FC2ブログ

歌舞伎も見るんですよ。

2007年03月11日
私、このブログで言ったか言わないか、
ほんのちょっと言ったかな?どうだかわすれたけれど(覚えとけよ)、
3月末に京都・兵庫一人旅観劇ツアーを決行します。

つい先日、夜行バスの手配を済ませ、
今日は泊まるホテルの手配を済ませ、
いよいよ、近づいてきた感が強まったみたい。

観劇する作品は、
霧太郎天狗酒醼』@京都南座
さくら-妖しいまでに美しいおまえ/シークレットハンター』@宝塚大劇場

歌舞伎見て、宝塚見て・・・と両極端な観劇旅行になりますね。

京都南座は、一度行ってみたかった劇場で、
(っていうと、今や宝塚大劇場もそうなんだけど)
なんで行ってみたかったかっていうと、
遊眠社がこの劇場で『贋作・桜の森の満開の下』を上演したんだけど、
野田さんが
「南座での上演が作品と相成って、凄く良かった。とても印象に残っている・・・」
うんぬんと、どこかで発言していたのを見た覚えがあるからなんですね。

遊眠社時代の名作、桜の森~を上演するのにハマる、
京都の南座っていう劇場がどんなものなのか、ずっと興味があった。
やっぱり、自分で肌で感じてみないと何もわからない。
歌舞伎座に初めて入ったときは、一幕席だったけど、
すっごく興奮したのを覚えてる。
ワクワクしてしょうがなかった。
壁から、天井から、床から、全てから歌舞伎の、演劇の歴史が
染み出ているようで、たまらなく嬉しかったのよ。

たぶん、南座にも同じ空気が漂っているんじゃないかと思ってる。
ハハハ、楽しみだなぁ。

宝塚大劇場もまたそうだろうな。
またジャンルの違う歴史を持った雰囲気があるんじゃないかと。
宝塚は土地からして、ちょっと宝塚チックな雰囲気がありそう。

五感で楽しむ旅にしたいな、なんて思ってます。

そういえば、この間フジテレビで中村屋特集がありましたね。
ビデオにだけとって、まだ見てないんだけれど、
母が一言「凄く良かったよ。」と言っていたので、
その一言に期待し、これから見ようと思います。
勘三郎襲名お披露目公演、
始まった時はすっごく長いように感じたものだったけど、
それももう終ったんだなぁ。お疲れ様でした。
でもこれからだよね。

私が、
なんの躊躇もなく歌舞伎を見ることができるようになったのは、
中村勘三郎のおかげ
です。
彼が、高そうに見える歌舞伎の敷居を
『歌舞伎ってのは、本当は誰もが楽しめる芝居なんだよ。』
と言って取っ払ってくれたんだ。
私の初歌舞伎は『義経千本桜』、『鷺娘』、そして『野田版 研辰の討たれ』。
歌舞伎座で行われた中村勘三郎襲名披露公演の最後にぎりぎり間に合って、
それでさらに野田版・研辰の討たれを実際にこの目で見たことは、
今も自慢だけれど、この先さらに自慢になるわ。

勘三郎さんの息子、中村勘太郎の踊りには、
霧矢大夢と通ずるものがあると、私は感じるんだな。
(ここでいきなりきりやん登場か!)
音と動きが「ここしかない!」っていうタイミングでピタっとハマるんですよ
ズレないの。
それがどーも、見ていて気持ちが良いんですよね~

勘太郎の踊りが好きな方、霧矢大夢の踊りが好きな方、ついでに桐生園加の踊りが好きな方、別に誰の踊りも興味ないよ、って方もとりあえずクリックお願いします。

スポンサーサイト



どこまで落ちれば気が済む

2007年03月11日
ホント、タイトル通りの気分。
月組見るの2回じゃ物足りない!
って2回目見た後に思うだろう、そんな予感がしたから、
買い足しちゃったよ。
アホちゃうか。
宝塚だぞ?新感線や堤さんの舞台じゃないんだぞ?
でもまぁ、一番安い席だけどね。

なんで、宝塚を3回もリピートしようとしてるんだろう、アタシ。

パリ空とファンシーダンスが終っちゃったら、
次、月組全体を東京で見れるのが10月でしょ。
10月って、えっらい遠いじゃん。
だったら見とこうかなと思って衝動買い。
チケット購入の衝動が起きた時は、抑えないようにしています。

見たいもんは見て、その分働く。
ただそれだけ。
もう3月はバイトしてるか、舞台見てるかどっちか。
そんな勢いで過ごそうかと思ってます。

で、宝塚さんですが、
『パリの空よりも高く』は一回見れば十分だけど、
『ファンシー・ダンス』は見足りない。
と思うんですよね。
だから買ってみました。

もう知らね。
落ちるとこまで落ちてやるか・・・はぁー。

3月4日に紹介したうちのコガネがえらいことになっています。

ミー&マイガール
Beautiful tomorrow!
バロンの末裔
夢まつら宝塚94
ル・ポァゾン 愛の媚薬
レリアン

↑3月4日の時点でこうなっていて・・・
今は更に・・・

93年TMP音楽祭 青春フォーエバー
CAN-CAN
Ernest in love』(月組)
PUCK
ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(月組)
ハードボイルドエッグ
プレスティージュ
95年TCA マフィニーク・タカラヅカ
マンハッタン不夜城-王様の休日-

を収録。手持ちビデオ総動員。

・・・だからこれ、なんなんだよ。

そのうち、ノバボサノバの月組新人公演も仲間入りするでしょう。
私、結構、霧矢大夢好きみたいだ。

はぁ・・・自分に落ち込むな。
まぁ面白いんだけど。



落ち込んだ経験のある方も、ない方も励ましのクリックお願いします。
ナイロンのチケット取るの忘れたよ。
まぁ、いっか。どこかで取ろう。
 | HOME |