蜷川さんと関数ドミノと勝村さん

2017年10月06日
私、家帰って、『関数ドミノ』のパンフレット、勝村さんのところ読んで、号泣したんですよ。
「蜷川さんがいなくなって、ちょっと迷子になってる時期だった。」
というところを読んだら、堪えきれず。

蜷川さんについてのことで、勝村さんと自分を比べるのはあまりにもおこがましい。だけど、「迷子」という感覚だけは、この人と共通しているのかもしれない。勝村さんはきっと私よりもっと先で、私は私が立っている場所で、蜷川幸雄がいなくなって「迷子」になりました。

ここ最近、勝村政信に10数年越しにどハマりして思うのは、この10数年観てきた蜷川さんの舞台が、いかに凄まじまかったかということで。蜷川さんがいなくなって初めて「あれ?シェイクスピアや、寺山修司、唐十郎、トム・ストッパード、清水邦夫、ギリシャ悲劇も何もかも、私、これからどこで見ればいいの?」となって(本当は色んなところで上演してるよ)、「こんな多種多様な戯曲を何年も何年も次々演出し続けて、私も私で何年も何年も観続けて、コレ、なんて大きなモノを観客として受け取ってきたのか……」と気が付いた。

蜷川演出を初めて観たのは、05年『幻に心もそぞろ狂おしのわれら将門』。そこからほぼ全作品観続けてきた30代、きっと蜷川幸雄をキチンと観られた最後の世代としての自負が…付き合ってくのが非常に難しそうなプライドが、ふとした瞬間にニョキニョキと顔を出す。

『関数ドミノ』の勝村政信を観ていたら、蜷川さんの舞台を観ている時のような、闘争心、と言えばいいのだろうか、負けてられっかよ、ふざけんじゃねーよ、みたいなガルガルした気持ちが湧き上がってきたんですよね。蜷川さんに煽られてきた心の場所があるんだけれども、そこと同じ場所を勝村さんに煽られた。

『関数ドミノ』という作品は完成度の高い、とても良い作品だと初日を観て思ったけれど、私がこの舞台を何度も観ることで得られるのは、勝村さんを生で見る、っていう幸福感ぐらいで、作品の芯を掴むには一度で事足りるように感じられた。
だったら、あの演劇おじさんに負けない演劇理論を自分も身に付けて、おじさんとも正面から対峙できる観客になる為に時間とお金を割きたい。私が座るかもしれなかった本多の一席には、もっと若い子が座ってくれたらいいな。
好きだからこそ、もっともっとこの人と対等に闘える土壌を目指したい。それもまたあのおじさんに、このタイミングでハマったファンの在り方なんじゃないのかな?欲と闘うのは大変だけど、この道の方が格好は良さそうだ。
私の観客としてのバックボーンには、他の人より遥かに強い蜷川さんの存在がある。きっと勝村さんのバックボーンにも、他の人より遥かに強い蜷川さんの存在がある。



今だって、

「迷子」

だし、ニーナがいないと思うと、今だって不安で泣けてくるし、でもレガシーっつて、立ち上がってくる今の舞台の力強さにも嬉し涙してる。演出が消えない、なくならない、継がれてゆく。仏壇マクベスの圧倒的な演出美、ゴールドシアター、ネクストシアターの存在……この世に身体がいなくなっても、まざまざと立ち昇ってくる「蜷川幸雄」の遺したものたち。

結局、私は役者である勝村さんたちを通じて蜷川幸雄を感じてきたし、なんかもう、今、勝村さんが大好きなのは、蜷川さんと切り離して考えられなくて、そしたらご本人が「迷子」とか言い出すものだから、共鳴したのと可愛さとでキュンとして、泣けてしまったではないか!!



勝村さんが再生と崩壊を繰り返して護っていくだろうものの一部は、私にとっても大切なもの。微力であろうが、私も一緒に護っていきたい。この人に対する好きはそういう好きでした。





っていう、なんていうか告白。

電車の中で暇だったから更新する

2015年07月28日
阿弖流為見ましたーーーー!?!!!

もう興奮しちゃって、誰に呼び掛けるでもなく、呼び掛けます。
演劇の新しい1ページに触れられたな、って。
ちょうど10年前から、ほんのりとずっと好きだった勘九郎さんは、やはり10年前に好きだと思ったときと同じように好きだと思えて涙が出た。
正直、ドキドキするとかっていうトキメキのない好きなのですが(笑)、じわじわと胸を掴まれるように好きが溢れる。

なんて素敵な田村麻呂だっんたろうか。

10月にも大阪で会えるのか…
ちょっと頭の中を、そんな思いが過る。10月。

こんな辺鄙なブログなくせに、緒月さんの記事にばっかり拍手されて、なんだかな。だから、大阪で阿弖流為見られる緒月ファンは阿弖流為見に行ってください。
見ろ。


あと、あれだ読売演劇大賞だ。
私はおそらく日本一『白夜の誓い』と『草枕』を見た人間だと思うんですよね、かなしいかな。
その点だけで言って、作品賞に『アル・カポネ』が入って『草枕』が入っていないのが悔しくてたまりません。
たとえ読売演劇大賞であろうと←

だって草枕、女優賞に小泉今日子、演出家賞に寺十吾、スタッフ賞に小川幾雄、松井るみがノミネートされてるんですよ?
それだけ作品全体のクオリティが高かったんですよ。
品もよくってさ。
良いシスだったのっ!
アル・カポネの雪組子の熱演はもちろん評価しております。
雪組愛ありますよ。当たり前さ。
でもさぁ、じゃあ、北村想じゃん…っていうか、読売の趣味的にも北村想はありな方じゃないんですかねぇ。

だったら、だいもんの女優賞とかさぁ。

「宝塚の限界を広げようとした」って、私の限界、先に来てるよ\(‘jjj’)/

モヤモヤしてます。
半年ほど退団してから時は経っていますが、根は深いなと思うばかりです。


ふふ、でも小泉さんのノミネートはすごく嬉しいな。
草枕の演出、照明、美術も評価されてるのもすごく嬉しいな。
普通のところをものすごく丁寧に見せてくれた演出であり、照明であり、美術であったと思う。
最終まで小泉今日子が残りますように。
演劇面でも賞が取れたら、それはそれで素敵だ。


あ、最優秀女優賞はもうお花様でいいんじゃないかと(笑)



万が一、これ読んじゃったら、阿弖流為、松竹座で見てくださいね。
ん、では。

「生きててよかった」

2015年02月08日
あわわわー。
簡単に一ヶ月以上空くんですね。
あわわわー。
また拍手コメントいただいてしまいまして、本当ありがとうございます。
ブログの更新やめてから丸4年空いてますよ?
何が起こったらこんなところに偶然辿り着くのですか。奇跡だね。
ありがとうございます。


さて、緒月遠麻さん退団のその日まであと10日を切り、色々白くなった頃と存じますが、『いやおうなしに』が今年No. 1の勢いで面白いです!!

なにこれ、これなに、どうしよう、あたし。

古田さんなんか、パンフレットの稽古場写真で、う◯こって書いたTシャツ着てましたし、本当起こる出来事、そこにいる人たち、みんなクソみたいで、下品な、歌謡ファンク喜劇って謎ジャンルなんですけど、まず神奈川で観た時「生きててよかった」と思いました。
次に埼玉で観たんですが「生きててよかった」と思って、この間、PARCOで3度目観たんですが「生きててよかった」と思いました。


小泉今日子が大好きです。
なぜ、いま、この時期に、小泉今日子なのかという自分の人生に降りかかった不可解な謎も含めて、小泉今日子が大好きです。


もっとこう、ご贔屓退団という最後のビックイベントを荒波に揉まれるように感情上下させつつ、悲しみ、楽しむ、ものだと想像していましたし、当然そうなるものだと思っていたのですが、現実は「ちょっ、キョンキョン可愛くね?」な日々。

『いやおうなしに』の中で、一人暮らしのホステスが初めて新聞を取って、勧誘のお兄さんから、オリックスの試合のチケットや、白い粉を貰っていたのですが、私の頭にも白い粉撒かれて、化粧前のように真っ白です。
頭の中は『いやおうなしに』にハマって真っ白で、頭髪はほぼ地毛で真っ黒になってきたので、そうだな、まずは美容院にでも行って、綺麗に髪の毛染めてもらおうかな。

少しでも綺麗にして、2月15日を迎えたいしね。

運動会から歌舞伎座やらなんやら

2014年10月11日
運動会行って、翌日新大阪から歌舞伎座直行して夜の部観て、勘九郎さん好き♡ってなってたら、もう疲れちゃいましてね。
で、芸劇で『小指の思い出』も観ましたね。

『小指の思い出』はこうして上演すると難解というか、理解するとかしないとかの範疇にない作品なんだな、というのがよくわかったと言うか。
私は結局、野田秀樹のロマンチストさが好きで、それを極度の照れで隠そう隠そうとしてるところが好きなんですが、
野田さんのそんな甘い部分が削ぎ落とされて、才気走った面が浮かび上がってきた印象でした。

人間臭さが減った、オシャレな東大生の作品。

『半神』が楽しみだなぁー。
http://www.geigeki.jp/performance/theater063/
これ読むと、やっぱり野田さんは野田さんだから。


運動会のづっくんは、思っていたよりもずっとずっと楽しそうにしてましたよ。
もはや母のような目で、キタさんが宙組の仲間たちと笑う姿を眺めておりました(笑)

でも、さみしい。

2014年10月05日
3年半で変わったことか。
まだまだあったな。

今朝、カフェオレ飲もうとブレンディ(低糖)を牛乳で割っていたら、
ハエがいたので、ご挨拶をしました。

こんにちは!

今日で1年と10ヶ月。
忘れる。
という感覚は遠い。
1年と10ヶ月前の涙が止まらなかった朝。

ついこの間も心の中に勘三郎スペースを持つ友人たちと、
つい勘三郎さん話になり、3人が3人とも『あぁ…』ってなってました。
気持ちをその場で言葉にしなくても『あぁ…』ってなってるだけで、何か通じる。


歌舞伎も普通に見るけど、でも特別歌舞伎ファンではないです。
私は野田秀樹ファンなので、その点ではかなり勘三郎さんの存在は大きく、大きくなるんですけどね。
演劇ファンの心の中に空いた穴で、
その穴の中に今もたくさんの人の気持ちが詰まっている。
想いがたくさん過ぎて、まだ『居る』感覚が続く。
むしろ、暗いはずの穴の中がみんなの想いの結晶で光り始めてるよね。
それでいいんじゃないかな?と。





神様ってそういうもんなんじゃないかな、って。
 | HOME | Next »