FC2ブログ

5/16 朝に死す

2008年05月16日
2008年5月16日『朝に死す』@シアタートラム

[作]清水邦夫
[演出]扇田拓也(ヒンドゥー五千回)
[出演]久世星佳/鈴木浩介/福士惠二


久世ファン的にも、作品的にも当たりです。

作品の感想の前に、ちょっと良いかな。
姐さんファンとして、そしてかつての月組ファンとして、
姐さんの隔週記読むと、あの下級生の事しか浮かんでこないんだ。

おっちょん~!!
赤ちゃん誕生、おめでとう!!!!


今日久世さんがなんだか、ほっこりして、幸せそうだったのは、
成瀬ベビーの力だったのかなぁ。なんて思う。
凄く良い感じに演技してましたよ、姐さんは。楽しそうだった。
(ベビー誕生は成瀬以外に思い浮かばないんですが、成瀬じゃなかったらごめんなさいです。)

シアタートラムで上演中の『日本語を読む~リーディング形式による上演~』。
久世姐が出演するのはうち3作品。
今日は出演2作品目の『朝に死す』。
私さ、やっぱり、

清水邦夫の戯曲が好きですよ。

熱いんだけど、繊細で、脆い。
熱気と弱さが入り混じっているような所が凄く好き。
今月、清水邦夫月間にしちゃおうかな。
久世さん出ないけど、
リーディングのラスト、『ぼくらが非情の大河をくだる時』も聞きたくなってきた。
あともちろん『わが魂は輝く水なり』も見て。

演出の扇田さんもそんなような事を言っていたけど、
清水邦夫と同世代の人たちは、私たちの世代にはない共通感覚を持った世代なんだろう。
野田さんより上の世代、『タンゴ・冬の終わりに』の幻の観客たちが持っていた、
あの熱気と不安が清水さんたちの世代の共通感覚なんだと思う。

単純に「憧れる」とは言えないけれど、なぜか惹かれる。
ちょっと懐かしい?

切ないし、不安なんだけど、その振り幅で気持ちがグンと高揚するっていうか。
なんかそうなんだよ、清水さんの戯曲って。
時代がぎゅって詰まってる感じがするんだ。
時代の匂いとかがぎゅって。

ラスト、『朝に死す』ってタイトルだし、
清水邦夫だし、当然二人は死ぬんだろうなと思って見ていたから、
拳銃の音にも驚きもしなかったし、くるべき時がきた。ぐらいの気持ちで見ていたんだけど、
でも待ち受けていた、逃れられない「死」を感じて、
その反対側にあった「若さ」みたいなものも感じて、
それこそ時代の匂いを感じて、胸が締め付けられた。

あの匂いはね、『タンゴ・冬の終わりに』の匂いと同じ。

途中使われた「握手」って言葉とかでも、
ふとタンゴ~を思い出して、なんとも言えない気持ちになった。
タンゴよりも、使われる言葉は粗っぽかったけど、
でも同じ人が書いた戯曲だなってのは、わかる気がする。
伝わってくる核、魂が同じ。

あ~もう本当に清水戯曲が好きだー・・・

消えちゃう前の輝きとか、手には掴めない輝きとか、
すっごくすっごく綺麗なのに、捉えられないんですよ。
死んじゃったり、逃げて行っちゃったりするの。
そこがいいんだけど。

ここでやっぱり『タンゴ・冬の終わりに』を思い出すんだな、私は。
大好きな舞台はいっぱいあるけれど、
私の中で一番って言ったら『タンゴ・冬の終わりに』なのかもしれない。

良い戯曲に、小気味良い演出、その中にいる久世星佳。
ファンとしてはたまらないです。
主にやり取りするのが、鈴木さんだったのも大きいんだろうな。
久世さんもやり易そうだったし、同じように鈴木さんもやり易そうだった。

三つ置かれた重厚な机と椅子。
鈴木さんが下手。姐さんは上手。
ト書きを読む福士さんが中央の椅子に座る。

クールそうに見えるだけで、実はすっごいわかり易い人だと思う、久世さんって。
感情が表に出る出る。
今日も座る前の表情を見ただけで、「あ、役に入ってる~。」ってのがわかった。
手も震えてなさそうだったしねw

座ったとたんに、鈴木さんに向けて睨みを効かす姐さん。
・・・だから私はこういう目をするから、久世星佳のファンなんだってば。
睨むにも色々あるけれど、あの睨みは自分を守る為の睨み。
弱さを隠すため、威嚇しているようだった。
目つきが鋭く見えるほど、その一方にある弱さが際立つ。
私はホント、久世さんのファンになって良かった。何も間違ってない。

前回は割りと中性的な部分が強いリーディングだったから、
今日は、
「女で出てきて欲しいなぁ~。髪とか下ろしててくれるとすっごい嬉しいんだけどな~」
と見る前に淡い期待を寄せていたんだけど、ビンゴ。
下ろした髪に花柄のワンピース。キタ。
見た目は女性だけど、性格的にはちょっと乱暴?な役。
ますますビンゴ。
しかも歌まで歌う。
この人の伸ばした声が消え入る寸前が、たまらなく好き、私w

長く続くコンクリートの壁。
その壁の前に二人の男女。
男は女をおぶっている。
女は左足に銃で受けた傷をおっている。
男を狙った銃弾が女に当たったらしい。
そのおかげで男の命は助かったので、
見ず知らずの女ではあるが、見捨てる訳にもいかない。
男は追われ、女は恋人に振られ、互いに行くあてもない。
遠くから聞こえてくるのは野良犬の鳴き声。
二人の前にあるのは、ひんやりとしたコンクリートの壁。
ただそれだけ。

ほら、これだけでなんかいいもんね。
絶対に二人は壁から逃れることができないんですよ。

リーディングと言う形式ではあるものの、前回と比べると、
役者同士がコミュニケーションをとっている率が凄く高かった。
これは目をつぶって聞いたら面白くなくなるリーディングかもしれない。
久世さんと鈴木さん、二人とも表情豊かに、お互いを見ながら芝居してたから。
上手いからさ、二人とも。
上手いから、聞いていても面白いんだろうね。
ちなみに、演出の扇田さんは二人に、こうしたいという道筋を伝えただけで、
細かい演技は久世・鈴木、両人がお互いを感じつつ造っていったものだという。
稽古期間は2日。
やっぱり強いんじゃないかな~、シスの役者さんは。

キッとしたり、時に柔らかくなったりする久世さんの表情を見てるだけでも、
ファンとしては楽しかった。

ト書きを読む人(=イメージとして清水邦夫)を置くことが、演出の見せ場だった。
これがまた面白かったんだ。
「クスクスと笑う」
「沈黙」
とか色々細かい指示がト書きに書かれていたらしいんだけど、
最初はその指示に従っていた役者二人が、テンション上がっちゃって暴走しだして、
そのト書きを無視し始める。うざったいからって、ト書きまで二人が読み始めちゃう。
イライラするト書きを読む人。

そしてまたテンションが上がっていく様子が、
若い二人の男女が、壁から逃れられる希望を語る姿に重なっていく。
「バスに乗りましょう!!」「人がたくさん居るところに!!」
「そこで歓迎を受けるんだ!!」「行こう!!」「どこまでも走れば良い!!」
ト書きは完璧無視。二人でどこまでも行ける。
二人の顔が希望で満ち溢れた時に、その瞬間は訪れる。

ト書きを読む人が銃を握り、二人に向けて引き金をひいた。

あっけなく二人の希望は消えた。

ト書きを読む人が、男を追っていた謎の人物でもあり、
また指示に従わない役者に怒りを示す劇作家(演出家?)本人でもあった。
ト書きを無視されてそこに怒る様子は、コミカルでもあったのに、
その延長で突然訪れた死。
希望が一番熱く語られていた時に、真逆の出来事が起きる、そのギャップ。
このギャップは、演劇として、とても心地良い。
芝居を見る醍醐味みたいな感覚だったと思う。

こういう瞬間が訪れる舞台に、久世星佳が出ていると、私は本当に嬉しい。
久世さん好きになって良かった、って改めて思う。
久世さん見るたびに、あの声が好き、あの角度のあの表情が好き、あの目が好き、
色んな好きが蘇ってくる、そんな感覚も含めて、ファン。
これだから、ファンやめられないんだよなぁ。
男だった時代もw、そして女に戻った今も、性別越えて好きでいられる人って、
今の時点ではこの人だけだから、そういう意味でちょっとだけ特別な人かもしれない。

カーテンコールでは、すっごく良い笑顔でした、姐さん。
楽しかったんだろうな。
また日曜日にあの笑顔を見に行こう。楽しみだ。

あ、客席に扇田昭彦さんがいたんですけど、
演出の扇田拓也さんとは関係あるんですかねー。
スポンサーサイト



この祈り、天まで届け!!

2008年05月16日
むむむ。
最近生まれて初めてブランド物の財布が欲しいと思った。
GUCCIのジョイコレクション?
なんか良くわかんないけど、
あの風車とかバッグに付いちゃってるのと同系のお財布。

めっちゃ可愛いんだよーあれー

まずバッグがツボ直撃なんですよー
で、その財布。
今日実物手にとって見てみたけど、良かったなぁ。
でも狙ってたブラウンはどうやら全国完売で、ガックリ。
残る色はブラックかイエロー。

デザインは好み。
でももう第一希望の色はない。
でもでもデザインは文句なし。
しかし、色が。

迷う。
二つ折りだったらブラウンも在庫があった。
でも長財布な気分なんですよ。
迷う。
色も妥協せず、また運命の財布に巡り会うときを待つべきか否か。
迷う。
追加生産の予定はないとGUCCIのお姉さん言っていた。
迷う。

って、迷っても買うお金ないじゃんね。
あーもう!空からお金が降ってきますように・・・!!

5/15 黎明の風/Passion 愛の旅

2008年05月16日
ウメ待ってるぞー

2008年5月15日『黎明の風/Passion 愛の旅』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら

4月17日→1回目
4月24日→2回目
5月3日→3回目
5月8日→4回目


平日の夜公演だけど、立ち見もいっぱいだ!!

今日がきっとmy楽。
宝塚の舞台の上のマリエッタさんと、さよならする日だ。
ありがとう、美郷真也~!!
大好きだよー!!

という日なんだけど、今日はユーちゃんさんばっかり見てしまった。
汝鳥伶、本当に凄い。
良い役者さんだ、本当に本当に良い役者さんです。

私はイシちゃんの白州がまず好き。
従順ならざる唯一の日本人。
無鉄砲に見えて、実は深く物事を考え、捉え、
その考えを実行に移す行動力も兼ねそろえている。

この轟悠の白州次郎の後ろには、汝鳥伶の吉田茂がいた。
二人ともお互いの立場をわきまえた、頭の良い人たち。

吉田が動けない分、発言できない分を、白州が補っていたんだね。
吉田茂には首相という揺らいではならない立場がある。
そこを理解しているから、次郎が縦横無尽に動くんだ。
吉田が言いたくても言えない事を、次郎が言う。
二人の間には、強い信頼関係があったんだろう。

その信頼を汝鳥伶は抑えた演技の中で確実に見せてくれた。
次郎を見つめる目。そして、時折見せる背中。
汝鳥伶を、吉田茂を見ていればわかる。
必ず思いは伝わってくるから。

汝鳥伶っていう本物の役者が居る宝塚歌劇団。
やっぱり、良いと思うな、宝塚って良い。

マリエさんがいなくなるのは、本当に寂しいよぉ。
私がこう思っているから余計にそう聞こえたのかもしれないけど、
イシちゃんが、今まで以上に想いを込めて、
空港での台詞を言ってくれているような気がした。
役を超えて、というか、素に戻ってというかw、
轟悠から美郷真也へ贈る言葉。そんな風に聞こえた。
肩をグッと掴む、その温度も、熱い、イシちゃん。
イシちゃんのあの台詞は、ファンみんなの思いでもあるんだよ。
代弁してくれる台詞だから・・・そこにたくさんの想いを込めてくれる轟悠に感謝だ。
ありがとう、イシちゃん。

最後のほうは、美郷真也の男役をこの目に焼き付けて・・・
そうそう「具体的な指示を!!」って台詞、好きなんだよね。
事態を重くみているからこそ、その中で最善を尽くす、最短距離を行く台詞。
あの時の近藤さん、格好良いな、っていつも思ってたよ。
腕カバーしてるのが、らしくて、そこも好きだったよ。
写真撮られるのに、モジモジしてる所も好きだった。
ったく、良い男役なのにな~もっと居て欲しかったのにな~絶対幸せに・・・

ショーは、ここにきて、蓮水に戻ってきましたよ。
りく→大→りく/大→大・・・ときて、蓮水ゆうや、みたいな。
宙は私、ちーと、大が気になるかも。
ちーちゃんは、なんか男役が大好きな、
ハートフルな凰稀かなめを見ているような気分になる。
(言っておきますが、凰稀かなめも大好きです。)
あのサッパリとした綺麗でアクのない顔立ちが好き。

あ~宙組の水兵4人組さん達は、去年と比べると、
みーんな顔が男役っぽくなってるんだな~。@おとめ参照
ちーと、カチャは特にかも。
水兵4人組じゃないけど、GOは変わってないな、あんまりw

とりあえず、蓮水ゆうやが好きです、たぶん。
ちーと大をくっつけといて欲しい、個人的には。

あとここに来て轟悠さん!!
なんか、どこかの表情にもの凄くツボったんだよな、私。
どこだろう、オリエンタル~な場面かな。

轟悠さんの、傷ついた表情が見たいです。
すっごい好きで仕方がないのにその想いは報われず、切なさに途方にくれる。
みたいな、そんな轟悠が激しく見たい!と思ったんですが、なぜですかね。
どこの場面の表情を見て、こう思ったんだろう?
まず、誰かを好きなことを全開にしている轟悠が見たい。
大人の雰囲気で、好きを全開に出して欲しい。
目で語れるでしょ、轟悠ならできる!!
で、その状態から振られて欲しい
振られて、孤独にポツンとしてて欲しい。

あんな硬質で綺麗な人がだね、心空っぽにして、寂しそうにポツンとそこに佇んでいたら、
母性本能全開になる。
そう、そうだよ、どうしてツボったって、母性本能をくすぐられたからだ。
私、轟悠が母って言ってもギリギリおかしくないぐらいの年だけど、
どこかで必ず『イシちゃん可愛い』って思う一瞬があるんですよ。
そこを突かれたんだな、今日は。
ビックリした。「え?」って。

今日はやっとやっと全体を見ることができた。
宙組生も段々とだけど、
最後列からオペラなしでも見分けがつくようになってきたのが嬉しい。

このショー、プロローグ特に好きだなぁ。

いきなりトドタニのデュエダンに話は飛ぶけど、
タニちゃんのカツラ、毎回、私的にはイマイチなんだよなぁ。
一番良かったのが、貸切公演の時のブラウンのカツラかな。
ショートに髪飾りは、髪飾り違いで2バージョン見たと思う。
あとは今日の変形ショートカツラ。
なんかちっちゃくクルクル渦巻いてて、
クルクル一つ一つにパールかなんかが飾られてたんだけど、
クルクルはつむじというものを総シカトしていて、なんだか収まりが悪かった。
中性的過ぎるんだよー。
そこが良い!って言う人もいるだろうけど、私はあの場面、完璧に女に見えていいと思う。
そしてやっぱりあの総刺繍のドレスは、篠井英介だ。
手袋まで篠井さんっぽい。

予想以上にお気に入りショーになった、Passion愛の旅。
やはり、私はショー好き人間だなぁー。
宝塚は芝居より、ショーが好き。
 | HOME |