FC2ブログ

Oggiですみません

2008年12月27日
水さんの自然な笑顔につられてOggi購入。
ウチのトップさん素敵でホントすみません。

あぁいう感じで、普通の女性誌な感じで、一冊丸々宝塚な雑誌作って欲しいわ。

歌劇とか、いつの時代を見ても、ほんのりと古めかしく、
ほんのりどころじゃなく、確実に有り得ない場合すらあるのが、
もう宝塚らしくて良いっちゃ良いんだけど、
だから一般から一歩引かれるんだよねぇ、きっと。
やっぱあの世界は夢だし、ファンとしても、
もっとたくさんの人に見てほしいって思うんだけどな。

Oggiのあの水さんの写真見て引く人は世の中に、なかなかいないと思う。

ってか特集で、一人、好きなジェンヌに真波そらを挙げてる人がいて、ウケた。

ウケて良いところだと思うんだけどな。ダメかな。

良かったね!まゆちゃん!

DAIGO研究の成果確実に表れてるわー
バウの南、本当、ありったけの力を間違った方向に出さないように頑張って!
いきなり芝居開眼するのも、真波そら的には全然ありだよ。

いきなりっていうのがなんか真波氏っぽい気がするから。
スポンサーサイト



12/26 あれから

2008年12月27日
あれからこれからそれから
2008年12月26日『あれから』@世田谷パブリックシアター

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:余貴美子/高橋ひとみ/萩原聖人/岩佐真悠子/柄本佑/金井勇太/赤堀雅秋
    村上大樹/三上真史(D-BOYS)/植木夏十/山西惇/渡辺いっけい/高橋克実


あーやっぱ、ケラさん好きだなぁ。
そう思いたいっていうのもあるかもだけど、
良いテンションで、今年に見納めができたと思う。

荒唐無稽さとか、訳わかんないナンセンスってヤツ的な感じとか、
全然なくって、ノリは、演出してきた海外戯曲に近いと思う。
『ヴァージニアウルフ~』とか、『どん底』とか。
人の些細な感情の揺れを追っていく感じ。
でも、ケラさんが元々持ってるセンスというか、そのセンスを発揮させると、
ケラさんっぽい笑いに繋がっていくんだろうな。
12mの落とし穴とかね。
どうやって上がってきたんだよ、パゴ、おまえ。

出演者からイメージされる通り、落ち着いた良い舞台。

余さんといっけいさんが夫婦。
高橋さんと、克実さんが夫婦。
で余さんと高橋さんが学生時代の親友同士で、
萩原さん演じる教師に二人して恋してて、ちょっとした確執もあり、
お互い夫婦同氏でゴタゴタもあり、
お互いそれを隠しつつ、ごまかしつつ、でも知っていて、
知ってるのバレちゃまずいから、隠す。で、気まずさも感じ・・・

みたいな、微妙な揺れがあちらこちらに存在するお話で、
その一人一人の揺れに迫っていく感じがなんとも、面白い。
当然のごとく休憩込みで3時間の舞台だったけど、飽きなかった。
なんでだろ?
そんなにたくさん笑えた訳じゃないのに、
ちっちゃい伏線がいっぱい張ってあって、それを拾っていくのが面白かったからかもな。

いっけいさんが、自分の会社の製品に固執する背景も理解できるし、
そのせいで生まれた弟との溝とか、妻や子供との溝。

そうそう、役者さんの名前で全部書いちゃってるけど、
役名がそれぞれ可愛かった。
パゴパゴスとかw、ミラとか、モナミとか、トトとか、なんか、っぽい名前がいっぱい。
(↑こう聞こえた、ってだけで間違ってるかもです)

結局二組の夫婦が色々絡みあって、
離婚の危機とかも訪れるんだけど、
根っこにあった後ろめたさとか、色んな問題に逃げずに向き合って、二人で解決しよう。
みたいなところに話が落ち着いた。

二組の夫婦が散歩に出て、
それぞれの道を手を繋いで歩いていくラストは、なかなか良い。
綺麗なラスト。

舞台美術が凄く良いんだもん。
あと照明と。
相変わらず場面と場面を繋ぐ曲も格好良いし。

二組の夫婦を演じる4人が、良い演技するだろうな、っていうのは、
当然のごとく予想の範囲内でしたが、
山西さんが凄く良い~!
余さんと高橋さん、共通の学生時代の友人。
で、ミラ=高橋さんのことがずっと好きなの。

唐突な告白とか笑えたし、ってか、間とか、もう全体的に上手いぞ。
今まで割りと変な役をやっている所しか見たことがなかったので、
この器用な上手さに驚いてしまった。

野田さんがキルの初演の時かな?
山西さんに対するコメントで、
「顔がよければ堤になれたのにね。」
って言ってたのを思い出した。
なるほど。
こんなに出来る人だったんだ。

こういう山西さんもっと見たいな~って素直に思った。

飽きずに「面白いなー面白いなー」と思って、
舞台を見ていられたことが嬉しい。
今年最後に一本だし。

12月は、ここにも良い役者さん達がいました。

12月いろんな劇場を回れば(回りきったわけじゃないけど)、
日本の演劇界の中心にいる役者さん達が見れた気がしたなぁ。
新国立、PARCO、紀伊國屋、日生、世田谷・・・
もう、錚々たるメンバーですよ。
歌舞伎座も面白かったし!

あ、学生時代に一人の男を奪い合った親友同士。
って関係に、『水曜日の情事』を見ました、ひとり。
お互いに隠し事がある雰囲気とか、何十年ぶりに会ったとか、
どことなく、あいと操を感じさせて・・・
って、亭主寝取るとかはなかったけどw、
まぁでもそういう浮気はそこかしこで起きる話だったし。

思い返してみれば『カメレオンズ・リップ』とかは、
ここに至るためのちょい失敗作だったりしたのかもしれないなぁ。
良く覚えてなかったりもするけど、
あれは、張られたと思った伏線が全くいきてこなかったりもして、
「え?なんだったの?」が残る舞台だったような。

で、伏線とかストーリーとか無視しまくったのが『労働者M』。

外部演出とか、ナイロンの公演とか、健康の復活公演とかで、
真面目ぶったり、更にどうでも良いことやったり、真面目ぶらずにマジで真面目だったり、
毎回言うけど確実に一つ一つの作品がケラさんの中に生きているような気がする。

まだもうちょっと進化しそうだな。
どこまでケラさんが行くのか楽しみ。

12/26 ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち~

2008年12月27日
らかーじゅ

2008年12月26日『ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち~』@日生劇場

出演: 鹿賀丈史/市村正親/島谷ひとみ/山崎育三郎/香寿たつき/新納慎也
    真島茂樹/今井清隆/森公美子 他
演出:山田和也


いや~
市村正親のザザに惚れるっ。
あの人、可愛いっ。

あ、この人がこうやって舞台に立ってる姿を、
こうして見ることができるのは、同じ時代を生きる観客だからこそで、
それって凄く幸せなことなんだな。

一幕の最後、市村ザザが歌う姿を見て、強く思った。
こうやってその瞬間にその人達に出会えたことに感謝できる舞台は、
どんな内容の舞台でも、本当に良い舞台なんじゃないかなー。

市村正親に会えて幸せ!

って思えたから、それだけでも良い舞台だったと思う。

あとは、

ニイロさんの美脚

でしょ。
いや、ラインダンス等でニイロ氏の脚を見ないで何を見るのか。
他に見るべきものがあるのか。(あるかもしれない)
私はなかったと思う。(あるかもしれなかったのに)

あのゲイっぽいイケメンに、あの脚、あのスタイル。

新納慎也(と彼の脚)が見たくて、このラカージュを見に行ったような所がある、実は。
クリエでの音二郎以来、ニイロさんのブログを読んでいて、
で、彼のブログは文章も面白いし、楽しい。
仕事に賭ける思いとかも伝わってくるし、自然とニイロさん好きになる。

で、そのニイロ氏が、
「絶対に見て欲しい。」
と叫び続けていたのが、ラカージュだった。

鹿賀さんと市村さんの共演だし、
開幕してからの評判ももの凄く良いし、
土壇場でチケット取って、見ることにした。

んー本当に見に行って良かったよねぇ。

ミュージカルって楽しいな、と。
というか、私、自分もお客さんだけど、
お客さんの姿とか、拍手に一番ウルっときたかもしれない。

カーテンコールの拍手。
久々にあぁいう拍手を聞いた。

他にも曲中の手拍子。
ここで!ってところで、みんなが手を叩き始める。
あ、みんなが楽しんでるんだな。
って舞台上も客席も、一緒に思いを共有できる瞬間が確かにあった。

そういうのってやっぱりミュージカルならではな部分もあると思うし、
日生劇場に響き渡る拍手の音にめちゃくちゃ感動した。

やっぱり、拍手には気持ちが宿るなぁ。
色んな劇場で色んな拍手を聞くけれど、
本当にどの拍手も音が違う。
ラカージュは心地良い興奮や楽しさに溢れた元気な音がした。

正直、ストレートプレイで見る市村さんに、ここまでの魅力を感じたことはなくて。
制御が効かないというか、どうしても役より市村正親が前に出てくるというか、
あの独特の暑苦しさが、ストレートの中では個人的には苦手かな。
『ライフ・イン・ザ・シアター』とか『ヴェニスの商人』とか、あんまりね。

でも、『スウィーニー・トッド』の時とかは、
役がそれなりに濃かったせいか、
暑苦しさが抑えられて、上手く役の怖さとか不気味さに繋がってるように感じた。
「制御できれば、やっぱり凄く良い役者さんだなぁ~」
とか生意気にも思って、
で、ザザ。

役の濃さと、市村さんの濃さが、マッチした。(笑)

あそこまで濃い役じゃないと市村さんの個性って良い意味で消えないのかも?
濃さ×濃さで他の人には絶対出せない、市村正親だけの魅力に。

ショーに出る前、マスカラを中心に、
化粧していく姿とか、拗ねる姿、男らしく振舞う姿・・・
みーんなチャーミングで可愛く見えた。不思議と。

そういう濃い市村さんを、また違った存在感の濃さで支えられるのが鹿賀さん。
なぜかわからないけど、男同士だけど、納得のカップルに見えちゃう。
愛し合ってるのがわかるのが嬉しい。
良いコンビなんだなぁ。

がっかりした。というか、この先のミュージカル界ってどうなるんだろう。
と思わせる、息子や娘たち。
島谷ひとみは、終演してもあれが誰だったのかわからなくて、
人に聞いてやっと、「あぁ」って感じ。
顔はすっごく可愛い!
でも、ごめんなさい、それだけ。
歌も歌えても、舞台上で魅力を感じない。
あくまでも「舞台」って空間の中でね。
歌手・島谷ひとみのこと、知らないから、私は。

息子役の山崎君は、やっぱり顔、甘いイケメンで、
歌も上手いし、きっと期待の星なんだろうな?的な雰囲気も感じるけど、
喋った瞬間に、「おっと~?!(笑)」って感じ。
いいのかな?あれで。
演技でボンボンなんじゃなくて、
どんな役を演じるにしても、多少の変化はあるにせよ、
でも全部あんな感じになっちゃう人なんじゃないかな。
違うかな?
いいのかな。

「全部あんな感じ」

って言ったら、ぶっちゃけ鹿賀さんだって、市村さんだって、
大竹しのぶだって(ここでいきなり大竹しのぶ出しちゃったよ)そうなんなだけどさ、
全部同じでも良いやって思わせるだけの、
オーラや説得力がある人たちだと思うの、こういう人達は。

それがなかったら、コロコロ器用に色を変えるしかないと思う。
それか、イケメンの波に乗るか。

私がわかる範囲だと、あとタータンさん。
おせっかいな感じとか、ミーハーさ、でもちょっとしたセレブ感、
なんだか良くわからない役だったけど(笑)、上手く雰囲気出してたと思う。
でも顔、化粧?髪型あれでいいのか?(髪型は役としてはバッチリ)
でも顔をスタイルと姿勢の良さとそこはかとなく漂うオーラで、
ちゃらに出来ちゃうところが元ジェンヌっぽいよ。
『オレステス』では普通に美女だったのになぁーw
タータンさんが、良くわからない。
でも、女役キーで歌が上手くて羨ましい。(久世ファン目線か)

森くみさんは、出てくるだけで色んな意味で破壊力抜群。
ミュージカルって幻想の中に、カチっとキャラがハマる人だ。体格も含め。
なんかちょっとアニメの世界みたいな、現実じゃない、
ちょっと別の世界、って感じが、森くみさんが出ることで強まる気がする。

といことで、楽しかった『ラ・カージュ・オ・フォール』。
そもそも話の中心がゲイのカップルで、
ちょっと普通とされる所からは離れていて、
クラブでのショーの独特の男にしか出せない力強さと、女らしさと、妖しい色気と・・・
あのカンカンは男じゃないとできませんよね。激しい。(笑)

全てを超えて、
今を楽しく真剣に生きよう。
っていうメッセージにも溢れている。

でもそんなメッセージすら超えて、
とにかく、単純におもっしろいミュージカルでした!
あ、曲も凄く良い。

12月は良い夫婦の芝居

2008年12月27日
26日が観劇おさめかなー

昼にラカージュ見て、夜は『あれから』見てきました。

12月は夫婦の月だったような気がする。
『舞台は夢』、『グットナイトスリイプタイト』、『ラ・カージュ・オ・フォール』、『あれから』。
ゲイのカップルも含め、色々な夫婦の形が。
パラプリとかも無理矢理入れてもいいかも。

ラカージュもあれからも面白かった!

明日バイトなんで、感想は後々。
 | HOME |