沙央乳母

2011年01月15日
コマ自身の変化なのか、ジュリエットによる変化なのかわからないけれど、
対みみエットより、対あみエットの方が母性を感じられたような気がする。
ジュリエットのキャラクターの違いと、リアルな学年差も関係するのかな。

コマ乳母の演技ですごく好きな所があって。
「明日には式を」のあと。
歌の最中はずっと、ジュリエットの希望を叶えてあげたい、
なんとか一言でも意見できないか、そんな思いでいっぱいな乳母なんだけど、
コマの乳母は、キャピュレット卿の苦悩も知っている。
そして彼女自身も大人。
だから、そのあとパリスと結婚しなさいって言うんだ。

叩かれて部屋に駆けていったジュリエットを追おうとする乳母。
ふと思いついて、このタイミングでキャピュレット卿に一言意見しようと振り返ると、
そこには、ただただ打ちのめされた父親の姿があるだけだった。
彼女は、そのヒロさんの、キャピュレット卿の姿を見て全てを察する。

『・・・何も言えない。』

困ったような、キャピュレット卿の思いを受け止めるような、
コマの乳母はそんな顔をする。

本当に娘の為を思っての行動だということ。
キャピュレット卿にはキャピュレット卿としての義務があること。
確かにジュリエットを傷つけたかもしれないが、同じだけ彼も傷ついている。

見た瞬間に言葉を呑む。
理解して、そしてキャピュレット家の乳母である自分の立場と、
今の状況とを照らし合わせる。
コマの乳母はそこで意見を変える。
ロミオではなく、パリスの夫になれ、と。
(※ご指摘ありがとうございました。ジュリエットがロミオの夫になってもねぇ、妻の間違いです、妻!)

こういうところをきっちり伝えてくる、
沙央くらまの演技が憎いなぁと、毎回思います。

*ロミオとジュリエット*

2011年01月04日
ロミジュリ感想その2

私は舞羽美海に感動した!あんな可愛い顔してもの凄い根性。ミミのそのド根性に感動。
歌もこんなに安定するのかと感心したし、
演技もオネーギンの一幕二幕の変化が生きてるのではないかと。
「あみちゃんには負けない!」みたいな、彼女のプライドが良い方向に働いている感じで、
フィナーレのダンスで見せる笑顔も自信に満ち溢れているというか。
とにかく、可憐な姿からは、だいぶギャップのあるミミのド根性にバンザイ。
「ド」根性ですよ、「ド」根性。ドが付く。

舞台全体を見た時、すごく完成度は高い!と思った。さすが、雪組と!
で、そこからまた星をがっつり見てきた人たちの感想にも触れるわけですが、
この完成度の高さは良くも悪くも雪組の組カラーだなぁ、と。
こう、なんというか、作品をまとめ上げる方向に力を注ぐ傾向があるのが雪組かな、と。
個々がキャラクターを存分に発揮していくことよりも、まず作品をまとめるのが先決。
質は高いが、面白味に欠けるという、そんな方向に行きがち。
『ソルフェリーノの夜明け』が似合ってしまう組(笑)
まとまりはこのままに、本番を重ねるにつれて、
個々のキャラクターがもっと前面に出るようになって、スピード感が出るようになれば、
もっと凄いロミジュリになると思う。

晴華みどりが大人で尚且つ美しい!
こんな、かおりが見たかった!みたいな。
歌は言わずもがな。ゆめみさんとのデュエットは耳福。
とにかく見た瞬間に「すごく綺麗になったー」と思わずにはいられない、かおり夫人っす。

まっつ、ようこそー!!!!
とか初日開けたんで言ってみましたが、
なんだかクリスマス特番の時から既に馴染み過ぎていて、
しかも上級生だから仕切ってるしで、もうオモシロかったんですが、
改めまして、よくぞ雪組に来てくださいました。
緒月ティボが未涼ベンさんに向って上から唾とかはいてますが、
そんなシーンを見ても、まだ状況が把握できていません。
「どうやって伝えよう」で涙を流しているくせに、それでも確かな実感はありません。
でも、あそこにいるのは、あの歌声は紛れもなく、未涼亜希。
緒月遠麻と未涼亜希が同じ舞台に立つ日が来るとは。
実感・・・する日はくるんでしょうか。
実感がないので、喜びの感情すら上手く出てきていないんですが、
私にとってはすんごいことだぞ、これ。
まっつの歌声が入るだけで、歌が締まるなぁ。
未涼さんの演技もこれまた誠実で好き。
理系、計算で演技しそうな雰囲気を漂わせつつ、
実は完全文系、感情先行型っぽいところがなんとも。

オネーギンの時もキタリサの並びが好きで、
今回もちょっとそういう場面あるので、すっごい嬉しいです。
気兼ねなく緒月さんもリサの肩に手を回し、リサもそれが当たり前的なところが良い。
リサの黒髪がこれまた格好良い姉さんで素敵です。

<青>
みうと・・・相変わらずの美貌。
がおり・・・ダンスシーンでもなんだか目立つ存在で、さすが、がおちゃん。
れの・・・あずりんがいなくなって、次にれのがいなくなるなんて寂しいじゃないか。モヒカン。
翔くん・・・髪型も凝ってて、どんどん格好良さ増してます。キラキラです。ロミオが見たかった。
まなはる・・・こちらもいつもの全力イケメンみっくん健在。
ほたて・・・青でバリバリ踊る。
あす・・・ド金髪だったかな。94期辺りまではもうお馴染みの雪組子認識になってきたのを感じます。

ひめさん・・・女ボス。
あゆみちゃん・・・ダンサーボス。途中がおりとキスがあったような。乳母の仲介で。
ゆりん・・・あゆみ×ゆりんでもう一時代築いてほしかった。
カレンちゃん・・・いつでも、準お姉さま的存在に感じるのがカレンちゃん。
あゆっち・・・冒頭キングと目立つシーンもあり。かわいーなぁ。
他は、さらさ、舞園るりちゃん、のあちゃんが青か。
踊れるメンバーな感じがするかな。

<赤>
キング・・・めきめき男っぷりを上げてる。途中でティボに思いっきり八つ当たりで殴られてます。
ゆかこちゃん・・・金髪のロングだったかと。みんな髪型凝ってて格好良いんだわー
れいれい・・・朝風くんも最近色気が増したなと感じる一人。黒髪似合う。
りーしゃ・・・りーしゃのドレッドは良い!青でも髪型変えて出てたりする。
りんきら・・・もう少し絞れれば。全てにおいてセンス良いのにりんきらはそこだけがもったいない。
ザッキー・・・だから格好良いんだって、品があるしザッキーは!
レオ・・・目を引くイケメン。切れ味良し。
イリヤ・・・イリヤ君も94期。どんどん学年を重ねて成長していくんだなぁ。

花帆さん・・・「ティボルト~」と甘い声で絡んできます。色気的ボス。
リサ・・・裏ボスだと思う。
きゃび様、いの莉ちゃん、雛月乙葉、ひーこ、さらちゃん、あだちゅうが赤。
まぁまたこれからじっくりと赤娘たちも見て行きたいものです。
赤のが歌と踊りのバランスが良い感じかな。

そうそう、これも組カラーの話に繋がると思うんだけれど、
雪組のロケット見てて、「明らか男が混ざってるよ!!」ってあんまり思わない気がする。
みんな綺麗なんだけど、男臭さがないままある程度の学年まで行っちゃうんだろうな。
背が全体的に高くないのも一因。

早霧さんのマキューシオのキャラは、もうバッチリ早霧さんのイメージにハマる。
唯一緒月ティボに歯向かえるとしたら、早霧さんしかいないと思ってるんですよ。
大技なティボに対して、スピード感と鋭さで張り合えるのが早霧マキューシオ。
ベンさんとかは、頭脳で対抗してきそうだけど、ガチで勝負できるのはチギしかいない。
殴る緒月に噛み付く早霧。
みたいなイメージです。

ちなみに緒月ティボはドラゴン程度ならやっつけられると思います。

キムさんのロミオは綿毛が似合うこと!
ティボルトには絶対似合わない!
キムさんとまっつがいる組って、すごく楽しみが増えると思う。
キラキラしてて、繊細さを秘めている。
自分が恐れる運命に飲み込まれていってしまう人。

キムさんに関しては、実はいま一つ踏み込むことのできない、何かを感じ続けている。
利己的な部分、絶対あると思うのに、それをあの笑顔でごまかしているような、何か。
嫌な部分を自分では認めていないというかさ。
良い子でいようとしなくても、良い人であるのは伝わってくるのに、
必要以上に良い人でいよう、完璧でいようとしているように感じられる。
ちえちゃんが星の王様であるように、キムさんも雪の王子で良いんだよ。
常に笑顔でいなくたって、みんなついて行く。
反発されたって、それすらねじ伏せる実力も、美しさも持ってるじゃん。
「悪い音月桂を、悪い音月桂を」と言い続けてきて、
やっぱりお披露目公演でも同じようなことを思ったかなぁ。

今から気が早いけど、これから2作目、3作目と回ってくる役柄も重要。
邪悪さすら感じさせる嫌ーな音月桂に出会える日を、私は待ってます。
絶対に、ただの良い人じゃない!!!!この人は。

初日見に行っておいて、今週末また行くんですけどね。
それで、とりあえずもうムラには行かないつもりだよ。東京を待つ。
ホテルも何も手配してないわーどうするかなぁ(笑)

*ロミオとジュリエット*

2011年01月04日
2011年1月1日『ロミオとジュリエット』初日@宝塚大劇場

お正月のお披露目初日の場所にいたんだよなぁー。
音月桂トップお披露目公演『ロミオとジュリエット』見てきました。

とりあえず緒月さんのことを。
全ツのプログラムのプロフィール欄に載ったことを心底喜んだのが一昨年の12月。
今度は大劇場のプログラムにインタビューが載った!
ポジションがどうこうよりも、
役の大きさのバランスもあって載ったんだと認識しているけれど、
それでもやっぱり嬉しかった。

大劇場でソロを歌う。

そんな場面があるだけで、胸いっぱいになる。
すごいなぁ。
なんでそんな、一歩一歩着実に成長していってしまうんだ。
自分と照らし合わせて見てしまうと、悔しくなって辛いぐらいだ。

緒月遠麻のティボルトは優しい。
「復讐の手先になんかなりたくはなかったんだ」
この歌詞が真っ直ぐに届く。
かなめ氏のティボをきちんと見たわけではないけれど、
相当イッちゃってたティボだったことは想像が付くし、
そのキレた感じがテルティボの魅力だったに違いない。
だから、もう少し緒月さんもキレてくるのかと思った。

いや、キレてはいる。
憎しみに支配されてはいる。
でも、人間だなぁ、緒月ティボは。

この人が持ってるそういう部分。
立ち上がってくる血の通った人物像、誠実さに救われたから、
今もしつこくファンやってるようなもんなので、
そういう面に余計に敏感なのかもしれない。
温度に魅力を感じ続けている。

真っ直ぐにジュリエットを愛して、
真っ直ぐにモンタギューを憎む。
歪んでしまったのは彼の前に大人が用意した道で、
その歪んだ道を歩くしかない彼の心は真っ直ぐのままでいいのかもしれない。
緒月ティボ自身に対しては「歪む」って言葉が、なんだかしっくりこない気がした。

モンタギューという家を守ろうとする誠実さ。
植えつけられた憎しみから逃れられない苦悩。
掟に背くジュリエットへの愛。

過剰なほどに感情をみせて、
緒月遠麻にしかできない、ティボルト像をもっともっと色濃く作り上げて欲しい。
そうしていって欲しいし、そうなっていくだろうな、というのも感じた初日。

初日ということで基本的にずっとティボルトを見ていたけど、
なんとなく途中で、完全役に入れたんじゃないかな?と思った瞬間があった。
表情から作られた感じが消えて、感情をそのまま出してきてるような。
最後の登場、死んでからの「僕は怖い」のダンスの時とか完全気負いゼロだったかと。

あそこにいたの緒月遠麻じゃなくてティボルト。

実は、これ、ありそうでなかった感覚だった。
ここまで役そのものだと感じたことは、今までなかったような気がする。
そんなところでもまた、凄いな、と思って悔しくなる。

藪下さんには色気に欠ける、って書かれてたし、
それも納得するようなところあるし、
むしろオネーギンの時の方が色気あったような気がするし、
色々足りないところもいっぱいあるとは思うけれど、
今、こうしてティボルトを演じている緒月さんを応援できること。
それはファンとして、本当に幸せなこと。

お披露目初日に輪をかけて、満たされた気持ちになりました。
その分、自分も頑張らなくちゃいけないなぁ。

*はじめて愛した*

2010年11月06日
『はじめて愛した』@日本青年館
<雪組>


キムさん率いる雪組がスタートしたんだなぁという実感が、ひしひしと湧いてきた。
水さんの時よりも近い。
なんていうか、ただ手放しに「おめでとう!!」って喜ぶよりも、
「よし。」っていう覚悟というか、
これからの雪組に対する意気込みが先に来たっていうか。
一緒に歩いていくんだ。って思いと、
もしかしたら永遠歩いて行っちゃうかもしれないけどさ、
でも、たぶん、この人たちに見送られるんだろうな~・・・っていう、
いつか来る日への思いが交差しました。

え?ここでかよ(笑)。

って自分でも思ったんだけどさぁ、色々あらぬことを考えちゃうのはいつものことだし、
誰だって贔屓がいたら同じだと思うんですよ、それは。
キムさん、これからもよろしくお願いします。

で、『はじめて愛した』ですか。
まぁ本当に良く言われる通り、いつ愛しはじめたのかと。
あと、どうしてもこれ先に言わせて、もう文字も大きくしちゃうけど、

葉加瀬太郎出てたでしょ!!

マヤさん@アッシュがもはやヴァイオリニストにしか見えなくて、情熱大陸。

明るくない、笑顔が取り得でない音月桂はとにかく格好良かった。
なんか、キムさん、ダンス変わったよね??
元々が手を抜いて踊るとか、そういう事しない人だと思う。
でも、今までより、踊ってる時の力強さというか、意識の行き渡り方というか、
自分を見ろってアピールとか、
もう本当に色々違って見えて、気持ちが彼女を変えたんだろうな、と。
より男臭くなったー!

「ゆりちゃんに似てると思う一瞬がある」
って天海ファン→キムファンの方から話を聞いたんですが、
例えば、フィナーレのダンスシーンで、
下見てるところから目線を正面に上げる一瞬の目の感じとか、かな!?
『あ。』って思う一瞬は確かに。

『ロジェ』よりはだいぶマシというのもわかるけれど、
私、初めて正塚作品に古さを感じた。(遅い?)
お買い物の時の歌とか、そこだけでもないけど、全体的に。
無言の中で男同士の会話が成り立っちゃうところとか、やっぱり好きなんだけど、
もっともっとそういう空気感が作品全体に浸透して欲しいというか、
なんか薄味だろ、正塚!
やっぱり好きなんだから、頑張ってよ正塚!!

きゃび様、しゅーまい、コマ、りんきら、ほたて、かおりちゃん、ヒメさん

辺りの手堅さが嬉しい。
りんきらもほたても下級生ながら良い役者~
しかし、その枠にいるのが、りんきら・ほたてだと言うのが、
雪組のちょいと悩ましいところ。
いや、好きだぞ、二人とも。

きゃび様なんてもう神がかってるし。
いや、むしろ神。

コマも上手いよなぁー
コマの演技好きだー

しゅー君のさ「清々したよ」みたいな台詞、カッコイイ!

笹川宗光、ユーリ・メドベージェフと度々人を殴ってきた人のファンとして、
咲奈の腰の引けた殴りっぷりには納得いきません。
笹川見てみて。
あれを君にもやって欲しい。
・・・にしても、素材は良いのに、今、この役、このポジションじゃなくても・・・
って思いはぐんと増したなぁ。
ロジェ新公とかではそこまで気にならなかったのに、
スーツの着こなしが、特にブルーのスーツの着こなしが、気になって、気になって。
爆上げって必要なのかな?
わっかんないよね、ただのファンには。

せしるの医者が格好良い♪
落ち着きがあるし、知的だし、イケメンだし。
大湖さんの良さをもっともっと生かせる何かがないものか。
守備範囲狭そうだけど、クリーンヒットしたら、せし子は超素敵なはず。

チギの熱血刑事も空回りっぷりからして素敵じゃ。
それにしてもキレーな人だー。美貌。
キムチギ、キムチギ!

あゆっちもきちんと正塚ヒロイン!
新公主演を経験してきて、確実に、
DC公演とかでヒロインを務められるだけの実力を、身に付けてきたんだなぁ。
可愛いし、歌も歌えるし、そりゃあゆっちで良いじゃん。って誰もが言いたくなる。

桃花ひな、花瑛ちほラインが好き!
美貌の人、桃花にやっと役が付いた!と思ったら、アレ!?!?
でも、モブで普通にいても目に付く綺麗さ。
こうなったら未来の花帆杏奈路線を歩むしかないよ、桃花ひな。
輪っかのドレスとか着て欲しい~。
カテリーナ・ブノワ侯爵夫人な桃花ひなとか想像付く。

まちゆうか君ってのは、夢華氏のジャズナンバーの時、
りんきらと挟んで踊ってたのが彼かな?
消去法で、空波輝君ってのが、あれか。

つーか、大澄れい美形。
ロミジュリのDVDを見た時に、
派手に私の目を引いたのは金髪ポニーテールの汐月しゅう君。
あの時、しゅう君に感じたのと同じ系統のトキメキをやはりザッキーから感じる。
ド金髪で、あの色気ある表情!
小さめなのだけが、惜しい。
でも、やっぱり惹かれるザッキー。
オペラでピン撮りしてました。告白します。

にしても私が観た回の客席はひどい客席で。
常にバイブ音はするは、着信音はするは、
挙句の果てに、キスシーン前に、絶妙のタイミングで謎の着ボイス。
もはや狙っただろ、と言いたくなるぐらいの間の良さで、
怒り通り越して、ちょっと笑う。
携帯の電源ぐらい切ってくれぇ~・・・(涙)

フィナーレがまた正塚先生っぽくて、あぁいうのも好きだな。
人生が交差する感じ。
それぞれが色んな思いを抱えて生きてる中で、
出会い、別れる。

これからこの雪組が、どんな作品に出会って、どんな風に歩んでいくのか。
いちファンとして、一緒に歩んでいきたい。



追記はちょいと真面目にというか、はじめて触れる。
Read more "*はじめて愛した*"

*オネーギン*

2010年10月17日
『オネーギン』@日本青年館
<雪組>


わぉ!初日と比べて格段に良くなってるじゃん!
初日の緊張がほどけたのかな。

歌の、曲の綺麗さが際立ったのが要因かと。

ミミが昨日より全然歌えてる!!
喉の調子をベストまで持っていく、
その方法を知るって、きっと難しいんだなぁ。

11:00を見た人たちがしきりに、
「初日より、全然良いよ!」って告げていったので、
まぁまぁ期待して15時を見たら、なるほどねー。

初日も別にそこまで悪かったとか、そういう風には私は思ってなくて。
でも今日の舞台に比べたら、
ピースとピースの間に隙間があったというか、
とにかく今日の方が、カチッとハマっている感覚はあった。

だからオネーギンが最後、自分の生きる道を見出す曲でのカタルシスが増した。
浄化だよねーあの場面は。
彼が出会った人々、別れた人々、みんなが歌う。

『オネーギン』好きかもなぁ。

ニーナとオネーギンの別れのシーンは、
あれもう、何度見ても好きかも。

天舞音さらちゃんを追う形で、
緒月氏がリサをエスコートしつつ、森へと向う。
その二人の後姿が好きです。キタリサ。

もみあげは変えたのか、見慣れたのか。
取ってつけた感は、昨日よりは感じなかった。
もみあげがあること自体が嫌なわけではないので、
地毛と馴染んでくれれば、それで良い。

緒月さんはクラシックな格好似合うな。
フロックコート・・・いや、モーニングコートになるのか?
似合うよねー、もうきちんと二枚目できちゃうもんね。
でもピエールだから、ガルシアだから、小僧だから。
今やれって言っても、やれちゃうと思うから好き。

昔の自分達を回想している時の、思想家氏の顔は絶品。
目輝かせて、理想を熱く信じる、
その子供の時の顔に緒月さん戻る。
いや~、ね、そういう人好きなんだわ、私。

何気、芝居の最後の台詞は緒月遠麻だったよね。

「あら、お友達?」のリサ・ニーナに嫌味がないのが、
私がニーナのこと好きな理由の一つだと思う。
タチヤーナを追っ払おうと思って(笑)、ピタってくっつくんじゃなくて、
そういう時、オネーギンに寄り添うのが
彼女にとっての普通だったからそうしただけで、自然。

引き際を見極めちゃうのも切ない。
オネーギンのことを誰よりも想っていて、知っているからこそ、
あの顔を引き出せない自分の限界を悟っちゃうんだよ、ニーナは。
はぁ、むつかしいね。

オネーギンが最初にペテルブルクに戻ってきた時、
自分の部屋の本を手に取って、息を吹きかけると、埃が舞う。
THE景子'sこだわり。
(小声で)セルゲイさんお部屋そのままにし過ぎだよ!
坊ちゃま帰ってくるのわかってたら、埃ぐらい掃除しとかなきゃだよ!

オネーギンとタチヤーナ、出会いの色の青がとっても綺麗。
この色も、こだわってんじゃないかと。

側転はあすだね。あす君は時折、蘭寿とむだよね。

キング、みうと、りーしゃ、あす、まなはる。
この5人の革命へ!!の歌が、なかなかの迫力なのだ。
でもその破滅に向かいかける炎を鎮めるのが、
緒月さんの歌で、歌にも大きさがあるから、鎮めるだけの説得力がある。

色んな場面のコーラスも綺麗だなって思ったんだけど、どうだろう。

うん、やっぱり、『オネーギン』良いです。
良いと思う。
 | HOME | Next »