ハプスブルクの宝剣/BOLERO

2010年03月03日
『ハプスブルクの宝剣-魂に宿る光-/BOLERO-ある愛-』@東京宝塚劇場
<星組>


ただひたすら、柚希礼音がスゴイなぁ。
というのに尽きる気がする『ハプスブルクの宝剣』。
確かに最初のソロの時、
例えばスカピンのように民衆の姿を表現するとかあってもいいのかもしれないけど、
チエちゃんが、でっかいので、オーラがでっかいので、
チエちゃんを見て聞いていれば、なんとかなるもんだ。
って気がしないでもない。

ドイツ語訳の律法を作る!

っていう最初の希望に満ちた場面とか、
周りの友人君たちと、柚希さんが醸し出す雰囲気の差のすごいこと。
真ん中に立つってことを、否応なく実感させる存在感。

正直、柚希礼音に「知」のイメージはないのだけれど、
エリヤーフは知的に見える。
ギラギラした野心の裏側にある、孤独。
孤独を埋めるために野心を燃やすしかなかった人。
私がわかるのは、もっともっと小さいレベルでだけれど、
でも、なんとなくその孤独感がわかるような気がした。

苦しんで苦しんで、悩んで、迷って、闘って、
そして最後は自分が創り上げたドイツ語訳の律法に辿り着いて、
もう一度、希望を得る。救われる。

ずっと家族の元に帰りたかったんだろうなぁ・・・
一度ためらってからの弟との抱擁だからこそ、また胸に迫るものがある。

みやるりの弟君が、抑え目ながらいつも的確な演技で惹かれる。
あー、もしかして、みやるりと凰稀さんって、演技の系統が似てるのかも。
みやるりのが押し出しが強いような気がしないでもないけど、
丁寧に、丁寧にその感情を作り上げてるところが、
そこから感じる空気が似ているかも。

凰稀さんもフランツを丁寧に丁寧に演じている。
この人の、一瞬の表情が好き。
『ここでその顔をして欲しい!』って時に、
想像通りの表情で舞台にいてくれたりする。
気持ちがある人。いつも、いつも、そう。

ただ、ハプスブルクの宝剣~♪って歌うところ、弱いんだなぁ。

本舞台で戦う兵士達の迫力に負ける。
かなめ氏の歌で、更に盛り上げることができたら、
あの場面、本当にドラマティックな場面になる。
発展途上のかなめ氏だから、足りないところも、また見ていて楽しいけれど。

どいちゃんがなんかモジャモジャのヒゲつけてて、
そうかと思ったら、バチーン!背中叩いたりしていて、
そこ2役なんだ!と驚きが。
将軍さん?貴族?たちの中に、どんどんイケメン度を増している汐月しゅう君発見。

ショーは、今日、とりあえずパレードで壱城あずさに釣られたのが衝撃的。
上手の真ん中より後ろ目の席で見ていて、
そのくらいの席で、誰かと目が合うなんてないと思って、
気楽に見てたらバッチリ一本釣りされた!!!!

ちょうど延長線上にいた壱城氏。
真ん中にいる凰稀さんとかも見たいけど遠いから、
延長線上に誰がいるのか確認したら、そこに彼が。
お客さん、みんなが真ん中に視線集中している時に、
一人正面見出したら目立つのかな。

オペラなしで目が合って、「あ、目合ったかもー」って確認しようとオペラあげたら、
オペラ越しにもきちんと目が合い、そこから壱城あずさの攻撃スタート。

目は合うわ、微笑まれるわ、ウィンクまでされるわ。
そこまでされたらこっちも他見れなくて、むしろ大歓迎。
明らかに構ってくれてるのが、あっちもこっちもわかるので、
壱城君が上手花道にはけて行く時ももれなく眺めてたら、去り際に2度目のウィンク。

ありがとーございまーす。

まさかの一本釣りに超テンション上がって劇場を後に。
いや、元々、壱城あずさ好きだし。
にしても、こうやって落として、こうやって落ちるんだ。(笑)

よくわからないけど、雪組ってこういうことあんまりない気がする。
やってくれて、あずりんぐらいじゃないかと。イメージ的に。
いや、見てくれるのはあると思う。
でもウィンクされるイメージが全くない。
雪はまったりしてるというか、ほのぼのしてるなぁ・・・
良くも悪くも戦闘意欲に欠ける。
対舞台だとそれはあるんだけど、対お客に対しての戦闘意欲は低いような。
そこが良さでもあり、ちょっとつまらないかも、って思うところでもあり。

雪の次に星を見る機会が多いせいか、なんとなーく違いを感じられて面白かった!

繋ぎ目にセンスを感じないショーです。
場面を一つとってみれば、格好良かったり、華やかだったり、
宝塚のショーで見たいなと思う要素が詰まっていたりするんだけど、
繋ぎのハトが意味わからなくて、良いとは思えません。
あの詩自体が、私には良くわからない。

黒燕尾は、黒燕尾らしくて凄く好きだと思った。
気持ちが良いよなぁー黒燕尾に宝塚を感じる。

宝塚を感じるといえば、アフリカの後で合ってるかな?
白とゴールドの衣装に、羽根を背負って、ゴールドのスターブーツ履いて出てくるすずみん!
上手の銀橋付け根で、あの人に微笑まれると、ふわ~っとする。
幸せな瞬間。

凰稀かなめの色んな姿を眺められるのも幸せかな。

とりあえず、あともう一度見る機会があるので、
それも楽しみに。
星が終わると、もう雪が来てしまうのか・・・
雪組も楽まであと1週間切っちゃったよ。

10/24 再会/ソウル・オブ・シバ!!

2009年10月25日
2009年10月24日『再会/ソウル・オブ・シバ!!』@さいたま市文化センター
星組


たーのしかったーーー!!!!

私も伊達にヅカファンやってないもんね。
石田作品のイラっとくる不快部分なんて、
なかったことにしちゃえばいいんだもんね。
スキルUP、スキルUP!悲しきスキルUP!!

ってことで、自身のスキル向上、ご贔屓への愛並びに86期への愛、
ことさらに凰稀さん頑張ってる!に涙、
隣にあかし、うざったいほど熱く存在に涙、
チエさんのイケメンっぷりに涙、
とりあえず夢咲ねねに涙、
宝塚が愛おしくて泣けてくるぜよ。

ショーは心の中で、
「どいちゃん、やっばい。」
「どいちゃん、ヤバイ。」
をどいちゃんが出てくるたびに呟き、ニヤニヤ。
なんだろう、贔屓に感じるようなグッとくる魅力は感じないんだけど、
あの端正なダンスがたまらなく好き。
表情も好き。
鶴美舞夕が好き。

しーらんも良い。
可愛い顔してバリバリ星男なのが、これまたたまらん。
目線の使い方とかに、時折、涼紫央を感じて、
あぁ、面白いなぁ、と。

じゅんなも美声を披露していて、とてもよろしい。

テルとあかしの姿を見て、終始うるうるしっ放しの私は、
結局、贔屓の事が好きなんだと思った。
考えの、見方の基本が贔屓目線。
私は、あの人ではないのに、でも「同期が」って思うのだよ。
イタタタタですけど、非常に宝塚らしいですね。
そこ、楽しみます、これからも。

凰稀さんは支えてあげたくなる人で、
あかしは、愛しきライバルって感じ。
宝塚って世界に置いて、もう凰稀さんとは同じ立場で切磋琢磨できないけれど、
あかしとは張り合って、向上していきたいよね、っていう。
お互い組の中で欠かせない男役になろうよ、と。
だから、一緒に頑張ろうぜ、あかし!
ドラゴンボール集めようぜ、あかし!

つい先日まで自分が雪組にどっぷりだったせいなのか、
自分の中の宝塚に対するスタンスが、
凄く近いものになっていたのを感じた。
全国ツアーだから、
周りのお客さんは、きっといつもよりヅカファン濃度が薄いんだろうな、と思うと、
自分が濃いめのヅカファンだという実感が増した、というか。

まぁ、ただ単に、自分のタカラヅカ好きを、強く実感しただけなんだけど。

上手く付き合えば(それが最大難しいんだけど)、
最高の夢を見せてくれるのが、宝塚。
バランス保ちながら、これからもこの夢の世界を支える、
いちファンでいたいと思いました。まる。

あ、そだそだ、たのしかったー!!
って叫んで終わりにするところだったけど、
私は、凰稀かなめの演技が好きです。

ギャラを持っていった時、
サンドリーヌが本当にジェラールの事好きになってたことに気付いて、
『サンドリーヌ・・・きみ・・・』みたいな顔して、
でも何も言葉をかけてあげられなくて、切なそうにはけて行く時とか、
本当に愛おしそうに相手役を見つめてる時とか、
姫の内なる優しさというか、心をとても感じます。
星組さん、これからも姫をどうぞよろしくお願いします。

9/8 太王四神記ver.Ⅱ

2009年09月09日
2009年9月9日『太王四神記ver.Ⅱ-新たなる王の旅立ち-』@東京宝塚劇場
星組


最後の最後で、プルキル@涼紫央にやられてしまったっ・・・

「キハ、タムドクの子を身篭ったな。」
ならぬ、
「キハ、タムドクの子を身篭った。」

まさかのプルキル、懐妊報告。
火天会の大長老、2000年生きていれば、
何が起きるかわからない。
恐ろしいのはインフルエンザただ一つ。
2000年生きて、インフルエンザなどに負けてなるものか。

・・・全部、茶会ネタでね。
すずみんが頂いたお手紙で、
新公天寿君(プルキル)の間違いを知ってしまい、
それが面白くて仕方がないっていう、話をしてたんですよ。

「ミッキーが“お前”って言うべきところを、“私は”って言っちゃった。」
(お前の中に何かが宿っている→私の中に~・・・)
「・・・そしたらさ、あの銀橋でのキハとのシーンはさ、
 プルキルの妊娠報告になるよね。(爆)って話にみんなでなったんです~」

っていう。
お茶会でもちろん笑いはしたけど、
その場面になるまで、そのネタのことはすっかり忘れていた。
けれど、思い出した。
思い出したら、面白くて仕方がない。
想像上ではプルキルはあそこで、「タムドクの子を身篭った。」と、
キハに妊娠の報告を。

色んな意味で、キハショック。

という、星組MY楽でした。

最後だと思うと女々しい雪ファン、
凰稀さんがどんどん星っ子だという事実が、
また寂しく、でも頼もしく。
いや、見る前にチラっとシルバーローズのカーテンコールを見てしまいましてね、
間に五峰の姉さんを挟んでいたものの、
やっぱり、テルキタは驚異的な並びだったな。
ってのを実感した直後だったんですよ。

宝塚にニコイチは数あれど、
やっぱりそれぞれニコイチにするだけの何かがあった訳で、
テルとキタロウにも、確実にその惹き付ける「何か」があったんだなぁ、と。
あー早くキタさん見たい。

お茶会後で、すずみんの誠実さや、宝塚愛に触れた直後だったので、
MY楽はすずみんに注目しようと、自然に決まり。
でもプルキルの凝った小物とかを遠目でオペラで見て楽しみつつ、
今回が一番、物語全体を捉えられたかもしれない。

武道大会を開いて、
部族の息子を拉致するのとか、
キハと逃げたのに、なんのこともなく国へ戻っていくタムドンとか、
しみじみ謎だよなぁー。
なんか、理由よくわからないって、不透明な気持ちになる。
まぁ、いいんだけどさ。

先日、「宝塚のトップスターには孤独が必要」うんぬんという話をして、
その点から言うと、柚希礼音はお披露目にして既に、
ある種、孤独を背負ったかもしれない。と思った。

父が亡くなったことで、自分が座ることになった王座。
その王座に座り、愛する女に別れを告げる。
孤独だからこそ、人の上に立つことができる。
そんな風格が、あそこで。

チエちゃんは、これからどこまで大きくなるんだろう。

とうこさんの事は、心から大好きだから、
変な意味に取られたくないんだけれど、
2番手って位置は柚希礼音にとって、
特別美味しい場所ではなかったような気さえしてくる。

2番手の時と、今と、柚希礼音から感じる空気が全然違う。

とうこさんが上に居るから力をセーブしてた。とか、
そんなことはしていなかったと思うし、
そもそも、それができるような器用な人ではなさそう。

違う、真ん中に立ったら、最大限魅力が発揮される人、なんだ。

研11、最近にしたら早いトップ就任で、
でも全く違和感を感じさせない、あの存在感。
ナチュラルに嫌味なく、ここに居て当然。って思わせる・・・
で、自分でも思っていただろう、あの大きさ。
柚希礼音が面白いのー。

水さんとか、私が見てもいっぱいいっぱいだったのわかったのになぁ。(笑)

ちえねねテルの星組の新しい並びは、
本当に見栄えがして、ゴージャスですよ。
星組来た!!って感じするもんね。
その下も、ぐんぐん来てて勢いあるし、
中堅に入る、あかしもすげー格好良いし。

あかしのお茶会はやっぱり楽しそうだなぁ。
86期押さえておきたくなってくるよね。
あかし、真波、と。
だって、ドラゴンボール、ホント凄い。
あかしがハマってるのはアニメの方なのかな。
ウチはどちらかと言うと、漫画派なんだけど、
セルゲームとかたまらなく面白いよねぇ。

凰稀かなめが踊る姿、早く見たいわ。
星組で踊って、ショーで魅せて、で、またステップアップでしょ。
今回も、骨折がなければ、青龍にも白虎にもねぇ、
出てたと思うと、たまらんですよ。
きっと始めは弱いに決まってるけど、
だんだんキザる姿とか星組になっていく訳でしょ?
星組の熱さを身につけた凰稀かなめって魅力増す。
これからも、骨、ガンバ。

星組がMY楽を迎え、気付けばあと1週間ほどで、
雪組スタートですか。そうですか。
ポンポン全然売ってないじゃん。
買い損なっちゃったじゃん。
全く、劇団はバカか、と。

バイトもそこそこに今週は観劇を控えていて、
明日アイーダちゃんで、日曜日にどデカイのを一本、一日捧げて。
13日に見る方、ホント運命共同体だと思うので、
よろしくお願いいたします。

あ、そだそだ、最後に嬉しかった事。
後ろの列に座ってたのは、あれおじちゃんおばちゃん、仲良しグループ、
集団で見に来てたのかなぁ?集団っていっても5、6人?
開演前、ショーがないことを知った男性二人が、
「レビューがないなんて、太王四神記もどうでもいいんだよ。」
「宝塚はレビューがあってこそじゃないか。」
と口々に残念がっていてね。

でも一幕終わって、
「凄いな。」
「よく出来てるな。」
「TVのまんまだ!」
と興奮気味の声が聞こえ、終わってみると、
「良かったな。」
「あー面白かった。」
と素直に楽しんだのがわかる感想が聞こえてきた。
パレードでも手拍子バッチリ入れてくれてたし!

へへーなんか私が嬉しかった。
宝塚がたくさんの人にこれかも愛されますように!

8/30 太王四神記ver.Ⅱ

2009年08月31日
2009年8月30日『太王四神記ver.Ⅱ-新たなる王の旅立ち-』@東京宝塚劇場
星組


もう姫は星組なんだなぁ~。
ってのを今更ながら実感。

ムラで雪組見て、帰って来て、で初の星だったからかな。

なんですかね、
もう正直、雪組見ても姫が居ないことには慣れてしまったし、
星組に姫が居ることにも、やっぱり慣れた部分はあるのかな。

時間が経ったんだなぁ。
不思議。

太王四神記、これが3回目かな?

一本物は辛いよ。

これに尽きます、私にとっては。
どんな駄作であっても芝居→ショーがないと、
タカラヅカはツライ。

とにかくショー!
私はショーが好き!

宝塚に芝居は望まない。
良い芝居が見れたらそりゃ幸せだけど、
芝居が良かったら「ラッキー♪」ぐらいなもんで、
いいのもう、格好良く踊ってたりしてくれれば。

らっしゃい、らっしゃい、オソヨセヨ!ウェルカム!

が、55分見たいです。

簡単に姫のお茶会についても、ここに。
姫はすっごく可愛い姫でした。
ニコっとされるとキュンとする。
あんな綺麗な人と、贔屓はニコイチで組ませていただいていたのか。
と思うと、贔屓さん凄い・・・って思う。
贔屓も遠い人だ。

姫も、贔屓も脚の長いのは知っていたけど、
姫の足の長さ、細さは尋常でない。

退場の時、真横を通ってくれて、単純にスタイルに見惚れた。
それだけでも満足じゃ。

拗ねたり、笑ったり、終始ほわほわ素に近い感じの姫を間近で見ることができ、
毎回お茶会に参加してる人にとっては、物足りなさを感じる部分もあったらしいが、
私はやっぱり、満足かな。

だって、可愛いんだもん。

石川遼モデルのゴルフセットも誕生日プレゼントとしてGETして、
目録見た瞬間に、爆笑して、嬉しそうに机叩いた。
誕生日プレゼントのケーキにもビックリして、喜んで、ニコニコ。

なんで凰稀さん、あの可愛らしさが、全面に出ないかねぇ。
ナウオンとかでは見られるけど、
もっともっと出していけばいいのに。
可愛いのに格好良くて、ファン増えるよ。

あの姫の隣に贔屓が居られたこと。
緒月ファンとしては誇りです。
姫のこれからの活躍を心から祈る。

                                            人気ブログランキングへ

8/19 太王四神記ver.Ⅱ

2009年08月20日
2009年8月19日『太王四神記ver.Ⅱ-新たなる王の旅立ち-』@東京宝塚劇場
星組


青龍→玄武で誰を見たか。
正解は、

涼紫央⇔どいちゃん

でした。
クイズか。クイズだ。

どうも凰稀さん組替えで、忘れがちになってしまうのだけれど、
星組には、すずみんがいるんだった。
なんだかんだ、私をときめかせる涼紫央さんが。
贔屓に対するトキメキとは違い、
なんというか純粋に「宝塚」を感じてトキメクことができるのが、すずみん。

すずみんの前髪は私を裏切らないんですよ。

そういえば、エル・クンバンチェロでも、
すずみんの前髪揺れに釘付けだったことを思い出しましたよ。
で、また見に行く前になんとなく手に取った歌劇。
読み返してたら、すずみんが、

「自分がいかに宝塚が好きか、ファンであるか。」
「宝塚ファンであることが自分の武器だ。」

と、そりゃもう、熱心に語っていて、
その心意気も同じヅカファンとして嬉しく思う。
ということで、プルキルメイクのまま、キザってキザってキザりまくる、
すずみんを見て、すずみんがいない時は、どいちゃんを見て・・・
フィナーレは過ぎていきましたよ。

どいちゃんのダンスはキレが良くて、
見ていて気持ちが良いっ!
手堅く上手い人ってのも好きで、どいちゃん演技も出来るし、良いよなぁ。
ホゲの手下がどいちゃんで良かった~と見てていつも思う。

ということで、太王四神記ver.Ⅱ、2回目。
仲良くしていただいてる、かなめ氏ファンが、「戸惑い」を感じている・・・
と言っていて、最初は『戸惑いかぁ~』って、自分では実感ない感じだったんですが、
あーわかったかも。(笑)
戸惑いの種類が違うかもしれないけど、
ちょっと自分でも笑っとけって思うところから生まれる感情だよ、私の場合。

今までの凰稀さんは、
カッコイイと思っても、そこまで広く広く一般にアピールしていくような、
そういう格好良さって弱かったと思うんだ。
凰稀かなめは確実に路線スターではあったけど、それでもどこか、

「組ファンだけがわかってる格好良さ」
もっと言えば、
「自分だけが知ってる格好良さ」

っていう、宝塚独特の内々の愛でかた・・・みたいなのが強かったと思う。
それがいきなり2番手抜擢、しかも充分にヨン・ホゲを演じていて、
一気に、2番手スターとしての注目を浴びるようになったんだよ。
段階も踏まず。

そりゃ、戸惑うわ。
私の場合は、もう内々の愛で方が通用しなくなる?
って部分で戸惑う。そして寂しい。
でも立派になって嬉しい。
寂しいのと嬉しいのとで、気持ちが行ったり来たりする。

予科・本科、研1、研2、昔から見ていたら、
その分だけ、色んな気持ちが沸きあがるだろうなぁー
私なんて認識が研8ぐらいだけどw、それでもあれですよ。

1回目見た時もそうだったんだけど、2幕、同じところでどうも睡魔に襲われるな。
同じところで襲われてるから、記憶も曖昧だわ。

プルキルが薄いというか、弱いという感想も目にしていて、
壮一帆プルキルと比べると余計に「そうかも」って思う部分はあるものの、
でも、化粧だったり、アクセサリーだったり、演技もだし、
色々凝りまくってる部分を感じて、
もうそれだけでも、見ていて楽しい。
涼紫央のプルキル。

凰稀氏は、この間より歌が良かった感じがしたー!
芝居の中の歌は特に。
あと髪の毛、ザンバラになってからの凰稀さんは、やっぱりたまりませんな。
もうずーーーっと、凰稀かなめばっかり見てて、
凰稀さんだけに集中できるのが楽しいわ。
キタさん見ることないからw

覚醒・チュモシン剣の光に、まさしく腰が引け、
圧倒されて言葉も出ないホゲ様。
自分の正統な勝利をここで完璧に失って、
その後、立ち上がる時には、完全なる敗北者なんだよね、ホゲは。
その敗北者が「どんな手を使ってでも・・・」とムキなる。
しかも超美形。
ってのた、楽しい。

あ、右手の手の甲にキラッキラなアクセサリーつけておりましたよ。
フィナーレ銀橋の時。
水さんが好きそうな感じ。

次は30日かな。
やっぱり週1ペースでの観劇は続きます。
その前に、雪組見に行ってきます。
早くこいこい週末。

人気ブログランキングへ
 | HOME | Next »