拍手レス

2008年03月31日
3月も終ってしまうよー!!
ということで、拍手レス第4弾。

第一弾第二弾第三弾はこちらより。

★assamさん★
うひょー、元々久世ファンで、現オヅキファンですか!
どんぴしゃですね。コメントありがとうございます。
ブログをお読みいただいてもわかる通り、
オヅキ熱がUPする一方で、自分でも途方にくれつつ・・・しかし楽しんでもいますw
オールバックが似合う男役。
私も結局そこかもしれません。いいですよねぇー。
あ、でも久世さんにしてもオヅキにしても、
心を感じさせる演技をしてくれる所が好きです。
それも、ただ優しい心だけでなく、わっるい方もいけちゃいそうなところがw

緒月遠麻に関しては、更に加熱していくかと思われますがw、
よろしければ、見捨てず、また覗いてやってください。
オヅキについて語れる人が周りにいないので、語れたら余計に嬉しいです。(笑)

★ぶるぶるさん★
ヅカネタがいくら多くなっても、
私が野田ファンであることは絶対に変わりようがありません!
そこだけは信じてください!!
って、こんな熱弁振るわれても・・・って感じですよねwスミマセン。
コメントありがとうございました。

最近、『さらば、わが愛 覇王別姫』のパンフレットに、
蜷川×野田の対談が載っていた事を知りました。
覇王別姫見に行ったのに、パンフレット買ってない!!
プチショック。
覇王別姫が最高に面白ければ買ったのになぁ。
今度コクーンに行く機会があったら、バックナンバーがあるかどうか聞いてみようかと。

野田さんは東京芸術劇場の芸術監督になりますし、色々と期待が尽きませんね!
彼の作る舞台に大きな影響を受けて、それで今の私がいます。
これからも、野田秀樹追っかけます。
宝塚話はちょいちょい読み飛ばしていただくとして(笑)、是非また遊びに来たくださいね~

★しま子さん★
レスが追いつかないまま、2回ほどコメントを。
ありがとうございます!

>最近会に入ったことで崩壊中です。

いや~私も本気でヤバイんですけど、どうしたらいいんでしょう。(笑)
確かに贔屓を同じくする人とだったら、何時間でも語れそうですよねぇ。それは魅力的。
あと実は総見とかにも興味あったり。
一度、普通に見に行ってとうこ会の総見とかぶったことが!
あれは、傍から見ると怖ろしくもありましたが、でもとっても面白かったです。
何より、安蘭けいが嬉しそうで。

たぶん、そのうち「手紙出しちゃったよ」とか、ブログに書くと思うんで、
その時はまたよろしくお願いします。
って、何をだろう~(笑)
とにかく、よろしくです。

★ふゆさん★
初めまして!コメントありがとうございます。
私もやっぱり映像で久世星佳おち、なんですよね。
歯がゆいですよね、
「こんなに好きなのに、もう絶対男役の久世は見られない!!」っていうのは。
だけど、この人が居たからこそ、宝塚にハマった自分がいるんですよねぇ。
運命です。(笑)

女優・久世星佳。
男役・久世星佳と基本の魅力は全く変わっていないと断言できます。
「この人のファンで良かったな。」と思える演技を見せてくれますよ!
ふゆさんが、女優・久世星佳を見ることができる機会に恵まれますよーに。

★ぱこさん★
おっ、久世&野田&天海の奇妙に関連したトライアングル好き+同い年。
なんかそれだけで嬉しいですw
コメントありがとうございます。

この3人繋がりそうで、繋がらない3人ですよねぇ。

久世-野田-事務所が一緒(だった)
久世-天海-組が一緒
野田-天海-共演経験あり

だけど3人一緒だと、どうも繋がらない。
いや、特別繋げたい訳でもないんですけどねw

またどうぞ気になる記事でもありましたら気軽にコメントしてやってくださいね~♪

★みちとりさん★
名前を改められる前にも一度コメントをいただいておりました。
あのアレです、身毒見に行って、ホームで品川さんに会っちゃった。っていうw
さすがに藤原竜也に会ったらぶったまげますが、
アンサンブルさんとかは、普通に電車通勤なんだろうなぁ。

品川さん、マスクして、ベンチコートみたいなコート着て、
一瞬、仕事何してるかわからない怪しい人だったんですが、
良く見たら、品川さんでした。
気づかれない程度になんとなーく横目で確認して、それから友達と、
「品川さんだったねー」「早いわ~」「客と一緒w」と会話を交わしw

そしてドリキン、サイトーの耳でサイトーファンですか!

思わずPC画面に向って、「そこかっ!!」とツッコミましたよ。
ツッコませてくださいよ。(笑)
いやでも、私もどうぶつ奇想天外の天海氏の耳にワクワクしたので、
もしかしたら同じ血が混じってるのかもなぁーちょっとイヤだなぁーw
でも私もサイトー君、嫌いじゃないですよ。

★NIKEさん★
『労働者M』キッカケで・・・。
んーこれ、本当に訳のわからない舞台でしたよねぇ。(笑)
でも堤さんが出ている手前、わからなさすら受け入れて楽しんでしまおう。
という気満々で見ていたような覚えがあります。
そうしたら、自分なりに面白がれる部分を見つけられた舞台でした。

堤さん、今年は12月まで舞台がありませんが、
でもえっらい豪華なんでね。我慢してろよ、ファン。ってことでしょうか。(笑)

野田さんたちと同じく、堤真一もずーっと私が好きでいるだろう人です。
話題にのぼることは少なくとも、愛情は持ち続けているはずなので、
ヅカネタに懲りず、よろしければまた覗いてやってくださいねー
コメントありがとうございました。

★あきこさん★
コメントありがとうございました。
最近、宝塚に突っ走っておりますが、
それでも野田さんや蜷川さんに対する想いっていうのは、
自分の中で変わっていないと思います。

野田さんは、なんていうか、ただただ追いかけていたい人、というか、
難しいのですが、でもずっと私にとって憧れの人なんだと思います。
この人が居たことで変われた自分というのが、確かにあって、
その変われた自分が愛おしいんですよね。
演出家と観客、という関係であっても、出会えて良かったと思える人です。
野田さんの舞台と出会った後の自分の方が、それまでの自分より好きなんです。

蜷川さんの舞台は、挑発されに見に行ってるようなところがあります。
「売られた喧嘩は買いますよ?」っていう気分になるんですよねw、なぜか。
稀に圧倒的なエネルギーを見せ付けられると、
「キーッ!70過ぎのじじいに負けてたまるかー!!」と良い意味で反発できるというか。
そんな気持ちになれるところが好きです、蜷川幸雄。

野田さんと同年代の方からコメントいただけて、嬉しかったです。
演劇やネットを通じて、普段の生活では出会わない方と出会う事ができ、
そこでコミュニケーションをとれる事が、私にとって大きな喜びになります。
なんだか不思議な出会いだったりするんですが、
趣味が同じというだけで、世代を超えて話ができるというのが、楽しくって!
またコメントいただけたら嬉しいです!
ありがとうございましたっ。

と、言うことで今日はここまでで。
レスのスピードが追いついていなくて、申し訳ない!
でもコメント楽しく読ませていただいてます。

みなさん、ありがとうございました!

夢を理解した。

2008年03月31日
どうぶつ奇想天外!!
いや~もう、天海氏かーわーいーいー♪

つーか、ドリキンサイトーか!!馬鹿爆)
(※3人の夢、参照。)

ドリキンの耳を見ても、ワタシ別にテンション上がらなかったけど、
あーアホだなぁ、サイトーくんとかしか思わなかったけどw
天海祐希の耳はテンション上がるんだ。
あぁ、そういうことなのか、サイトー。
なんか初めて君のこと、理解できたかもしれない。

小さな画面に映るゆりちゃんの表情も見逃せない。
カエルにカエルが食べられちゃう時の「なぬ!?」って顔。
天海っぽいなぁ、この表情は。
黙ってれば、豊かな表情をしなければ、とびきりの美人なのに、
そこが自然に崩れるから天海祐希が好きなんですよ。ま、崩れたって美人。

つーか、さくらってタレントさん、凰稀かなめに似てない?

あぁ、またヅカネタに行ってしまった。
今の私の必然。

ガレッジが割りと好意的にゆりちゃんに絡んでくれたのも良かったな。
ゴリ・かわちゃん、ありがとー。

ちなみに感謝祭はまだ見てません。
だってアレ、長すぎ。
でもチラチラ見ていた印象として、結構チラッと天海氏を映してくれることが多かったので、
CMだけ飛ばして、全部録画かなぁ。

Around40、いよいよ始動ですな。
んー、4月ドラマが決定したと知ってから、ここまで早かったな。
『SPSP』ももうすぐですよ。ビックリだ。楽しみだ。

ハマコへの愛を語り、それから。

2008年03月30日
FC入ろっかなぁ~・・・

ハマコの。

って、またあぶねっ!!
ハマコじゃなくて、未来優希じゃなくて、緒月遠麻だよ!!
もう楽、まさに今現在楽上演中だから、もうスタッフさんらに話しかけて入会。
って方法は取れないな。
今まで話しかける機会は何十回とあったわけだけど、いや~無理っしょ!!
ワタシ、シャイだからね!!
だけど、この方法が取れないとなると、手紙!?
いや~・・・(照)

昨日の記事を書いて、改めて自分の中で君愛・鏡について振り返ってみたんだけれど、
私、たぶん、情緒不安定さを一番ハマコに救われてたんですよ。
もちろんオヅキが楽しそうに嬉しそうに、そして格好良く舞台に居てくれることにも、
たくさんの元気を貰ったけれど、
でもそれ以上に、ハマコがデカかった。

舞台に対する愛情がハマコはいつも全開なんだ。

2階の果てにいても飛んでくる。そりゃもう、もの凄い勢いでw

私は観ることで舞台に対する愛情を全開にするタイプで、
ハマコは舞台に立つことで愛情を全開にするタイプでしょ。

立場は違えど、同じものを同じように「好きだ!」って叫んでくれることが、
心から嬉しかったんだ。
そうやって嬉しさを感じられることに私は救われた。
オヅキも同じだけど、その点ではオヅキよりハマコのが凄い。

そりゃ悩みますよ、若干情緒不安定になりますよ。
みんなも悩んでるの知ってる。
シューショク活動って、悩んで、自分と向き合ってこそ意味がある!
みたいなものじゃない?
だから悩んでること自体は、通過点として捉えられるけど、
でもやっぱり苦しいもんは、苦しいでしょ。
先がわからないわけだし。

そこをね、ハマコが、とりあえず好きなモノは好き。って言っときなよ。
って元気付けてくれたんだよ。
11回観て、毎回そうだった、あなたは。

まぁ、そのエネルギーがとてつもなさ過ぎて、
感謝の気持ちを突き抜けちゃって、最終的に笑えるんだけどね。
大爆笑っすよ。

スキスキ、ハマコ大好き~!!(爆笑)

みたいな。
昨日も、その良く読むヅカブログさんのハマコ記事読んで爆笑し、
爆笑し過ぎてのけぞり返ったら、後ろの壁に頭ぶつけましたよ、アタシ。
ゴツンいいました、マジで。

未来優希への愛を語りました。
でもFCは入りたいと思うのは、オヅキなんだ。
ゴメンよ、ハマコ。
しかし、そんなこと気にしないよな?
私とあなた、ある意味一番両思いだからさw

FCは入りたくないなぁ、とは頭の片隅では思ってるんだけど、
でも久世星佳の現役時代にファンできてたら、私、久世さんのFC入ったと思うんだ。
むしろ入りたかったんだ。
久世星佳ってタカラジェンヌが一番好きなんだっていう、その意思表示がしたかったのかな。
オヅキもその辺まで気持ちが行きそうなヤツなので、
後々「入らなかった」という後悔はしたくない。

さ、どこまで堕ちるかな、私。(笑)
直接の知り合いで、このブログを読んでくれてる、みなさん。
私が日比谷の町で、同じ服着て、立ったり座ったりしてても、まぁ気にしないでよね。

ハマコとオヅキ。

2008年03月29日
あっぶねー。
良く読むヅカブログさんで、過去のハマコの記事をしみじみと読んでいたら、
ゆりちゃんが出る、オールスター感謝祭の録画予約を忘れるところだったよ。

いや~・・・
ハマコ恐るべしっ!!

なんでハマコの記事を読んでいたんだろうね、私は。
しかもところどころで爆笑しながら。
緒月や水が好きなはずなのに、なんか「ハマコっ!」って思ってしまう、ぢぶん。あぁ。

私は、宝塚の「同期」って関係がツボに入るんですよ。
だからミズとハマコが同期ってのも、ワクワクするし、
テルとキタロウが同期ってのにも、当然ワクワクするんですよ。

なんていうか、お互い信頼し合いながら、一つの舞台を一緒に作り上げてる、
その宝塚にしかない、青春っぽさ・・・いやっぽさではなく、あれ青春ですね。が好きなんだ。
まぁこういっちゃ夢もへったくれもないし、
宝塚って世界では当たり前の事だけど、
平均して30前後のいい歳した大人が、
毎日毎日、仲間に会って、喋って、一緒に演技して、歌って、踊って・・・って、
この環境はどう考えても特殊なんですよ。

緒月のファンになって、緒月は高3合格だってことも知ったから、
逆算すれば簡単に年齢もわかるわけだけど、どうしてもその年に見えませんよね。
つくづく、人は環境で変わるものなんだと思うよ。
宝塚は本当に青春だよなぁ・・・
少しばかり他の人たちより期間が長くなった青春だよ。

私も気持ちの上ではいつまでも青春していようと思うけど、
(って、なんかクサイ文章で嫌だなぁw)
でも、立場上はそうも言ってられなくなってくる訳でしょ。
いまちょうどその境目にいるんだ。

でも宝塚って世界ではその境目がもう少し先に設定されてる。
いい歳した大人たちが、真剣に「夢」を創る。

私がこの時期に宝塚に猛烈にハマって、猛烈に憧れるのは、
もしや失うのが寂しいからなのか?
失った分を無意識に宝塚で穴埋めしようとしてる?
・・・ちょっと、それはどうかと思うなぁ。(笑)

さて同期話に戻る。

今回久々に、TOP STAGEを買った。
段田安則のインタビューに魅力を感じたのが、真面目に購入理由の一つ。
段田さんの「上手く流されている感じ」や「ニュートラルさ」がやっぱり好きだなぁ、と思えた。
『二人の約束』の時期も、個人的に感情の落差が激しい時期だったけど、
「段田さんの演技見たら、心が落ち着くような気がする。」
となぜか見る前から思っていて、で、実際見たら、やっぱり落ち着いた。
落ち着けたのは、段田さんが持っているこの空気感のおかげかもしれないな。
これからもずーっと見てくんだ、この人の事。
実は、私が全幅の信頼を置く、ただ一人の俳優ですから。

購入理由その2。
ここで宝塚関連記事。
まずはミーマイ前夜祭。
見開き2Pのみの記事だけど、なんだか月組の歴史を見るようで、
気持ちがほんわかしたので買いたくなってしまった。
ウタコさんが、いつまでもウタコさんなのが嬉しい。
前夜祭映像はまだ見ていないんだけど、ウタコさんとマヤさんの絡みはなかったのか!?
ここ重要ですよ!!
ビルとパーちゃんの絡みですからね。
同期じゃないけど、まぁつまり、信頼し合って頑張ってる人たちを見るのが好きなので、
ウタコさんとマヤさんは、そこで成立しますから。はい。
だからウタコ・ミミコンビも好き。

次は雪組新公インタビュー。
せしると、キング。
二人とも可愛いので買い。
つーか今度、どこかの組の新公見たいな。
今更、緒月遠麻の新公時代が見れなかったのが口惜しいな。
『堕天使の涙』が相当見たい。
ミーマイ新公は激戦だろうなぁ。みりおのビル見たいけど。 

最後は凰稀かなめ、バウWS主演に向けてのインタビュー。
これは文字買いです。写真がそこそこキレイなのもあるけれど、そんなことより、

「緒月がそばにいてくれると、役の上でもオフでも、安心していられるんです。」

ツボ直撃。

凰稀かなめの美しさより何より、その一言が私に直撃。
書店でニヤけた。

私は腐女子ではなく、なんていうか、
自分が好きだと思う人たちが、
仲良しこよしを全開に出しているのを見るのが好きな人なんですよ。
(旬君と洋さんが仲良くしてる話題ってすっごい嬉しくないですか!?と個人に宛てたメッセージ。)
だから同期の関係にツボるんですね。
それって腐女子と紙一重なのかもしれないけど。
あぁでも男同士ってのは、確実に私の中のテンション上がる要素にはないな。
だからやっぱり違うね。
なんで、ここを今語るかって、
宝塚って世界とこの世界とが紙一重だからじゃないですかねw
確実にそう捉えられても仕方のない世界だよね。

凰稀かなめはその美しさ、なんとなくクールそうなところ(あぁ安寿ミラに似てるのかも)、
あと脚の長さ、男役としてのポジション等、全て含めて、
緒月遠麻の相方として相応しい人。
なんです。

そんな凰稀かなめが、緒月と一緒にいると安心できると。
嬉しいじゃないか、緒月遠麻のファンとして嬉しい。
凰稀かなめに信頼されている緒月遠麻っていう、その構図がツボ。
テルキタは見た目的にもツボですよ。
NEW GENERATIONとか、本当にニヤける。ラブラブ過ぎだよ、君ら。

そして最後にハマコに戻る。
水とハマコの関係も、LOCK ONとか見た限り好きだよなぁ~私。

水しぇんは今や組のトップ。
ハマコも副組長になる。

かなめとキタロウ。
どちらがミズに当てはまり、どちらがハマコに当てはまるのか、瞬時に考えてしまった。

待てよ!オヅキ!
ハマコになるのは君、また違うからな!?


未来優希の事は心から愛しているが、
緒月遠麻が未来優希化するのは断固阻止
もしハマコ方面に進みかけたとして、私がどう阻止できるのかはわからないけれど、
なんとしてでも阻止するぞ。決意。
ハマコはハマコ一人でいいんだ。

そして私は、そんな愛するハマコと、テルキタが出演するバウを心から楽しみに待つ。
しかし行けるのか、不明。
行け、行くんだ、私。

カフェブレ語り。

2008年03月29日
ごめんね、久世姐。
今、ホント、緒月遠麻ブーム来ててさ。
私が誰のファンになろうが、
久世星佳本人になんら迷惑がかからないことは百も、千飛んで万も承知だけど、
ちょっと謝っときたい気分なので、謝っとくのです。
でも好きですよ、久世星佳はいつまでも。
野田秀樹や、堤真一や、天海祐希がいつまでも好きなのと同じように、
久世さんもいつまでも好き。ただ、誰かのブームが来ると話題が少なくなるだけw

あ、でも、この話題は!
久世さん、みつえさんやタキさんに会えたんだね!
良かったよー日記読んで嬉しかった。タキさん、最後の69期だからね。
そんなタキさんはミーマイで退団するんだよ。
初舞台生ラインダンス振付もみつえさんでしょ?
そっか~そうなのかぁ。なんだか微笑ましいなぁ。

で、オヅキについてですが、自分でも思うけど、凄いハマりよう。(笑)
面白ろ~自分。
でもいつもこうなんですよ、私。
ハマると、だーーーっとある一定のラインまでは全力で駆け抜けて行くようなところがある。
宝塚もハマったのが、2006年の夏ぐらいからだから、まだ1年半ぐらいですか?

ブームに乗って、緒月遠麻を当ブログでは押して行きたいと思います。
「あんたがただ書きたいだけなんでしょ?」とかいうそういう深読みは不必要です。
捨ててください。
ってことで『TAKARAZUKA CAFE BREAK』の話。

緒月遠麻、スカイステージトークでもウメちゃんと語り合っていたけれど、
本当にタカラヅカ大好きなのね。
基本、タカラヅカ大好きな人は、タカラヅカ大好きな人好きでしょ。
そうやってファン同士も脈々と繋がっていくんだろうし。

オヅキにとって、
CS放送=タカラヅカ・スカイ・ステージ
なことに、まずウケる。

視聴者からの質問。

Q「緒月さんにとって至福のひとときは?」
A「えーっと、東京の寮でCS放送をつけながら、お茶と和菓子を食べ、
 作品について同期とメールをし合う事ですね。」

そんな答えを受けて中井さんは、
「CSは何やってるんですか?」という至極当然の質問をする。
そうだよね、CSってきっとたくさんチャンネルあるから、
映画を見ているのかもしれないし、スポーツ中継を見ているのかもしれないし、
何を見てるのか、司会者としては聞いておかなきゃね。

A「色々やってるんですー昨日は『Joyful!!』

宝塚かよ!!

たぶん中井さん心の中でツッコんだ。
私もオヅキがCS=スカステだと思ってるってわかっていてもツッコミ入れたいわ。

さて、服装にも触れておこう。
たぶん私は服の趣味が合わないジェンヌは好きにならないと思う。
まっつも一度見かけたときの私服にツボった経験アリ。
いや、趣味が合わなくても良い。
ただ私から見て「センス悪っ」と思ってしまったらそれはアウトだ。
好みは色々だけど、センスの善し悪しの基本的なラインはあるだろうから。
っていうと私がセンス良いみたいだけど、そんなことは知らないよん。

オヅキ、たぶん合格

祖母とレムに泊まった時と、
たまたま日比谷に用事があって、
時間も合い「時間が合ったからには見たい!」ってなった時と、
計2回だけ出待ちをしました、アタシ。
その時の服装も好きな感じだったと思う。
ってかスタイルさえ良ければ、
デニムにシンプルなシャツ着て、コート羽織れば大抵いけますって。
いいよな。細くなりたいよ。凰稀かなめになりたいよ。

全身真っ黒で白シャツは、ラインさえ決まれば危なげないですよね。
ベルトでワンポイント、ラメが入って、変形ふさふさネクタイみたいのも似合ってるし、
いいんじゃないでしょうか。素敵。
あと髪型ね。
ってか、あの髪型いいな。真ん中わけじゃないのが新鮮。
私自身、前髪を伸ばして重めに残すか、
それとも切ってしまうか最近悩み始めたので、一つ参考にw
見た感じ、私と髪質似てそう。さらさら系ではないよな。

続いてクレアントのVTRが流される。
それを見ながら、
「わっるい顔してんなぁ~・・・」
と、呟いていたらしいけれど、いいんじゃないかな、わっるい顔してても。
良い人オーラは全開で出ていたと思うよ。
でも、わっるい人に本気でなれる役者ってあんまりいないから、そこは大切な個性。
わっるいオヅキ見たいですからね、私は。

その後はメデューサの場面からショーのVTR。
改めて思うんだけど、私この人の踊ってるときの指先好きなんだわ。
オヅキが好きだから指が好きなのか、
指が好きだからオヅキが好きなのか、
どっちなのか、もはやわからないけれど、力行き届いてます!な指先の形が好き。
あとそうですね、メデューサ水を持ち上げる場面。
一番重そうなところに緒月が入っているのも「やっぱりな。」って感じで愛おしいですよw

原色系が好きで、淡い色は(似合わないから)嫌い。
的な発言もあり。そうなってくると、問題はAQUAの場面ですよね。
んーねぇ~確かにねぇw
似合うタイプではないけれど、あまりにも似合っていない!って程でもない。
髪の毛立っちゃってて嘆いてましたけど、
髪の毛浮いてるとしたら、毎回あそこら辺じゃないかな。
私がガン見してた時も、何度か浮いてるときあった気がする。

そして黒燕尾。
オールバックが本当に私好みに似合うね。
久世さんも一番オールバックの時が好きなんだよ。
オールバックが似合う顔ってのは、絶対にあるからね。
良い顔。(笑)

最後は色紙書き。
色紙を受け取ってから、なぜかこの人、ニヤっと肩をすくめて笑った。

えー可愛い。

笑う理由が謎であるところもツボだぞ。
なんで笑った。
で、色紙には謎の少年とか、きのことか書くし。
たけのこの里派だけど、きのこの山がこれからは気になるんだろうよ。
ファンってカナシイな。

こんなところで、カフェブレ話終わり。

3/28 君を愛してる/ミロワール

2008年03月28日
mirowa-ru

2008年3月28日『君を愛してる/ミロワール』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら


2月21日→1回目
2月25日→2回目
2月28日→3回目
3月4日→4回目
3月6日→5回目
3月11日→6回目
3月17日→7回目
3月18日→8回目
3月24日→9回目
3月27日→10回目


全力出し切ったね!
もう思い残すことはない!!

見ようと思えばもう少し見れたけど、
まぁでも、これだけ見れれば私の中で、とりあえずやり切った感アリ。

『タンゴ・冬の終わりに』の時もそうだったんだけど、
前楽の方が寂しいんだよなぁ。
楽は、なんだかカラっと明るく見ていられる。
だから昨日の方が、「もう終っちゃう。」と思って寂しかった。今日は平気。
『君を愛してる/ミロワール』に関しては、あとはDVD到着を待つのみ。

次はバウと全ツか。
やっぱりオギーはテルの為の『凍てついた明日』を創ってくれるそうなので、
バウは安心して見にいけるかな、と。
全ツは『ミロワール』が安全パイなんで、これも大丈夫。
でもこれチケ難なのかなぁ。
市川、ほぼ地元なんでよろしく頼みますわ~・・・
もうちょっと本腰入れて、チケ取りしておけばよかったな。

ってかこれワタシ、雪贔屓になりかけてるんですかね?(笑)
自分ではまだ良くわからないんだけど、
緒月以外も今回の公演でみんな好きになったし、わかるようになった。
やっぱり贔屓の生徒がいる組を一番見るようになるのは、確かだし、
絶対次の大劇場も通うよな。
正塚、どうか緒月を頼みましたよ。良い役(美味しい役)つけてやってくださいませ。

んーじゃあ、今回の公演を振り返って個々に感想など。
その人に対する個人的な温度の差が出ちゃうと思うけど、まぁ、それはそれでw
(認識し切れていない人は、飛ばすよ。ゴメンなさいっ!)

水夏希・・・好きですね。間違いなく。なんで今まで気づかなかったんだろう。
       歌声まで好きだもんね。演技も、ダンスも好きだもんね。
       見た目だけクールで、中身熱いところとか、
       おねぇなところとか、当たり前に顔とかホント好きだわ。
       緒月に対する好きとは、別の好きだけど、でも水夏希が好きです。

白羽ゆり・・・んーとなみ氏は正直あまり好きなタイプの娘役さんではないんだけど、
       でも今回のマルキーズの演技とか、(脚本通りに)的確だったと思う。
       あと毎回思ってたのが、アルガンにプロポーズされたあと、
       「金持ちなんて!!」とかなんとか言いながら、上手にダッシュしてるけど、
       結構足速いんじゃないかなーって。(笑)
       あーでもこれ、となみ自身が好きなタイプじゃないとかでなく、
       マルキーズって役が、あんまり好きじゃないのかも。
       『星影の人』は良かったもんね。

彩吹真央・・・つくづく上手い人だよなぁ、と。本当に安心して見ていられる人。
        地味だとか言われてしまうのかもしれないけど、地味で何が悪い。
        ゆみこ程きちんと男役を作れる生徒が、劇団の中に何人いるよ?
        アルガンが帽子のつば触って思いっきりキザる様子とか、
        大好きだった。とにかく上手い。
        ショーでゆみこが歌うと、本当に水の中にいるような、何かに包まれるような、
        安心感が広がったなぁ。マイナスイオンな方。見続けていたい人。

音月桂・・・この子はホント面白い。笑顔のオーラが凄いよね。パッと周りを明るくする。
       ショーでも思いっきり顔でキザりまくって、見ていて楽しいし。
       いや~好きだなぁ、キム。その全開な感じがいつでも好きだ。
       これからもそのままでいて欲しい。

未来優希・・・緒月とも水とも違う部分で、ハマコを愛してます。
        ハマコを見て、聞かないと、雪組見た気がしないでしょーね。 

凰稀かなめ・・・この人、最後の最後で、
         緒月にオペラロックオンだった私の目を奪ったんですよ。
         芝居のラストなんですけどね、セリメーヌにプロポーズする前。
         彼の決意の表情にオヅキが負けた。やるな、テル。
         やっぱり私は凰稀かなめのアルセストが好き。
         最後の最後で強く、男らしくなってくれるテルのアルセストが好きだった。
         なかなか表には出にくいのかもしれないけど、気持ちがある人だと思うので、
         より一層バウが楽しみになったな。そんでもって、テルキタが大好きだ、私は。

飛鳥裕・・・組長さんってさぁ~美形だよなぁ。格好良いよね、雪組長。
       ヒゲがぴろんとしてなければ、ただの美中年ですよ。
       ぴろんとしてたので、サーカス団長ですよ。

美穂圭子・・・雪組の美穂圭子を最後の最後でしっかり見れて良かった。
        美穂さんのレイチェルの役作りって完璧だよね。
        あのちょいアニメ入ったようなキャラクターが、
        正しい『君を愛してる』の世界の中の住人だと思う。
        美穂さんはそれを見せてくれた。
        芝居・ショーでのユミコ・ハマコとのデュエットは、贅沢させて頂きましたよ。
        色んな組でその演技力と、歌声を発揮させてください!
        美穂圭子のこれからが楽しみだ!

山科愛・・・シナちゃんはとにかく可愛い!
       幼いリュシールのキャラも上手く出していたよね。
       幅広い役に対応できる、センスの良い娘役さんでいて欲しい。
       とにかく可愛いから、うん。

彩那音・・・今回、初めてひろみを認識して見たかもなぁ。
       こんなこと言うの私だけかもしれないけど、きりやんに似てないか?
       あっさりしたきりやん。似てないんだけど、似てると思う一瞬があるんですよ。
       何か一つ大きな強みが出てくれば、もっと良くなる男役さんだと思う。
       どこかに彩那音にしかない個性を見せて欲しい。
       『堕天使の涙』の時みたいな役がハマるのかな?
       これちょっとしか見てないけど、良かった気がする。

奏乃はると・・・んーにわにわ~。にわにわも今回初認識だったけど、
         こういう人って必要だよなぁ~手堅い演技で、好きな人です。
         でも今日、仮面舞踏会で相当ひでぇ顔してましたけど大丈夫ですかねw
         そんなにわにわに注目しておりますので、これからもよろしくです。 
 
緒月遠麻・・・宝塚の男役のファンになる覚悟ができました。

晴華みどり・・・↑の人の奥さん。良い子産んでください。もうそろそろ産まれるのかな。
         クレアント、絶対おろおろするんだろ~なぁw

柊巴・・・雪組って、美形多くないか?ラギも正統派に格好良いぢゃん。
     でもこの注目度が雪組っぽいって言うか、なんていうか。

沙央くらま・・・コマ、個人的に気になってます。これからどうなるんだろう、沙央くらまは。
        普通に良い男じゃんね。身長があればなぁ。
        でも背の高いコマはコマじゃないなぁ。

谷みずせ・・・ほらここにも美形いたし!可愛い系の美形というか、元気な美青年?
        いや、他の組もみんなそれなりに美形揃いだけど、
        なんていうか雪組は発掘しました感があるようなw

真波そら・・・ほらほらほら、キタ!彼もですよ!
        真波ぐらい格好良かったら、他組ファンの耳にも、
        名前が入ってきててもいいはずなのに、真波君ってその辺どーなのよ?
        私が知らなかっただけ?マミに似てるんだよなぁ。      
        86期、面白いよぉー。

大湖せしる・・・はい、また美形さんです。なんだなんだ。
         せしるもまた今まで挙げた人たちとは違う系統の美形だよな。
         女装姿がめっちゃ可愛かったのも印象深い。
         もう、どこでどんな格好しててもわかるよ。

大凪真生・・・そしてまた違う系統の子が出てくるわけだ、ここで。
        しゅうはまだどんな芸風なのか掴みきれてはいないなー。
        まぁその分、注目したい。

まぁこの辺までにしておきますか。
スチール写真組までってことで。

あ、今日ショーの時、オヅキ、いつも付けてた右耳の耳飾がついてなかったけど、
なんかあったのかね。キムもついてなかったか?
オヅキは2種類耳飾があるらしく、後半はいつものヤツつけてたけどね。(ゴーヤっぽい)
それとあれだ、プロローグの金色衣装の時。
気合入った掛け声かけてたんだなぁー緒月。
昨日見たときも誰の声だか気になったんだけど、今日見たら緒月の声だと言うことが判明。
ダメだ、すっごいツボだ。

ホント、私の夢の1ヶ月半が終ってしまったよ。(笑)
十分すぎるほどエネルギーを充電したので、今度は別方面に放電だっ!!
頑張るぞ~!!
雪組さん、ありがとうございましたっ。

マイ楽は結局今日。

2008年03月28日
ラストっ!!
THANK YOU雪組。
3時間しみじみ、楽しませていただきます。

3/27 君を愛してる/ミロワール

2008年03月28日
mirowa-ru

2008年3月27日『君を愛してる/ミロワール』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら


2月21日→1回目
2月25日→2回目
2月28日→3回目
3月4日→4回目
3月6日→5回目
3月11日→6回目
3月17日→7回目
3月18日→8回目
3月24日→9回目


10回目にして素敵な笑える聞き間違い。

「ミロワールってショー僕も見たんだけどさ、レオン神父に似た人が、
大胆に歌ってたよ。」

「大胆」ってつまり「大声」を柔らかくしてるだけだよな、水夏希!!
と思って、笑いが止まらなかったんだけど、
「大胆」じゃなくて「Night&Day」だったらしい。

どうしてそこを、こう聞き間違えるかな、自分。(笑)

そして今日、ついに見れました。
緒月遠麻がウィンクする瞬間。
客席じゃないのね、となみに向ってなのね。
いや、それでもいいんですよ、ウィンク見れたんだから。

えーっと、ミロワールで、ドゥルドゥーな、となみが出てきます。
真ん中から、上手に移動して、
黒尽くめの男役達が、となみに向って最大限の色気振りまきますよね。
ここですよ!ここ!
ここで緒月遠麻、白羽ゆりに向ってゆっくりめな右目ウィンク!!

ぃやったぁぁぁぁ!!!!

今日見に行って良かったよ。
私が毎回見逃してただけで、いつもウィンクしてたとかないですよね?
ツボど真ん中で、焦りましたわ。
いや~私、ホント好きなんだなオヅキ。

芝居ではジョルジュが買い物袋を抱えたマルキーズとぶつかったあと。
あれはいつからジョルジュ転がったままで(裏返された亀みたいに)、
フィラントに起こしてもらうようになったんですかね。
転がったミズが可愛いし、
「えぇー!?」って言いながらミズを引っ張り上げるキムも可愛いし、
非常に楽しい場面になったじゃないか。
それで時間食ってキムがバタバタして、
ミズが「マドマーゼ~ル」って台詞が言えてなかったけどね。

可愛いと言えばジョルジュの「しんじゃうかも」も毎回可愛い。
なんか今日は特に可愛かったけど。

凰稀かなめが歌う、カーテン前、アルセストへたれソング。
これはどんどん上手くなっているような気がする。
アルセストはプロポーズするまで、へたれ君だけど、
でも凰稀かなめ自身を前に進めてくれた役かもしれないな。
凰稀かなめのアルセストが好き。
最後、ドビルパン氏にフィラントを跳ね除けてまで、
結婚の承諾を取りに行く彼は男前ですよ。
跳ね除けられたフィラントは、そのままアンジェリックのお腹の様子を気にしてましたよ。

なるべく全体を見ようと思っても、どうしてもここだけはピンポイントで見ておきたいのが、
アルガンが結婚祝ソングを歌っているときのオヅキとコマ
毎っっっ回、微妙に二人の芝居が違うから見ていて楽しい。
なんていうか、クレアントが怪訝そうにしている時間の長さが違ったりするんですよ。
今日は割りと長いこと、コマのスカパンに対して笑顔を見せなかったかな。
それによって、どう腕を組ませるかも変わってくるし、
コマがどうアピールしていくかも変わっていくんですよ。

あと何気に注目しちゃうのが、マルキーズの誕生日パーティー。
ポトフを食べたマルキーズが嬉しさのあまり泣き出しそうになる。
この辺りで、オヅキとしゅう君がキングに対して、
「良かったなっ!」「やるじゃん!」といった感じて毎回茶々入れてます。
キングも頑張って二人の茶々に返しを入れてます。ガンバレ、キング。

レオン神父の歌を始めのうちダラ~っとして聞いてる彩那音。
あのダラ~っとした感じが結構好きで、また歌をしっかりと聞き出してからは、
ピシっと座りなおす、その変化も好き。

で、話は飛んで、私はたぶん、沙央くらまの演技が好きなんだと思う。
オヅキはもちろんだけど、今回見てみてコマが気になる。
サーカス魂を歌ってるときは、アルガン、レイチェル、スカパンは、上手花道で孤立。
その時胡坐で座ってるコマから感じる気持ちが、結構深い。
単純にマルキーズたちのサーカス団に対して反発してるんじゃなくて、
自分自身の内側と闘ってるように見えるんだよね。
辛さがぐっと伝わってくる。
ショーのハートダンスの時や、白雪姫×シンデレラの時、
ものすっごい溌剌とした、でも色気アリな笑顔で踊ってるのも好感度UP。
男役として背は小さいけど、内に秘めてるエネルギーを感じる。
そういう人はカッコイイし、あとコマはまず可愛い。

今日か、明日がMY楽なんですが、
30日になったら終るんだと思うと、なんだか寂しかったなぁ。
2月後半に初めて見に行って、盛大にオヅキ落ち。
そこから一応、本当に一応、就職活動らしきこともしつつ、
プラスバイトのことで悩んだり、凹んだり・・・
そんな、どちらかというと情緒不安定な時期に、『君を愛してる/ミロワール』を見てた。
思い返してみれば、舞台から本当にたくさんの元気をもらってました。
「タカラヅカなんてさ。」とバカにしたいけど、もうこれバカにできない状況だよw

立場を忘れて楽しみ過ぎちゃった感もあるけれど(笑)、
雪組見てる事がすっごい楽しかったよなぁ、この1ヶ月半。
千秋楽を前にして「ありがとう」の気持ちが強くなり、
ハマコの『愛について』でまた泣いた。
声でかすぎて笑えるけど、それ以上に泣けるんだよ、ハマコの歌声って。ハマコ好き。

残り5公演。
無事に終えられますように。
ありがと、雪組。

10回目の前に。

2008年03月28日
今日は一日、日比谷で遊び回りましたよ。(締めはもちろん宝塚)

11時に友達と待ち合わせして、(夜公演の当日券買ってから)ランチ。
コリドー通りにあるレストラン。
pasuta
小柱とトマトのクリームスパゲッティー。
小柱の旨味がソースに効いてて美味い。
tuno
デザートにはなんかこんなんを食べました。
スポンジにオレンジリキュールかなんかが染みてて、その間に甘さ控えめカスタード。
上にはメレンゲを焦がしたもの。(つの状)
ちょいメレンゲ甘かったけど(生クリームが良かったなぁ)、
でもリキュールとのバランスは良い。
見た目も面白かったし、総合して美味しかった。

その後、イトシアの中のLUSHで友達が石鹸やらを買いまくるのを、
微笑みと共に見守り、あてもなく銀座へ。
ひたすらぶらぶらしたら、ル・テアトル銀座に着いた。

『あぁ、そう繋がるのか!なるほどぉ~』
と道を確認できたことにささやかな喜びを感じて、さらにブラブラ。

今日はすっごく天気が良い!
歩いているだけで気持ちが良い!


実は石の上に亀
ので、スタバでコーヒーとドーナツ買って、日比谷公園でひなたぼっこwith亀。

さくら          と言えばほしぐみ
もう桜は満開じゃないですかね?

春ですなぁ
本当に気持ちの良いお天気で。

しばらくぼーっとして14時過ぎ。
まだまだ18時半公演まで時間があるので、
今度は安いカラオケ屋を探して新橋まで・・・だって銀座は高い。

新橋のカラ館で軽く2時間半ほど歌い、そのまま東宝に戻り観劇。

あー楽しかったね。
友達が凰稀落ちしそうなのが楽しみです。
頑張ってくれ~テル。
テルに落ちてもらえると、キタファンとしては非常に面白いし、有り難い展開。
バウ行くのが独りじゃなくなるかもw?
まずは作品の良さで押すかな、『凍てついた明日』。
荻田浩一、頼みましたよ。
オギーは焼き増しはしないだろうから、テルし様の『凍てついた明日』になるよね?
刑事役の比重を重くして、そこにキタロウ、とかやってください。

10回目の『君を愛してる/ミロワール』観劇前の日記でした。

3人の夢。

2008年03月26日
さーて、なんか変なもの見たぞ?

『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』。

贔屓認定したからには、緒月を追いかけよう。
で、今日はガイダンスがありましたので、学校行ってきました。
で、で、ビデオ漁ってきました。
ウチの大学、演劇関連のビデオ、結構あるんですよ。
借りるのも自由ですよ。
たっのしいなぁ♪

当然、2000年以降の雪組にチェックかけてきました。
自分、雪組が一番遠いと思ってたんだけどなぁ。

月>星>花>雪=宙

ぐらいのつもりでいたんだけど、この式はいとも簡単に崩壊。

さて始まりましたよ、タカラヅカ・ドリーム・キングダム。
幕開きは、凰稀かなめのダルマ!
おぉーさすがテル!キレイ~・・・・・・・
って、もう一人ダルマ、キタロウかよ!!

あぁ、このショーかダルマやったってのは。
ドリキンでダルマって頭の片隅にはあったんだけど、やっぱりそうか。
でも緒月もスタイルいいですからね。そこだけは言っときますよ。そこだけは。

緒月のダルマもとりあえず私的には目玉の一つだけど、
このショー・・・朝海ひかる全開?
しかも絡む相手がトド様??

ってか私、舞風りらが好き~!!

まーちゃんの事ほとんど知らないけれど、この人はきっと娘役の鏡のようなお方だろう。
的確に色を変えることが出来る。
お姫様も、悪女も、田舎娘もきっと出来る。
そしてどんな役を演じても、共通して華やかさと美しさを印象付けるんだ。
その上手さ。
良い娘役だなぁ。
正直、素顔はそこまでキレイだと思わなかったけれど、舞台の上で美しいもん舞風りら。
もっと良く見たかったなぁ、舞風りらっていう娘役を。

このタカラヅカ・ドリーム・キングダム。
三木章雄、藤井大介、齋藤吉正、
この3人の演出家がそれぞれ一幕担当し、全三幕で構成されている。
テーマは「夢」。

一幕は藤井君担当。
これがすっごい。
コムちゃんが薔薇の美少年。
そのコムちゃんを、あれは間違いなく買ってるまーちゃん。(だって札束ばら撒いてた)
そして更に現れるのが薔薇収集家のトド様。
で、コムちゃんがトド様をその美貌で落とし入れてました。
トド様がコムちゃんを・・・じゃなくて、逆なんすね。

朝海ひかるを堪能。

私は轟悠のあの硬質な美しさが嫌いではないので、
そこに朝海ひかるの美しさが加わるってのは、面白すぎるよ。
しかも朝海さん、確信犯ですからね。
この人、自分の美しさを知ってて、その美貌で人を陥れるのを楽しんでますよ。
いやでも、そこがスキ。

第二幕はサイトー君。

お前の夢は耳か!!

初っ端で娘役さんたちが真っ白な衣装でふわふわな耳つけて踊ってた。
更にサイトーの夢は進む。
あぁ、ナースも警官もいます?みんな真っ白ですけどね。
なんか戦隊物チックな曲で白ミミちゃんたちがラインダンスしてたし、
2幕はサイトー全開??

ここでの緒月ですが、白いドレス着てましたよね??
で、若干銀橋に出てきて壮くんとキムに絡んでましたよね??
映像だとほとんど映ってないのが残念でならない。
テルと対で使われるから、こんな展開になってしまうんだな。女装だなんてね。
なんかアレっぽいよな、えーっと94年のTMPだっけ?
ミキさん、久世さん、ユキさん、マリコさんの4人が銀橋で女装して歌う、アレ。

三幕は三木先生。

このショー、全体的に豪華だよなぁ、お金かかってるよなぁ~
と思ってみていたけど、やっぱり3幕も凄い。
何かと思ったら舞台装置に横尾忠則さんの名前。
あと協賛がついていたせいもあるんだろうか。

緒月はちゃんと男役やらせてもらってるっぽいのを確認。
にしても、群舞から見分けるとか不可能に近いなぁ。

まぁ、ところどころで緒月を確認しつつ、ショー全体としてもいろんな意味で楽しめたので、
良かったですよ『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』。

あ、友達の好意でカフェブレも見ることが出来ました。
とりあえず一言。
あれはいつも私がオペラグラスから見ている映像ですよ!
カフェブレ凄いなぁ~。

念能力に近き

2008年03月25日
野田さんのインタビューが掲載されてる、ってことで、
婦人公論を買ってきた。表紙は松田聖子。
この人、キレイだよなぁー。
別に全く好きでもないけど、ずーっとアイドルオーラがあるのは凄いことだと思う。

で、野田さんのインタビューだ。
『歌わせたい男たち』のアフタートークには行かなかったけど、
インタビューなら買えば読める。

「言葉の量が減っちゃうと、感覚も減っていくと思う。」

あぁ、ここなんだね。
ここなんだよ、野田さん。
私がずーっと野田秀樹から逃れられない理由は、ここにあるの。

ウチには今年高校3年になる弟がいることもあり、
漫画がちょっとした漫画喫茶並みにある。
あの、『ハンター×ハンター』って知ってます?
『幽遊白書』とかと同じ人が描いた漫画なんですけどね。
これに主人公のゴンと、
その友達のキルアが念能力に目覚めるっていう、話があるんですよ。
念っていうのは、本来ならばじっくりと自分の中に流れているエネルギーを感じて、
そこから段々とそのエネルギーの操り方を知り、体得するべきものなんですね。
だけど、ゴンとキルアには時間がなかったから、
師匠が、ゴンたちの体内に直接念を送り込んで、
エネルギーのオーラを出す細胞を、いきなり全開にしちゃったんですよ。

これなの、これ!!
野田秀樹が私にしたことって、これに近いわけ!!


言葉の量が減って感覚もなくなりかけていた、そのギリギリ、18才の時。
野田秀樹の『走れメルス~少女の唇からはダイナマイト!~』が、
私の中に入ってきて、閉じかけてた細胞をこじ開けた。
言葉がなだれ込んできた感覚。
真面目に深っちゃんの唇からダイナマイトだったんだ。(笑)
それ以来、ずーーっと私の中には野田秀樹の言葉が住んでます。

さてさて、このインタビュー、タイトルは、
「心を動かす美は、経験からしか生まれない」。
野田秀樹が美について語る。

結論としては、自分が好きな人が美しい人。だって。

そーだよね。
(最近、あからさまに緒月が美しく見え始めてますからね、私の目には。)
ひらひら言葉で照れ隠しして、人をおちょくり、笑わせながらも、
こっ恥ずかしい本質を言ってのける人だよ、この人は。

野田さんがキレイだと名前を挙げた女優は以下。
宮沢りえ、広末涼子、松たか子、大竹しのぶ、深津絵里、天海祐希。
名前を挙げずに話題に上っているのは、あれきっと天海の大先輩の事じゃないかなw

野田さんが好きな女優は、大抵私も好きなのかもしれないなぁ。

天海ファンへの覚え書き

2008年03月25日
なんか色々面白そうなんだ!楽しみだよ!

・3/29(土) TBSテレビ系 18:30~23:48
 『オールスター感謝祭’08 超豪華!クイズ決定版』出演

・3/30(日) TBSテレビ系 19:00~20:54
 『超どうぶつ奇想天外!動物の決定的丸秘瞬間!!春の豪華版スペシャル』ゲスト出演

・3/30(日) WOWOW  191ch 19:00~21:00
 『バッテリー』

・4/1(火) TBSテレビ系 18:55~20:54
 『ぴったんこカン★カンスペシャル』ゲスト出演

・4/5(土) TBSテレビ 0:40~1:55
 『鶴瓶のメインキャスト!』

・4/11(金) TBSテレビ系 18:55~20:48
 『オールスター赤面申告ハプニング大賞2008春』

・4/11(金) TBSテレ系 22:00~23:09(初回放送)
 連ドラ『Around40』スタート


天海祐希、怒涛の番宣ラッシュです。
そこにひょっこり隠れている『バッテリー』も録画しなきゃ。
たぶん天海氏は、『どうぶつ奇想天外』に出演できて喜んでいるんじゃないだろうか。
なんか、好きそうだよね。
TVの前で一人でクイズに答えて、
はずれて「あ゛ーー!!」って言ってそうなイメージですよ、天海祐希。

とりあえず、録画忘れないように、UPしておきます。

3/24 君を愛してる/ミロワール

2008年03月25日
mirowa-ru

2008年3月24日『君を愛してる/ミロワール』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら


2月21日→1回目
2月25日→2回目
2月28日→3回目
3月4日→4回目
3月6日→5回目
3月11日→6回目
3月17日→7回目
3月18日→8回目


水先輩がラインダンスを踊った!!

芝居中のミロワールアドリブだけでも、私は満足。
「ミロワールってショー僕も見たよ!
あのイチゴのラインダンスがさー(先輩自ら踊る)
踊ったよ!踊ったよ!水先輩が!!
最初はその可愛さにメロメロになったんだけれど、
その後、アドリブでラインダンスを踊るまでの様子を想像して更に私はフニャフニャする。

だってさ、水夏希は、このアドリブの為だけに、
ラインダンスの振りを覚えたわけでしょ?
どこで覚えたのかは知らないけど、
もしかしたら袖で見ていたのかもしれないし、下級生に教えてもらったのかもしれないし・・・
いずれにせよ、ミズがラインダンスを覚えるその過程を想像してふにゃふにゃ。
あぁ、好きだなぁ、水夏希。
ミズの事「好きだ、好きだ」言いだしたのは最近ですが、
でもなんだか長いこと水先輩のこと好きだったような気分。

あ、っていうか、あれイチゴだったんだ!!

ミズのアドリブで初めてラインダンスの衣装のモチーフがわかったよ。
あぁ、イチゴか。イチゴだからあんな被り物を・・・

『ミロワール』が好きだから通ってる部分が大きいと思っていたけれど、
私、どうやら『君を愛してる』も好きらしい。
ギリギリのラインで飽きがこないんですよ。
「あー退屈してきたなぁー」と思ったところで、ハマコが歌いだす。
みたいな、ギリギリのところでバランスが保てる芝居。寝ません。起きてます。
今まで見た宝塚の芝居(エリザ以外)、
どれもこれも眠くなっていたような気がするけれど、なぜか眠くならない『君を愛してる』。

水夏希と緒月遠麻が好きだ。っていうのも、その大きな理由だとは思う。

そして私、ミズやらオヅキやらが好きなのと違う所で、ハマコが好きなんですよ。
あの濃さとか、ひたむきさとか、上手さに惹かれる。
大きな声で歌いまくって贔屓の声をかき消しても、ハマコならいいの。
スピーカーからハマコの声しか聞こえなくても、やっぱりハマコならいい。
だって、ハマコが好きなんだもん。

むしろ私は、スピーカーがハマコに占領される時を楽しみに待っている。

本当になんか音量調整がおかしいんじゃないかと思うぐらい(見た場所のせいかな?)、
今日は(今日も?)未来優希の声しか聞こえませんでしたよ。
レオン神父が歌う『サーカス魂』。
「たぁ~った一人でもぉ~♪」の辺りから本当にハマコの独壇場。

あぁやっぱりだよw少し抑えろよww

と頭の片隅で思いつつ、それでもなんとも言えない嬉しい気持ちになる。
とにかくハマコからエネルギーをもらうよっ。

アルセスト凰稀は、くすぐられて、「もう好きにしてっ。」って言ってましたね。
まぁ、若干ヤヴァイ台詞なんですよね。でもそれもアリってことで。
アルセストの「僕は~怖いんだぁー」の歌は、どんどんヘタレ度がUPしてます。
下手からうな垂れて入ってくる時の、あのダメっぽさがもはやツボ。
この人、たまーに誰も寄せ付けないような冷たい表情をしている気がするので、
冷たい役やらせてみたいですね。
ちょっと人を見下した所があるような、冷たい役。

アルセストとセリメーヌの結婚に賛成の人!とフィラントはここで挙手を求めるんだけど、
緒月クレアント、またやってくれてた。
アンジェリックのお腹の中の子に、同意を取るなっ!
「お前も賛成だよなぁ~?」な感じでアンジェリックのお腹に手をあてるクレアント。
なんでそんなデレデレパパなの、君!
あと、オヅキ関連ってことで、ショーのとさかに触れておきますが、
上に伸びたねぇ!生きてるんだな、きたろう。
改めてタカラジェンヌも人間なんだと思いました。上に伸びたとさかを見て。

仮面舞踏会の時、いつもせしるのミニ王冠が可愛いなぁ~と思う。
で、せしるはカツラ変えてるのか?
今日おだんごだったと思うけど、私が覚えている限りだとソバージュもあるよな。

突然だけど、私は今回の公演でどこまで雪組生を覚えられたんでしょう。
えーっと、

水夏希、白羽ゆり、彩吹真央、音月桂、未来優希、凰稀かなめ、飛鳥裕、
美穂圭子、天勢いずる、麻樹ゆめみ、山科愛、彩那音、奏乃はると、緒月遠麻、
柊巴、沙央くらま、谷みずせ、真波そら、大湖せしる、大月さゆ、大凪真生、葵吹雪、
蓮城まこと、涼瀬みうと、愛原実花、凰華れの、透真かずき

ぐらいですかねぇ。副組長とか、ショーで見たらわからないんだーきっと。
あと、たぶんわかるのが、祐輝千寿、愛輝ゆま。
『銀薔薇』と合わせて見て、
上手くいけば良い脇になってくれるんじゃないかなと期待してるのが、葵吹雪。
娘役で気になるのが愛原実花。
えっと、つかさんの娘だよね?
こちらも『銀薔薇』での、凰稀ヴァンパイアに絡む酔っ払い演技が上手かったので、
そこから気になる子ではある。

相変わらず娘役に激弱です。

そうそう、ジョルジュが銀橋で歌う「ジュテーム♪」。
これ、目線が自分方面に飛んできてたので、すっごく幸せだった。
うわー水先輩のありったけのジュテームがこっち飛んできたー!!
みたいな、喜びがありましたとさ。

木村先生、私、好きだよ『君を愛してる』。

そして『ミロワール』。
9回目。

全く飽きん!

何回か目の感想で、「ショーの時間が短く感じられる」と書いたけれど、
うわー更に短くなったよ。なんかもう3分。終って欲しくなのに早い。

今、プログラムをぱらぱらと見ていたけれど、
演出家に聞く。中村Aの言葉に、
「ラテン・アレンジのジャズ・スタンダード」という言葉が並んでいる。

これだっっ!!
これが私のツボにハマるんだ!!


私はラテン系のノリが結構好きで、
ジャズなんて宝塚でしか聞かないけれど、でも宝塚で聞くジャズも好き。
この2つが融合してるから、私、中詰めであんなにテンション上がるんですね。
ゴスペラーズも良い仕事してます。

そしてあの黒燕尾。
私たちが宝塚を愛する理由の全てがあの黒燕尾に詰まっているんじゃないだろうか。
泣ける。
大好き。

オヅキオペラでロックオンを久々に我慢して見たメデューサ。
これもやっぱり名場面です。
苦悩する水夏希いいですね。
そして、メデューサに敵意を持ちながら、仲間が石にされていく姿に心を痛める緒月。
痛みを憎しみに変換させてるっぽいところが、たまらなく好き。
あと実は私、緒月遠麻の首筋のラインが好きです。

えーおかしな告白で、今日の感想は締めます。

モテモテソングを聞きにきた

2008年03月24日
やっと見れるわ、9回目!

今まで私が9回見た舞台は『贋作・罪と罰』の再演だけです。
(これを9回ってのもある意味凄いモノがあるよな。良く見たな、ぢぶん。楽しかったけど。)

ってことで『君を愛してる/ミロワール』見ます。
もう、明日も見るかw?

TOKYOMXが見れないので、今日のカフェブレ緒月ゲストが、
チバテレビ放送時まで先延ばしになるのが、今の私には辛い。
こんなに辛いだなんて。(笑)

120%の迷走

2008年03月23日
そういや、あれ、まっつ出てたよな。
しかも正塚なのに、まだ見てなかったよな。

そうして手に取り、見始めた『スカウト』。

どーした!?正塚!!

なんか、面白すぎることになっていた。
マサツカせんせが、壊れたww
で、数少ないワタシが顔わかる好きな娘役、桜一花がとんでもねぇことになっていた。

こっぱずかしいけど、でもキュンとするような告白(笑)とかは正塚っぽいのかな。
なんかとりあえず、どこが、とかちゃんと指摘できないけど、
つーか、作品全体が?ぶっ壊れているでしょ、正塚。

3日間ぐらいろくに寝てないで、神経昂ぶりまくっちゃって、
もうどうにでもなれってんだーーーー!!!!
書きゃいいんだろ~書けば~!!

で、出来上がった作品って感じだ。
無駄な勢いだけはある。

だから、どーした、正塚。大丈夫か。

あ、申し遅れました、この『スカウト』という作品、
ご存知の方も多いかと思いますが、主演は蘭寿とむさんです。バウ公演です。
らんとむ演じるショーンは、どうやらクラブのショーの振付師らしい。
まぁ、演出家とでも言えようか。
彼はさお太演じるクラブのオーナー、ロイから、

「ちょっと変わったもの創って欲しいとは言ったけど、こういうんじゃなくて~」
「もっと色っぽく、華やかにできないもんかな?」
「いや、今の作品が悪いって言ってるんじゃないよ。でもクラブの雰囲気も考えてくれよ。」

てなことを言われまくっていた。

誰もが思うよな。
「あぁ、正塚先生も同じことを上の人に言われてるんだろうな。」
と。

あて付け?あて付けなの?正塚センセ。
あて付けと言えば、キムシンの『君を愛してる』も相当アレだけど、
創る作品の方向には口出ししても、あて付けは放置なのか?宝塚歌劇団。

「ギャラのためだ。上からそう言われたら仕方がない。」

ショーンはそこに気持ちを持っていって、自分を抑えていた。

誰もが思うよな。
「あぁ、正塚先生も同じように自分を抑えているんだろうな。」
と。

頑張ってよ、正塚先生。
あなたを支持するヅカファンは必ずいるよ。
もちろん、支持しない人もいるだろうけど。
まぁ、それはどこいったってねぇー全員に支持されるとか有り得ないし。


いや~面白かったな『スカウト』。
何よりまっつがらんとむぶん殴ったり、らんとむにウィンク飛ばしたり、
イチカちゃんの尻に轢かれてるのが、楽しい。
(そういやオサ様にも、ウィンクらしき表情というか、
「ニッて笑って?」ってやってたよな、コンサートで。あれもなぁ。)
しかもド金髪だし。
普通に綺麗だし、普通に格好良いし、普通に好きだ。
まっつを鑑賞する作品としては、ツボ多い。
いやいや、らんとむを見るにしてもツボ多いな。
スーツの蘭寿とむって、なんであんなにも歌舞伎町NO.1なんですかね。
それにあの濃~い、まったりとした、歌声。
もう笑うしかない状況に陥る。(笑)
くすぐったい存在感。しかしそのくすぐったさがらんとむの魅力か。

そしてイチカのキャラがなんかわからんけど、すげぇ!!
え?この子あれだよね?明智の時は小林少年だよね?・・・すげぇ!!
あぁ、やっぱ顔だけじゃなく演技も割りと好きなんだな、桜一花。

みわっちの役もわけわからなかったけど、最近みわっち好きだから!!
なんかもう、またみわっち好きになったよ。
いいなぁ、愛音羽麗。

カーテンコールの時、シンクロして土下座していたまっつとイチカ。
これもまたなんなんでしょう。
二人して目立っちゃうだろ、らんとむより。

あー『スカウト』、面白かったなぁー。
そしてもう一度、正塚晴彦ガンバレー

拍手レス

2008年03月22日
たくさんいただいた、拍手コメントにレス。第三弾。
ちなみに第一弾第二弾は←クリックで飛んでくださいませ。
コメントした覚えがなんとな~くある方は、よろしければお読みください。
カテゴリー分けも一応していますので、ご利用ください。

では、ツヅキ。(やっば、一瞬「オヅキ」に見えたよ。汗)

★青瑪瑙さん★
>なつさんが見ているもの、なつさんが感じていることに興味がある、という方が近いです。

きゃー!ちょい恥ずかしかったです。でも嬉しかったです。ありがとうございます。
久世の姐さんは現在、塩キャラメルですね。
塩アイスとか好きなんで、塩キャラメル、私も好きかもしれません。
そういや、久世姐はミーマイ見に行くんですかね?(行かないだろうなぁ)
せめて『銀ちゃんの恋』ぐらいは見て欲しいものです。
なんとなく、ファン意識として。

久世姐がキッカケでお知り合いになれたので、
『プライベート・ライヴズ』ぐらいからですよね!
これは本当に面白かったなぁ。
そうだそうだ、バイト先での出来事なんですが、
なんか受付にいた男の人と目が合ったんで、とりあえず「お疲れ様です!」と、
挨拶したら、演出・山田で内心ウケました。
笑顔でペコってしてくれて、嬉しかったです。

これからもよろしくお願いします!

★夏瀬さん★
初めまして~!新米雪ファンになりそうな、なつです。(笑)
コメントありがとうございました。
来年就活ってことは、学年が1個下ですね。
どうなんですかね、シューカツ。正直私もサッパリわかりませんよっ!
ちょいちょい、ブログでも話題に上がるかもしれませんが、
私は絶対、活動していない方なんで、参考にしないでくださいね。
しかしこの時期、なんだか周りがみんなウツぽくなっているような気がしますw
で、私は宝塚に逃げ込んで、逃げ込んだ先でオヅキに落ちた、と。(笑)

雪組さん、ここにきて初めてマジマジと見ていますが、
こんなに美形揃いだとは知りませんでしたー。
見ているだけでも、楽しめます!
雪組中堅どころはだいぶ覚えられたので、今後の観劇も楽しみです。
とりあえず、市川の全ツと凰稀バウには行こうかな、と。
またちょこちょこ覗いてやってくださいませ♪

★hanihaniさん★
コメントありがとうございました!

>宝塚がメインなんですが、それ以外のお芝居の感想

最近は、それ以外のお芝居の感想が減ってきていますがw、
これからも見る限り、書いていくつもりです。
どうぞ、「それ以外」の方もよろしくお願いしますっ。
全くなんでこんな展開になってしまったのやら!
自分でも笑える展開になっていますが、とりあえず宝塚も頑張ります。

★ruruさん★
月組ファンでいらっしゃって、ある姐さんファンでもある・・・
ある姐さんはこの場合、一人しかいないですね。
私の初恋の人だ。(笑)
最近改めて、私はある姐さんの声が好きなんだなぁーと思いました。
ジョン卿の声とか、聞いただけでドキっとします。
NHKとかで硬派なナレーションなんかをやってみて欲しいんですけどね~
オファーこないかなぁ。
・・・と、ある姐さんに関する独り言になってしまいました。

ちょっと今、他の人にブームが来てますがw、
姐さん好きはこれからも変わりません。(断言)
ので、また覗いてやってください♪

★みちこさん★
えーきりやんファンでいらっしゃる!と。
もちろん好きですよ!霧矢大夢っ!
しかし、正直に語らせていただきますと、
男役としては、そこまで好みの色気を感じない人ではあります。
なんというか、実力に惚れ惚れすることは多々あっても、
色気にやられる、ということが、あまりない人で。
完璧に好みの問題なんですけどね。
私はどーも渋い系の人、久世さんとかオヅキとかがツボにハマる人のようですw

ただ実力に惚れているので、例え男役を卒業したあとでも、
変わらぬ気持ちで好きでいられるだろうな、と思えるのがきりやん。
(安蘭けいも私の中では同系列)

「あ、この人、絶対好き。」

と、確信したのがアーネストの「んまい♪」の歌。
「しかたない、腹減った。」「食うのは、別さ。」そして3回目の「んーまい♪」で、落ちました。
宝塚にハマった初期段階では、どこか宝塚全体を馬鹿にしているようなところもあったんですが、
きりやんの実力の安定感と、華にその考えを覆されてもいます。

宝塚にも実力者はいる!!

宝塚の醍醐味であるトキメキ(笑)は感じないものの、
舞台人として好きなのが、私にとっての霧矢大夢です。
MYパソコンも、もちろん「きりやひろむ」で一発変換!
ずっと先の将来までも楽しみな人なんですよー。

ということで、霧矢大夢語りでした。

そして、ウタコさんの時代が全盛期とは!羨ましいです。
一番生で見たかったショー『ル・ポァゾン』!
甘く熱い吐息にこの胸を焦がして欲しかったです。

★安寿ファンさん★
>ヤンさんが出た何かの舞台のとき検索で来て

『LUV』ですかね?これは、作品的にもヤンさん的にもヒットな舞台でした。
もう安寿ミラが、安寿ミラなのにすっごい可愛くって!
安寿ミラのクールさと、
そこからほんの少しだけしか垣間見れない優しさや女らしさが好きです。
で更に、人に対して無関心そうなところに、惹かれたりw

>最近内容がタカラヅカに傾いてて

本当に傾き始めました。そろそろ完璧に倒れるのではないかと思っています。
倒れたら、倒れたで、そこからもどうぞ覗いてやってくださいw
コメントありがとうございましたっ。

★lunaさん★
お久しぶりです!
私、そんなに辛口ですかね?(笑)
でも言われてみると、私生活でも無意識に辛口かもしれません。
「言いたいことは言うから。」って姿勢貫いて、毎日過ごしてる気がします。
そんなところも文章に表れてるんですかね。
おー怖い、怖い。
でも、やっぱりその姿勢は貫こうと思います。

★くれがさん★
>新感線や大人計画がすきなのですが、そのあたりはかぶっても、
ケラ作品(たとえ演出のみであっても)にハズレなし!
とおっしゃるたからずかファンの方に出遭ったことがなかったので、

うわー!!そこに共感していただけると、私もすっっっっごく嬉しいです!!
本当にケラ作品にハズレなし!
『わが闇』で確信しました。
『わが闇』はなんだか凄かった。
家が傾きだしたのを見て、ぞわぞわしました。

「あ~この人、天才・・・」と心酔してしまうのは、私にとって野田秀樹だけなのですが、
その野田さんよりハズレがないのが、ケラさんかもしれません。
どれ見ても、なんか全部面白がれる。

生で舞台というものに初めて触れたと言えるのが、
それこそ野田さんの『走れメルス』なんですが、
映像で、というと『カメレオンズ・リップ』なんです。
堤真一と深津絵里のコンビがすっごく好きで、
わざわざWOWOWが見れる友達に録画を頼んで、それで見たのがカメリプ。
今まで味わったことの無かった笑いの質にメロメロになっちゃって・・・
それ以来ケラファンで、『砂の上の植物群』からは、たぶん舞台全て見てます。
で、つい最近、改めてケラさんの舞台を思い返してみたら、ハズレがなかった。

宝塚も面白いんですが、ケラリーノ・サンドロヴィッチも面白いんです。
要するに面白ければなんでもいいんです。(笑)
私が面白いと思えるものに、爆進するブログです。

『コンフィダント・絆』の感想についても触れていただけて嬉しかったです。
ブログにも書きましたが、まず作品が凄く良かったのと、
それプラス客席に天海祐希がいたのとで、涙腺ボロッボロでした。涙が止まらなくってw
これ以上ない!っていう幸せな気分を味わえた舞台だったので、感想も一行。
幸せ過ぎて、これだけ泣ける。って経験はこの先も数えるほどしかないだろうと思います。

ケラさんについて、ちょいと語ってしまいましたが、
またコメントやらお待ちしておりますね!
是非是非、これを期に、気軽にコメントしていただけると、私も嬉しいです♪

本日は、ここまでで失礼します~
あーすっごい宝塚が見たくなってきた。オヅキが見たい。
東宝に行かなければっ!

コメントくださった方も、そうでない方も、みなさん、ありがとうございました!
また後日、拍手レス、続きます・・・

ひとりじゃ寂しい~

2008年03月21日
ミーマイ初日おめでとう!

現役生徒にハマって、過去が良い意味で過去になり、
それで今、素直におめでとうを言えるようになれたのかもしれない。

そして何かに導かれたように、ミーマイチケットを本日確保。
いうなれば大学総見というかw
たまたま初面接帰りに、友達と会うことになり待ち合わせで大学へ。
それとなく掲示を見ていたら、あ!ミーマイ鑑賞会があるじゃん!
即応募。
定員50名だけど、春休み入ってからの掲示なので、まだ申込状況は余裕とのこと。
エリザの時は定員達するの早かったからなー。
(そう、水エリザもあった。)

友達誘って、ミーマイ楽しむよ~
一人でハッピーよりもみんなでハッピー!
だって『ミー&マイガール』なんだから。

実感がなさ過ぎるんだけど、ゆりちゃんのさよならで、
久世のお披露目だったミーマイが今再演されるなんて、本当に不思議な気持ち。

ランベスウォークは笑顔で大泣きするかもしれない。(笑)

なんだか、今日いきなり過去の呪縛から解き放たれちゃったか?ワタシ。
本当に素直にミーマイが楽しみだ。なんか、ヤッター。

頑張ってね、アサコ!!
東京で月組を待つ。

スキですよ、あなた

2008年03月21日
なんか昨日、野田さん、日比野克彦さんとトークしてた?
金沢?だっけな、なんかそっち方面で。

野田秀樹の素の喋り聞きたいよー

一度、学習院で講演をやった時、勇んで彼のトークを聴きに行った。
刺激されて、されて…当時のほぼ日手帳の空いていたページに、
脳みそが反応した言葉を書きなぐっておいたけれど、今読み返しても、何がなんだかよくわからない。(笑)
ただ、そのページから読み取れるのは、
野田さんの頭のスピードについていこうとする頑張りと、
また、野田秀樹のスピードに直に触れる時間が持てたことの喜び。

野田さんに頭の中を引っ張ってもらえて、すっごい楽しかった。
自分が普段到達できないところにポンっと連れてってくれる楽しさ。

「どうせ行けないよー」と、
マイナス思考全開の時のチケット発売だったし、
初演も見てるし、なんかベニサンの方が似合いそうな芝居だしってことで、
チケット買ってないんだけど、でも今日見に行きたいよな。
『歌わせたい男たち』。





終演後、永井愛さんと野田さんのアフタートークがあるんだな。

拍手レス

2008年03月21日
たくさんいただいた拍手コメントにレス、第二弾でございます。

★さおりちゃん★
宝塚から姐さんって、実は幅狭くないか?(笑)
広げるためにケラデビューをオススメするよ!見てないよね?
『どん底』とかいいんじゃない?段田さんは、見ておくべきでしょう。
これからもよろしくねー♪

★はなさん★
ヅカファンじゃない人にも、ヅカに興味をもたせる当ブログw
私も『ビギナー』からのつっつんファンで、ファン歴も5年目突入?
『やまとなでしこ』を考えれば8年?
こんなに長いこと好きな奴は堤真一だけです。
しかし、はなさん、最近ヅカネタの食いつきが良くありませんかw?
みんな綺麗で格好良くて、面白いですよ~。お待ちしておりますので。(笑)

★なっつんさん★
またもや嬉しいカキコミを!
ふふ、今もまだ21ですよ♪(笑)
『タンゴ・冬の終わりに』は私も相当思い入れが深くて、
自然と感想にも気合いが入った公演でした。
こうやって言っていただけたのも、まずは作品ありき!

堤ファンの私、洋さんファンのなっつんさん…お互いに幸せな公演でしたよねぇ。

初めてコメントいただいたのが、
手帳に写真貼付けたのを写メって、ブログに載せた時ですかね?
洋さんが、盛と水尾のタンゴ見て、ビックリしてる構図になっちゃった。みたいな記事。
それから私もなっつんさんのブログを覗かせていただくようになったんだと思います。
タンゴの縁ですね。なんかカッコイイじゃないですかw

タカラヅカは私も自分の性格上ハマるモノではないと思ってたんですが・・・。
もしハマるとしたら、お子さんが大きくなってからの方がいいですよ!きっと!(笑)

タカラヅカ大好き~!!って叫んでますが、
それでも私の基本にあるのは野田さんの舞台。
この基本は絶対にブレないと思うんで、そこは安心してください。(笑)
だから野田さんの前をずっと走ってきた蜷川さんも追い掛けますよ!
私達ぐらいの年代が最後の観客になっちゃうのかもなぁ・・・
なんて、不謹慎だけど、でも真摯に思ったりするんですよね。
だったら少なくとも私は受け止めたいな、って。
色んな人が色んな事で歴史とか技術とか想いを受け継いでいくと思うんですが、
私は演劇で一つ受け継いでいきたいなぁーと今は思ってます。
なんか語りましたよ。
これからもよろしくどうぞです!

★みえこさん★
久世さんと緒月のファン!
ビンゴで私とかぶりますね。
好きになるタイプというのは、やっぱりあるものですねぇ。
これからもヅカネタは久世星佳と緒月遠麻が中心になるかと思いますのでw、
よろしくお願いします。

★天海ファンさん★
最近は天海ネタ少なくなっておりますが、
ドラマをそれなりに心待ちにする程度のファンではあります。
あとはレリアンのポスターを凝視しちゃったりw
ドラマもですが、レリアンの新CMも楽しみです!
コメントありがとうございました!

★薇瑠さん★
天海氏から90年代月組を愛するものを経て、
現雪組緒月遠麻を応援するものに進化しつつあります、なつです。(進化なのかなぁ?笑)
薇瑠さん、オヅキはどうですか?(ってどんな質問だ、これは)
もオヅキ氏もファン時代は天海時代の月組って言ってました。
なんかこう、ふりだしへ戻る的な・・・
自分と同じ時代が好きだった生徒のファンですよ。
気分はすっかり10年来のヅカファン。
またコメントなりメールなり、お待ちしております~

★みちくささん★
とりあえず、祭先輩にまずは反応したい!!
祭先輩を祭先輩と呼び、誰の事だか理解する喜びがあります。
祭先輩の『SP』NGがめっちゃ可愛かったです。
だけど、やっぱり伝説は『GOODLUCK』のX線検査場ですかねぇ。
また見たくなって来ちゃいましたよ。
あれに勝るNGは、見たことがない!

宝塚は男前で凛々しい女に憧れる人は、ハマる素養大有りですよね。
ホントハマりましたねぇ。楽しすぎますが、これから私どうなるんだろう。
みちくささんも素養ありの人だったということで・・・(笑)
楽しめる人しか楽しめない世界。
入国しちゃったからには思う存分楽しもうではないですか!

★しほさん★
どれだけ趣味かぶってるんだろう~?
と、もう一度確認しようと思ってmixiのコミュ一覧やらを覗かせていただきましたが、
ブログやってたんですね!お気に入り登録しちゃったよ~w
なんかこう、これだけは捨てられない、大切なモノがあるって幸せですよね。
私にとってそれは舞台だったりする訳で・・・

シューカツって、そこまで嫌ではないんですが、でも面倒ですねぇー
ブログを見てもわかる通り、
就職活動と呼べるような活動してないだろ!おまえ!!宝塚ばっかり見てんじゃないの!!
って感じですが、それでも面倒くさい。
色んな仕事があるんだな。案外大人は生き生きしてるな。
そういう事を垣間見れるのは楽しいんですけどね。
どっかの誰かが、今まで積み上げてきた私自身を必ず評価してくれるだろう。
と信じて、のんびり進もうと思ってます。
お互いリクルートスーツ着て、街練り歩きましょ!

おっかしいよなー新宿とか、就活生があんなに多いのか、とw

★Mさん★
おぉ!秋山姉さん目当てで!
ありがとうございます。嬉しいです。
そして、あっちの世界では泥沼まで・・・
ちょっと緒月会入会も視野にあったんですが、やっぱりお茶会ぐらいで留めておこうかな。
深みのあるMさんのコメントで、正直、怖くなりましたw

秋山姉さんは、舞台見に行くと必ず、
「キャー秋山さん大好き~!!」
と叫びたくなるような気持ちにさせてくれる女優さんです。
真面目に強烈なボケかませる特殊能力を持った、すんばらしい舞台女優さんですよね。
これからも、地味に姉さんの舞台は追いかけます。

★yorokeさん★
コメントありがとうございました。
ジャニーズ方面からとは、思ってもいなかったので、嬉しいです!
「おぉ!そっちからも来て下さってるのか!」みたいなw
ジャニーズが出ている舞台で私が最近見たのは、
『魔法の万年筆』、『IZO』あたりですかねぇ。
なんだか稲垣のゴローちゃんを舞台では良く見ている気がします。
ジャニーズ関連だと次は『瞼の母』!
出演者も豪華だし、気持ちよく硬派な舞台を見ることができそうなので、楽しみです!
また覗いてやってくださいませ♪

★あかなさん★
こちらの要望に快く応えてくださってw、ありがとうございますっ。
『テイクフライト』!!
ありゃ~本当に悩める舞台でした。
天海祐希なのに、天海祐希なのに、せっかくの天海祐希なのに・・・あぁー・・・
って、なりましたからね。さ~て、どーしよっかな・・・・って。

>過去まで遡って一気に読みました

ギャー、これは結構恥ずかしい。
自分でもたまに読み返してみたりするんですが、
「なんでこんなこと、こんなテンションで書いちゃってるんだよ」と思うことが、たびたび。
今もどうかと思いますが、今以上に文書が落ち着いていないというか。

これからも、こんなノリで見た舞台の感想を残していこうと思っていますので、
それを少しでも楽しんでいただけたら、嬉しい限りです。
なんの変哲もないフツーの大学生の私が、
こうやってブログを書いて、それを読んでくださる方がいる。
それだけで、本当に凄いことです、私にとっては。

またロム専に戻られるのでしょうかw?
よろしければ、またコメントお待ちしておりますので!
ありがとうございました。


ということで、今日はここまでで、失礼します。

コメントいただいてる、青瑪瑙さん、夏瀬さん、hanihaniさん、ruruさん、
みちこさん、安寿ファンさん、lunaさん、くれがさん、assamさん、ぶるぶるさん、
しま子さん、ふゆさん、ぱこさん、もう一度(笑)みちくささん、NIKEさん、
あきこさん、薇瑠さん、ミカさん、文月さん、花里さん、
ゆっくりではありますが、徐々に返信させて頂きたいと思っておりますので、
お待ちください。(って、こう言って待ってる人がいるのかってのが、不安だが)

拍手数も82とか、えらいこっちゃになりましたし、
コメントも30人ぐらいからいただきまして、
いや~なんかホント、凄いな、って、一番私が驚くわ。

みなさん、ありがとうございます。

場所が悪い。

2008年03月20日
『君を愛してる/ミロワール』オヅキの舞台写真(スチールも含む)ほぼコンプリート。

舞台写真は別に…

とか言ってた1ヶ月前が懐かしい。
こうやって人は堕ちていくんですよ、みなさん。
よーく見ててくださいね。逐一報告するんで。

オヅキぐらいだと舞台写真の枚数もさほど多くないんだよなぁ~
とか、考えたら『じゃあ、買っちゃえよ。』って囁きが聞こえた。
素直に囁きに従う。私は素直なの。

にしても、レジに写真を持って行くことが恥ずかしいなぁ。
スチールが緒月の一枚だけで、
他が緒月と水しぇん、相沢まっつソロ、緒月とアンジェリックの2ショット。

レジのお姉さんに緒月贔屓がバレる。
つーか、まっつが混じっちゃったよ。そこもアララだよ。

緒月の写真だけを買うつもりだったのに、
ふとフロックコートのまっつを見掛けて、ご購入してしまった。
だって『舞姫』今日楽日じゃん、もう見れないじゃん。買うしかないじゃん。相沢!!

なんか知らないけど、色々あって週4ぐらい日比谷にいる。
だからキャトルレーウ゛にも行っちゃうんだよな。
良くないよな。

あ、この間、がんばった大賞で、『SP』のNG見ましたよ。
ネクタイで顎絞められて「グェ」ってなってるつっつんが非常にかわいらしかった。
久しぶりに「いや~つっつん可愛い~!!」ってテンション上がった。
なんか新CMもあるらしいですね、彼。はるさめ?
随分先の事だと思っていた『SPSP』ももうすぐだしなぁ~♪
是非、尾形には映画化されるまで生き残っていただきたいものです。

3/19 舞姫

2008年03月20日
宝塚の凄さを実感できる舞台
2008年3月19日『舞姫』@日本青年館

作・演出・出演者→こちら


夢を切り裂く、鋭く輝く日本刀。
相沢謙吉

丁寧に豊太郎を演じた愛音羽麗。
エリスの可憐さをこれでもかと印象付けた野々すみ花。
でも私は、相沢謙吉を演じた未涼亜希についてまず語りたい。
だってやっぱりまっつが好きだから。

この人、どんな思いで豊太郎やエリスに言葉を告げていたんだろう。
彼らが見ている夢を誰よりも理解している相沢が、
鋭くその夢を切り裂く。

切り裂く為に、まっつがその瞬間だけ心を凍らせているのがわかる。
冷たく、だからこそ美しく、輝く。
そんな未涼亜希の演技が愛おしかった。
この人が大好きだと思った。

どんな思いで豊太郎に日本への帰国を告げた?
どんな思いでエリスに金を渡した?
・・・どんな思いで??

相沢君の気持ちを思って、涙を流した。

豊太郎にとどめを刺す際には、見た目にもわかるぐらいに、
まっつはグッと身体を固めたよ。隙がなくなった。
言葉という刀の力で、豊太郎が苦しむことも、傷つくこともわかってたよ。
でもそれでも言うんだ。

彼は強い。
それでいて、彼の愛情は深い。


まっつ茶のレポをブログ巡りしていて読んだけれど、
この『舞姫』再演を未涼さんは、心から喜べなかったらしい。

当然だ。

バウの時点で、こんな痛くて辛い役に全身全霊をかけてたんだ。
まっつのことだから、バウで全部を出し尽くしてるはずだ。
この『舞姫』という舞台。
主要三人、精神疲労の激しい役だと思うけれど、
まっつの相沢君は、豊太郎とエリスとは違う部分が痛む役だ。
そんな役を演じきったという意識があれば、再演は喜べなかっただろう。

歌手である未涼亜希も堪能できる『舞姫』。
まっつの歌声が素晴らしくって、それだけで、ダメだった私は。
なんだよ、あの声。
ちょっとくぐもっていながら、それでも伸びていく。
あーまっつの歌、もっと聞きたい~!!

手紙のナレーション声にもツボる。
ひやぁーまっつの声だっ。
星原先輩とのデュエットにもツボる。
うひょー先輩と肩を並べてる。

なんでこういう演技を宝塚でしてるんだろう、この人は。
そういう所がまた好きだと思う理由なんだけど、
本当に緻密というか、誠実というか、とにかく心のある演技をしてくれる。
まっつに会えて良かったなぁー。ありがとう、まっつ。

『舞姫』は澄んだ空気のある舞台だった。
まずは景子先生の美意識ありき。
そこにみわっちの正統派の宝塚らしい男役の美しさと、
ののすみのこれまた正統派の宝塚らしい娘役の美しさとが、カチッとハマる。

あのねーこれちゃんと型にハマると宝塚最強ですから。

あの美しさの右に出るものは『タンゴ・冬の終わりに』ぐらいです。
ない!から、本当にあんなに綺麗な世界は。
ある意味、タンゴより綺麗ですから。

宝塚でしか見られないものを、キチンと見せてくれるその充実感。
『舞姫』は宝塚だからこそ、あんなにも美しい。

宝塚っていいなぁ。

正直言うと、ここんところ宝塚のことしか語っていない自分に、
自分で若干、本当に若干、呆れていたんですが、
宝塚には宝塚にしかない本当に良い所がある訳で、
今一番私が語りたいと思うのがその宝塚な訳で、
そんな時出会えたのが『舞姫』な訳で・・・

あぁ、語りたいだけ語ればいいんだな。と。
誇れ、宝塚歌劇団を、と。

宝塚でしか『舞姫』は存在できないんです。
『舞姫』を創り上げることができる。
それが宝塚の素晴らしさ。
これは、本当に誇っていいことなんだ。

宝塚についてこれからも熱が続く限り語りますが、
あれですよ、今月はとりあえず、
『春琴』と『さらば、わが愛 覇王別姫』と『身毒丸』を押さえとけば個人的にはOKなんですよ。
ちゃんと押さえたもん、わたし。
つまりプロフィールの欄(→)に名前がある人たちの舞台は削っちゃいけなくて、
あとは宝塚につぎ込めばOKだと、そういうことにします。

自分で自分が面白いと思うのは、蜷川演出etcを見ておきながら、
宝塚に盛大に突っ走っちゃってる、っていうそのバランスなんでね。
「段田安則と緒月遠麻の演技が好きです。」っていうバランス感覚。
元々は野田秀樹で、そこから宝塚に猛ダッシュ。
演劇であることには、なんら変わりはないのです。
ナマモノの魅力。人が好き。

みわっちの豊太郎。
包容力もあり、知的でもあり、男役臭さもあり、美しくもあり・・・
みわっちの良さ、爆裂ですか、とよは。
と言っても、みわっちの演技をまじまじと見たのは、今回が初といってもいいぐらいだ。
黒蜥蜴も、マルセイユも、そんなに役が大きくなかったよね。
なんか、ちょいシメさんを髣髴とさせる濃さかなー。
ひらひらキラキラ衣装が似合うタカラジェンヌって、今少ない気がするから、
みわっちのあの芸風は貴重なんだな。
その道を是非爆進してください、愛音羽麗さん。
そう、その芸名のイメージを爆進すればいいんだ、みわっち。

で、野々すみ花。
末恐ろしい。
終わり。

みつるの原芳次郎。
少女漫画だ!少女漫画に出てくる超美形の病弱キャラだ!
最初の不敵な雰囲気を漂わせた画家の原君も素敵だったけれど、
体が弱ってからのあの、格好良さw
肌も唇も蒼白く・・・儚く、美形。
演技も問題なくで、顔美形だったので、良かった、みつるも。

あと目につくのが、マメじゃない?
なるほどーこういう子かぁ。
あとは引ければいいんだね。押し出し完璧だから。
なんとなく目に付く。っていうのは、天性の才能だと思う、それだけで。
日向燦にはそれがあるので、その才能を生かして、もっと良い男になれ。
便所の水を汲むのも、休み休みでね。

まっつはさ、まっつはさ、フロックコートがえっらい似合うね!!
なんなんだろーあの似合いっぷりは。
なんであんなに似合うんだろう。
フロックコートの着こなしは、みわっちより数段上ですよ、まっつ。
なんで?なんで?
肩幅とか、あのコンパクトな感じが、フロックコートのラインに合うのかな。
とにかく超似合うよ。超格好良い。
なんか良くわかんないけど、ラインが完璧なの!!

あと、そうだ、学ランーーーー!!!!

あーやっぱもっと舞姫見とけば良かったよー。
でもその代わり、明日雪組見れたら見とくかー。
明日の楽を見ることのできる、幸運な方々。
どうか私の分まで、盛大な拍手を・・・

ブレイク!!

2008年03月19日
昨日なんとなく、予習・復習として『凍てついた明日』を見た。

凰稀かなめは好きです。
でも私は緒月遠麻のファンです。

きたろうのクライドが見たかった!!!!

最初はタータンの演技をテルに置き換えてみていた。

あ~これは絶対良い修業になる。と、楽しみな気持ちになった。
はて、私は考える。
『うちのオヅキの役はどっちだ?』
楓さんの刑事役か、ケロの役だよな。

簡単に想像ができたのが刑事役。
クライドの幼なじみ。
時代の流れ、クライドと紙一重で犯罪者ではなく刑事になった男。
複雑な感情を抱きながらクラウド達を追い続ける。

ケロの役は馬鹿ギャング。
記念写真好きで、恋人あり。
事あるごとに恋人と抱き合って、バカっぷりを思う存分発揮。
彼がいることで、ボニーとクライドの歩んでいる道が明確になる。
ボニーとクライドが強盗を重ねる理由は、彼とは違う。

ないと思うけど、初演をそのまま上演するのなら、
興味本位で見てみたいと思うのは、ケロの役かな。

刑事役は予測可能。
バカギャングは予測不可能。

予測不可能なバカで哀しいオヅキを見てみたい。

が!私は緒月遠麻のファンだ。

クライドが一番良い役じゃん。

主演になる人のファンじゃないので忘れていたがそれに気がつく。

緒月のクライド。
これ予想可能でありながら、予測不可能。
ただ、痛みを抱えためちゃくちゃ良い男になるよ。間違いない。

私の脳内にのみ存在する緒月クライド。
本当に良い男です。ファンが増えます。確実に脳内ブレイク。

3/18 君を愛してる/ミロワール

2008年03月18日
mirowa-ru

2008年3月18日『君を愛してる/ミロワール』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら


2月21日→1回目
2月25日→2回目
2月28日→3回目
3月4日→4回目
3月6日→5回目
3月11日→6回目
3月17日→7回目


あーこれが組カラーかなぁ?

なんとなく下級生に至るまで、お行儀が良いと言うか、
「俺を見てくれ!」、「私を見て!」的な戦闘態勢にないと言うか、
劇場全体、お客様全員が均等に楽しんでいただけますように。
みたいな、そんな感じだ、雪組。
前方席へのアピール少なめ??
いや、してくれるけどね、釣ってくれるけどね、
ニッコニコだけどね、超テンション上がるけどね!!

まずは緒月の目線をもらえたかどうかの、報告。
今、記憶を都合が良い方向に捻じ曲げてる最中なんだけど、
うん、たぶん微笑んではもらえた。
中詰めで、かな。
今日の2列目は、緒月を見るためだけに、
緒月の銀橋での位置を考慮して買った席だったので、
ポジション的にはバッチリ。緒月、目の前。ドキドキ。
私の方が100%戦闘態勢で緒月をガン見ですよ。
で、ちょっと目が合ったか合わないかぐらいのラインで、微笑んではくれた。
私だけにって感じではなく、私が真ん中でその周辺に向けての微笑み的な。

これを記憶捻じ曲げて、私に微笑んでくれた。

にしている最中ですよ。
まぁ、でもあながち間違ってもいないと思うんだ。
もうちょっとピンポイントで釣られたかったという思いもあるけれど、
でも2列目観劇、本当に幸せだったからいいや~

ミロワール、プロローグでは水しぇんの広範囲微笑攻撃を受けることもできたしね。
一見(本当に一見だけ)クールな水夏希にあぁやって微笑まれると、
なんかそれだけで、とろけますね。好きだー水夏希。

キムテル。
キムはキザって当然。キザってなんぼな芸風のイメージあるけど、
テルもこの子、結構やってくれるんだなぁ。
銀橋の付け根で振り返る瞬間に、ものすっごい美しいウィンクとかしてるし、
水先輩系列の微笑攻撃もしてくれる。
テルは女としてとか、男役としてとか越えたところで、ただただ綺麗だ。
それこそ下手だったんで、テルがいること多かったけど、
結構目が合ったような気にはなった。すっげぇ格好良いよ。ドキドキ。

キムはニカっと笑ったのを見ると、こっちもつられてニカっとしたくなる。
そんな明るさのある笑顔を持っているのは、彼の大きな強み。

今日はユミコの癒しの歌声が、全然効力発揮しないほどテンション上がったわ!
やっぱり2列目ぐらいだと、遠目で見るのとは何もかもが違う。
歌舞伎も近くで見ると印象がガラっと変わった気がするんだけど、
宝塚も面白さの種類がガラっと変わる。

今日で手持ちチケットは全て消化。
まだ見る手段はあるけれど、予定に雪組観劇がないのは寂しい。
30日までやってるんだから、あと2回ぐらいは見ておきたいよね。
目指せ10回。

今日、芝居の最後でアルガンがやってくれた。
レイチェルと銀橋で歌ったあと、
アルセスト×セリメーヌ、ジョルジュ×マルキーズのカップルが登場する。
アルガンはね、泣いてるんですよ、振られて泣きながら銀橋を歩いていくんですよ。
泣き方がね、まさに「グスン(涙)」って感じなのがまた、可愛いんだけど。

グスンと男泣きしているアルガンの姿に前方のお客さんが反応したんだ。
『あぁ、泣いてる~かわいそうだねぇー』的な反応を・・・

そしたらアルガン、ってかユミコが
「ありがと。」
って、お客さんに対して言った。

アルガン、ってかユミコ、良い人過ぎる。
ここで彩吹真央好感度が急上昇。
ユミコもすごい好きだ。
派手さはないかもしれないけど、確実な実力を持ってる男役じゃん?
大切にしましょ、大切な人ですから。
ユミコみたいな実力派が2番手にいてくれるって、水しぇんは安心だろうな。
次は、ガッツリ絡む芝居が見たいよね。
頼んだぞ、正塚。

さて組カラーを絡めたいつもの緒月話に戻る。
私、今回、緒月がウィンクしたの見たことあるか?

ない?

うわーーーウィンクしないとか、もったいないからねぇー!?
あの漢・緒月遠麻に一本釣りされたら、釣れない魚はないですよ。
むしろ釣られたい私のようなモノが現れてますから、エサ盛大にまいてください?
キザりより、笑顔?雪組?

あかしだったら、絶対ウィンクの一つや二つ投げてくれたと思うんだけどなぁ。(笑)
その辺どうなのよ、同期の緒月さん。

ただ私はもう完璧ファンなので、緒月の笑顔だけで嬉しくなれる。
ショーの冒頭、えっと、ハマコ・ゆみこ・キム・ひろみ・テル・キタで踊る場面かな。
オヅキね、毎回、ひろみと目合わせて笑顔振りまいてるから。
あれきっと、ひろみからじゃなく、オヅキからの笑顔だから。
あんなに笑ってくれると本当に幸せ。
楽しんでる気持ちが、伝わってくる。
ホント宝塚、楽しいんだろうなぁ~男を演じられることが楽しいんだろうな~。

私の宝塚入門は90年代の月組だから、同年代の花・雪・星にもそれなりに思い入れがある。
ゆりちゃんや、久世さんがトップだった時に、
他の組でトップだった人たちなんだから、そりゃそうなのだ。
TMP、TCAで並ぶのだ。「じい!」「若っ!!」なのだ。
私が持つ90年代の雪組のイメージは、イチロちゃん。
あの硬質さ、真面目さが、雪組のイメージ。
イッちゃん、ユキさん、トド様と、うん、総じてこのイメージに当てはまっていく。
芝居の月組、芝居の雪組だけど、雪組の芝居は型崩れしないイメージ。

このイメージが若干今と重なるのかも。
とにかく2列目で見て、なんとなく組カラーなるものを今回初めて感じた。

下手のWトリオに入ってるのは、冴輝ちはや君かな。
「あ、顔かっこいー」と思って、見つめてみて、
たぶん私からの『今、見てるよ。見てるからね。』アピールも、
感じてくれてたと思うんだけど、こう反応が、やっぱり笑顔でおりこうさんなのだ。
パレードで花道にいる下級生たちも、同じような感じ。

ということで、ウィンクあんまりしないオヅキの笑顔やら、総じて、

もしかして、これが雪組っぽさか?

と、思った次第であります。
個人的に、今、生徒を個々に見ると雪組が熱いんだけれど、
でも組全体の雰囲気が好きなのは星なのかもな。

あ、長々と、でも書かなければいけないことを思い出した。
『君を愛してる』、これ衣装と装置がいいんだね。
衣装、実はオシャレじゃないかと思ったよ。
あの世界観の中でのオシャレが、成立してるから。
つまり、舞台衣装としてのオシャレ。

現実的に見て、あのポスターの衣装は有り得ないけど、
でもあれもこの世界を通して見たら、私は間違いなくありだと思える。
ってか、凄いよ?
世界観が濃縮されているといことが凄い。
有り得ない色使いだけど、センスがない色使いではないと、私は思うし。

それでもポスターの衣装にはビックリさせられたけど、
仮面舞踏会のオカマ陣の黄色いドレスは、あれとか凄く好き。
(って、使いまわしだったりしてw)

裏地が可愛い服が多いです。
ジョルジュの赤いコートの裏地が、柄入りのピンクで可愛かった。
ジャケットの襟の色とかも素敵なのね。
スカーフの色と合わせたりしてる。
アルガンの黒水玉のスカーフの使い方とかも、良い。
これも使いまわしだったらウケるけど、
レイチェルのスーツとかもデザイン、実は可愛い。

娘役陣はワンピースが多いけど、ちょっと昔に流行ったような、
それでいて『君を愛してる』の世界観も汲んだ、また可愛いワンピースが多いんだ。
セリメーヌが着てるワンピースとか、色使いも含め、いつも可愛いよ。
リュシールや、アンジェリックも、もちろん。
リュシールは靴、白のブーティーだよなぁ、あれ。リボン付き。
シナちゃんに似合っててこれも可愛い。

あ、装置関係なくいつも思うのが、効果音。
えっとね、私、レオン神父が教会の門と鍵を閉める音と、
マルキーズの空中ブランコが「ぴゅーん♪」って飛んでっちゃう時の音が好きなのね。
もう実写版アニメですよ。

で、装置だけど装置はあれ、カンディンスキーっぽいんだ。
どっかで見たことあるような気がしてたんだけど、授業で見た。
キリンといい、オウムといい、初めはこれも驚いたけど、それが世界観確立に一役かってる。
車輪が回ってたり、それもまた『君を愛してる』なんだよなぁ。
裏と表を使って町並みを現したり、サーカスを表したり、使い方も上手いと思う。

こんなところでも2列目観劇の違いですかね。
今日は特に衣装に目が行ったということで~

3/17 君を愛してる/ミロワール

2008年03月17日
mirowa-ru

2008年3月17日『君を愛してる/ミロワール』@東京宝塚劇場

作・演出・出演者→こちら


2月21日→1回目
2月25日→2回目
2月28日→3回目
3月4日→4回目
3月6日→5回目
3月11日→6回目


水夏希は、千葉の誇りだな。
中途半端でびみょ~な県、千葉。
でもそんな千葉が割りと好き。
私は千葉県出身、水夏希も千葉県出身。
それだけで、嬉しいですよ。

銀橋を一人渡るミズの姿が、どれだけ誇らしいか、素敵か。

いつも好きで好きでたまらないのが、
芝居後半「ジュテーム♪」と歌ったあと、ピンスポが絞られていく時のあの表情。
神々しいぐらい綺麗、水夏希。

でもなんか今日、台詞がおねぇになってるシーンがあったんだけど、どこだっけな?
あ、思い出した。
「僕の家でこっそりとね!」
とかなんとか、マルキーズの為に内緒でポトフを作ったことを告げる際、おねぇだった。
いいけど、おねぇでもさw

決して技術があって上手いわけではないけれど、
でも気持ちのこもった水しぇんのせくしぃな歌声が好き。
声が裏返る(若干裏声になる?)その変わり目に、ドキっとするんだよなぁー

水しぇん、フェンシングでまた剣落としました。
前見たときはリュシールの剣を上手く拾えなかったんだけど、
今日は、自分の剣を剣立てからひょいっと取る時に、掴み損ねて落下。
「おっと!危ない!」とかなんとか、一言入れたけれど、
シナちゃんとの殺陣が合わなくなったぞー。

無理矢理、シナちゃんと戦って、
ペシペシ上からシナの剣に攻撃してたけど、シナも剣を離せず。
「もう、危ないから渡しなさい!」
と一言挟んで、シナちゃんから直接剣を受け取って、剣立てに戻してました。
ちょっと焦ったけど、客席からも拍手ありで、
その後の殺陣も無事だったし、良かった良かった。
あぁいうシーンって危ないだろうからなぁ。
怪我のないよう気をつけて。
新感線は本気で凄いんだなw
・・・あ、水夏希と新感線っていいな。見たいな。見る。決めた。
・・・私の気持ちだけじゃ絶対きまらねぇー!いのうえさーん、何年後かよろしくお願いします。

芝居は脳が麻痺してるのか、全然飽きずに見てられるんですよー今回。
しかも7回目にして、また泣いてますからね。
だってみんな優しいんだもん。
優しさをストレートに優しさとして受け止められる心の余裕を、最近は保ててるらしい。
1回目とかは余裕のない気持ちに優しさが染みて泣けたんだけど、
今日は優しさをそのまま受け止められる暖かさに涙が出たよ。
このままの気持ちで、過ごせればいいなぁ。

もしまた滅入る様なことがあっても、

悩むことは、な・に・もない~♪
お気楽に生きよう、気ままに~生きよう~
逆らっても仕方なーい♪
ありのままを受け入れてぇ~楽しめるだけ楽しもぉ~♪


の、フィラント精神を貫きますよ。DVD買って歌ってもらうから音月に。

やっぱ結構、病んでるわ、ワタシ。色んな意味で。

相変わらずクレアントが私の一番好きな人です。
「兄さん、愛は、花のようなものだよ。」
って言われると、こっ恥ずかしくてどうしようかと思いますが、でも一番好きです。
でも、5回目ぐらいから、あんなに過保護には愛されたくないなぁ、と思うようになってきた。
幸せは幸せだろうけど、完璧寄りかかって生きることになりそーじゃん?
まぁでも、超寄りかかりたいけどね。えぇ。

で、今度、きたろう茶行く。
8月は行く。
日程が合えば絶対行く。
もう私は決めたんだ。
行くったら行くぞ。

最近、下手の割と前めの席で見ていますが、この辺で見ているとコマがとても気になる。
スカパン、結構、心を痛めつつ、シルクドメールに移る決心してるみたいですよ。
「たくさんの人に、夢や感動を与えたい。」って想いがあるのも一緒みたい。
だけど、彼はその想いがあるからこそ、シルクドメールに行くんだ。

コマの演技は、そういう演技。

マルキーズがアルガンに、自分のサーカスならではの良さを伝えている時には、
マルキーズのその言葉に共感している。
マルキーズ達を裏切ることになるのは、重々わかっている。心を痛めている。
でも、自分にも夢がある。
夢に一番近づく為の最前の一歩を踏み出さなきゃいけない。
スカパンはきっと色々考えたんだ。
それで、選んでる。

ずーっとコマはそういう演技をしてる。
だからコマを見てしまう。
で、見ると、気づく、キラキラしてることに。
ちっこいけど、良い男かもしれない、沙央くらま。

下手の前の方に座ってると、花道が近いんですよね、当然。
マルキーズの誕生日にアルガンがやってきてからの下手花道は相当熱いですよ。
舞台中央とか、見る必要ないのね。
むしろそれは他の席で見るときに補うとして、絶対に見なきゃいけないのは下手花道に居る、
水・音月・凰稀です。

すげぇよーこの3人が、間近で永遠小芝居してるよぉー
すっげぇ、幸せだよー。

アルガンの横暴さに怒りをあらわにするジョルジュ。
「なんだよ、アイツ。」的なことを言っているっぽい。(台詞までは聞こえたことはない)
それを一緒に怒りつつ、なだめるフィラントとアルセスト。
なんて綺麗で格好良い3人組なんだ。

シャルルがアルガンたちに反論し始めてからは、彼らに笑顔が戻る。
それもまた、可愛い。
あんな表情した水しぇんを近くで見ることが、私のようなものでも可能なんですね!
有り難い~!!

そんなシーンもあるし、緒月もショーでは下手が多いし、
センターでも見てみたいけど、下手でいいんですよ。楽しいぞ、下手も。

ミロワールはさ、なんか公演時間短くなってません?
なってない、って?
なんか見れば見るほど、終るの早くなってる気がするんですけど。
「やったぁ~始まった~!!」
と思ったら、もう終んのね。早いのなんか。
理由は、「楽しいから」なの、わかってるんだけどさ。

緒月が格好良いのは散々言ってますけど、やっぱり今日も格好良い。
プロローグのとさかがレベルUP!
10cmとさかから、前髪をひと筋垂らし始めましたね!
私が前髪ひと筋垂らしに弱いと知ってのことか!
プロローグでオヅキが出てきた瞬間、
「キャー!前髪垂れてる~!!」と一人テンション上がりましたよ。あーかっこいー

パレードでは、手を振るゆみこと水先輩が見れた。
私より2、3列前に座っていた二人が、たぶん手を振ってたんだな。
それに応えてあげてた。
いいな。私も一人じゃなかったら、手ぐらいふったるわ。

あー今日も楽しかった。

既に朝刊アリ。

2008年03月17日
1時からとか、エントリーシート書き始めちゃうとダメだね。
なんかちょい頭興奮して、冴えちゃって、眠くならなくなるわ。
最近、RPGがやりたくて、バイト先の人にオススメ聞いたら、
『FFだったらⅩだ。』って言うんで、Ⅹやり始めました。

主人公のティーダの存在は知っていたけど、
彼、成宮君っぽくない?
ナリっぽい気がする。存在の明るさとかが。

「名前、ナリにしようかなぁー」と呟いたら、「マジかよ。おまえ。(笑)」と弟に一蹴。
普通にティーダにしたけどさ。
ヒロインのユウナも、最近流行の顔っつーか、アイドル顔だよなぁ。
綾瀬はるかとか、堀北真希とか、あの系統のイメージ。

まだまだプレーし始めて間もないですが、
きっと全クリする前に飽きます。
あー寝なきゃ。
でもFFもやりたいなぁ。

現時刻:3時48分@既に朝刊はポストの中に。

子役頑張る人達。

2008年03月15日
昨日の記事にこんなことを書いた。

祖母からDVDが仰山届いた。
仰山って程でもないか。
『堕天使の涙』、『星影の人』、『ロマンチカ宝塚』、『オクラホマ』、
あとは『DANCIN'CRAZY』の売ってるDVD。

昨日『堕天使の涙』を見たので、
今日は『ロマンチカ宝塚’04』を見よう!と、プレーヤーに入れたら、
流れ始めたのは『青い鳥を捜して』。

んー!?中身とラベルが違うっ!?

トド様降臨の雪組公演。
あーばぁちゃんに「撮って!」って頼んだわ、これ。
気分はすっかり、星組オギーショーだったので、ちょいガッカリ。

まぁ昔のオヅキが見れるかもしれない!
流し見しよ~ってことで見始めた。
脚本・演出は石田昌也。

・・・サイっっテイだね。

なんて不快感たっぷりな脚本を書くお方だろう。
つーか、宝塚ってお客の8割9割が女性だよね?
それをわかってて、あんな脚本を書きますか?
無神経極まりない。
どこが?っていうか、台詞の隅々に至るまで無神経だ。
「世の中言って良いことと悪いことがあるんだ。」と正義を説き伏せて、
悪人を黙らしたその人が、すぐ次の瞬間に、決して言ってはいけないことを連呼する。
そんな役がスターの演じる役。魅力、彼らの存在感のみ。

宝塚で上演するモノとして無神経。そして下品。無意味に下品。

なんでわざわざ下着メーカーにする?
あんたは、タカラジェンヌにブラジャーを持たせたいだけじゃないのか?え?
男もひっどい馬鹿な男だから、見た目しか格好良く見えないし。
そうトド様もコムちゃんも、かしげも見た目はえっらい格好いい!!
名前が運命の人と違ったからって、一気に冷たくなるとかって、
おまえどういう基準で恋愛してんだ?つーか、そもそもそれって恋愛?
基本的に女を馬鹿にしてるし。
確かに男に比べたら、能力が劣る部分もたくさんあるよ。
でもそれはお互い様だから。
だけど石田さんって人は、そんなのおかまいなしに、
男の方が偉い。凄い。って心の底から思ってるんだろうなー

心の底にある思いを隠そうとはしているのかもしれない。
でも、隠す才能もないから、心の底が簡単に作品に透けて見える。
よって女である私は非常に不愉快な気分になる。
これならまだキムシンの「愛がなければ死んじゃう~!!」を見ていた方が、
気分は100倍まし。比べるまでもない。

宝塚を見た気分としては、最低だ。

だけど、配役とかは上手いのかもしれないなぁー・・・

まぁ、オヅキがハマコの息子だったことに笑ったのは言うまでもありませんよ。
デカイし。
だけどなんか、設定、小学生ぐらいっぽいし。
オヅキ、ガキ大将の悪ガキだし。
ハマコ、なんか舞風りらちゃんをしつこく口説いてるし。
どんな親子!!この人たち!!

子役ですよ!?オヅキ。
あーもう、過去を見れば色々な発見があって本当に面白いよ~
子役ですよ!?
しかもハマコの息子ですよ!?
で、コマをいぢめるんですよ!?たぶんそれ、好きなんじゃねーの!?

ハマコに殴られて、痛いっ!って顔してる緒月とかもう意味がわからない。
ハマコより確実にデカイのに。

あー、『PUCK』、PUCKのダニエル・・・
ダニエルも半パンを履いていたよねぇ。

私がさ、もし男役やっててさ、まぁ、すっごい宝塚の男役に憧れて生徒になるわけじゃん?
それでさ、ある程度学年が、つーか現実的に年齢が例えば24、5歳の時にさ、
「小学生の役ね、君。で、いじめっ子。」って言われたらどんな気持ちになるだろう。

あーもう、やるしかねぇなぁ・・・。

って感じだよ。私だったら。
キビシィな、タカラヅカ。
まぁある意味、吹っ切れられる気もしますけどね。
吹っ切れなきゃやってられないし。

ガンバレ、タカラジェンヌ。負けるな、タカラジェンヌ。
芝居がダメでもショーがある。
芝居がダメで、ショーもダメでも明日がある。

久世さんもダニエル、本当に良く頑張った。
緒月もピエール頑張った。
私もなんか頑張ろう。

拍手レス

2008年03月15日
ちょっと聞いてみたい』と記事を書きましたら、
予想以上の拍手とコメントをいただきまして!
「趣味がかぶる。」という意見の他に、
「文章が好き。面白い。」と言ってくださる方もチラホラいて、
嬉しくて、正直調子に乗りました。(笑)
ありがとうございます。
ほかにも「辛辣」や「辛口」等のコメントもいただいたんですが、これが意外に嬉しかったりw
贔屓の役者さんに対しては、基本的に激甘ですが、
それでも嘘をついて褒めることはないし、ある意味正直さの表れかな。とプラス解釈。

まだコメントしてなかったけど、したい!

という方、もしいらっしゃいましたら、ガシガシどーぞよろしくお願いします。

前置きがちょい、長くなりましたが拍手レスです。
えっと『テトなのか?』この辺りの記事からのレスです。

★らーらさん★
初めまして!
結構落ち込んだ感がある日の記事に、優しいコメントいただけて嬉しかったです。
ありがとうございました。
ある人に言われて、それで気がついたんですが、
ワタシ、普通の顔が不機嫌そうなのかもしれません。
少なくとも優しげな顔ではないのは確かw
そういうところがあるから、変に目立ってしまうんだろうなぁーと。

背の低い人は背の高い人に憧れて、背の高い人は背の低い人に憧れて・・・

どちらが良い悪いでもないんですが、同じように結局ないものねだりなのかもしれません。
顔の表情は、努力でなんとかなりそうなことなので(笑)、
とりあえず朗らかな笑顔を意識して、毎日過ごしてみようと思ってます。
3月に入って、段々と落ち込んだ気持ちも回復!
楽な気持ちで毎日を過ごせています。
また気軽にコメントでもなんでも、残してやってください♪

★しまこさん★
固ゆで卵ジョージネタに食い付いていただき、ありがとうございます!
ジョージ、本当にジョージ好きですよ。
私が『うわっ・・・好きすぎる・・・』と思ったのが、あれですね、
アレックスに娘が死んだことを知られたのに気がついた瞬間。
ふと表情を曇らせる演技に、グサっとやられました。
「さすが、久世!!」ってw

ゆら姐の妖怪ダンスはインパクト強すぎて見入ってしまい、
その場面の天海氏の台詞が全然頭に入ってこず、巻き戻すはめになりましたねぇ。
妨害行為ですよ、ゆら姐。

今の宝塚、久世さんみたいな芸風の人がなかなか出てこないですよね。
よくよく見てみれば顔は久世さんと緒月、全く似てないことに気がつきましたが、
でも奴らが押してくるツボが間違いなく同じです。
私、一番効くんですよ~このツボが!(笑)

★ぱしさん★
ことある毎に、応援コメントやらやら、ありがとうございます。
これからも気軽にポチっとよろしくです!

★ミカさん★
ポケカレネタの際にコメントを・・・
ウジウジ考えすぎていたことが、すっきりまとまって楽になったのが、
ポケカレ発売日の翌日だったんだと思いますw
緒月のポケカレが出ないのには、文句タラタラですが、
それでも水夏希と未涼亜希が買えたので、ご機嫌です。
手帳に入れても、微妙に顔までは見えないぐらいなんで、
人前で開いてもセーフかな。ってところが気に入ってます。(笑)

またウジウジした記事を書くかもしれませんが、
まぁなんとか、ウジウジしつつも頑張る所存ですっ!
コメントありがとうございました。

★沙羅さん★
初めまして!
今公演で晴れてオヅキを贔屓に認定させていただきましたので、
これからもどうぞよろしくお願いします。
って、なんのこっちゃな挨拶から失礼します。
お茶会には行ってみたいけれどFCには足を踏み入れたくない、
お礼状は貰ってみたいけれど、手紙を出す気概もない・・・
そんな微妙なファン道を歩んでいきそうな気がします。
このブログでは、どんどん緒月遠麻を押していくつもりではありますがw

CSの稽古場風景ですね~!ナウオン等チェック入れときます。

またどうぞ、緒月ネタの記事を書いたときでも、
そうじゃない時でも、遊びに来てやってください。

★文月さん★
あーもちろん覚えてますよ!っていうか、結構ブログ覗いてますよ。
共感できて面白すぎるので、もっと更新頻度を増やして欲しいぐらい。(無理なくね)
お母さんがズンコが好きってのもアレですよ、
ウチは祖母がズンコファンですからね。(母は全く興味なし)
天海氏より久世さんにときめくっぽいのなら、緒月遠麻は絶対にチェック!
と、こんなところで早速オヅキを押してみるのです。ハハハ!

文月さん、さん?ちゃんでいい?文月ちゃんは、来年度から高校生なんだよね。
私も中2ぐらいからネットを始めて、
自分なりに文章に気を遣って好きなドラマのBBS等に書き込みしたりしてましたが、
ブログ読ませてもらうと、
『私、ここまできちんと文章書けてたかな~?ちゃんとしてんなぁ、この子。』
って思うことがたびたびですよ。
「~なんですょ。」とか、うざったいぐらいの絵文字とかないし、読み易い。
個人的には凄く私と文章の感覚が似ているなぁ、と感じてます。
『コレ?書いたの私??(笑)』って思う瞬間があったりするんですよ、ホントにw

私も遊びに行くんで、またどーぞ気軽にコメント残してくださいませ。

★ゆっかさん★
コメントありがとうございました。
普段ROM専門の方からコメントいただけると、これもまた嬉しいです。
天海祐希や久世星佳と同じ時期に在団していた方のファンでいらっしゃるんですね。
いや~誰だろ?ちょっと気になったりw
あの辺の時代の宝塚、昔の空気と、新しい風とか入り混じったような感じで、
今も憧れるような気持ちがあります。なんか良いなぁー、っていう。

私は幸い千葉の割と便の良い土地に住んでいるので、
大体の主要な劇場には、たいした苦労もなく行けてしまう幸運者です。
性質上仕方がないですが、演劇って本当に東京、あとは大阪辺りが中心になってしまいますよね。
私のブログがちょっとでも気休めになっていただけたら、嬉しい限りです!
これからもよろしくお願いします♪

★花里さん★
初めまして~!
花組のまとぶん、まっつ好きさん、ということで。
私は花組ではまっつが一番気になる人で、あとは日向燦。
ヒジョーに気になる存在です。
中日のお披露目は、さすがに見に行かなかったので、大劇場待ちです。
まとぶんが大階段を一番最後に降りてくる姿を見るの楽しみだなぁ。
あと、ゆーひ君との兼ね合いも。

自分でも発信してみたいともおっしゃっていましたが、もうしてらっしゃるのかな?
ブログ作るのって思っていた以上に、簡単でした。
30分ぐらいで、記事をUPするに至ってます。

どんどん長くなっていくので、第一弾拍手レスはこの辺で。
またすぐ、第二弾レスもしていきたいと思っております。

みなさん、ありがとうございました~

2列目左から2番目

2008年03月15日
『未来創造堂』見ましたよー。
井美穂さんの所と、
ちらっと映った、ミロワール大階段2列目左から2番目に特に注目して。
あやかちゃんの事に関しては、色んな人がツッコミ入れてるよなぁw彼女はシメさんの嫁です。

井さんが自分のこだわり、
宝塚歌劇について短い時間ではあったけれど、語ってくれました。
井さんとあやかちゃんって知り合いじゃないのかなぁ~?
劇場で2人を一緒に見掛けたことがある。
「あ、中井美穂さんだ~」と思って、パッと隣りを見たら、
「んー?あの顔知ってる・・・?」、5秒考えて、白城あやかだと答えを出した。

って、一日経って追記。
中山美穂は女優じゃーん。
中井美穂だ、古田の嫁は。
似たり寄ったり。すんませんです。

あれは宙のシャンシャンだって言ってたから、ファンタジスタニのシャンシャンなのかな?
わからないけどコスモ、コスモ♪っぽくはあった。

ミロワールの大階段見たら、早く東宝に行きたくなった。
あの気合入りまくりの大階段黒燕尾に酔いしれたい。

あ、『瞼の母』当たりましたー。
良かったー。

あと最近、グレープフルーツの香りに凝ってます。
凝ってるって程でもないか。
LUSHのボディソープと、気まぐれに買ったBODYSHOPのボディローションと。
強い香り、特に甘いのはダメで、
電車の中とか隣りに香水つけてる人がいるだけで、気持ち悪くなるぐらいだけど、
このくらいなら大丈夫。気持ちが良いですね。

今日、祖母からDVDが仰山届いた。
仰山って程でもないか。

『堕天使の涙』、『星影の人』、『ロマンチカ宝塚』、『オクラホマ』、
あとは『DANCIN'CRAZY』の売ってるDVD。
くーっ!早く『タランテラ』が見たいよぉー!って贅沢言っちゃいけない。
祖母に家に行くと、私はやたらめったら目ぼしい番組をHDDに録画予約する。
本当にやたらめったら録画しまくるので、
実家に帰るまでの時間に、DVDに落としきれないのだ。よって持って帰れない。
落としきれていない分を、祖母がDVDに落として送ってくれた。
DVDを保護していたのが、なぜか朝海ひかるのポケットタオルだった。
気遣い
『堕天使の涙』は朝海ひかるの退団公演だ。

祖母の気遣いを感じた。

『堕天使の涙』、見ていて思う。
これは新人公演が見たいでしょ~!!
緒月のジャンポールって何!?緒月のジャンポールって何!?
絶対似合うに決まってんじゃん。
スカステで新公放送してくれますよね?
そのときが楽しみだ。
凰稀のルシファーも美しいに決まってる。

今日はバイト先の歓送迎会でした。
やっぱり、完璧に打ち解けた人がいない大人数の飲み会って嫌い。
どうしても居心地が悪くなる。なんだかなぁー
この苦手感、克服したいんだけど、なんだかなぁー

目先の目標

2008年03月14日
お腹減った~!
チョコクロしか食べてないのー!
お腹が減ってルミネ買い物する気にもならない~!
10%OFFなのにね。
まぁ10%ってたいした値引き額でもないけどね。

最近、洋服、どんなものを買えば良いのかわかりません。
今まで着てたものを生かしつつ、大人らしく変化させていきたいイメージはある。
だけど、いざスカートとか買おうと思っても、なんかどうも踏ん切りがつかない。
買えやしない。
緒月に変な金を費やしてしまったので、その事を考えるとブレーキもかかる。

でも実際問題着る服がない。
もう春です。春物というものを考えなくちゃ。

18時半になれば、飲み会始まる…。
目下のところその時間まで飢えを凌ぐことが目標です。

カオスでショー

2008年03月14日
やることなくて、家の中ですごい暇を持て余してしまって、
『あー宝塚見たーい』モードが全開だったので、
今まで見たことのなかった、博多座の『Cocktail』を見た。
花組の春野寿美礼お披露目に近いショーか?
もう調べる気力もないんだけどさw

なんつーか、このショー・・・
カオスだっ!!

狂言回し的な存在で、みとさん(梨花ますみ)とみおさん(大伴れいか)。
みおさんって、そういや73期だよなぁー。

2002年のショー。
あさこの顔はなぜか今と変らずだったけれど、
オサもまっつも若かった。みわっちも若い。さお太さんも変らず組w

「あ、すっごい好みな人が居るジャン。」

矢吹翔だ。

あーやっぱり、やっぱり私は好きかぁ~ちはる兄貴が。
色気のある男っぽさが、あのショーをチラっと見ただけでもわかりますよ。
私の好きなタイプです。
ちょっと濃い目の部類に入る、好きなタイプかな。
ちはる兄貴は72期。
72期つったら、香寿たつき、紫吹淳、そして真山葉瑠と同期か。
あー生でちはる兄貴見てみたかったなぁ~

ちはる兄貴に惹かれつつ、ポイントポイントで大爆笑できるショーだった。
大介って、本当に大介だなぁ。

まずオサアサがちゅーしてたのに笑った。
寿美礼様がトートっぽい。中性の役で、アサコを惑わす。
アサコ、オサにメロメロ。
オサもアサコを可愛がってる風だけど、でもどこか裏がありそうな黒さを醸し出す。
そんなところが春野寿美礼の男役の素敵な所。

あまりにもアレ過ぎて、大爆笑。
なにもオサアサにちゅーさせなくとも。

ちゅーで更に笑って、思わず巻き戻したのがまっつ。
まだこの時、研5ぐらいだよねぇ?
それで、みとさんとちゅーしてたよこの子は!!
その前のカクテルを訝しげに眺める姿とか、めっちゃ可愛いし。
なんだろう、まっつは、本当に素敵に面白い人だなぁ。
歌える人なので、ちょいちょい下級生ながらソロを貰っていたのは嬉しかった。
やっぱり私、まっつも好きだ。
踊り方とか好きだ。

ちゅーの前のバスケシーンも、アレ過ぎて爆笑。
元バスケ部としても、アレはなぁ。
しかもさお太さんだしなぁ。
なんでさお太があの場面を担当しなきゃいけないのよ。
大人の良い男ができるのに、高翔みず希は。
あんなのは、まだ若い小僧に任せておけばいいの。
さお太にやらせる役じゃない。

だって、ちはる兄貴と、さお太と、としこ姉さん(だったよな?)のシーンなんて、
最高にアダルトで格好良かったじゃん?
大劇場じゃこのメンバーで一場面持たせられないけど、
博多座だからイケるメンバー。
ちはる兄貴の歌声が、低い声が、グッときて、それプラスさお太さんと姉さんのダンス。
ムード満点。良い場面。

J-POP多用にも爆笑した。
オサが歌うエロティカセブンってなんだ??
サザンだよーー!宝塚でサザン!!
最初の方は、DA PUMPだよ。あはは。
大介凄いよ。
それをやっちゃう度胸の良さっていうか、なんというか。

あー本当にこのショー面白かったなぁ。
突き抜けたツボがあり過ぎる。
キザるみわっち、とか。

舞風りらは上手くて綺麗な娘役だよな。
なんとなく紫ともを思い出した。
派手さはないかもしれないけど、可憐な役も、大人の女も演じることができる実力派。
色んな表情を的確に見せてくれる娘役さんであるような気がする。
『銀の狼』も見たけど、あの役も良かったもんなー。
大鳥れいみたいな娘役も好きなんだけど、舞風りらも好きだ。

ネタがなくなると、ヅカネタで記事を埋めていくことになりますね。
ではでは、もー書いて落ち着いたから寝るか。

『五右衛門ロック』は一公演取れたけど『瞼の母』が微妙だ~。
あー取れないと面倒だよぉ。
 | HOME | Next »