FC2ブログ

7/27 砂利

2007年07月27日
jyarijyari

2007年7月27日『砂利』@スパイラルホール

作:本谷有希子
演出:倉持裕
音楽:ハンバートハンバート
出演:坂東三津五郎/田中美里/片桐はいり/酒井敏也/山西惇/近藤芳正

終盤、からっぽからっぽ言ってたが、見てるこっちもからっぽだよ。

なーにも残らないなぁ。
本当に残らなかったわー。

思ったことは大きく2つ。

片桐はいりってやっぱりすっごいなぁ・・・

ってのと、

歌舞伎役者のキャパシティって私たちがイメージするより、
ずっと広いんだろうな。


ってこと。
まぁ2つ目は、個人差あると思うけど、
こういう小劇場系の芝居に出ても、柔軟に対応できる。
「歌舞伎」の文字に凝り固まってるのは、見る私たちの方で、
役者さんのが、「歌舞伎」のイメージに良い意味で固執してなくて、
自由なのかもしれないな~。

私は見ていて、「み、三津五郎さんが、そんなことを・・・」と、
何度か思ったんだけど、三津五郎さん自身はそうでもないのかもw
今日、斜め前に福助さんが座っていて、
アフロ祭りな三津五郎さんを、超笑顔で見ているのがわかってしまった。
芝居よりも、福助さんがこの芝居見てどう思ってるのか
この方が気になった。
ってか、お嬢吉三が目の前に!とか思ったら、ちょっとドキドキ。
お嬢吉三見て、初めて、
「あ、福助さんってここが凄いんだ・・・」
と感じられた部分があったから。

会話のズラし方が、おそらく私とは合わない。
笑わすためにズラした言葉が、ことごとく合わない。
笑わすためにズラしたのが、はっきりとわかるから。
わかるから、あざとくクドく感じられてしまう。
一回こう思うと、もうダメかもしれないーうぅ~・・・

笑いのツボが合わない人と会話をするのがツライのと同じように、
笑いのツボが合わない芝居を見るのもツライんだな^。

はいりさんスゲー!!!!と興奮したのが、ラスト。

トレンチコート着て、鎌持って出てきた一瞬。

場を全てかっさらう存在感。
この存在感に惚れた。


この芝居、登場人物の一人一人のキャラクターが、
そもそも(あくまで私からみた場合)魅力的ではなくて、
その中で、片桐はいりという人が居たことは大きな救いだった思う。
はいりさんが出てくるだけで、空気が流れ始める。
他の人はね、役自体が流れを生み出せるだけの力持ってない気が・・・

演出も、これが倉持さんの持ち味なんだろうけど、
淡々と進んでいくし・・・

どこをどう見ろと!?!?

あと、後ろめの席で見たら敷き詰められている“砂利”、
全く見えませんからね。
このタイトルにして、芝居の中で結構砂利を重要な部分において、
それで、肝心の砂利が全く見えないって、どーなんだろう。

片桐はいりはスゲー。
はいりさんはとにかくスゲー。
よくよく考えれば、「はいり」って名前もスゲー。


片桐はいりスゲーに共感していただけましたら、
どうぞクリックお願いします!!
福助さんの感想が知りたいなぁ。
もー早くエリザが見たい。エリザってか宝塚プリーズ。
スポンサーサイト



テイクフライト!

2007年07月27日
携帯の電池も残り少ないけれど、書かずにいられるかってんだい!!

天海祐希主演『テイクフライト』
共演者に橋本じゅんと池田成志キターーーーー!!

あぁ、希望通りのキャスティングかもしれない。共演者の人気でチケットが取りずらくなるのは嫌。でも共演者でワクワクしたい。(わがままよ、どうせ)じゅんさんと、ナルシーとかバッチリ過ぎる。完璧。ありがとう。

じゅんさん、成志さん、天海姉さんを頼みましたよ。2人のおかげで『テイクフライト』がより楽しみになった。

最近ゆりちゃんファンの方に譲っていただいた『天海祐希の恋する映画』を一気に見た。どんどん、天海姉さんの扱いが悪くなるのね、この番組。おそらく最初は遠慮していた番組スタッフが段々と天海祐希の面白さに気が付き「しっとり大人の恋する映画紹介」→「彼氏がいない女のぼやきを交えた映画紹介」に番組の路線を変更させやがった。ナイス判断。天海の姉さんも番組中盤を過ぎてからの方が彼氏いないキャラが確立されてやりやすそうだし、楽しそう。(いいのかそれで。)やっぱ、天海祐希好きだー大好きだー。次の司会を担当した木村多江さんへのバトンタッチにも笑った。バトンタッチなのに、本当に扱いが悪い。女優じゃなくて芸人に対する扱いだよあれは。机に天海祐希の写真を飾り、木村多江がその写真に向かって話し掛ける。だから、なんだよ~それ。でも番組スタッフの愛を感じました。天海祐希は恋シネスタッフに愛されてました!間違いない!!総じて大変楽しめましたとさ。

ささ、今日でテストラストです。楽勝だったな。(笑)

…なんだよ、この(笑)は。

7/26 お気に召すまま

2007年07月27日
as you like it

2007年7月26日『お気に召すまま』@シアターコクーン

作:W・シェイクスピア
演出:蜷川幸雄
出演:成宮寛貴/小栗旬/吉田鋼太郎/田山涼成/高橋洋/月川悠貴/大石継太/他

俗世に虐げられた人々が本来の自分を取り戻し、
自由に生きることができる場所をアーデンの森とするならば、
私のアーデンの森は、さしずめ劇場か。


えー、精一杯背伸びして、格好つけた一文で書き始めてみましたよ。
もう出し切った感が強いし、疲れてしまったし、書くのやめようか。
別に私、虐げられてないしさ、うん。

やっぱり続けよう。

印象に残ったポイントが、こういうことを言ってる場面でした。
たしか、鋼太郎さん演じる前公爵が、
「森の中で生き生きと過ごしてなさる!」
とかなんとか、廷臣に言われてるシーンがあったと思うんだけど、そこと、
あとは、羊飼いの独白と。

世の中ごちゃごちゃしてるし、汚くなってきてるけど、
もっと自由に、人を思いやり、楽しく、優しく生きてみてもいいんじゃない?
そう言われてるような気がした。
蜷川さんがこの舞台を通して伝えたい部分はここ!
と、自分で納得できたので、それで良し。
あとは良い男を見て楽しむだけなので、気は楽。(笑)
『THE BEE』に比べたら、天国。

自分で言うのも笑っちまいますが、宝塚見るようになってから、
舞台で見るクラシカルな格好にうるさくなった気がする。
燕尾、タキシード、フロックコート・・・
まぁ、うるさいまでいかなくても目に付く。
で、役者さんが着こなせてないと嫌な気持ちになる。
本当は女であるタカラジェンヌの方がよっぽど格好良く着てるじゃん、と。

旬君・・・

あんた似合い過ぎ。

今まで舞台で何度か、クラシカルな格好をした男性芸能人を見たけれど、
誰一人としてタカラジェンヌに勝った人はいなかった。研1にも負ける。
旬君は、新公学年の生徒ぐらいだったら余裕で張り合えるよ!
そのっくらい格好良かった。(どのっくらいだよ)

ってか、私、小栗旬好きなのか?
正直に白状しますと、全く泣くような場面でない、
小栗君の心情吐露シーンで2、3回泣いてました、私。
たぶんこの人、舞台で演じることをとても大切にしてる。
で、舞台好きなんだ。
パッと見軽く見えるけどw、
持ってるもの真面目だし、真っ直ぐだし、熱い。
じゃないと、あの眼にはならない。

眼を見てたら伝わってきたから涙が出た。
共感?したのかな。

旬君の演技見るとなんか爽やかな気分になるかも。
舞台に立つと、例え役を演じているにしても、
その人そのものがさらけ出ると思う。役を通して「人」が見える。
新緑。これからもっと大きく立派になるぞ、っていう樹の緑色。
だから爽やか。
そして泣ける。

藤原の竜っちゃんとは、また違う蜷川生まれの役者として、
小栗旬には大きくなって欲しいと思う。
竜っちゃんとか、鈴木杏ちゃんとかは天才系というか、
突き抜けちゃう人たちだと思うんだけど、旬君はまた違う気が。
前者を大竹しのぶ系とするなら(笑)、旬君は堤真一系で。

そろそろ舞台でも蜷川さんから一時離れてもいいかも~?
蜷川さんと言うか、むしろシェイクスピアから離れろ~?
普通の台詞が普通に言えなくなるんじゃないの~?

あ、『キル』のテムジン、旬君だったら私、期待したんだけどな。
(妻夫木君のテムジンは納得はしてるけど、あまり期待はしてません)
野田地図こいこい。あと新感線にもいけいけ。
人気がある程度収まったら、もうちょっと小さい劇場で、
濃~い翻訳劇とかやっても面白そう。
舞台が好きな良い役者さんになってね。なれるから。

というこで以上、絶賛小栗旬、でした。

次に話したいのが、田山さんね。
田山さんに対してどうしても付きまとうのが、
「相変わらず演技が堅いわね~」
という、野田秀樹の一言。
なんで言ってたんだっけな?『小指の思い出』?
とにかく遊眠社時代の何かの作品で、野田さんにこんな風に言われてた田山さん。
そのせいで、田山涼成=演技が堅いのイメージが私の中にずっとある。

今回の道化役、面白いことは面白かったけど、
やっぱり堅かったんじゃないかな。(笑)
田山さんが持ってる頼りなく優しい笑顔と滲み出る人柄で、
場面としては乗り越えられちゃうんだけど、笑わせきれないというか。

これ道化の場面に限ったことじゃないけど、
ドタバタしてない時は割りと退屈する。
シェイクスピア作品ってそーいうもんなのかも?
考えてみれば今まで見てきたシェイクスピア、全部そうかも。
物語に動きがない、長々とした独白だったり、
やり取りだったりは結構退屈してるような。
台詞がリズム良く韻踏んでたりもするけど、それだけじゃ眠くなる。
『お気に召すまま』もその例に漏れず。

成宮君はね、『魔界転生』を見に行ったときに、
真っ先に思ったのが、
「声がポロリ!!!!(にこにこぷん)」
だったんだけど、今日もポロリだった。(どんな感想やねん)
胸板厚いけど、キレーねー。
男装もくにゃくにゃしてて格好可愛かった。

月川君の女役キャラはあれのみなのか?
今回もクールビューティー。そしてクールなツッコミ・ボケ・ズッコケ。
実は今日、よりによって割りと前めの通路側席、
絶対、役者さんが真横を駆けていくわ!!っていうナイスな席で、
案の定、期待通り、私の隣辺りで立ち止まって演技することが多かったんだけど、
月川君は近くで見ると顔の骨格は男。
遠目で見ても手の大きさは男。
でもクールビューティー。
でもでもちょっと生気のないお人形さんみたいで怖かった。
星組のあかしを思い出す。(ところどころでヅカネタ入れるのそろそろやめるか)

大石さんもどっかで、どっかっていうか前回のオールメールシリーズで?
見たことがあるようなキャラ。
鋼太郎さんにしてもそう。
たぶん鋼太郎の親父は『オセロー』でもあぁだぞ。
洋さんも洋さんだよなー。
良くも悪くも隙がない。
この人の地べたに座るときの動作が舞台の人っぽくて好きだと思った。

ある程度面白かったけど、全てが見たことあるんだよね。

舞台美術も本当に綺麗だよ。
感動するほど綺麗だけど、でも見たことあるし、
見たことあるから想像がつく。
音楽の使い方にしてもそう、始まり方、終わり方にしてもそう。
まぁしょうがないっていうか、それでもいいの、蜷川幸雄だし。
十二夜は初演見てるし、都合付かなかったから飛ばしちゃったけど、
どっちかが死ぬまで全部見るって決めてるし。


3時間座ってるのは辛いけど小栗旬の演技は、また見たい。
『お気に召すまま』感想でした。
お気に召されましたら、どーぞ、クリックを。


*naturalness*なっつんさんを意識して、旬君ベタ褒めしたわけじゃないですよ~w
マジです、マジ。
 | HOME |