FC2ブログ

芝居を見る前なのに

2007年09月27日
ダメだ・・・
天王洲でべーグル食べながら泣く・・・

危ない(:_;)

なんでこんなに気持ちが掻きむしられるんだろう。

心にぽっかり穴が空くぜよ。

あー通うぞー

東宝で通うぞーー

これから銀河劇場・・・

銀河か・・・

お疲れ様。頑張れ。ありがとう。
スポンサーサイト



9/26 ロマンス

2007年09月27日
実は篠山紀信撮影

2007年9月26日『ロマンス』@世田谷パブリックシアター

作:井上ひさし
演出:栗山民也
振付:井手茂太
出演:大竹しのぶ/松たか子/段田安則/生瀬勝久/井上芳雄/木場勝己

なんだか、ところどころで涙が出まくった。
私の中では特に、

大竹しのぶ、松たか子、段田安則、生瀬勝久

この4人なんだけど、私は今まで一体いくつ、
この4人が出演している舞台を見てきたのか。
そして、その舞台がどう自分の中に残っているのか。
4人が並んで芝居をしている姿を見ていたら、
色んな舞台がフラッシュバックしてきた。
フラッシュバックするってことは、それだけ印象に残っている、ということだと思うのね。

もう凄いんだ、浮かんでくる作品が、
なんか、日本演劇のど真ん中な感じ
この人たちが同時にこの世からいなくなったら、
大きな大きな打撃を受けるよ、日本の演劇界は!
あくまでも私が見た中で、浮かんできた作品を挙げてみるよ。

大竹しのぶ×段田安則・・・『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』
大竹しのぶ×生瀬勝久・・・『贋作・罪と罰』初演、『メディア』
松たか子×段田安則・・・『贋作・罪と罰』再演

役者さん個々で見たら『メタルマクベス』だったり、『コンフィダント・絆』だったり、
『タンゴ・冬の終わりに』だったり、それはそれでまた凄くって。

この4人はなんてたくさんのものを私に与えてくれたんだろう!

とか思ったら、そんな4人が同時に舞台に立っている作品を見ていることが、
余計に凄いことに思えてきて、んで泣く。
とりあえず、こういう時は、私、泣いてみる。

大竹しのぶと段田さんが絡んでるだけで、
最高に面白かったヴァージニアウルフ~を思い出すし、
お松と段田さんだと、罪と罰のあの緊迫した空気を思い出すし・・・
並んでいるのを見るだけで、その芝居の記憶がふっと蘇ってきた。
蘇った瞬間に、なんていうんだろう?
自分の中に確かに積み重ねられてきた、芝居の一つ一つに感謝できたというか。
うん、なんかそんな感じ。
見てきた舞台はつまらなかったものも、面白かったものも、
全部含めて、私にとっては大切なんだ。

『ロマンス』見てたら、強制的に積み重なったものを振り返ることになったみたいだ。

大竹しのぶ、松たか子、段田安則、生瀬勝久

やっぱりこの4人の力は大きい。
舞台を通してたっくさんのものを・・・モノっていうか感情を私に与えてくれた人たち。
ありがとう。

ということで、話自体もそりゃ井上ひさし。
よくまとまってたし、面白かったけど、
私にしてみれば、まず役者の共演っていうのが、
一番面白かったかもしれない。

木場さんを始めとするベテラン勢に、ポンっと井上芳雄を入れるっていう、
このキャスティングのセンスの良さ!
本当にいつも、ここの芝居のキャスティングは絶妙。感心しっぱなし。

チェーホフを少年、青年、壮年、老年と4つの時代に分け、
その時代ごとのチェーホフを、井上→生瀬→段田→木場の順で演じさせる、
戯曲の巧さと、これまたその巧さに見合うだけのキャスティング。
感心しっぱなし。

またここに大竹しのぶに松たか子だなんて・・・
あぁ、ヨダレが・・・

井上ひさしも、これだけのキャスト抑えられたら、
何が何でも初日までに書き上げるしかなかったことだろう。

井上君に宛てた(宛ててると思ったんだけど)役が、
井上君のストレートプレーっていう新鮮さと、
井上君のキャラとが相まって、なかなか面白かったな。
特に最初の鉄道会社のお坊ちゃん役とかね。髪型とかもいいよ、いいよw
そして彼はスタイル良いんだなぁ~!足長くないか!?さすが貴公子。

生瀬さんはちょいちょい「しつこいなぁw」と思ったときもあったけど、
でもまぁ、あのくらいやってくれないと・・・って思う部分もあるし、
この人もまた締める所はきっちり締めてくれる人なので、問題なし。
いつ聞いても声が好き。

木場さんは、チェーホフ壮年のあの虚脱感というか、存在の薄~い感じが抜群だった。
ヴォードビルを書いたのに、実際にはそう上演されない。
自分の手の届かないところで、勝手に自分の芝居を汚される。
しかし、そんな芝居に対する世間の評価は高い。
自分がやりたかった芝居ではないのに・・・笑わせたいのに、笑ってほしいのに・・・
そんな気持ちがぎゅっと現れた、大竹しのぶとのやり取りに、
チェーホフという人の哀しみを見たような気がして、ここでもまた、だーっと泣く。
ごめんね、泣いちゃって。

お松、私、松たか子、最近すごく好きになってるかも~
髪型ショート似合うよね!ホント可愛いぞ、松っ。
お松はまず歌声に心奪われる。なんて澄んだ歌声なんだ。
聞いているだけで心洗われる。
そんな感じを他の人でも受けたことがあるなぁーと思ったんだけど、
それ、誰だろう?と考えたら、旬君だった。
今日から松たか子と小栗旬は同カテゴリー。

段田さんは、もう本当に日本を代表する舞台俳優ってことでいいと思うんだわ。
風格が増してるよ。
私が初めて段田安則の演技を見たのが2005年の『幻の心もそぞろ狂おしのわれら将門』で、
この時も凄いと思ったけれど、今の方がもっと凄い。
これだけの役者は、探してもなかなかいない。
段田さんの演技見るだけで、私は結構幸せ。
見てるだけで、嬉しくなっちゃう人なのだ。

大竹さんはねぇー大竹さんだよねー。
大竹しのぶ以外の何者でもねぇー
場を引っ掻き回す能力の高さは、さすがの一言。
あんだけ自分勝手な雰囲気を出されたら、
普通だとイライラして少なからず憎く思うはずなのに、
大竹しのぶは憎いどころか、その自分勝手な奔放さが可愛らしく見える。
そこが凄いんだと思う、この女優さん。
爆発しまくり、引っ掻き回しまくり、変化しまくりの、えれぇ女優です。

舞台を見終わって、真っ先に思い出したのが、チラシの写真。
写真の中のみんなの自然な笑顔。
舞台を見終わったときの感覚と、あのチラシの笑顔を見たときの感覚とが、
重なったように感じた。

二幕冒頭は、ちょっとテンポが落ちたように感じたけれど、
二幕は壮年のチェーホフの話だし、
チェーホフの人生に沿って、芝居自体のテンポも変化する。
ってことで良かったかもな、とは思う。

井上ひさしはこの『ロマンス』という舞台自体を、
チェーホフが望んだヴォードビルに仕上げたかったんだろうなー
井上ひさしって結構年だろうに、これだけの新作を書き上げる、
その作劇の安定感って凄いんじゃないだろうか。
芝居を書く技術はある程度までは習得できるものなのか!?

最近宝塚ばっかり見てたので、
久しぶりに芝居らしい、芝居を見させていただき、なんだか安心。
ホッとして、ほっこりしました。
Read more "9/26 ロマンス"
 | HOME |