納豆まきまき

2009年02月28日
うちの弟(18歳児)が、隣ん家のしー君(3歳児)に、
「ケーキ作ってあげる」と以前約束したらしく、
今日、約束を果たしてた。

立派なショートケーキをホールで作ってましたよ。

私は例外なく、おこぼれに授かり。
しー君ママとも仲良しなので、母、弟、私で隣の家に乗り込みケーキを食す。

うちは、弟が料理人志望なので、弟が料理することは全く珍しいことではなく。
ケーキも頻繁に母が作るので、これも珍しくなく。
よって、私がおこぼれに授かるのも、いつものことですよ。
(え、私、オチか、オチだな、これ。)

しー君ママは、サバっとした雰囲気の美人さんで、
私とは10コぐらい年離れてるのかな?
でもなーんか気軽に話せる。
廊下とかで会ってちょいちょい話したりするのが、私も楽しい。
母とも仲が良い。

隣同士でこーいう付き合いができるのは、良いなぁーっていっつも思うんだよなぁ。

ちなみに、しー君は、納豆マキマキが大好きです。
(納豆巻のことね)

でも、基本、弄ばれてるか

2009年02月28日
く、く、久世さんっっ!

ゆーひさんがトップだってよ!?!?

久世星佳さんへの呼びかけから、始まってしまいました。
いや、私、今はオヅキトーマファンの自分がリアルタイムで進行中だから、
緒月目線のが強いけれど、久世星佳目線の自分も確かに存在する。
大空祐飛が主演男役に就任するって知って、
絶対ワタシ、久世さん目線で喜んだ。感慨深かった。泣けた。

たぶん、そーいうもんなんだわ、タカラヅカ。
「贔屓」と「自分」の目線が同じになっちゃう。
具体的に言うと、
緒月氏目線で見ると、水夏希は、水さん、チカさん。
なんだけど、
久世さん目線で見ると、水しぇん。
なのです。

あと、これ関係ないけど、自分が決定的に緒月氏ファンになってから、
緒月さんの事、ほっっっっっとんど、呼び捨てにしなくなりました。
ヅカファンの立場は、完全に生徒>ファン。
敬う、尊敬する、崇め奉っ・・・ちゃあ~いないけどw、
(ってか、あの人を崇め奉っちゃ、本当にまずいと思う。いや、ファンですけどね。笑)
でも、「>」を実感します。
更に、目線が86期基準なので、上級生は「さん」付けするようになりました、ブログでも。
(読んでて気付いてた人とかいるかなー。)

ののすみを引き連れて、花から宙へ。
宙ファンを思うと辛いけれど、でもゆーひさんの就任は素直に嬉しい。
心からおめでとう!!!!

大空祐飛が、大階段を大きな羽根背負って降りてくる姿を見ることができるんですよね?
ゆーひさんが一番最後に降りてくるんだよね?

・・・うわーー凄いよー(泣)
どうしよぉー久世さん。

1回ぐらい見に行ってくださいね。
ゆーひさん以外に知ってる生徒さんいなくても、1回ぐらい見ようよ。
いや、ホント、マジで。
頑張って久世さんを客席に誘ってください、大空さんも。
んで、出来れば久世さんも見に行ったよ、って隔週記に書こうよ。
面倒じゃなかったらでいいから。
気が向いたらでいいから。

大空祐飛トップ就任の報告を受けた、
久世星佳さんの反応が知りたい。
まぁ、たぶん、喜びつつ、冷静だろうけど。
宙に、せめて、まりえさんが居てくれたら良かったのになー。
まりえさん、元気かな。
元気だろうな。なんとなく。

あと、私の食いつくところは、AQUA5のコンサートですか。
もうちょっと大きな箱でやるか、日程増やすか、どうにかならんとですか?
箱までTBSw
今からチケット取りが不安で仕方ない。
せめて、東西分けようよー。
その方が、西側ファンも東側ファンも納得だよ。ねぇ。
でも、まぁ、

わがまま言っちゃいけません、か。

あると信じていましたが、決まって、本当に嬉しい!!
(・・・そういや6月にコンサートって情報見たことあったなぁー)
確実に1回は参加しなくては、死んでも死にきれん!!
「あくあふぃーる、らら、あくあそーる♪」やるんだ!!
久しぶりにAQUA5として、先輩達と活動できてニコニコするはずのテルを見るんだ。
振りを派手に間違える水しぇんを見るんだ。(間違える前提)
わーい!楽しみだなぁ、6月!

と、行けないということを、全く考えておりません。
そういうレベルの話じゃない。
行くんだから、もう、決まってるんですよ。

と、思ってるファンがいっぱいいるのをわかれ、劇団。
ココこそ!稼ぎどころじゃん。
ファンを弄べ。
喜んで弄ばれるのにね。

あとは、めおみつるのバウ。歌劇1000号イベント。
バウは石田先生かぁ~。
でも同期二人で、楽しそう。
二人とも頑張りどころだ!頑張って欲しい!

1000号イベントは、誰が、っていうか生徒がどこまで出るかによって、
どの程度、興味を持つかが決まるというか。
宝塚の本拠地はやっぱり、宝塚なんですよねー
ニュースでチラっと見る程度に収まるかと。

にしても、みなさん、ホント、フレンドパーク好きですね~
・・・私もダイスキ。(笑)
こうなりゃとことん、弄ばれよ。
ヅカファンなんて、そんなもんだ。

ヒマがあると何してるかって

2009年02月26日
全国のヅカファン、ことさらに雪ファン、ピンポイントでAQUA5ファン、
おんなじことやってると思います。

ヒマさえあれば、フレンドパーク見てるでしょ?

ツボ、ツボ、ツボ・・・・!!!!
の連続で、見返すとまた新たな、
ツボ、ツボ、ツボ・・・
疲労困憊。
ふにゃふにゃになります。

水しぇんを抱きしめるかなめ氏。
抱きしめる前の、

「(ごめんね?私のせいだよね?反省してるよ?)」
「(いいんだよ)(うん)」
「ね?(うん)(抱きしめられて、許しをもらえて、フニャ~)」

またシーソーが、かなめ氏が上から目線になるように傾いてるからねぇ。
かなめ氏、上から目線はポイント。

それとユミコさん。
この人、素がエリオットなんだ!!
素がエリオットって!!(笑)
可愛いっっ

適度な拍手数に安心しました。

2009年02月26日
良かった。
仮に贔屓さんが、フレンドパークに出演したら?記事、
割と楽しんで読んでもらえたみたいで。

いつにも増して妄想炸裂してたから。
いやでも、あんまり、妄想族ではない気がするんですけどね、自分。
あの程度なら、想像でしょ、想像の範囲内。

依然ダンスの公演の制作お手伝いを続けております。
振付家さんが、ちょっと困った時に、
「なっちゃんどう?(見える?感じる?)」って意見を求めてくれるのが、嬉しい。
所詮、仕事も知らない、役立たずだから場合によっては、
名前も覚えてもらえない、会話をすることもない・・・
ってなことも、あり得ると思っていただけに、余計かな。

良いお客さん魂に火が付きます。

制作過程を見られるのは、楽しいよー
作品もオモシロそーだよー
コンテンポラリーだけど、私なんかが見ても、とっつきやすいっていうか、
なんていうか、ポップで、クール。

もしも。

2009年02月25日
いや、もしも、ご贔屓さんがフレンドパークに出場したら・・・
今さっきちょっと考えたら、面白かったんですよね。
ボケ(天然)の部分を、一人でも担えただろうな、と。

壁張り付き得点ゲーム。
緊張と集中のあまり、渡辺副支配人に対して、
タメ口きいちゃったひろみ先生がいますが、贔屓氏なら?
(ひろみちゃんへの先生呼びはこれ、定着するね)
「実際見るのと違うでしょ?」
「(眉間にシワ寄せたまま)ハイ・・・」って呟いて、停止だな。
視線は一点、壁に注がれたまま、必要以上に深刻そうに停止。
『だいじょうぶ?(笑)』
と、その場にいる全ての人の心配を煽る。
本人、心配されているという自覚は全くなく、ただ集中しようとしてるだけ。
みたいな感じですかね。
緊張すると笑うらしいから、笑ってないなら平気なんじゃ?

ライトをタイミングよく止めるゲーム。
キムさん、上からしか落ちてこない光に対して、
「上からですか、下からですか?」
ひろみ先生に尋ねましたが、いや、上しかないからw
これも同じことやりそー。
でも、
「上からですか、下からですか?あ、上しかないか。
と、速攻で低いトーンのセルフツッコミを入れるイメージがありますね。

他のゲームでは、かなめ氏より一段と腰が低く。
「すみません、すみません」を連発。
ただ、テンション上がる、興奮すると「きゃーー」とか高っい声で一人で叫びそう。
シーソー乗ってる途中とか、意味わからんタイミングで叫ぶ。
エアホッケーは叫びどころ満載。
あくまでも妄想。

クイズは「きのこ」ですかね。
「緒月さんはきのこがお好きですね?」
「はい(やっぱり眉間にシワ)」
「どんなところがお好きなんですか?」
「かたちです。(真剣)」
「形が好きなんだ。」「へぇ。」(チカユミが反応)

ダーツは、自分が欲しいもの以外の商品を当てそう。
ダブルベッドとか当てちゃって、他の人が投げてる最中に後ろで、
「キムさん、あげますよ」
「いいよーオヅキ使いなよー」
「いや、家入らないですもん、あんな大きいの」
「あ、そう、そうなの?(笑)」
とかなんとかコソコソ喋る。
人に商品を譲るのは優しさでもあるけれど、譲る理由が現実的。

あー基本、お茶会レポもこの妄想ノリで書いてたんだな、私。
脳内イメージと、実際の記憶とのミックス。

贔屓さんは、私の頭ん中で、常にこんなイメージです。

フレンドパークを夜中に見て

2009年02月24日
夜中の2時、3時に一人でテンション上がりすぎて、
もはや疲れましたよ。
もちろんフレンドパークを見て。

分け隔てがありつつ、分け隔てのない。
バランスの良い5人組を見るのって、こんなにも楽しいのか!!

なんなんだろう、ジャニーズとかもきっとそうだよね。
私がわかる範囲(狭い)だとSMAPとか、嵐とかさ(ギリギリ最低限)、
5人のキャラとバランスが取れてるグループを見てるのは、
例え彼らのファンではなくても、やっぱり楽しい。(私本当に20代前半かな)


役割分担しっかりできてるもんなぁ、AQUA5。
先輩は、例外なく先輩枠入ってるし、
ゆみこさんは、先輩のサポート、副生徒会長、でも女の子w
キムさんは、どこかの運動部の人気者でしょ。
筋肉クイズの時の男前さとか、色々可愛い顔して男前。
ひろみちゃんは、冷静、知的、しかしキュートさも持ち合わせてる先生キャラを確立。
最下のかなめ氏が、上の4人にひょこひょこ絡んでいくことで、
5人の仲の良さを実感。

凰稀かなめが水夏希を抱きしめたよ。
凰稀かなめと水夏希が肩組み合ってたよ。

こんな風に接することができるトップさんや、上級生の元を離れるって、
かなめ氏、一体どんだけ寂しいだろう。
星組でまたいっぱい新たな仲間作るんだぞ。
水先輩たちは絶対、かなめ氏のこと気にかけてくれるはずだ!
稽古姿を見ることはできなくても、舞台に立つ姿を、今度は客席から見て。
ファンもきっと同じ気持ちで星組の客席に座るから。
凰稀かなめの未来に幸あれ。

たった2段の階段につまずく先輩。
気合いで壁から手を離して、ど根性で金貨をゲットする先輩。(くるぶしが)
いや、本当に先輩らしさが、今の雪組らしさです。

一瞬一瞬がツボ過ぎて、もう何がなんやら、状態です。

水先輩が己の意地でゲットした、じょじょえんの焼肉弁当。
みんなで食べて、先輩を褒め称えつつ、連日の稽古を乗り切ってくれたまえ。
凄く遠征したくなってきたんですけどね。
いや、もともとお茶会にあわせてはするつもりだったけど、
2回ぐらいは遠征しちゃいたい気分。
夜行の許可が出れば、ビューンなんだけどなー
チケット持たずにGOだよー

よかったね

2009年02月24日
アハハ
あんず酒ロック一杯で、なんか楽しい気分
変だな
弱っちいワタシ

雪組ダイスキー!!!!
いつも元気とトキメキをありがとー!!
あんたらは私のディズニーランドや

緒月氏もありがとうっ!!
私はあんたの笑顔に結構救われたのー
ちょうど去年の今頃だよね、君愛鏡
めっちゃ落ちてたねん、アタシ
この子ヤバイわーって今思い返すと自分でも思うぐらいガックリでしたねん
そんな時、めっちゃタイプな男役を見て、テンション上げることできました
それだけでも私にとっては救いだったというわけさ

緒月さんはとにかく舞台姿が楽しそうでイイ!!
そこがイイ!!

私も舞台が好きだから、同じように舞台が好きな人が好きぃー

私の見る目にあんまりまちがいはないと思いますよ
一年にどんだけ芝居観てるとおもってんのよ
私が好きな役者さん宝塚に限らずみんなイイ役者さんだもの
つっつんとかダンタさんとか、秋山のなつこさんとか、カンタさんとか、くぜさん、
野田さん・・・は役者としては個性的すぎるかしら~
そんな私が目付けたんだから、好きになったんだから、
緒月遠麻はゼッタイ良い役者、うん、そーなの、ね!
頑張れよ、役付きビミョーなときあってもやさぐれんなよー
信じてっから
デレデレっすよここ最近
どーすんすか、これ

知らん。

あー今日中にはフレンドパーク見れそうにないよー
今日中には家に着きませんね、確実に

美味しいものは最後まで残しておくタイプです

金もないからなんもモノはあげられないけど
ありがとうだけは伝えていきたい
届くのかも知らんけど

野田さんはオリンピックの開会式は任せてって言ってたよ
んなこと言っちゃってバカだねぇーこの人
茂木さんとの対談の時より話を聞いてる時の顔が真剣
古田さんの話に興味あるんだろうな
茂木さんはあれ、野田さんの気持ちとは違う方向に話振ってたもん
野田さんつまんなそうだった
今日は楽しそうだった
よかったね

はやく!

2009年02月23日
早くフレンドパークが見たい。

でもこれから飲み会。
お食事会?
いや、楽しみだけど、こっちも。

古田さんと野田さんの対談も聞いてきましたよ。
面白かったー!

読み直し、て

2009年02月23日

つまり「けがれ」が、人を興奮させる?

・・・ん?あ、荻田浩一??

つまり、死とは「けがれ」どころか
「ありがたいこと」に思えます。
「生と死の交わり、つながり」を教えてくれる、
とても、大切なできごとなんだって。

うん、当てはめられるかもしれないなぁ。
ガッツリ見たオギーのショーって、私は『ソロモンの指輪』だけだけど、
突きつけられるのって、この辺な気がするよ。
なんとなくだけどね。

死にまつわることを、ぜんぶ「様式」に置き換えて、
しっかり「別れられる」ようにしてる。

あと、「様式」って言われて、
まっさきに思い出したのが、歌舞伎かなぁ。

その点、日本人という民族は、
人の死さえも、いや、死であればこそ
とにかく「型」で決めこんで乗り越えていく。

宝塚的に言えば、
ベルばらの型みたいなもんですかね。
ここが揺らぐと、ヤバイぞ、みたいな。

アカデミー賞なんか凄いぞ!で改めて『死を想う』連載、読み直しました。

おぉ~!!

2009年02月23日
おぉぉぉ~!!!!
なんだか、わからないけど、
すごい!!!!

アカデミー賞を受賞したよ、
『おくりびと』が。

じぶん、じいちゃんが死んじゃったとき、
納棺されるとき、何してたかな。寝てたかな。(おい)
もう本当に2年経っちゃった。
ちょうど今ぐらいの時間、私、きっと泣いてた。
外も今日みたいな、雨が降った後みたいだったんじゃないかな。

『おくりびと』は、映画の内容と、
そんなに前のことではなかった自分の記憶とがリンクして、
永遠泣きっぱなしで、涙止まらなくて、
涙で収まりきらなかった水分が、鼻に伝わり、
最終的には鼻水で鼻が詰まってきて、
でもワタクシの鼻が最終段階に入る頃には、映画も良い感じに終盤で、
無神経に鼻をかめる雰囲気な訳もなく、
ただやっぱり涙は止まらなくて、鼻も詰まったままで、
口で息するしかなくて、正直、過呼吸二歩手前ぐらいになりました。

そんな映画です。

ってどんな映画ですか。

確か干し柿を車の中でしゃぶるシーンがあって、
白子のシーンが良く話題に出たりするけど、
あの干し柿のシーンも印象的で、
ってか、白子を食ってた山崎さんのあの部屋は、あれだね。
ジャングルだったよね。生きてたよね。

死を想う』←ここ、読むと面白いですよ。

2/21 スーザンを探して

2009年02月21日
あーーー!!!!もったいない。

2009年2月21日『スーザンを探して』@シアタークリエ

音楽・作詞:ブロンディ
原案・原作:ピーター・マイケル・マリーノ
翻訳・演出・訳詞:G2
出演:保坂知寿/真琴つばさ・香寿たつき(ダブルキャスト)/杜けあき/加藤久仁彦
    吉野圭吾/コング桑田/藤林美沙/馬場徹/山路和弘/他


まず良かった所。
歌。
みんな歌唱力抜群。
曲も良いし、聞き応えあり。
舞台美術もそこそこ雰囲気があって良かった。
盆回りでの舞台転換も、まぁまぁスムーズで。
うちっぱなしの壁も、許容範囲かな。

さて、あとは好き勝手言わせていただこうと思いますので、
隠します、一応。
Read more "2/21 スーザンを探して"

火星府は番宣を見た!

2009年02月21日
びっくりしたーーー

姫のお買い物を見ていたら、
(ブランチではしのえみのコーナーを見ていたら)
CM入って、いきなり、

マリポサのフィナーレ映像出て来て(さんちゃんねるの使いまわし)、

水しぇんがうたばんアンドレ調で叫んでて、

だるまさんがころんだ、してて、

明らかに水夏希さんは動いてて、

でも、顔が真剣極まりなくて(ゆみこさんも)、

なんでそんなに真面目なんだ、かわいいぞ水夏希って感じで、

ビックリしたのっ!あたしッ!

本当にフレンドパークに出るんですね。
元気いっぱいだぜ、AQUA5。
お稽古頑張れ、雪組子。
大好きだぜ、雪組。
TBSに強い、メディア露出激しい雪ファンで幸せかも。
ってか、贔屓がAQUA5って訳じゃないのに、わたし・・・

AQUA5大好きだよね。

今日は、東宝・・・ではなく、その目の前の劇場行きますが、
TBS、HDDに永遠録画していこう。
番宣をゲットするべし。ぴょん。
ブランチは特にいけそうな気がする。

あーそろそろスラダン読むかな。
最近一つだけ単行本を買い続けてるのは、
槇村さとるの『Real Clothes』です。
服はたのしー!!

タイトル特に関係ないっす。
『パイパー』のオモシロかったところ抜粋。

日本アカデミー賞授賞式

2009年02月20日
アサヒのビールCMの声って、あれ堤さんの声だよね?

・・・検索中・・・検索中・・・

はい、正解。
http://www.asahibeer.co.jp/news/2009/0212_1.html
なんだよぉ、山口智子とは別?
同じ商品のCMなのに、二人でビール飲んだりしないの?
二人で飲んでくれたら、1缶ぐらい買うのに。
炭酸ダメだから、ビールも苦手だけど、でも買ったのに。

ってことで、ビールのCMが流れたんですよ、日テレで。
日本アカデミー賞授賞式でしたね。
やったら堤さんが壇上に居た気がするのは気のせいだろうか。
あと、松雪さんと。
松雪さんと堤さんは席が隣同士で、日テレ良くやった、と。
本当に、松雪さんが綺麗で。

堤さんはまた「○リで大変だった。」とか言ってしまい、ハラハラですよ。
ゲ○ではなく、「おなかを下して大変でした。」とかなら、まだ良いのに・・・
ああいう場所での適切な言葉選び、何年経っても堤さんはできないんだろうな。(笑)
こういう場所でハラハラドキドキするのは、もうファンとしてのお約束化。

『クライマーズハイ』も良い映画だったけれど、
『おくりびと』の受賞は納得というか、これは当然だと思う。
本当に、本当に、良い映画だったもんなぁ。
余さんの受賞も嬉しい!
『おくりびと』がなかったら、
『クライマーズハイ』組にも結構受賞は流れたんじゃないだろうか。

とりあえず、ハラハラニヤニヤしながら堤真一を楽しみましたっ。
とにかく、松雪さんとの2ショットが多かったのは、日テレ良くやった、と。

ばーじょんあっぷ。

2009年02月20日
ほぼ日手帳にさしているペンが、本日ほんのりバージョンアップ!

今までは、黒・赤・青・オレンジ・紫・黄緑の6色展開だったのが、
シャープペン+黒・赤・青・オレンジ・紫・黄緑・黄色の8種類展開に!!

名前がチラッと

ゼブラのクリップオンマルチに、ハイテックのコルトのインクを差し替えて。
コルト、水性で乾かない内に触るとインクが滲むけど、
気になるほどでもなく、書きやすいのでお気に入り。

たださ~、今日初めて黄色使ってみたけど、色、オレンジと大差ないわ~(笑)
別の色にしようかな。
ピンクとかなんかその辺。
手帳の中は無駄ににぎやかです。

あ、GRAPHも買ってきました。

・イシちゃん、綺麗だなー
・タムドクの腕の中で息絶えるヨンホゲとか、凄いものを見てしまったような。
・ビジュアル的に凄い。
・霧矢さん、身体のラインがバッチリわかってエロいです。
かねごん!?
・贔屓さん、ラフェスタ映り込み成功。
・しょーどーしょーどーヒゲっ!サイトー!
・この友情はどこまでも~♪宗ちゃんもきましたっ!!
・べ、べ、ベニー!!
・驚愕の格好良さ。
・メイクが良い。はれぼったさを生かすメイク。生きるんだ。
・トークDX、花組の三人、良い意味で二枚目半。
・ってか、壮君の眉毛、あんなことになってたのか。枝毛眉。
・西日暮里にわざわざ行かされた、同じ班の方々に同情。
・しかし、駄菓子屋横丁には激しく心惹かれる。
・知ってる?知ってる?今、うまい棒、10種類食べて、
 味のところ切って貼って応募すると、うまい棒USBが貰えるんだよ!?!?
・卒論の時にさ~企画しろよなぁ~
・あ、卒業に必要な単位はおそらく取れてるっぽいです。
・なんか、タカラジェンヌっぽい服着てるなぁ、オヅキさん。
・タカラジェンヌだから良いのか。
・すずみんが薄い。
・タニさんも大概だけど、更に薄い。相当薄い。
・ラストにホスト登場。

終わり。

あっちいったり、こっちいったり。

2009年02月20日
『ソロモンの指輪』の東京国際映画祭バージョンのDVDが発売されるのは、
もちろん、知っておりましたが、
そこに、あの六本木ライブ映像を完全収録しますか!!

水しぇんの派手なトチリも完全収録ですか??
@たしか、「言葉にできない」

ついでに客席にワラワラと現われた、
雪組子たち(贔屓、引率ハマコも含む)もチラっと、
「あ、映っちゃった(はぁと)」的に映しといてくれれば、
更に完全完璧ですがいかがでしょうか?
映りこむ場合、ハマコさんだけは、思いっきりカメラ目線の笑顔が欲しいですね。
真波さんは、無自覚になんとなく「カメラだぁ~♪」笑う。みたいな感じが良いです。
緒月さんはカメラの存在に気が付きません。

水さんが、へニャって笑うのとか凄い見たい。
へニャっていうか、テヘっていうか、
あ、とっとこ走るよハム太郎って「テヘ☆?」って笑うよね。(関係ない)

『ソロモンの指輪』の映画館バージョンは、
見ていて気持ち悪くなるほど酔っ払うと思うんですが、
でも、本舞台で踊る黒燕尾緒月さん→銀橋を渡る水色キラキラ彩吹さん、
という、ワタシにとっては本当にたまらないアングルがあったのだけは、
強烈に印象に残っているので、絶対に買います。

というか、あのショー大好きだったんだよ。

幕間に声出して泣きたくなるほど、
落ち込むこともあったショーだったけど、
なんか怖くて、切なくて、痛いのに、それでも好きだって思っちゃう自分が怖くて、
『どうしよう』と思って泣き出しそうだったんですが、
でも、やっぱり大好きだった、と。

全体的に考えて、一番好きだったのはジャングルかな。
今でもたまーに曲を聴くけれど、
曲調的にも振り的にも、一番って言っていいぐらい好きな所で、
コケた・・・なんか回りながら一人膝カックンみたいな雰囲気で、
ちっちゃくなりやがった贔屓の姿が忘れられない。
よりによって、コケたの千秋楽で。
曲を聴くたび私の頭の中でコケる某雪86期男役・・・やめれw

にしても、昨日の『パイパー』ボロ泣きだったなぁ。
3列目とかで、思いっきり役者さんの表情がわかる席で、
ワタナベが、過去の食道楽の話をし始めた時、
フォボスが思いっきり嫌悪感、罪悪感に溢れた表情してたりだとか、
「知りたい!!」「なぜ教えてくれないの!?」って叫び続けるダイモスとか、
人の持つ熱量がダイレクトに伝わってきて、
この生々しいエネルギーって、なかなか演劇以外では味わえないと痛感。
「生」のモノが持つエネルギーって凄い。

ダイモス、最後、扉から出て行くとき、ワタナベの事、
なんともいえない表情で見てたんだよなぁ。
憎しみ、軽蔑・・・たしかに含まれるけど、
でも生きようとしたワタナベの気持ちも心のどこかでわかってて、
だけど、そんなのは理解できることではなくて・・・
松たか子は、舞台の上でどんな醜い姿にでもなるよ。
それこそ内側から溢れてくる感情を、嘘もなく、そのまま身体に乗せる。
宮沢りえも同じ。

すごいよなぁ。

コクーンに行く前立ち寄った、ブックファーストで見た『SWITCH』の宮沢りえの写真。
あまりの迫力と美しさに息を呑んだ。
あの美しさを持ちながら、自由に解き放たれた宮沢りえのフォボスが舞台にはいた。

あ、あと最後にさ、GRAPHのDual Roadってコーナーあるじゃないですか。
定期購読者じゃなく贔屓出たときだけ購入者なんで(購読は毎月してるな、立ち読みで)、
間違ってるかもしれないけど、2月号からの新コーナーなんですよね?
あのここで、この時期に
凰稀かなめと緒月遠麻、
取り上げとかなかったら、馬鹿だからね?!

阪急ブックスの方、どうぞよろしく頼みます。

以上。
今日はヒマだから、雨の中GRAPH買いに出かけようかな。
緒月氏、チラっと載ってるから@My School Days

2/19 パイパー

2009年02月20日
新作を楽しむ。
2009年2月19日『パイパー』@シアターコクーン 19:00

作・演出:野田秀樹
出演:松たか子/宮沢りえ/橋爪功/大倉孝二/北村有起哉
小松和重/田中哲司/佐藤江梨子/野田秀樹
コンドルズ(近藤良平/藤田善宏/山本光二郎/鎌倉道彦/橋爪利博/オクダサトシ)
  
1月7日→1回目


「あたしたちの知らないところで、とっくにあたしたちの幸せが決められていて、
 その幸せの終わり方まで決められていたなんて、こんな話があっていいの?」

どうですか?

っていう、作品か、な。
ちゃんと観てれば、これ以上ないほどわかりやすく、
ギリギリまで踏み込んで、叫んでること、
ちゃんとわかるのに、ちゃんと聞こえるのに、
聞こえる自分と、聞こえなかった自分、
半分半分で存在するんだなぁ、私の中にも。

聞こえる自分。
せめて聞こうとする自分を大切にしていかなくちゃいけない。

決められた幸せの値。
パイパー値「0」に逃げ惑う人々の中。
絶望に触れてなお、その場に立つことができる、
立っているだけで良い、でもそういう人間でありたい。
見せかけの「0」に惑わされない。

それが「人間・・・・・・であること。」なんじゃないですか?

ずっとずっとずーーーっと前から、野田秀樹が鳴らしている警報。
昔は注意報だったのに、今は警報を鳴らさなきゃいけなくなっちゃったんだね。

その警報が届かない人もいる。
もちろん届く人もいる。
野田さんは最近良く、「自分のお客さんは良いお客さんだから。」って言う。
これ、ひねくれて、ひねくれて、一転した所から生まれた本心だと思って聞いてる。

野田さんは、
『希望も絶望も、どちらも「絵空事」だ。』
って言ってくれるから、だから私は安心して野田秀樹が好き。
って言えるんだと思う。
なんていうのかなぁ、「絵空事」だけど、そこを踏まえた上で、
でも信じてみてもいいんじゃないかな?って思わせてくれる所が好きなのかな。
野田秀樹はビオランでも、ゲネラールでもない。

ダイモスは鎖骨におはじきが埋め込まれていない、
「知らない」が故の「希望」の存在。
フォボスは「知っている」が故の「絶望」。

骨、骨、頭蓋骨、いずこも同じ、生きるのに用のある物は、消費され、略奪され、
この世から消え、生きるのに用のないものだけがいつまでも残っている、
人間を食う。それでも生きる絶望の世界。
でも生きる。着て、生きる。
人間を食っても人間だよ。
それでも生きる。
痛みも苦しみも知っているけど生きる。

人間・・・・・・であるから。

もう失いかけているかもしれないけど、
それでも、完全に消し去らないで生きることを、人間であることを続けませんか?
っていう、問いかけじゃないかな。
一回ゼロに戻さないと、どうにもなりそうもない。っていう絶望が野田さんの中にあって、
だからあんな表現になるんだと思う。

でもリワインド、0まで巻き戻された火星、
その30年後「希望」、ダイモスは、花の咲く火星を歩き始め、
ペールギュントも帰ってくる。
これだけえぐっても、えぐった心に、別の暖かさを持たせようとする。
深く優しい。
深く冷たいけれど。

フォボスの「行くの?行けるの?」がお母さんみたいに暖かくて、
優しくて、ダイモスの全部を包んでくれたみたいだった。
ダイモスもその姉の想いに応えた。
フォボスとダイモスが抱き合う場面は、お互いのお互いに対する愛情というか、
今までの全ての想いがギュッと詰まってた。

ここで反発し合っていた、フォボス(絶望)とダイモス(希望)が解り合えるのは、
フォボスが希望を信じて、ダイモスが絶望を知ったからだと思う。
母の死者のおはじきに触れたから。

フォボス、ダイモス、たいていこの二人のどちらかにだったけれど、
もの凄い感情移入して観ていたせいか、終わってドッと疲れた。
ダイモスの母が、人間を口まで運んで、左手が右手を止めるまで・・・
なんだか同じように硬直して、緊張してしまったような気がするよ。
松さんが息を抜いた所で、同時に息を抜いた。ふうー

あ~結局ビオランが支配していた世界から、
ただ、ゲネラールの世界に、金星に言われるがまま、動いただけなんだなぁ。
火星人たちが金星へ、我先にと向おうとするのだって、
結局「0」っていう数値を信じ込む、その呪縛から逃れていないからであって、
特別金星のゲネラールが正しいわけでもない。
野田さんのゲネラールが胡散臭くてたまらなかったのは、そのせいか。
もちろん、ビオランのあの熱し過ぎた感じも同様。
危ない、危ない。

今回、たくさんの出演者がそういう大衆を表すのに一役買っていたって訳だ。
ビジュアルとしてもわかり易く、一人ひとりが本気だから、感情面でもより、リアルに。

もう、ここまで自分の中で観て感じたら、別に回数見る必要ないや。
これでおーしまい。
野田さん、カーテンコールの最後、
一人でお辞儀する時、「ありがとうございました。」って呟いた。
せわしない感じでお辞儀するんだけど、「ありがとうございました。」って。
いいえ、本当に本当に、こちらこそ、
ありがとうございました。
一緒に、火星まで行けちゃったもん、今日は。
骨伝道の死者のおはじきも、一緒に体感。
だから、やめられない。

今日見て思ったこと、感じたこと、忘れないように。
鎖骨のおはじきに記録、記憶。

台なしだっての

2009年02月18日
お気に入りのコート着て、オシャレって訳でもないけど、
それなりに気も抜いてはいない格好で家を出たのに・・・



やっべ(汗)
手、シャケ臭っっ



お昼ご飯におにぎり作って持ってこうと思って、
昨日の残りの焼き鮭、めんどくさいから手で解体したらこの有様だよ。
髪は彩吹真央なロクシタンの香りがしても、手、鮭じゃ全て台なし。

ワタクシただ今、演劇の・・・っていうか、
ダンスの公演の制作ボランティアみたいな事やっております。
稽古場に居てただ見てる時間がほとんどですけどね。
でも作られて行く過程が見れるのは為になると思うし、楽しいかなー。
ほんのり木俣冬さん気分で。

何作かボランティアに入る公演は選べたけど、この作品で良かったんじゃないかな。
って気は凄いする。私の勘はきっと正しいのだ。と、信じるのだ。

この公演のダンサー兼振付家さんが振付した外部の公演を何本か見ていて、
名前の字面だけは覚えてた。
公演のアクセントになってて、ポップで凄い面白い振りだったので!
覚えてた、っていうのは、私にとって印象に残ってたってことで、
普段、気にもならないスタッフさんとかの名前を覚えたりってことはないかな。

タイ人と日本人とのコラボ公演で身体の違いとか、持ってる雰囲気の違いとか、
見てて面白いし、振りもオモシロカッコイイし、興味があれば見に来ていただきたい♪
検索で引っ掛かりたくないので、詳細はたぶんブログには書かないけど。(笑)

思わず見とれた

2009年02月17日
電車に乗ってたら、向いにすっごい綺麗なお姉さんが!

上品。
物凄い綺麗なのに嫌みのない顔。
松雪泰子と秋山菜津子を7:3で一般人にした感じ☆
パーティーとかなんかセレブな催しに行くのかな。
黒でまとめた服装もほどよくドレッシーで素敵。











でも巣鴨で降りられました。

まったりなナウオン

2009年02月17日
うわ~『忘れ雪』ナウオン細かく聞くと更に面白い。
かなめちゃんが、ナチュラルに緒月氏に対して冷たいのとか、素過ぎて、素敵。
2箇所だけ抜粋。

○「ここ見て欲しい、気になる!って場面ある?」の問いに、

 緒月「あれ、あの・・・これやってる人。(パペットを動かす仕草。)」
 音月「あははっっ!!(笑)」
 凰稀「ナニソレ。(冷)(声低)
 緒月「えっ、わんちゃん・・・

キムさんの明るい笑い声に隠れて、テルキタってましたよ。
で、緒月さんナチュラルに弱いですよw
んで、二人とも声ちっちゃい。

○クロス代役=梓晴輝

 舞羽「お稽古場って映像がなかったので、凄い上級生の方に、
     あの犬としてやっていただいて~・・・(申し訳なさそーに)」
 緒月「あずりん?
 舞羽「そうなんですっ!」
 一同「すっごい楽しそうだったよねー」
    「すっごい上手かったよねー」
 凰稀「表情がずごくいいもんー」
 音月「実際は映像で犬が出るんですけど~・・・」
 緒月「(↑キムさんが必死に視聴者に説明しようとしてるのに、
     勝手に隣のみなこちゃんに)楽しんでたんだよね!?
 愛原「(笑)」
 緒月「(笑)」

キムさんが、説明しようとしてるのに、邪魔をするな。勝手に喋るな。(笑)
クロス代役を嬉々として演じるあずりん。
犬っぽい、犬っぽい!最高に可愛い犬っぽい、あずりん!!
しっぽ振ってるの、目に見える。
あーあずりんのクロス、見たかったぁ~!

ガールズトークに乱入する緒月氏とかも、いいですよ。
キムテルは確実にAQUA5で距離が縮まったんだろうなー。
テルが、良い感じに敬語じゃなくなる瞬間とかがあって、ほっこりする。

このナウオン好き。
なんだか極めて雪組っぽい気がする。
まったり、まったり、ほっこり、と。

時差

2009年02月16日
時差ありで『忘れ雪』ナウオンだとか、稽古風景だとかを見て、
キャーキャーしておりました、祖母宅で。

緒月氏は舞台で見ると普通にガタイ良いけど、
実際は、なぜかジェンヌらしく普通に華奢で、
そこに稽古着としての黒スーツ+メガネで、
「お前みたいな偽善者を見てるとへどが出る。」
って言われると、ダメだー。楽しい。
宗ちゃんブーム再び。

宗ちゃんはひとまずここで置いておいて、あの、がおり君。

あなたキノコのTシャツ着てませんでした?

がおちゃんと緒月さんって仲良いのかね。気になったわーとにかくキノコが。
緒月氏と真波氏、二人でニコニコ話してる姿も印象的。
この先、リサと3人で強くガッチリ、雪組の中堅を担ってくれ。85期と共に。
でも、その前にそれぞれ新たな道を進む3人を、気持ち良く送り出そう!

他、ぼーっと、スカステでエルアルコンとかも見つつ過ごしてきた訳ですが、
人生本当にタイミング良くできてるよね。
まぁ普通に考えて一番の楽しみ所は、ティリアンがギルダを口説く所でしょ。

キタキター!!

ってワクワク見てたら、このシーンに限って、ばぁちゃんが部屋に。

なぜ?(笑)

今まで一人で思う存分ニヤニヤしていた分、
物凄いテンションダウン、ガッカリですよ!!

はぁ、全く、一番のラブシーン潰された。

では、これからボランティア活動してきまーす。
これについてはちょっとブログでも触れられたらいいな、と。
チケット買って、見に来ていただければな、と。(笑)
面白そうな雰囲気は凄くするので~

今月っ

2009年02月14日
今月中に『ピランデッロのヘンリー四世』と、『夜の来訪者』は見たい!

見よう!

メモ書き更新!

口述試験と言う名の雑談のその後

2009年02月13日
口述試験の後は18時~新宿でゼミ一緒だった子達と飲み会。

・・・私、11時からの試験だったんだけどね。

家に帰るのもしゃくだし、ここはずっとやってみたかった一人カラオケに挑戦。

うん、慣れてしまえば時間潰しに最適だわ。

この間まで入ってなかった『シラユキ』が入ってたよー!
『シラユキ』が入ってたよー!!(大切なので2回)

満足。

2時間一人で歌って新宿に移動。
まだ15時前だったけどね。

マルイ、伊勢丹、ルミネ、一通りひやかす。

春トレンチが欲しいの!

アダムエロペのアウターはどうやら私の体型に、
肩幅やら着丈、色々と合うようで、着たら綺麗に形が出て嬉しい。
あぁ、買うなら、あのトレンチ。
裏地が可愛い。可愛いよ、裏地。さりげなくマリンなんだよ。
いっつも裏地が可愛いんだよ、この店。

一通り冷やかしたら18時になりました。
飲み放題で一人一品づつ頼んで2100円っていう驚くべき安さの居酒屋で、
女9人ワイワイと。女子大なんでね。
飲み放題も、種類が豊富で楽しかったー!

何より楽しいのは、うちの学部、コースの子達だけど。
オタクからミス日本候補生まで、幅広く取り揃えております。
私は陽月華に代表されるヅカオタク担当です、もちろん。
ウメのヅカオタっぷりが本当に愛おしい。

だけど、それ以上に、紫苑ゆうの宝塚に対する愛に感謝してる。
きっとシメさんが、宝塚とファンを繋ぎ続けてくれる。
気持ち悪い事言ってるかもしれないけど、シメさんと同じぐらいの愛を、
私たちファンも宝塚に大して注ぐことができれば、きっと宝塚は永遠なんですよ。
シメさんが掲げる「宝塚」という夢の手助けを・・・
ってか夢の一部に私らファンもなることができれば。
ファンも「清く、正しく、美しく」なんだよなぁ。

Graziaとか、再会レポートとか読んじゃうとダメですね、本当。
ヅカファン全開になる。

明日はバレンタインデーらしいですが、
これからじいちゃんの三回忌の為、祖母宅へ。
じいちゃんにチョコ買ってこうかなー。仏壇に置く。

早いな~・・・

卒業ももうすぐ!

2009年02月13日
卒論の口述試験も無事しゅーりょー!!
口述試験は先生との世間話で終わるとふんでいたので、
全く緊張も何もなかったけれども。
結局卒論のコピーすら持って行かなかったけれども。

卒論の内容やら、野田秀樹について聞かれても、
たいていの事ならサラっと答えられるだろう。
自分の知識を他の人と比べっこすることはできないけれど、
でも私、おそらくオタクだもの。
野田オタクか・・・あぁ、なんか普通に嫌だな。

鏡に映る世界のような二重に広がる世界。

私が取り上げた3作品、共通して、相反する世界が存在。
先生がそこに突っ込んだ。

「んー野田さんって、鏡好きなんですよ。好きなんだと思います。だからです。」
「やっぱ、そうだよねぇ?」

盛り上がる。

なんで『鏡』なんだろうなぁ。
対称とかそういう所から、思考回路が生まれてるんじゃないかな。
『半神』とかも双子の話だし、色々と他にもあるでしょう。

激しい誤字脱字もなかったし、文章もわかりやすく書けてるし、
言いたい事もまとまってる。
学校に保存しておきたいとも言ってくださり感謝、感謝。
後輩が野田秀樹について卒論書きたいってなった時、
私のアレが一つの参考になるのかー。
チョット嬉しい。
学校に保存するなら製本料返してくれないかなー。
チョット所じゃなく卑しい。

私が卒論で書いたことは、今まで朧げに頭の中で考えてきた事。
野田さんの作品に出会ってから、見てから、私が感じて、考えてきた色々。
その色々を文字にしてみたら、
進む先が自然に定まって、書くことが苦ではなくなった。

それまでの貯蓄があったから1ヶ月かからず書き上がったんだと思うわ。

野田秀樹とのお付き合いは、私かあっちどちらかが死ぬまで続くといいですね。

ダイバーの日本人キャストバージョンが楽しそうですよね。
『救命病棟24時』見て、改めて渡辺いっけいの演技は神だと思ったので、
生でいっけいさん見れるの嬉し~♪
他キャストは、大竹しのぶ、北村有起哉、野田秀樹だっけかな。
いいですよね、手堅くて。

結局、すっごい楽しみかも。

2009年02月12日
チャリ(@20代女子なのに青いマウンテンバイク。普通の自転車パンクして直してない)
を飛ばしてドンキから、ロフトへ。ドンキは全く使えなかった!
写真そのままなのは心もとない。味気ない。
かと言って、ラミネーターもございませんので、
フィルムみたいなのを買って、自作ポケカレをカバー。

カッコイイな。

所詮自己満足ですが、満足できればそれでいい。
私自作緒月ポケカレ。
欲しい方いらっしゃいましたら、私に会った時、
直接「ください。」って言ってください。差し上げます。
ちゃっちいけどね、カレンダー部分とか特に。
あ、なんなら、キャトルに勝手に置くか。
売れると思うんだけどなぁーコレ。(笑)

で、ロフトうろうろしてたらさ、また16時過ぎたよ、16時ドキドキね、最近。

愛原実花がトップ娘役就任だって!?

あの、正直に色々書きますね。
正直、微妙~!!
私、みなこちゃんは大好きです。
基本的に演技できる子は男、女関係なく、みんな好きで、
愛原実花もそのうちの一人だから。
『忘れ雪』キムさんとの「先生を誰にも渡したくなかった・・・!!」の絡みは、
あれ、宝塚レベルを超えた演技だったと思ってるし、
みなこちゃんは容姿うんぬん言われる子だけど、私は可愛いと思ってる。
ただ、となみちゃんよりも丸いだけで。顔が。
だけど、かわいーよー!
スタイルも良いんだってー!

でもね、でもね、

彼女は、娘1の芸風ですか??

宝塚レベルを超えてしまう娘1。
うーん、うーん。
水夏希の相手役としての愛原実花。
まだ、ゆみこさんのが想像つくかな、私は。
うーん、うーん?

みなこちゃんが好きだから、みなこちゃんには別格娘役ポジに就いてもらって、
脇から雪組の娘役演技を支えて欲しかった。
トップ娘役になるってことは、退団の時期が明確に迫っていることを実感すること。
私は、愛原実花が好きなんですよ。

だから微妙。

でも、やっぱり好きだから頑張って欲しい
次、魔女だもん、魔法使いと魔女だもん。バッチリだよ。
なんだかんだ言っても、自組から娘1が出るのは組ファンとして嬉しいことだし、
そもそも娘1をきちんと置いてくれたことに安心だし(ここを心配させるな、劇団)、
結局、楽しみ
水×みなこのガッツリ芝居って、いいなぁ~♪
見ごたえありそう。
あれ、書いてたら段々不安より楽しみが増してきたよ。

お気楽に生きよう~
陽気に生きよう~
逆らってもしかたない~
ありのままを受け入れて~
楽しめるだけ、楽しもう~OH♪OH♪OH~♪

ってことで、星組・雪組さん共にラインアップも発表。

星組は噂通り「ぺ」ですね。
もはや、共通で「ぺ」なのがいいよな。
かなめ氏、頑張れの「ぺⅡ」
めっちゃ応援するから!!な「ぺⅡ」
ちえねねのお披露目も、お祝いです。

ウチの組には、大野君とサイトー君がセットでやってきました!!
大野君いらっしゃい~!!
そしてそして、やっとショーがきたぁぁぁ!!
サイトー君のショーって、ドリキン以来ですか?もしかして。
私、宝塚のラテンって好きなんだと思う。
踊れ、雪組子達よ。
黒塗りの水しぇんに、熱く煽られたら最高だな。
熱い(見た目)ネロ。
いいね、いいね。
ラテンなら黒塗りは堅いでしょう。贔屓の黒塗りも楽しみ!

あ~なんか、色々とワクワクします。
ワクワクできるのは、いいことだ~

やるからには、本気。

2009年02月12日
ヒマ人、やりましたよ。
発売日より、2日早いけど、作りましたよ。

ポケカレ。(笑)

「なつさんが作るのであれば、私にも譲ってください。(笑)
 結構本気で。」


的な、拍手コメをいただき、それを読んだ瞬間、ヒマ人魂に火が付きました。
『アルバトロス、南へ』を見つつ、聞きつつ、作りましたよ!
未来優希さんの超絶な男役姿に震撼しつつ、作りましたよ!

ハマコ超格好良い!!

いやいやいや・・・
愛するほぼ日手帳を肌身離さず持ち歩いている私は、
そもそもカレンダー自体に全く興味がなく、
作るつもりもさらさら無かったけれど、言われたからには、やってやる、と。
ぶっちゃけ、販売されるのより、写真のチョイスは良い。と思う。
私、この写真、一番好きかも知れないんだ。
本物よりサイズは小さめですが、でも悪くはない。

我ながらよーやる

頑張りの片鱗だけ載せておきます。
全貌は企業秘密です。
私、企業じゃないけど。

ラミネートはさすがにしないと思いますが、
固めのケースに入れようかな。
丁度いいものを探しに、ドンキか、ロフトにでも、これからふらっと。(本気)

カイジ!!

2009年02月12日
明日・・・っていうか、12日、今日だったら見に行けたのに休演日。

森山開次、見たかったのにっ!!

悔しいなぁ。

右奥歯でモノを噛みたい

2009年02月11日
最近、右の奥歯でモノを噛んでないなぁー
グッ!といくと、キュっと染みるんですよねぇ。
激痛ではなく、微痛。

あぁ、そういや銀歯剥がれたまま放置してたんだった。

ちょっと古い、って言っても一日二日前の白米を食べたら、
おもいっきり乾燥した米が奥歯の銀歯部分にジャストヒット。
で、噛んで、歯を引き上げる際にくっついて、銀歯の銀部分ごと引き抜いたんだった。
米の力。

その後、一発ガリっと剥がれた銀を噛んだ。

幸い飲み込みはせず、そのまま歯医者に持って行って、
再びハメてもらおうと思ったら事件発生。

「ちょっとなっちゃん、どんな力で噛んだのよ?
歪んで歯型と合わなくなってるわよ?」
「噛んだぐらいじゃ歪まないはずなのになぁ。」

しらないよーー。

でもまたその銀歯を上手いことつけてもらったのかな?
しかし時間をおかず再度、同じ方法で銀歯が剥がれ(乾燥した米は食うな)、
なんか銀歯なくても日常生活支障なさそうだったから、それ以降ほって置いた。

もうほってから大分経つよ?一年は経つ?

無意識に右奥歯で固いもの染みるものを噛むのは避けてたかも。
そろそろ、それ、やめたい。
歯医者さん行こ~

拍手レス

2009年02月11日
もう自分で作りますか、ポケカレ。
いや、でも、そこまでして欲しくはない。っていう事実。(笑)
贔屓がどうこうっていうより、
ポケットカレンダーという商品そのものに対しての思い。

拍手レスまいりまーす!!
2/6~以降。
今日11日だから、かなり早いですよw

拍手&拍手コメントいつもたくさん、ありがとうございます!!
Read more "拍手レス"

レーズンパン、読売演劇大賞。

2009年02月11日
朝起きて、レーズンパン食べて、
(↑そういえば最近レーズンパンが食べれるようになった)、
withとかのんびり読みながら、猛烈にHDDの整理をして、
弟(高校卒業後、就職して料理人になるらしい)がつくった、
野菜たっぷり肉抜きになりかけた焼きそばをお昼ご飯として食べ、
食べつつ、録画してあった中村屋ドキュメントを見、
それからまたwith読んで、
「今年の春は、マカロンカラーとか言われてる淡めのパステルカラーが流行りなのかな~」
「綺麗だけど、基本的に膨張色だよなぁ~無理~」
とか、うだうだしつつ、引き続きHDDの整理をしていたら、

出掛けなきゃいけない時間になってた!!
ビックリだよ!!


幸い、化粧はばっちりしてあったので、
着替えれば即家を出れる状態。
予定の時間には間に合ったけど、ビックリした。

のんびりし過ぎた。

あ、今更ですが、いち演劇ファンとして、
読売演劇大賞には触れておきましょう。

第16回 読売演劇大賞

毎年2月の頭に発表かな。
リンクも貼りましたが、コピペもしてしまえ↓

◆大賞・最優秀作品賞=「焼肉ドラゴン」(新国立劇場)
◆最優秀男優賞=平 幹二朗
  同女優賞=宮沢りえ
  同演出家賞=サイモン・マクバーニー
  同スタッフ賞=謝 珠栄
◆杉村春子賞=中村勘太郎
◆芸術栄誉賞=TPT
◆選考委員特別賞=中村吉右衛門

◇優秀作品賞=「春琴」「スカーレット・ピンパーネル」「表と裏と、その向こう」「人形の家」
◇同男優賞=市村正親、小林勝也、申哲振
◇同女優賞=市原悦子、高秀喜、深津絵里、吉行和子
◇同演出家賞=鵜山仁、千葉哲也、前川知大、梁正雄・鄭義
◇同スタッフ賞=今村力、太田雅公、奥秀太郎、中川隆一


まずは勘太郎、おめでとう!!
中村勘太郎は私が芝居を見続ける限り、見続けたいと思っている歌舞伎役者。
読売演劇大賞内の新人賞である、杉村春子賞。
「これから、きっともっと良い役者になると思うよ。」
って言ってもらえたみたいで、私も嬉しい。
んで、私も、勘太郎はこれからもっと良い役者になると思ってる。

ヅカファンとして、
『スカーレットピンパーネル』が優秀作品賞を受賞したことが、本当に嬉しい。
(ネバセイも受賞してたかな?)
安蘭けいが、星組が、宝塚がこうやって認められる。
確かにスカピン初見のあの感動って、去年見た芝居の中でも特筆すべきものだったわ。
ただ回数見ると、粗が見えてくるようなところがあったけどw
でも本当に感動した。
宝塚好きになって良かった!って心から思えた、スカピン。

『春琴』は当然です。
演出家賞のサイモンも当然。
絶対、再演見に行った方が良い。
少しでも興味を持てるなら絶対に。
興味がなくても、なるべく。
演劇でしか見れないモノ。演劇でしか感じられないモノ。
いっぱいいっぱい詰まった作品だったから。

深っちゃんも杉村春子賞の候補に選ばれたらしいけれど、
深津絵里はもはや新人賞に値する女優ではない。
最優秀女優賞を狙う女優。
みたいな理由で、勘太郎の受賞が決まったらしい。
うん、納得。

『人形の家』の優秀作品賞、宮沢りえの最優秀女優賞も納得。

大体毎年、作品賞に選ばれる作品の半分ぐらい見てる気がする。
今回は『人形の家』、『スカーレットピンパーネル』、『春琴』。
半分ぐらい新国立とかのマイナーな方面に行くので、そっち方面を見ていないんだなぁ。

スタッフ賞の奥秀太郎さんは、
映像を使った舞台では必ずと言っていいほど名前を見かける人で、
宝塚もその例外でなく。
舞台で使われる映像、ってなると今、この奥秀太郎さんの独占状態なんじゃ?

つっつんは、良い演技してるのに、
演劇関係の賞はなかなか受賞しないんだよなぁw
映画は凄いけど。
なんとなく、わかる気もするけどね。
でもちょっと寂しい。

ってな所で、読売演劇大賞についてでした!

本当はベタなこと、やりたくなかったんだ。でも、こんなの関係なく応援するよ。

2009年02月09日
えー、いきますよー
何、いくかってのは、ここ読んでくださいねー

ガーーーンΣ(゚ロ゚;)!!!!

次いこう、次!!
 | HOME | Next »