スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/21 十二月大歌舞伎 昼の部 夜の部

2010年01月12日
2009年12月21日『十二月大歌舞伎 昼の部 夜の部』@歌舞伎座

昼夜、歌舞伎座に居るのは辛い。
一人『コースト・オブ・ユートピア』だ。(しかも3階B席。狭い。)

昼の部はクドカンの『大江戸りびんぐでっど』、
夜の部は野田秀樹の『野田版 鼠小僧』。

この二人の名前が歌舞伎座に並ぶのであれば、
見に行かないわけには行かない。
でも一日で両方見切ってしまいたかったので、昼夜連続観劇。
そして、一人コースト・・・と。
ずっと一人で寂しかったからたい焼き買って食べた。

大江戸りびんぐでっどは、ゾンビとなった人々を“派遣”と呼び出した所に、
妙な社会性があったとか言えばいいのか、少しハッとさせられた。
けど、そもそも私が睡魔に勝てなかったので、何も言えず。
(『東京月光魔曲』も眠くなるし、ここでもだし、12月しっかりしろ、自分。)

『野田版 鼠小僧』は映像では見た。
三太、重要だ。
清水大希君、上手かったんだ、やっぱり。

とりあえず見ておかねばという気持ちが先走った感じで、
情感とか、こちらもきちんと受け止められた気がしない。

ダジャレ交じりのしつこいぐらいの言葉遊びは、
あえて歌舞伎を意識したからなんだろうなぁ~
なんておぼろげに思う。

突っ走る勘太郎の目明し、あの走り出すと全く周りが見えなくなる、
妙なキャラクターに惹かれる。
勘太郎好きだ。結婚おめでとう。

筋書きに野田さんからの文章が載ってるので、
歌舞伎に限らず、久々、パンフレット的なものを購入。
このパンフレットの野田秀樹の文章ってのが、毎回好き。
上手いよなぁ、面白いよなぁ。
確かにいつまで「さよなら」って言ってるんだろうって思うよなぁ。

今の歌舞伎座に数えるほどであっても、足を運べたこと。
劇場の匂いを感じられたこと。
一つ財産になると思う。

初めて歌舞伎座に入ったのは、それこそ野田秀樹が見たくて、
勘三郎さんのお披露目の『野田版 研辰の討たれ』で、幕見席。
劇場に入った瞬間、ザワザワ血が騒ぐような・・・
そういう瞬間がたまにあって、すっごく好きだから、演劇も好き。
スポンサーサイト

7/10 桜姫

2009年07月11日
2009年7月10日『桜姫』@シアターコクーン

もう最近は、高っいからパンフレットも買わなくなってしまったので、
昔買った、2005年の『桜姫』のパンフレットを引っ張り出して、
ザッと目を通してみた。

色々と変わってる~?

清玄と権助は二役で同じ役者さんが演じる事がほとんどなのに、
今回は役を分けていたり・・・
色んな変更に読み解く鍵がある気もするんだけど、
結局、そこには辿り着かず。
辿り着きたい!と思うほどの衝動も得られず。

にしても、あらすじ読んだだけでも、すっごい話だ。
ありとあらゆる因果が絡み合って、ごっちゃごちゃだ。
そもそも清玄が稚児と心中しよう・・・ってところから、
もうちょっと今の感覚で見ても、「あー清玄さん・・・」みたいな、
かなり衝撃的だし、
もう一つの大きいポイント、桜姫と権助にしても、
「あーお姫様なのに・・・」みたいな、ねぇ。

自分を犯した男の身体が忘れられなくて、
それで腕に入れ墨彫るお姫様ですよ?
で、しかもその焦がれる男が自分の最大の仇で、
桜姫自身は、清玄と心中しようとした稚児・白菊丸の生まれ変わり、と。

えらいこっちゃ。(笑)

そのえらいこっちゃをいっぱい楽しむのが、この芝居の面白さなんだと思う。
物語を動かすのは、結局桜姫の持つエネルギーにあるはず。

七之助は足りてない気がした。
綺麗ではあるけど、肝心な部分までどうしても響いてこない。
友達、
「七之助はね、頭の軽い、でもものすっごい綺麗なお姫様役とかが。
 一番似合うと思う。」
と言っていて、なんか納得。

この『桜姫』、七之助の為の演目なんじゃないかと思えた。
大きな役をやってみろ、と。
体当たりでぶつかって何かを得てみろ、と。
その七之助の挑戦を周りで皆が固めている。
そんな芝居かな、と。

なんだか、現代版にしても歌舞伎版にしても、
めちゃくちゃ戯曲読み込んだ人の、レアな解釈。
「あーあ~・・・読もうと思えば確かにそうともとれるかぁ・・・」
っていう、正統から少しズレたような解釈の元、立ち上がった芝居。
って感じがして。
読み込まれ過ぎてて、逆に普通にはわからなくなってるような。

あくまでもそういう感じがする、ってだけなんだけど。

一緒になってその深い所まで探っていけたら、
すっごく面白いと思うけど、
そこまで一緒に潜るエネルギーは、今、自分の中にはなく。
ちょっと上っ面だけなぞって、見ちゃったようなところもあるかな。

それなりに面白かった、で終わった感じ。

1/27 新春浅草歌舞伎 第一部

2009年01月27日
asakusa

2009年1月27日『新春浅草歌舞伎 第一部』@浅草公会堂

お年玉〈年始ご挨拶〉

一、『一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり)』
           一條大蔵卿  市川亀治郎
            常盤御前  中村七之助
           吉岡鬼次郎  中村勘太郎
            女房お京  尾上松 也
           八剣勘解由  中村亀 鶴
          播磨大掾広盛  市川男女蔵

二、『新古演劇十種の内 土蜘(つちぐも)』
       僧智籌実は土蜘の精  中村勘太郎
            平井保昌  中村亀 鶴
             源頼光  尾上松 也
            侍女胡蝶  中村七之助


勘太郎の土蜘が見たい。
と思ってチケット取ったけれど、14時前後から確実に睡魔に襲われた。
まだ一條大蔵譚の方が見れたよー・・・。

もう諦めるしかないぐらい、眠かったな、土蜘の時間。
土蜘自体がどうとかそういうことではなく、私がまずい。
ごめんなさい。

『一條大蔵譚』はまず個人的に亀次郎さんの踊りが好きだってことに気がついた。
アホを装いながら、そこから垣間見える知性。
最終的には、本当に知性のある人ほど、
遊んだり、気を抜いたりすることの良さを知っているのかもしれないな、とも思う。
亀次郎さんの表情、演技の切り替えが、見ていて面白かった。

勘太郎が衣装を含めて凄く見た目から格好良くて、
で、また、停止した時の身体のバランスが、やっぱり好み。
しみじみと好き。

なのに、土蜘で撃沈。

ホントもう、すみません。
でも無理でした。

そこまで毎日夜更かししているわけでもないのに、ダメでしたね。
蜘蛛の糸をいっぱい飛ばしていたとか、断片的な記憶はあるものの、
勘太郎の芝居がどうだったとか、もう言えるレベルじゃございません。

今日はそれなりに早く寝よう。

12/18 十二月大歌舞伎 夜の部

2008年12月19日
2008年12月18日『十二月大歌舞伎 夜の部』@歌舞伎座

詳細→こちら


いや~面白かった!
普通にお話があって、踊りで、またお話で・・・
緩急がつくのが当然と思って今までも何度か歌舞伎を見ていたけど、
でも今日は、その緩急が心地良かったー。
私の調子も良かったんだろうか。
全然眠くならなかった。

どんなに好きな役者が、
ってか勘太郎が出てても眠くなる時は眠くなるのに、
今日は全然。

『名鷹誉石切』
は富十郎さんの所作?が凄く綺麗。
型って言うのかな、あぁいうの。

刀を握った瞬間とかに、「ん?これは・・・!!」と、
刀から何か力感じたその様子とか、
全ての動作に意味があって、思いがあるんだなぁ。

形をなぞってもいるんだろうけど、
なぞっているだけでは決してなくて、一つ一つに理由と思いがあって、
その「形」と「理由」と「思い」とが一緒になる。
で、その結果、「形」ができてる?

たぶん比べちゃいけないんだと思うけど、
私が勘太郎の踊りを見て心地良いと思うのと同じツボを、
演技の面で押された感じがした。
キチキチっとポイントの形を押さえていて、それが正確で、気持ちが良いというか。
首の角度とかも、えらい綺麗だったー

刀を売りに来た父親を演じた段四郎さん。
この人、たぶん、私好きだ。
間が好き。落ち着く。上手い。演技もっと見てみたい。
娘に別れを告げるところとか、切ない切ない。
最後に花道を娘と歩く姿なんかは見ていて愛おしさこみ上げてくる。

『籠釣瓶花街酔醒』の治六もやっぱり好きな感じだった。
主人を思う、男でさー
怒る理由も全うですよー

細かい所は理解してないと思うけど、
でもあらすじを追っておけば、
「あ、刀の意志で、なんか悪い人しか斬らなかったんだな。」
とかそんな程度ならわかるので、まぁ、いっか、と。

『高坏』は楽しい舞踊だった~
弥十郎さんの声がでかい。
勘三郎さんがやってるのを、テレビで見たことあったかな。
勘太郎がやると、どうなるんだろう。

んで、『籠釣瓶花街酔醒』。
ひゃーこれ、すっごーい。
ちゃんと見てると、ちゃんと一人一人の気持ちの動きがわかるもんなんだな。
八ツ橋の振り方・・・「そんな大勢の前で振らなくとも・・・」とか思うけど、
話的に次郎左衛門を追い詰めるためには、
あのくらい酷くやらないとどうにもならないし、
部屋を出た後の「つくづく嫌になった」うんぬんって台詞も面白いなぁ、と。

あれは次郎左衛門が嫌になったんじゃなくて、
明らかに自分の身の上が嫌になった、ってことなんだよね?
だから、障子越しに次郎左衛門の様子を気にしたりしてたんじゃ?

福助さんの八ツ橋、綺麗だったけど、
長台詞喋ってる時、この花魁頭弱いんじゃないかしら。
と、どーしても思っちゃうところがあったんですが、それはそれでいいのか?
でもでもとにかくあんな着物姿は見ているだけでも楽しいわ。

幸四郎さんの次郎左衛門。
あぁ、実直な良い人だったんだろうなぁ。
素直に花魁のことが好きで、
田舎者にしちゃお金もあったから、八ツ橋につぎ込んで、
でも派手に振舞うこともなく、ただただ素直に思ってたんだろうなぁ。
最後、殺しに走る場面は、ちょっと『THE BEE』とか思い出しちゃった。
人間が暴力に走る瞬間。
走ってしまった後の、見境のなさ。

ぎゅっと濃いお芝居を飽きさせず見せてもらえた。

にしても、客席、今日ひどかった!!

あのあの、次郎左衛門が初めて八ツ橋に出会う時。
八ツ橋が花道で次郎左衛門に向って、少し微笑む。っていうのは、
あれ元々の演出ですよね??

もの凄い、神がかり的なタイミングで、
この場面でくしゃみをした人がいらっしゃって。
もうあと1秒早くても遅くてもいけない。
ってタイミングですよw
それで福助さんの笑みが、くしゃみによるものなのか、元々の演技なのか、
さっぱりわからなくなってしまった!(笑)

本当にもの凄いタイミングだったので、
8割演技、2割素で笑う。みたいなことになってたんじゃないだろうか、
福助さん自身も。そのくらいあり得ないタイミングだった。
ビックリした。
客席からももちろん笑いが起きてしまった。
大事なシーンなのになぁ・・・

他、八ツ橋が、今、次郎左衛門と縁を切ります!
みたいな場面で携帯は鳴るし、
しかも何度も鳴るし、一体なんなんだ!!

ホント、良い場面に限ってハプニングと言うものは起こるものなんですね。
見る側としても気をつけないと、としみじみ思ったわ。
それっくらい酷かった。
あと、芝居の流れを途切れさせるような拍手を入れるお客さんも居るし。
拍手すれば良い、ってもんじゃないでしょ。
目立ちたいのか?
自分が目立てば、他の千人を超えるお客さんはどうでもいいのか?
普通に話を見ていたら、そこで拍手を入れようとは思わないはずだ。

でも芝居は面白かった。
満足。

12/12 中村勘太郎・七之助 特別公演

2008年12月13日
会場でタカラジェンヌを見掛けた。

2008年12月12日『中村勘太郎 中村七之助 特別公演』@船橋市民文化ホール

詳細→こちら


錦秋公演としてやってたのが、
冬になっちゃったから、特別公演になったのかな。
一応、二人で巡業するようになった平成17年から見てるみたい。
なんとなく、演目に記憶が。
ホント一応見たって感じだけど。

地元だったので母と一緒に。
お母さんに、勘太郎と七之助見てもらえて嬉しかったな。
ってのが一番かも。

おそらくずっと好きな歌舞伎役者、中村勘太郎。

そんな役者さんを見てもらえた、ってのが嬉しい。

踊りのことは良くわからないけど、
やっぱり色んなタイプの踊り手さんがいるんだと思う。
力強い人、柔らかな人・・・
普通のダンスとか見てても、踊り方の好き嫌いがあるのと同じで、
日本舞踊とかも同じことなんだろうな。
感覚で好き嫌いがあるんだと思う。
まぁ、嫌いっていうのはあんまりないけどね。

見るたびに勘太郎の踊りが好きだなぁ、って。
鶴松君から同じ匂いを感じる、若干。
上手いんだよね?この子。

勘太郎の踊りはリズミカル。
元の振りがどうとか、っていう以前に、
ゆったりした振りでも勘太郎の踊りにはリズムがあると思う。
それが私にとって、とても心地良い。
三味線とか太鼓の音と一体になってるような、
ココ、ココ、っていうポイントで形が決まる。
素敵なのだ。気持ちが良いのだ。
見てると楽しくなってくる。
足の運びが凄く綺麗。無駄がない。バランスが良い。足の指なのかな?なんなんだろう。
あのバランスの良さって、異常だと思う。

見るたび、好きなんだなぁ、と実感して満足してるわ。

七之助の傾城が綺麗!!
あの真っ白い、ちょっとこの世の者とは思えないぐらいの美しい女性。
「この世の者とは思えない」
そのくらい突き抜けた方が、七之助の美しさにはハマるのかも?
浮世離れした美女。
もう、綺麗だわーあの黒髪もたまらん。
着物見てるだけでも楽しい。
七之助の美全開で、これもいいものをみたっ。

芸談はちょいお疲れモードかな。
まぁ、あぁいう質問をちょこちょこされたら、
疲れてなくても疲れると思うけど、
質問者さんが、とても全うな良い質問をしてくれたので、聞いていても楽しかった。
二人のファンであり、歌舞伎ファンでもあるんだろな。
今までなぜそれをココで聞くの!?っていう笑っちゃう質問とかしか聞いたことなかったからw
(「好きな食べ物はなんですか?」的な。)

司会を遮って、喋り始める勘太郎に笑い。
結構、無意識に強引にことを進めるぞ、この人。

全部踊りだから、わかりやすくて、見易い。
だから、ハードルが低くて、気軽に楽しめる。
本日、千秋楽公演で、拍手が続いた。
緞帳が上がることはなかったけれど、カンタか七、
どちらか上手端からは見えなかったんだけど、
鳴り止まない拍手に答えて、上手袖から浴衣姿で手を振ってくれたみたい。
あとガッツポーズみたいなこともしてた?

お疲れ様でした。

勘太郎の映画、「禅」見に行きたいなー。
なんか心が良い感じに静まりそう。
Read more "12/12 中村勘太郎・七之助 特別公演"
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。