FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/28 円生と志ん生

2007年11月28日
ennsyou

2007年11月28日『円生と志ん生』@紀伊國屋サザンシアター

作:井上ひさし
演出:鵜山仁
出演:辻萬長/塩田朋子/森奈みはる/池田有希子/ひらたよーこ/角野卓造


お肉ばっかり食べてたら、野菜が食べたくなるように、
見る舞台も自然とバランスを取りたくなるものなのかもしれない。

タカラヅカなんていう、ぶっ飛んで訳のわからないものを見ていると、
ふとした瞬間に、お芝居らしいお芝居を見たくなるような気がする。
それで、選んだのが井上作品なのかも。
まぁ他に理由として、久世さんが前出てたからってのもあるんだけど・・・
って、これ最近ほかの舞台でも言ってたよね、私。
そう『欲望という名の電車』も。

へぇー今月は、初演は久世星佳がいたのに、再演にはいない。
っていう舞台が2本上演されてるっていう、
ファンにとっては、なんとも切なく、珍しい月なんだね。
(コメントいただいて追記。
そうか!『モーツァルト!』もで3本か!久世姐、今何してんの、もう!)

あ、でもね、始まってすぐ流れるラジオの声が久世姐だったよ。
ちょっと・・いや、結構嬉しかった。

さてさて、『円生と志ん生』ですが、
ちょっとわからない所もあったものの、
ん~やっぱり、良くまとまってるなぁー
ってのが、第一の感想ですね。

役者さんの演技は、全員過不足なし!
出るとこ出て、引っ込むとこ引っ込む。
どこを見ても安心!
主役の男二人はそれぞれの味がじんわりと滲み出ているし、
女性陣も、みーんな強く、逞しく、そして可愛らしくって、見ていて元気をもらえる。
池田さんが、最後の歌のとき、まばたきしたらその瞬間に涙が落ちるんじゃないか?
って目をしていてさ、こっちまでウルっとしてしまった。

戦争が絡んだりする、ちょびっと古臭い、
言葉遊び多用な三谷作品って感じなんだよな、井上さんの話って。
いや、戦争が絡まない、言葉遊びも少ない井上作品が、三谷さんの話っぽい。
って言った方が、時系列的には正しいのか?
あと2、30年したら三谷さんが井上ひさしみたいになるんじゃないかなぁーと、
ほんのちょーーーっとだけ、思ったりするんだ、私。
クリエのこけら落としを三谷さんがやったけど、次、あぁいう感じで新作をクリエで上演するとしたら、
井上ひさし辺りが妥当なんじゃないかと。


生きている人間の強さを感じる芝居でした。
どんなに辛い状況にあっても、人って何かを食べようとするし、
意外と笑えたりするもの・・・
そういう所に出る、生きる強さ。
“笑い”っていうものが、その強さを更に高めてくれるんだな。
笑うっていいなぁ、ずっと笑っていられる人生を送りたいなぁー

そんなところに辿り着くお芝居でした。
スポンサーサイト

神か仏か

2007年11月28日
同姓同名の別人がいるんじゃないかとも思ったけど、
やっぱり、私が知ってる久世星佳だよ。

『ロストオデッセイ』の映像

「セドっっ!!」
「私の息子だよ。」
「あぁ」


ゆーてますね。間違いなく久世の姐さんの声ですね。
で、やはり戦闘シーンも声アリっすね。

嬉しいんだけど、でも恥ずかしいぞー!!

ダメかもしんないけど、ダメだとしても、あんまり叩かないでください。
と、願うばかり。
Read more "神か仏か"
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。