書いたらいいのやら。
贔屓さんから言っとく?
つらつら、ダラダラいきますよ。
いってみますか。

ま、噂通りの、評判通りの、お笑い愛され単純キャラでしたよ。

私はですね、贔屓目抜きにして、
今の緒月遠麻だったら、まぁ今回は作品がアレだからあれだけど、
繊細な心理描写が必要な、良い意味で複雑な役もこなせると思うんです。
男役とか抜きにして、人間の心理を演じられる、感じられる、
そういう役に、そろそろ出会えたらいいな、ってどこかでずーっと思ってる。

でもガルシア君、その真逆を行く、
単細胞な愛しきおバカさんだからさぁ~
何も真逆行かなくても!!
でも2日連続で見たら、「あ、本人楽しんでやれてるのかな?」って、
なんとなく思えてきて、そうしたら、ガルシア軍曹に対する愛おしさが急激にUP。

あの子、めっちゃ可愛い。
もう可愛くって、可愛くって仕方がない。

頭の切れる人はゾロとディエゴが同一人物じゃないか?
って疑ってたりもするのに、ガルシア君ときたら、自分の立場も忘れて・・・

うわぁぁ!!ドン・ディエゴ帰ってきたぁぁぁぁ!!
うわぁぁ!!ゾロ、ものすごく格好良いよぉぉぉ!!
えぇぇぇぇぇ!?!?ドン・ディエゴがゾロだったの!?!?
うわぁぁー俺、ドン・ディエゴ大好き!!!!


ロリータ@となみちゃんが、
「だって、死ぬほど愛していたんだもの。」
とかなんとか、直球な愛の告白をディエゴにしている、その後ろで、
盛大にしっぽ振ってる、大型犬みたいなのが、緒月さんです。

あのね、あのね、僕も好きなの。
ドン・ディエゴがゾロだったなんて、ドン・ディエゴ、ホントにかっこいいね。ね。


ディエゴとロリータがちゅーしてるの見て、
嬉しくて足バタバタさせてんの。
ロリータと同じ、いやそれ以上にディエゴ=ゾロという事実に興奮してらっしゃる。
大人しくしてられないらしい。
マント姿のゾロを、羨望の目で下から上へとずーっと見てるから。
二人が良い雰囲気になってるのに、嬉しくって興奮しちゃって、
空気全く読めてないガルシア君は、THE敵のインディアン@コマちゃんに、
肩掴まれて、
「ほら、行かなきゃ。ここに居ちゃだめだよ。邪魔だから。」
みたいな感じで、連れて行かれる。
それでも嬉しくて、ずーっとディエゴたち見て、喜んでるけど。

そんなに好きか、ゾロが・・・つーか、水夏希が。

とにかく、自信を持ってこれだけは言える。

アホな子ほど可愛い。

ガルシア軍曹、稀に見るアホです。
よって、強烈に可愛いです。

なのにオープニングとフィナーレが、ふっつーに格好良くて、
基本的にギャップに滅法弱い私は、
まんまとアホの罠にハマってるのかもしれません。

で、作品はどーなんだろうね、これ。
いや、まぁ、宝塚的には見れる作品であることは確か。

ただ私、谷先生と感覚合わないんだろーなー
拒否反応を起こすとか、理解できないとか、そういう合わなさじゃなくて、
拒否もしないし、理解もできるけど、響かない。
なんか理数系な感じのする(って言ったら語弊あり?)脚本だな、と。
初見、全然頭に言葉が入ってこなくって!
(あんた、一人ばっかりオペラで追ってて、
 台詞入ってこなかったのそのせいなんじゃないの疑惑)
(えーでもだってさー贔屓さん見るの久々だったんだもーん)
(疑惑でなく、事実。理由、それか)

清水邦夫を引き合いに出したら、谷先生が不憫だけど、
清水邦夫の言葉なんかは、凄く感覚的でスルっと身体に染みるような時があるんだ。
宝塚で清水邦夫作品やられても困るだけだけど、
その感覚で、身体に染みるような言葉。
私はそういう言葉が好き。
オギーの言葉はそっち系だったから好き。
谷先生は、かなーーーーーりそこから遠いところにいるんだと感じた。
だから、響かない。

メンドーサ大佐とか良くわからないんですよ。
ディエゴは、「久しぶりだな!」とか言って嬉々としてメンドーサに握手を求めるのに、
いきなり憎しみ満々で、握手を拒否。
そして、更にいきなり民衆の前でディエゴを陥れる演説。

えぇー最初から怒りMAXなのは、まぁ許すとして(ミーチャとか前例ありだし)、
その理由をちゃんと明らかにしてくださいよー

・インディアンに両親を殺された。
・ロリータが好きなのに、いっつもディエゴが邪魔する。
・だからディエゴ嫌い。しかも、あいつの母ちゃん、いんでぃあんだもん。
・なのに、ディエゴの方が人気もあるんだもん。
・やっぱりディエゴ嫌ーい。

彼の憎しみの理由、この程度にしか読み取れなかったんですよね。
それなのにユミコさんが全開の歌と芝居で、
MAX悪役を表現しようとしていて、なんとかその役も手中に収めようとしていて、
なんていうか、すげぇよ、ユミコさん。さすがだよ。
銀橋での歌とか、鳥肌モノだよ。

ガルシアが真波神父を処刑しようとしてるのも、嫌だ。
あの子、処刑とかしちゃうような、悪役キャラじゃないでしょ?
処刑ったら、人を殺すってことですよ。
それに対してルンルンしちゃうような子は、
私が知ってるガルシア君じゃないっ!!

でも、実際舞台上では、ルンルンしてるんですよー。

ゾロにめっちゃ憧れてるくせして、
プリド家でゾロの正体を暴いて、そこでゾロを殺す。
ってメンドーサが堂々と言ってるのに、
なんかその指示に嬉々としてるし。

そうしたら君の好きなゾロ、
もしかしたら君のせいで死んじゃうかもなんだけど、君それでいいの?

とりあえず、色々、細かいところ、色々、納得はいかない。

でも、稀に見るアホ可愛い人がいるので大丈夫だけど。

あぁもうなんか疲れちゃったよ、書くの。
今日はここまでにしておきますか。
どこまであるのか全くわかりませんが。

あ、これ最後に書いとこう。
忘れちゃいけないから。

プロローグで水さんのソロがあるんですが、
ギター曲とのコラボで、雰囲気あってめっちゃ格好良い。
ここ水さんの、しりが超絶せくしー!!
超格好良い!!尻が!!
下手座ったら、要チェックですよ。
マジで、格好良いから。
あれだって振り自体が、チェックしとけよ!
ってこっちにふってると思う私は変質者ですか。
街中に変質者だって言いふらされちゃいますか?

あ、さゆミミもかわいーぞぉぉーー!!

水5の生脚も必見です@いきなりショーの話
オペラグラスが顔の位置じゃなくて、
脚の、足首の位置で停止します。
うっひょー!ってなりながら、ガン見。

かなめ氏の生脚が見れるのは、4月13日までです。
絶賛公開中。
 | HOME |